« お疲れさまの亀山モデル | Main | 惜しくもウルトラノホシ »

February 13, 2024

思わず聞き入る昭和歌謡

午前5時起床。なかなか終わらない原稿を家で進めてから出社。ちょっとしたきっかけでYouTubeのリストに昭和歌謡の動画がいくつも表示されるようになり、懐かしく思って見た伊藤咲子に衝撃を受けてしまった。ぼくはまだ小学生だったがデビュー曲の『ひまわり娘』とかリアルタイムではっきりと記憶にあり、当時は特にどうとも思っていなかったのだが、今見るとデビュー当時16歳の歌唱力がすげぇ。さらに感動したのが、一度引退したあと(おそらく)40歳くらいで復帰したらしく、その後50歳とか60代になった今も声量が衰えてないどころかすごいの。『乙女のワルツ』名曲ですね。それにしても「つらいだけの初恋〜♫」とか16歳の少女に歌わせる昭和のおじさんて残酷。だからこそ人々の心に刺さったんだろうけど。
 
競馬2024年欧州の格付。ブラックタイプは2023年の838レースから826レースに減少。グループレースは418から415に。フランスのサンタラリ賞がG1からG2に降格。イギリスではG3ソヴリン賞ほかリステッドの2レースを削減。また2024年のレースパフォーマンス次第でG1コモンウェルスC、G2テンプルS、G3チェスターヴァーズが降格の可能性。イングリスクラシックイヤリングセールにて。ライジングサンシンジケートがFully Litの半妹(父ノースパシフィック)を42万豪ドルで落札。
 
本日休肝日。

|

« お疲れさまの亀山モデル | Main | 惜しくもウルトラノホシ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« お疲れさまの亀山モデル | Main | 惜しくもウルトラノホシ »