« お久しぶりのキプリオス | Main | 北米キャリアわずか2年 »

May 18, 2024

スゴイがすごい逃げ切り

夕方、東日暮里のスタジオへ。オッズパークLIVEのAI対決に競馬の達人として。佐賀、ばんえい、高知ファイナルで4レース。佐賀が爆荒れだった以外はわりと固めの決着でうまくはまってくれた。家に帰ると時間が遅くなってしまうので鶯谷駅近くの通りすがりの餃子屋さんで配信の続きを見ながらおひとりさま。
 
競馬●G1ロッキンジS(ニューベリー8F,4&up):G1初挑戦の伏兵5歳馬オーディエンスが後続を寄せ付けず逃げ切り。唯一勝ち馬を追ったチャーリンが1 3/4馬身差2着。6馬身半離れて3着にウィッチハンター。断然人気インスパイラルは見せ場をつくれず4着。●G1プリークネスS(ピムリコ9.5F,3yo):泥々の馬場をシーズザグレイが逃げ切ってケンタッキーダービー当日のG2パットデイマイルから連勝。88歳ウェイン・ルーカスはプリークネス7勝目。KYダービー馬ミスティックダンは4コーナーで直後に迫ったものの振り切られて2 1/4馬身差2着。アタマ差3着にキャッチングフリーダム。シーズザグレイはMyRacehorse ownershipという2570人の共有馬。●G3ルイヴィルS(チャーチルダウンズ芝12F,4&up):先月5万ドルでクレーミングされた7歳セン馬スゴイがグレード初挑戦で逃げ切った。父は日本産のカラコンティ。断然人気ボールドアクトは4着。●ブラジルG1 O.S.A.F.大賞(シダーデジャルディン2000m,3&up f/m):アグネスゴールド産駒シャンペンロゼが断然人気にこたえ3 3/4馬身差で圧勝。
 
本日の酒●鶯谷駅近く、肉汁餃子のダンダダンにて。餃子と冷奴で黒ホッピー。帰宅して、コノスル グリーンソサエティ・カルメネール2021

|

« お久しぶりのキプリオス | Main | 北米キャリアわずか2年 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« お久しぶりのキプリオス | Main | 北米キャリアわずか2年 »