« 船橋競馬場新スタンドで | Main | さらなる重賞最多勝記録 »

May 03, 2024

どろどろのKYオークス

4月分の事務処理やら日月の配信の仕込みなどあって普通に出社。連休好天の池袋は、昼間は喧騒だけれどもさすがに23時になると閑散。
 
競馬●駿蹄賞。3コーナー過ぎで先頭に立ったミトノウォリアーに、直後のスティールアクターが並びかけ、さらに4コーナーではうしろからフークピグマリオンが迫って人気3頭の争いかに思えたが、直線フークピグマリオンがあっさり突き放して圧勝。後方から位置取りを上げてきた8番人気ベアサクシードが6馬身差2着。4馬身差3着にキャッシュブリッツ。ミトノウォリアー4着、スティールアクターは失速して7着。●G1ケンタッキーオークス(チャーチルダウンズ9F,3yo f):2番人気ソルピードアナが直線突き放して逃げ切り。G3ファンタジーS2から連勝でG1初勝利。プリークネスSに出走の可能性。1番人気ジャストFYIは直線2番手もとらえきれず4 3/4馬身差。●G1ラトロワンヌS(チャーチルダウンズ8.5F,4&up f/m):人気のイディオマティックが前で競り合うも直線抜け出してG1・4連勝。3 3/4馬身差2着にフリーライクアガール。●G3アンブライドルドシドニーS(チャーチルダウンズ芝5.5F,3&up f/m):ハナをとった人気のオーヴァチャージドがゴール前接戦を制して逃げ切り。父スターギターが活躍したフェアグラウンズで4連勝から6歳でのグレード初勝利。クビ差でシークレットマネー、さらにクビ差でランフォーザヒルズ。
 
本日休肝日。

|

« 船橋競馬場新スタンドで | Main | さらなる重賞最多勝記録 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 船橋競馬場新スタンドで | Main | さらなる重賞最多勝記録 »