« December 2023 | Main | February 2024 »

January 31, 2024

メイセイオペラから25年

メイセイオペラのフェブラリーSから四半世紀という記事をいくつか見かけた。もうそんなに経つのかという感慨。前年の東京大賞典がアブクマポーロと1、2番人気でワンツー。3着がコンサートボーイで地方馬が3着まで独占。フェブラリーSの3日後、川崎記念でアブクマポーロが単勝1.1倍で2着キョウトシチーに完勝。1カ月ちょっとの間に象徴的なことがいろいろ起こった。
 
競馬第150回ケンタッキーダービーの枠順抽選はレースの1週間前に行う。ヘンリーズジョイの連敗が34でストップ。2019年の3歳時にG1ベルモントダービーを勝って以来の勝利。これまで15競馬場で走り、調教師は4人目。
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

January 30, 2024

らーめん房で麻婆カレー

Img_365880
昼から川崎競馬場へ。久しぶりに松の樹でランチ、と思ったら月火が定休日になっていた。それではと競馬場内のらーめん房へ。昼に来ることがほとんどないのでランチ限定メニューがあることを初めて知り、その中から麻婆カレー850円也。うん。片栗粉でとろみがついていて、蕎麦屋のカレー丼の中華版ですね。競馬場内の食べ物では最近目新しいものがないなかで久しぶりのヒットでした。竹見さんが引退したのが2001年で、あれからもう23年。
 
競馬佐々木竹見カップジョッキーズグランプリは2003年が第1回で、コロナによる休止(2022年)を挟んで第21回。横山武史が連勝。2戦とも勝っての優勝は初めて。
 
本日のワイン●ゴボウのささがきをしながら。続きの、アンコーラ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ2021を1杯だけ。

| | Comments (0)

January 29, 2024

NHKでニッポン放送が

ここ何年か、夜日付が変わって以降はNHKの『ラジオ深夜便』をつけてそのままオフタイマーにして寝ているのだが、この日の夜(日付的にはてっぺん回って翌日)には、なんと!オールナイトニッポンのテーマ音楽が流れてきた。ラジオ深夜便とオールナイトニッポンがコラボして同時放送もしたらしい。なるほど、昔オールナイトニッポンを聞いていた世代がラジオ深夜便を聞くようになっての企画と思われる。まさにワタシがそうです。
 
競馬G1オウサムアゲインSをG1カリフォルニアクラウンとレース名変更し、サンタアニタの秋開催をペガサスワールドCのように盛り上げようというベリンダ・ストロナックの計画。
 
本日の酒●赤霧島お湯割り。薄いのを少々。

| | Comments (0)

January 28, 2024

外にいてもわかった揺れ

ジョギング。地震。別所沼公園で、ちょうど足踏みの健康器具のところにいたので外でも揺れがわかるほどだった。そうえいば能登半島地震で、Macintoshがまだ高価だった90年代、画質の良さで絶賛され、けっこうな値段で買ったディスプレイ(当然ブラウン管)のメーカーEIZO(当時はNANAO)も石川県でしたね
ばんえいヒロインズカップ。サクラヒメは去年より10kg軽くなったので去年よりはまともにレースができると思ったが、しかし。第2障害までの砂を入れ替えて重くなったせいか最後は一杯。むしろゴール上でころばせないでよくもたせた。さすがに入線後はばったり。
 
競馬●黒潮スプリンターズカップ。4番手から3コーナー過ぎで前をとらえたヘルシャフトが直線突き抜け重賞初勝利。馬体を併せて外を伸びた2頭、モダスオペランディが5馬身差、兵庫のヒメツルイチモンジがクビ差3着。●ヒロインズカップ。障害先頭ダイヤカツヒメで、差なく2番手のサクラヒメが降りてすぐに先頭に立ち、何度か止まりながらも先頭でゴールに到達。しかしゴール上で動けず、ダイヤカツヒメが勝利。障害3番手からピュアリーナナセも2着でゴール。なんとかこらえたサクラヒメは3着。●G1センテナリースプリントC(シャティン1200m):抜群のスタートを切った単勝38倍ヴィクターザウィナーが後続を寄せ付けず逃げ切り。1 3/4馬身差でラッキーウィズユー。3着に2番人気ウェリントン。人気のラッキースワイネスは6着。
 
本日のワイン●アンコーラ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ

| | Comments (0)

January 27, 2024

家用Macもリニューアル

家MacがノートだったのをiMac(ピンク)にした。でっかい画面に慣れてしまうとノートの画面ではどうにも不自由なので。それと。MacBookAirは間違って日本語キーボードを買って大後悔していたのを、Macの初期から使っているUS配列にできたので文章を書くのも快適。
午後から新宿御苑のスタジオにてオッズパークLIVE。AIと人間の対決。いろいろと見せ方やり方を工夫しているようです。競馬のところは人間もそれなりに当たったけどAIにさらに上にいかれてしまった。
 
競馬●G1ペガサスワールドC(ガルフストリーム9F,4&up):ぴたりと2番手のナショナルトレジャーが4コーナーで先頭に立つと、後方からゴール前迫ったセニョールブスカドールをクビ差で振り切った。前走BCマイル2着でG1プリークネスS以来の勝ち星。ボブ・バファートはこのレース3勝目。4馬身半差3着にクルーピ。●G1ペガサスワールドCターフ(ガルフストリーム芝9F,4&up):3番手追走、クールモアのウォームハートが直線ラチ沿いから抜け出しトラックレコードで勝利。ヨークシャーオークス、ヴェルメイユ賞の続いてG1・3勝目。ゴール前迫ったアイムヴェリービズイが半馬身差。デットーリのキャットニップがクビ差3着。●G3サンパスカルS(サンタアニタ9F,4&up):ニューグランジが逃げ切ってG2サンアントニオSから連勝でこのレース連覇。1番人気ニューゲートは2番手でマークしたがとらえきれず1馬身差。3/4馬身差3着にミックスト。
 
本日のワイン●豊西牛のサイコロステーキで、続きのキザンファミリーリザーブ2021。ああ、おいしい。

| | Comments (0)

January 26, 2024

ロシアからの刺客が圧勝

ドバイ・メイダンの開催は今シーズンからドバイワールドC開催へ向けての重賞体系がだいぶ変わったようで、本番まで2カ月のこの日“ファッションフライデー”開催が、以前のスーパーサタデーのようになったらしい。そしてG1アルマクトゥームチャレンジを勝ったのは、前走1月12日のハンデ戦から連勝となったカビールカーンで、ロシア調教(ドバイでの調教師登録はダグ・ワトソン)でオーナーはカザフスタンという。ドバイの国際レースはこういう普段ほとんどみたことのない国の馬が活躍するのがおもしろい。
 
競馬●G3ファイヤーブレイクS(メイダン・ダ1600m):ハイポセティカルが直線一騎打ちとなったサザンアーティストを振り切り、2022年アルマクトゥームチャレンジR3以来の勝利。●G2アルファヒディフォート(メイダン芝1400m):2022年9月ウドバインのG1サマーSを勝ったゴドルフィンのミステリアスナイトがラチ沿い3番手から残り100mで抜け出した。ラチ沿を抜けてきたVAFORTINOが1馬身差2着。●G3アルシンダガスプリント(メイダン・ダ1200m):3コーナーで8番手だったムーヒーブが直線突き抜け、フリーダムファイターに6 3/4馬身差をつけた。●G2ブルーポイントスプリント(メイダン芝1000m):ほとんど最後方を追走していたゴドルフィンのスターオブミステリーが馬群を縫うように進出、逃げていたポントスをゴール前でとらえ1 3/4馬身差で勝利。●G1アルマクトゥームチャレンジ(メイダン・ダ1900m):直線を向いて先頭に立ったカビールカーンが突き放し、2着フランツシュトラウスに4 3/4馬身差をつけて圧勝。●G1ジェベルハッタ(メイダン芝1800m):3番手につけたメジャードタイムが直線抜け出しG2アルラシディヤから連勝。後方2番手から追い込んだオットマンフリートが1 3/4馬身差2着でゴドルフィンのワンツー。英1000ギニーから米QEIIチャレンジCと連勝し、BCマイル2着で注目されたマウジは2番手追走も直線失速して最下位。●G3UAE2000ギニーズ(メイダン・ダ1600m,3yo):メンデルスゾーン産駒のメンデルスゾーンベイが2番手から直線抜け出し圧勝。3 3/4馬身差2着にキラーコレクト。
 
本日のワイン●キザンファミリーリザーブ2021。メルロー、ブラッククイーン主体。ますますエレガント系。

| | Comments (0)

January 25, 2024

コーディズウィッシュが

へー。高知市北見市が姉妹都市の締結をしていたとは知らなかった。馬のつながりではぜんぜんないんでしょうが、そういう親近感はある。北見はばんえいがなくなってから行く機会がなく残念ですが。
 
競馬●ウインター争覇。ハナをとった8頭立て7番人気セイルオンセイラーが逃げ切り。3番手からコンビーノが直線迫ったがクビ差まで。5馬身差3着にアルバーシャ。人気のナリタブレードは最後方から見せ場なく。●兵庫クイーンセレクション。4番手から向正面で仕掛け3コーナーで先頭の名古屋ニジイロハーピーが直線後続を寄せ付けず重賞初勝利。追ってきた1番人気プリムロゼは2馬身差。5馬身差3着にインタールード。●エクリプス賞年度代表馬はコーディズウィッシュ。●そしてリーディング・オーナー/ブリーダーのタイトルも3年連続でゴドルフィン
 
本日の酒●醸し九平次2022純米大吟醸別誂をちょっとだけ。

| | Comments (0)

January 24, 2024

北陸応援割が3月から

出社。だいぶ先が見えてきたけど、引き続いてまた違う先がいくつもあり。
行くよ金沢!北陸応援割。特に割引とかなくても行きましょう。観光客少なそうだし。富山にも行きたい。
 
競馬●金盃。逃げていたマテリアルガールが3コーナー手前で後退。直後のランリョウオーが先頭に立つと、セイカメテオポリスがとらえにかかって直線馬体を離しての一騎打ちは、ランリョウオーがアタマ差で勝利。2馬身半差3着にミヤギザオウ。●笠松は雪で取止め。NTRAのモーメントオブザイヤーにコーディズウィッシュのBCマイルが2年連続で。
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

January 23, 2024

日本2頭目の世界最強馬

午前6時起床。昼からグリーンチャンネル。地方競馬中継は高知の新人王争覇戦。ん〜、騎手交流戦難しい。それでも第1戦は当たったからまあいいでしょう。昨年は雪で第6レース以降が取止めとなったが、この日も後半は雪が降ってきたようで。終えて、新年会的なのを焼肉トラジにて。
 
競馬イクイノックスが2023ワールドベストレースホースランキングで1位。135は日本調教馬歴代最高。ジェイソン・サーヴィスの薬物関連有罪判決により、4年の時を経て2020年サウジCのマキシマムセキュリティが失格に。2位入線ミッドナイトビズーが繰り上がって優勝。モンマスパークのハスケルウィークエンドにトレーナーチャレンジ。金曜から日曜の成績ポイントで優勝調教師に75,000ドル。
 
本日のワイン●焼肉トラジにて。
ナパヴァレー、フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリー ロッソ&ビアンコ・ロッソ
アルゼンチン、ボデガ・ノートン プリヴァーダ・ファミリーブレンド2020
フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリー ダイアモンドコレクション・カベルネソーヴィニヨン2020
デザートに白。マールボロ、オーヴァーストーン ソーヴィニヨンブラン2022
トラジのワインはぜんぶエノテカですね。久しぶりにワインをたっぷり飲んだ。

| | Comments (0)

January 22, 2024

指定野菜にブロッコリー

指定野菜という制度があるのをはじめて知った。従来の14品目に加え、ブロッコリーが加わるとのこと。たしかに、うちでもここ2、3年でブロッコリーは常備野菜になった。品種追加は1974年に馬鈴薯が追加されて以来、なんと50年ぶり。
 
競馬KYダービーフューチャーウェイジャーPool 3が締切。引き続き1番人気はBCジュベナイルを勝ったフィアースネスで8-1。2/3のG3ホーリーブルSで復帰予定。2番人気はG2レムゼンS2着のシエラレオネで13-1。その他は2-1。
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

January 21, 2024

佐賀では高知のワンツー

出社して、夕方から高知ヨルノヲケイバGでした。ん〜、買い目がほとんどハズレのほうに引っ張られた。惨敗。あと1つか2つでもアタリのほうに引っ張られてくれないもんか。ばんえい、佐賀、大井の開催が終わると20時以降の競馬は高知だけ。それまで視聴者が千人台だったのが、19:50発走の大井が終わるとどんどん流れてきてファイナルのレース中には1万人超。すごいな。
 
競馬●花吹雪賞。3番手内から3コーナー手前で先頭に立ったグラインドアウトが直線突き放して独走。直後で向正面から追い通しだったピクシースカイが8馬身差2着。高知のワンツーで馬連3670円、馬単6500円。●1レース前に引退式が行われたマルミゴウカイ。最終レースで障害5番手から抜け出し引退レースを勝利で飾った。
 
本日のワイン●つづきの。オリオルロッセール チノチャノ・ブランコ2021。

| | Comments (0)

January 20, 2024

サウジ目指すサウジ帝王

在宅。ジョギング。明日の仕込み。寒いので夜は鍋。
 
競馬●G3ルイジアナS(フェアグラウンズ8.5F,4&up):サウジCを目指す断然人気サウジクラウンが直線突き放して逃げ切り楽勝圧勝。5 3/4馬身差2着にレッドルートワン。3着ハッピーアメリカン。●G3ルコントS(フェアグラウンズ8.5F,3yo):ほとんど行ったままの決着はトラックファントムが逃げ切り。父クオリティロード。2 3/4馬身差2着にナッシュで人気2頭の決着。●G3ラカナダS(サンタアニタ8.5F,4&up f/m):4コーナーで前をとらえたデザートドーンが直線抜け出した。G2サンタアニタオークス以来1年9カ月ぶりの勝利。コーヒーインベッドが迫ったが1馬身差まで。人気温ミッドナイトメモリーズは3着。
 
本日のワイン●純豆腐チゲで。つづきのオリオルロッセール チノチャノ・ブランコ2021。

| | Comments (0)

January 19, 2024

王子みずから勝つために

やっぱりお風呂であったまってアルコールを摂取せずに6時間以上ちゃんと寝ると調子いい。夜はそれなりに原稿がすすんだ。
 
競馬●G2ケープヴァーディ(メイダン芝1900m,3&up f/m):中団に控えたシルヴァーレディーが直線先頭に立って押し切った。直後のイングリッシュローズがとらえにかかったがクビ差2着でゴドルフィンのワンツー。●スターギター産駒がメイダンで連勝。マナマゴールドG1サウジC出走予定のホワイトアバリオの一部権利をサウド家のファイサル王子が一部権利を取得。
 
そういうわけで本日も休肝日。

| | Comments (0)

January 18, 2024

北カリフォルニアの競馬

出社。睡魔との戦いで半ば使い物にならず。寝る前のアルコールが、以前であれば寝酒程度の量でもてきめんに睡眠の質に影響するようになったかもしれない。夜になってようやく原稿書きにたどり着く。
ブルーバードCを勝ったアンモシエラの今後出走できるレースについての考察がなかなかに興味深い。
 
競馬●報知グランプリカップ。13歳のリッカルドは除外も、10歳エルデュクラージュが向正面から徐々に後続を引き離して逃げ切り。ゴール前ヒーローコールが差を詰めたが2馬身差まで。ゴールデンゲートフィールズ競馬場が6月で廃止となり北カリフォルニアに平地の競馬がなくなることから、サクラメントのハーネス開催場Cal Expoでサラブレッドのレースを開催する案が浮上。
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

January 17, 2024

新体系のブルーバードC

夕刻、船橋競馬場へ。夕飯は、まだまだ工事中の競馬場内は食べられるようなところがないので銚子丸。長居してお安く飲めた頃と比べると、高くなったねぇ。仕方ないんだけど。ブルーバードカップは、南関東の有力馬が前週の浦和に回ってもそんなに差はないんじゃないかと思っていたけれども、しかし。中央3頭が接戦のゴールで上位独占。ウルトラノホシはちょっと強引だったか、4コーナーで外に持ち出すときに前のバロンドールにつっかけてしまい鞍上は戒告。勝ち馬に1馬身ほどの差は惜しかった。まっすぐ帰宅。
 
競馬●ブルーバードカップ。逃げたエコロガイアに4コーナーで外からバロンドールがとらえにかかって直線2頭が抜け出したが、4コーナー内を突いて直線外に持ち出したアンモシエレラがゴール前差し切った。内で粘ったエコロガイアがクビ差2着。ハナ差でバロンドール3着。
 
本日のワイン●帰宅して、オリオルロッセール チノチャノ・ブランコ2021を2杯ほど。

| | Comments (0)

January 16, 2024

3年連続での最優秀牝馬

NARグランプリ表彰馬・表彰者発表。イグナイターの2年連続年度代表馬おめでとうございます。そんななかスピーディキックの2歳、3歳、4歳と3年連続最優秀はすごくね?と思って調べたところ、フリオーソの6年連続を筆頭に、アジュディミツオー、ラブミーチャン、ハッピースプリント、サルサディオーネ、ララベル(連続ではないけど3回)などけっこういました(ばんえい除く)。調教師の勝率では柏原誠路31.034%、田中守30.977%という、少数第2位で四捨五入すると、ともに31.0%という僅差でした。
 
競馬●新春ペガサスカップ。3コーナー過ぎから人気3頭の争いとなり、直線を向いてミトノユニヴァースが先頭に立って重賞3勝目。フークピグマリオンが追ったが1馬身半差。2馬身差で3着にスティールアクター。ドバイワールドCでウシュバテソーロの2着だったアレジールスが引退。重賞はジェベルアリ、メイダンで計3勝。
 
本日の酒●赤霧島お湯割りを少々。

| | Comments (0)

January 15, 2024

マカオの競馬も終焉へ

1月9日発売号の週刊競馬ブック・一筆啓上で「調教師の定年延長は難しい?」と書いたことからXでいろいろ話が広がってるようで、ちょっと怖い(汗)。単に定年を延長しろということを主張してるわけではないので、そこんとこよろしくお願いします。
さて毎年恒例、2月一杯くらいまでひたすら原稿書きと校正に追われる日々に入ります。
 
競馬マカオの競馬が4月1日で閉鎖というニュース。マカオの競馬は、たしか2001年に御神本騎手が見習騎手招待競走に出た時に取材に行ったのが最後かもしれない。
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

January 14, 2024

本線で絞るかヒモ荒れか

午後からグリーンチャンネル。今年最初の地方競馬中継は高知から。A-2戦、大高坂賞、ともにヒモ荒れを狙ったのだが、しかし。どちも本線で絞る手だった。高知は絞って失敗した記憶が多いような気がして、絞る勇気がなかった。くぅ。まっすぐ帰宅。
 
競馬●大高坂賞。ハナをとったグッドヒューマーに、5番手向正面賞から位置取りを上げてきたアポロティアモだが行きっぷりいまいち。ゴール前迫ったが、グッドヒューマーが半馬身差で振り切った。ゴール前一気に伸びたレベルスリーが1馬身半差3着。●G3ラスシエネガスS(サンタアニタ芝6.5F,4&up f/m):直線を向いて4頭横一線の競り合いから最内の伏兵ハニーパンツがわずかに抜け出し、6歳でグレード初勝利。馬体を併せていた人気のエルムドライヴがアタマ差2着でフィリップ・ダマト調教師ワンツー。3/4馬身差3着にグレースランドグレイ。
 
本日のワイン●つづきの、マルキドボーラン メルロー2022。

| | Comments (0)

January 13, 2024

関東平野に初雪の週末に

在宅。窓拭き。溜まったダンボールなどの処理。年末にはとてもできない大掃除的なことをちょっとずつ。夕刻、雪。
 
競馬ファルブラヴ26歳、死んだのか。
 
本日のワイン●四季彩牛サイコロステーキで、マルキドボーラン メルロー2022

| | Comments (0)

January 12, 2024

ロシア調教馬がワンツー

午後、恒例ハンドブックの打ち合わせで新橋へ。1時間ちょっとの会議。終えて、新橋亭。早めの帰宅。
 
競馬●メイダン第6レースのハンデ戦でケンタッキー産、ロシアで走っていた馬がワンツー。勝ったのはカビールカーンKabirkhan(父カリフォルニアクローム)。4馬身差2着にヒーローモー(父モータウン)。ともに調教師の登録はダグ・ワトソン。11日のペンナショナル第2レースで、クレイジーレッグズハーシュ、マイリデンプションという同馬主の馬が同着優勝。そのオーナー、バッシュレーシングステーブルは、第3レースをキーピングイットカントリー、第4レースをタンジーが勝って3連勝、という記録。チャーチルダウンズ社によって出走停止となっているボブ・バファート厩舎の所属馬は1月29日までに転厩しないとケンタッキーダービーに出走を認めない。
 
本日の酒●新橋亭にて。乾杯の瓶ビール。紹興酒。

| | Comments (0)

January 11, 2024

それでも地方重賞に偏重

昨日の浦和・ニューイヤーCは期待馬と実績馬が上位を占めたが、対照的にJpnIIIになった来週のブルーバードCは南関東にこれといった有力馬がいない感じのメンバー。そして中央枠3頭もいずれも2勝馬で目立った実績馬はなし。それでも地元有力馬は南関東限定重賞(ニューイヤーC)のほうにいってしまうという状況。たしかに南関東所属馬が羽田盃や東京ダービーに出走するには、グレードで優先出走権をとるより地元重賞で賞金を重ねるほうが確実かもしれない。
 
競馬●コウノトリ賞。前2頭が飛ばして逃げ、離れて3番手のスマイルミーシャが3コーナーで一気に前をとらえると直線後続を寄せ付けず。追ってきたクリノメガミエースは3馬身差で、断然1、2番人気の決着。●無射精症候群と診断されたアーリーヴォウティングが革新的治療によってテーラーメイドスタリオンズで種牡馬として復活、というお話
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

January 10, 2024

KYダービー500万ドル

Img_365280
夕刻、帰宅の人々の雑踏にまぎれつつ浦和競馬場へ。黄色いカレーで、コロッケカレーうどん。黄色いカレーはそもそも玉ねぎが多いんだけど表面を覆いつくすほどの玉ねぎ(笑)。ニューイヤーカップは、ギガース強かったしやっぱり距離も大丈夫だった、という内容。終えて、浦和駅方面。久しぶりに歩いた前地通り商店街は、仮に寅さんが歩いていても違和感がないくらいに昭和のまま。とはいえ浦和駅に近いあたりには今どきのお店もできてましたが。で、浦和パルコのユナイテッドシネマ。あらかじめ調べたら上映時間がドンピシャだったので『翔んで埼玉〜琵琶湖より愛をこめて』をようやく見た。埼京線ができたのは武蔵野線よりずっと後ですが、という違和感も、制作者もおそらくそれはわかっていてネタとしてそうせざるをえなかったのでしょう。感想は、堀田真由かわいい。なるほどちゃんと滋賀県出身なのか。そこまでこだわったとは。帰宅して、録画しておいた『光る君へ』の初回をようやく見た。戦国や幕末と違って登場人物が知らない人ばかりなので番組サイトで登場人物の相関図を確認しながら。さらに再放送の『映像の世紀』に見入ってしまった。
 
競馬●ニューイヤーカップ。図らずも自然に2番手のギガースが、先頭のクルマトラサンを直線とらえて半馬身差。3番手のライゾマティクスがそのまま半馬身差3着。2馬身離れて4着にアムクラージュ。ギガース+先行した重賞実績馬で決着。今年第150回ケンタッキーダービーの総賞金が、昨年の300万ドルから500万ドルに。北米ではBCクラシックの600万ドルに次ぐ2番目の高額賞金。
 
本日の酒●開いてるのを少しずつ。醸し九平次2022純米大吟醸別誂。赤霧島お湯割り。

| | Comments (0)

January 09, 2024

皆さん通常営業に戻って

出社。正月が明けて3連休後の平日になってみなさん動き出したらしくいきなり雑務が満載。来週から原稿と校正が3月まで続くのにな(泣)。
 
競馬グランダム・ジャパン古馬シーズンは春・秋に分けて実施。牝馬の優遇はどんどんやったほうがいい。
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

January 08, 2024

門別でも佐賀でもリーチ

年末年始のいろいろが一段落して休みにしようかと思ったけど、会社に山積みになった雑誌や書類を処分せねばと出社。結局目標の半分ほどまで。映画はめったに見に行くことがないんだけど『翔んで埼玉』は見ようと思い、しかし池袋界隈で都合のいい時間にやってるところがなく、『首』を見た。ん〜、戦(いくさ)で人が殺し合ってる場面や切腹の場面で笑いをとろうとするのはどうでしょう。たけし的なブラックジョークなのかもしれないけど。エンディングも、それ?という感じ。あくまでも個人的感想です。
 
競馬●ゴールドスプリント。4コーナーで先頭に立ったのはロンドンテソーロだったが、9番手から徐々に位置取りを上げてきたリーチが差し切って1馬身差。3コーナーで先頭に立ったティアラフォーカスは内枠では厳しくなんとか粘って3着。
 Img_365180
本日の酒●映画の前のちょっと腹ごしらえを清龍で。冬限定ひれ酒。升酒(140ml)190円とかで出してる安酒でもひれ酒(580円)にするとすげーおいしい。

| | Comments (0)

January 07, 2024

ジャンボ餃子のBセット

Img_305880_20240108133701
出社。昼は、なんとなく勝負メシになりつつある開楽のチャシューメン。連休中日ですごい行列かもと思ったけど開店5分後到着でギリギリ入店。5人がけのカウンター席真ん中で、左右2名ずつすべて女性ひとり客。しかも注文がみなさん揃いも揃ってジャンボ餃子5個に半チャーハンのBセット(現在は1300円)。テレビとかネットとかで話題になったんですかね。ほかの席でもBセットの注文が断然多い。今のわたしにはたんぶん食べきれませんわ。右隣の女性はちゃんとタッパー持参で一部お持ち帰りしてたようです。
出社して夕方から高知ヨルノヲケイバ。大晦日のヲケイバから連敗が続いて苦悩。それでもなんとか、8レース、10レース(ファイナル)でそれなりの払い戻し。チャラ近くにできてひと安心。
 
競馬●G3サンタイネツS(サンタアニタ7F,3yo f):抜群のスタートを切った断然人気コピオンが直線もほとんど持ったまま、2着ドントブリングクレイジーに5 3/4馬身差をつけた。デビュー戦3 3/4馬身差圧勝からの連勝。父オマハビーチ。
 
本日のワイン●つづきの、キザンセレクション・メルロー/カベルネソーヴィニヨン2020。

| | Comments (0)

January 06, 2024

あしたの高知でひと段落

在宅。明日の高知競馬配信でようやく年末年始が一段落かも。少しずつ、家の掃除とか。
 
競馬●佐賀若駒賞。ハナをとったトゥールリーが3コーナーから差を広げて後続を寄せ付けず。2番手を追走したフークファンタジーが2馬身半差2着。3着デッドフレイ。●G2サンヴィセンテS(サンタアニタ7F,3yo):4コーナー先行3頭が横一線となっての勝負は、外の断然人気ムスMuthが直線突き放した。G1アメリカンフェイロアSを勝って、BCジュベナイル2着からの今年初戦。2 3/4馬身差2着にパイロットコマンダー。アタマ差3着にスライダー。ボブ・バファートのワンツーでこのレース13勝目。エリク・アスムッセンが、父スティーヴの調教・所有馬で初勝利。
 
本日の酒●のどぐろの干物で、醸し九平次2022純米大吟醸別誂。キザンセレクション・メルロー/カベルネソーヴィニヨン2020。

| | Comments (0)

January 05, 2024

ピムリコの大改修計画で

午前5時半起床。昨日書いた原稿2本を推敲して直して送信。年末年始の先がようやく見えてきた。午後からグリーンチャンネルは、アタック!地方競馬の収録。終えて出社。会社と個人の年賀状をやってちょっと肩の荷がおりた、かも。
 
競馬●G3ドバウィS(メイダン・ダ1200m):逃げたタズTuzが直線後続を突き放し、2着リーディングスピリットに8馬身半差をつける圧勝。●G2ザビールマイル(メイダン芝1600m):直線を向いて先頭に立ったのはマーバーンだったが、4コーナーでも後方2番手だったサンドナトが直線前が詰まりながらも内をさばいて差し切り1馬身半差をつけた。ストロナックグループが所有するピムリコ競馬場を国有にする計画。スタンドもすべて建て直すなど大改修のためプリークネスSを3年間ローレルパークで実施する案も。2023年の北米の馬券売上が116.6億ドルを下回り、2022年の約121.1億ドルから近12年で最大となる3.7%減少
 
本日の酒●醸し九平次2022純米大吟醸別誂。赤霧島お湯割り。

| | Comments (0)

January 04, 2024

年末年始もあとちょっと

午前7時起床。2分で出社。締切の迫ってきた原稿が何本か。ひとつずつ順番に、夜までかかってなんとか形にして、あとはまた明日。
 
競馬●名古屋記念。3〜4コーナーで一気に先頭に立ったブンブンマルが直線後続を寄せ付けず、22年5月湾岸スターカップ以来の重賞制覇。騎乗変更の大畑慧悟は重賞4度目の騎乗で初制覇。断然人気ブリーザフレスカが追ったものの3馬身差2着。コネチカット州ストーンクレストファームで余生を過ごしていたパーフェクトドリフトがパドックでの怪我からの合併症で安楽死。25歳。02年ケンタッキーダービー3着、03年G1スティーヴンフォスターHを勝利。22年G1ターフマイルを制したアナポリスが引退。クレイボーンファームで種牡馬に。種付料は12,500ドル。
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

January 03, 2024

結局強いキングフェスタ

午前5時半起床。早朝出社。午後からオッズパークLIVEは、園田・新春賞と、ばんえい・天馬賞。8レースやって5レース当たったものトータルマイナスとは。堅い決着が多いと仕方ないのかなあ。さて、結局締め切り間近になってしまった原稿が何本か。会社近所のホテルが通常料金の最安値で空いていたのでホテル泊。
金沢競馬場が被災地支援の拠点となっているらしい。
 
競馬●新春賞。3番手外で前半かなりかかっていたアラジンバローズだが直線追い出されると後続を寄せ付けず完勝。中団から外を伸びたナムラタタが1 1/4馬身差2着。1馬身半差3着にトリプルスリル。3番手内で溜めていたツムタイザンは直線弾けず4着。●川崎マイラーズ。縦長5番手から追ってきたギャルダルがゴール前で一旦は抜け出したが、4コーナーでもまだ離れた中団だったデュードヴァンが弾けてアタマ差とらえ重賞初勝利。フォーヴィスムが1馬半差3着。逃げたアランバローズ4着。●天馬賞。最初に仕掛けたヘッチャラ、さらにツガルノヒロイモノもひと腰で障害を越えたが、溜めて仕掛けたキングフェスタが一気に抜き去って完勝。
 
本日のコンビニ酒●プレモル香るエール。

| | Comments (0)

January 02, 2024

勝負どころハマりまして

午前7時半起床。出社。仕込みをギリギリ間に合わせてオッズパークLIVEはばんえい帯広。メインの帯広記念で◎コマサンブラックが最下位。大晦日の惨敗から引き続いて当たらず、配信8レース中6レース目まで。残り2レースとなって、わりと堅そうと見て馬連で負債を取り返すべく勝負に出たところ、大接戦の決着でもハマってくれた。最終レースも当たってなんとかプラス。年が明けました。疲れた。明日もがんばりましょう。
 
競馬●帯広記念。最初に仕掛けたコウテイが、なんとひと腰先頭。差なくメジロゴーリキが続いて、3番手にメムロボブサップ。3頭の争いからメジロゴーリキが抜け出してそのままゴール。メムロボブサップは差を詰められず2着。コウテイが3着。アオノブラックは障害苦戦して6着。
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

January 01, 2024

元日から揺れた日本列島

午前7時半起床。気分一新すべくジョギング。さすがに人も車も少なく外は静寂。今年も元日から出社するつもりだったのだが、しかし。諸事情勘案して家で仕事することにした。夕刻、緊急地震警報でスマホがけたたましく鳴った。ゆらゆらと長く揺れた程度だが能登半島ではたいへんなことになった。高知ヨルノヲケイバの配信を見ていたのだが、こうしたときの対応は難しい。
まどか、おめでとう。
 
競馬●G3ラスフローレスS(サンタアニタ6F,4&up f/m):デットーリで1番人気のスイートアステカが逃げて先頭で直線を向いたが、チスモサが直線の追い比べから抜け出しグレード初勝利。1 1/4馬身差2着にホットペッパーズ。スイートアステカはさらに1 1/4馬身差3着。
 
本日の酒●いただきもの。醸し九平次2022純米大吟醸別誂。

| | Comments (0)

« December 2023 | Main | February 2024 »