« 門前仲町で姫路えきそば | Main | サンデーファイナルは… »

February 03, 2024

波乱が多い北米3歳戦線

在宅。明日の配信の準備。溜まった校正作業。
 
競馬●G3ホーリーブルS(ガルフストリーム8.5F,3yo):注目のフィアースネスが3コーナー過ぎで先頭に立ったが、内のヘイディーズが直線競り落とした。グレード初出走でデビューから3連勝。父オウサムスルー。直線外を伸びたドメスティックプロダクトが2馬身差2着。フィアースネスは1馬身半差3着。●G3フォワードギャルS(ガルフストリーム7F,3yo f):2番手のアールハーパーローズが、逃げたフィオナズマジックを直線競り落として2馬身差をつけた。5戦4勝2着1回でグレード初勝利。1 1/4馬身差3着にチチ。●G3ウィザーズS(アケダクト9F,3yo):前2頭の競り合いから直線エルグランデオーが抜け出したが、アンクルヘヴィーがゴール前とらえハナ差で勝利。父ソシアルインクージョン。人気のライトラインは2馬身半差3着。●G3サウスウエストS(オークロン8.5F,3yo):直線を向いて先頭はジャストスティールだったが、ラチ沿いを徐々に進出したミスティックダンが直線突き放し8馬身差をつけた。父ゴールデンセンツ。●G3ロバートB.ルイスS(サンタアニタ8F,3yo):4コーナー手前、一気に仕掛けて先頭に立ったナイソスが直線突き放して次元の違いを見せた。デビューから3連勝。7馬身半差2着にワインミーアップでボブ・バファートのワンツー。ケンタッキーダービーには行けず、さてどうするのか。
 
本日も休肝日。

|

« 門前仲町で姫路えきそば | Main | サンデーファイナルは… »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 門前仲町で姫路えきそば | Main | サンデーファイナルは… »