« さらなる重賞最多勝記録 | Main | そんな極端な馬場傾向で »

May 05, 2024

おしいではなくくやしい

午前6時半起床。現地時間は昨日だけれども日本時間ではこの日のケンタッキーダービー。外から馬体を併せた2頭が差し切るかと思ったけどなあ(願望)。そしてフォーエバーヤングはシエラレオネに外から押されてたよね? ハナ、ハナの3着には称賛の声が多いけれど、関係者にとっては悔しさしかないでしょう。馬にとっては一度しかない勝ちに行った挑戦なのだから。
昼から出社。夜、南麻布のスタジオで名古屋グランプリ展望の配信。二の橋から三の橋の通りを歩いたのは30年以上ぶりのような気がする。当時はまだ南北線はなかった。が、昭和の頃よく通った、つづきスタジオは健在。なつかしい。
 
競馬●ダイヤモンドカップ。ハナをとったフジユージーンが、向正面でエドノバンザイに迫られるも再び差を広げて逃げ切り。4馬身差でオオイチョウ、8馬身差でエドノバンザイ。遠征4頭が2〜5着。●黒潮皐月賞。好スタートから逃げたプリフロオールインに、ほか人気2頭が追走したが、3コーナーから徐々に差を広げて余裕の圧勝。6馬身差でサノノスピード、3馬身差3着にバウンティキャットで人気順の決着。●カーネーションカップ。障害ひと腰先頭のサクラヒメが例によって持ったまま後続を寄せ付けず。障害5番手のスイが伸びて2着。4番手からシンエイアロイが3着。ダイヤカツヒメはサクラヒメより一瞬早く仕掛けて勝負にいったぶん、障害苦戦して最下位。●G1 1000ギニーズ(ニューマーケット8F,3yo f):ゴール前3頭の接戦は、最後方から伸びてきたエルマルカが差し切った。父キングマン。クビ差でポルタフォルチュナ。早め先頭に立っていたラマテュエルが短頭差3着。第150回のケンタッキーダービーの売上2億1070万ドル、チャーチルダウンズ1日の売上3億2050万ドルはともにレコード。
 
本日休肝日。

|

« さらなる重賞最多勝記録 | Main | そんな極端な馬場傾向で »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« さらなる重賞最多勝記録 | Main | そんな極端な馬場傾向で »