« プリークネスS賞金増額 | Main | ビュイックロデオショー »

March 02, 2024

鐙を外して5馬身差圧勝

午後から虎ノ門。オッズパークLIVEはAIとの対決第3弾という企画。競馬、オートまではよかったものの最後の競輪がひとつも当たらず。人間はトータル収支を考えるからな。
 
競馬●メイダンはスーパーサタデージュメイラ1000ギニーズ(メイダン芝1600m,3yo f):ゴドルフィンのシンダレラスドリームが英国でのデビューから4連勝。が、4コーナー手前で外に膨れたあたりで鐙が外れて、そのまま両鐙をはずしたままの直線で5馬身差圧勝(映像)。●G3バージュナハール(メイダン・ダ1600m):ボブ・バファートから移籍して2戦目のローレルリヴァーが6 3/4馬身差圧勝。ブパット・シーマー厩舎にジャドモントの馬が入るんだ。●G2ドバイシティオブコールド(メイダン芝2410m):縦長中団を追走したボールドアクトが直線半ばで抜け出した。馬群を捌いて抜け出してきたウォーレンポイントが2馬身差でゴドルフィンのワンツー。●G2アルマクトゥームクラシック(メイダン・ダ1900m):4コーナーで先頭に立った9歳ミリタリーロウがそのまま押し切った。1馬身差に迫ったウォークオブスターズが2着でドバウィ産駒のワンツー。●G3マハブアルシマール(メイダン・ダ1200m):3番手内を追走した8歳馬リーディングスピリットが直線外に持ち出して抜け出した。直線先頭に立っていたフリーダムファイターが1馬身半差2着。●G2ファウンテンオブユースS(ガルフストリーム8.5F,3yo):2コーナーでハナをとった断然人気ドーノックが、終始競りかけてきたルドムブロを直線で振り切り1 3/4馬身差をつけた。年をまたいでG2レムゼンSから連勝。フランキーズエンパイアが迫ったがクビ差3着。●G2ダヴォナデールS(ガルフストリーム8F,3yo f):注目のジャストFYIがスクラッチ。フィオナズマジックが逃げ切ってグレード初勝利。父セントパトリックデイ。イントゥシャンペンが迫ったが半馬身差2着。断然人気レズリーズローズは1 3/4馬身差3着。●G3ゴーサムS(アケダクト8F,3yo):田んぼのような馬場で好位につけたデターミニスティックが直線前をさばいて抜け出しデビューから2連勝。父リアムズマップ。人気のジャストアタッチも外から伸びたが2馬身差2着。
 
本日も休肝日。

|

« プリークネスS賞金増額 | Main | ビュイックロデオショー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« プリークネスS賞金増額 | Main | ビュイックロデオショー »