« October 2023 | Main | December 2023 »

November 30, 2023

完璧に逃げ切って繁殖へ

出社。夕方、地全協へ。もろもろ相談。そのまま船橋競馬場へ。日比谷線で八丁堀乗換えだと意外に近い。キモンルビーの引退レースは完勝。これで引退となるのはもったいないと思うほど。地方移籍後は29戦19勝で重賞4勝。船橋コースに限ると17戦13勝2着4回。中央未勝利でも使い方次第で賞金1億2400万円。すごいね。コパノリッキーを付けるそうです。まっすぐ帰宅。
 
競馬●開催時期が変わって今年2度めの船橋記念。今回も抜群のダッシュのキモンルビーが楽な手応えのまま直線を向くと後続を寄せ付けず。今の船橋良馬場で58秒9は速い。ラチ沿いぴったりを回って伸びたプライルードが3馬身差。1馬身差3着にティアラフォーカス。互角のスタートも前半徐々に置かれたギシギシは直線伸びたが4着。ターフパラダイス競馬場が1月29日に再開。2023年のワールドベストジョッキータイトルはライアン・ムーア。4度目はデットーリと最多タイ。
 
本日の酒●李白・やまたのおろち辛口特別純米酒1杯だけ。

| | Comments (0)

November 29, 2023

競馬のおわりのはじまり

Stc2024120
シンガポールターフクラブから2024年開催日程のリリース。開催最終日となる10月5日には、第100回シンガポールゴールドカップ。果たしてそこまでどれだけ馬が残っているのだろう。最終日とか見に行ってみたいけど、都合つけようかどうしようか。まだ終わってないけど、楽しかったよ、シンガポールの競馬。
夜は船橋競馬場へ。テリオスベルがいるとレースがテリオスベルを中心に回る。
 
競馬●クイーン賞。すんなり逃げたパライバトルマリンに、テリオスベルが追いついたのは2コーナーを回ったところ。互いに譲らず併走となって息が入るところがなく、4番手を追走したライオットガールには絶好の展開となり、残り100mでまとめて交わし去った。2馬身半差でテリオスベル。パライバトルマリンは3/4馬身差3着。そのうしろは9馬身離れた。
 
本日の酒●赤霧島お湯割りを薄めで少々。

| | Comments (0)

November 28, 2023

デビュー3年重賞4勝目

早朝出社。朝からデータ分析原稿の確認を夜まで。もう目の疲労がついていけませんわ。
ゴールドウィング賞で断然人気馬に一旦は離されながらゴール前差し切った塚本征吾、見事ですわ。今年6月のトリトン争覇での重賞初勝利から早くも重賞4勝目とか。
 
競馬●ゴールドウィング賞。3コーナー過ぎから3頭の争いとなって、直線を向いて一旦は断然人気ミトノユニヴァースが抜け出したが、フークピグマリオンが差し切って3/4馬身差。中団から伸びたニジイロハーピーが1馬身半差3着。●トーコーヴィーナスの2番仔ですね。ディグナ。デビュー戦勝利。
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

November 27, 2023

KYダービー馬メイジ引退

どこの国のダービー馬も、重賞タイトルがそれだけという馬が意外に多いような気がする。メイジもほかに勝ち星はデビュー戦のメイドンだけ。ただフロリダダービー、ハスケルで2着があるからケンタッキーダービーがフロックということではないのだろう。今後レースで重ねられるかもしれないタイトルと賞金よりも、たしかに種牡馬にしたほうが儲かる可能性はあるかもしれない。
 
競馬ケンタッキーダービー馬メイジが引退。エアドリースタッドで種牡馬に。
 
本日のコンビニ酒●プレモル・香るエール限定デザイン。

| | Comments (0)

November 26, 2023

いろいろすごかったJC

めずらしくジャパンCの日に中継とかネット配信が入らず、すっごく久しぶりに東京競馬場。たまにGI開催の東京競馬場とか行くと日本の競馬産業ってすげーなと思う。そして無観客開催はもはや遠い昔のよう。メインレース時の滞留人員は約8万人だったらしい。上階から見るとスタンド前は人で埋まってまっ黒。地鳴りのように湧いてくる歓声、そしてイクイノックスの圧倒的な強さ。ルメールさん、馬上で、インタビューで、泣いていた。すごいものを見た。終えて、ひさしぶりに30年来の競馬つながりの宴会に参加。長野まで最終の新幹線で帰るお二人を武蔵浦和でお見送り。
 
競馬●ウインターチャンピオン。2番手から向正面で先頭に立ったロンドンテソーロが直線突き放し圧勝で重賞初制覇。4コーナー大外離れた9番手から追い込んだジョンソンテソーロが2馬身半差2着。転入2戦目ウインヒストリオンが3着。●ドリームエイジカップ。最初に仕掛けたのはメジロゴーリキ、インビクタだったが、続いたサクラヒメが障害先頭で、そのまま楽々と歩いて勝利。2番手のメジロゴーリキは離されたものの2着。3頭による3着争いはヤマカツエース。●G3ネイティヴダイヴァーS(デルマー9F,3&up):4コーナーで外から前をとらえたミスターフィスクが直線で抜け出した。古馬初対戦でグレード初勝利。父アーロゲート。1番人気スキナーは離れた最後方から徐々に迫ったがとらえることができず1 1/4馬身差2着。KYダービーフューチャーウェイジャーPool 2。1番人気はBCジュベナイルのフィアースネスで8-1。その他が断然で6-5。
 
本日のワイン●乾杯のスパークリング。白はシャルドネでしたか。赤は、シャトー・トゥール・ピブラン・ポイヤック2014。カリフォルニア・ソノマのフェラーリ・カラーノ トレゾール2014。ドメーヌ・ソガ オーディネール・メルロー・カベルネ2016。ほかにも飲んだかも。力@武蔵浦和にて。芋(銘柄忘れ)をお湯割りで2杯。

| | Comments (0)

November 25, 2023

霜月ももうおしまい近く

在宅。ひさしぶりのジョギング。原稿1本と半分。夜はひとり鍋。
 
競馬●G2ケンタッキージョッキークラブS(チャーチルダズンズ8.5F,2yo):8頭立て最後方追走のオナーマリーが3〜4コーナー一気にまくって直線突き抜けた。父オナーコード。2馬身差2着にリアルメンヴァイオリン。●G2ゴールデンロッドS(チャーチルダウンズ8.5F,2yo f):3番手追走のイントリケートが直線突き放して圧勝。父ガンランナー。人気のソルピードアナは5 1/4馬身差2着。
 
本日のワイン●つづきの、マルキドボーラン ソーヴィニヨンブラン2021。

| | Comments (0)

November 24, 2023

ストラヴィンスキー27歳

出社。なかなか思い通りにすすみませんなぁ。毎日が時間切れ。
 
競馬●G2クラークS(チャーチルダウンズ9F,3&up):直線を向いて先頭は人気のファーストミッションだったが、外からトレードマークが並びかけ馬体を併せてのゴールは、伏兵トレードマークがハナ差で勝利。5馬身半差3着にイルミラコロ。●G2ハリウッドターフカップS(デルマー芝12F,3&up):ブラジル産プラネタリオが5番手から直線馬群を割って抜け出した。G3サンファンカピストラーノに続いて北米グレード2勝目。最後方追走の1番人気フランチェスコクレメンテが大外を伸びたがクビ差2着。2頭の間にハナ差でルッカ。●G3フォールハイウェイトH(アケダクト6F,3&up):1頭だけ離れた最後方を追走したボールドジャーニーが直線大外から差し切ってグレード初勝利。最高重量134ポンドを背負った人気のドゥランテが直線先頭だったが1馬身差2着。JBBA静内で余生を過ごしていた27歳のストラヴィンスキーが11月21日、老衰で死んだ。
 
本日の酒●李白・やまたのおろち・辛口特別純米酒を1杯だけ。

| | Comments (0)

November 23, 2023

忙中でも玉ねぎを炒める

在宅。いろいろたまってるちょっとずつの作業が終わらねぇ。夕暮れの浦和競馬場、なんでこんなに人がいるの?と思ったら世間は祝日ですか、そうですか。浦和記念は、騎乗変更となったディクテオン。いつもどおり後方からの追走だが向正面まくっての完勝は見事。東京競馬場では直線からの仕掛けで、それが浦和になればあそこからになるか。
Img_360380
帰宅して。仕事はちょっと置いといて、心に余裕がないときこそ、玉ねぎのみじん切りをひたすら炒める。久しぶりにキーマカレーをつくった。
 
競馬●浦和記念。最後方からのディクテオンが2コーナーを回ったところから仕掛け、直線逃げ粘っていたミトノオーを競り落とし2馬身半差をつけた。勝ち馬に遅れる形でロングスパートのテンカハルが2馬身差3着。
 
本日のワイン●マルキドボーラン ソーヴィニヨンブラン2021

| | Comments (0)

November 22, 2023

2歳ダートも中央強いな

午前5時起床。昼前、虎ノ門のスタジオ。オッズパークLIVEは兵庫ジュニアグランプリでした。第9レースの馬単40.1倍の的中でトータルではプラスになったけど、現状ではまあそういう馬券の習い方ということで。終えて出社。がしかし、さすがに早起きだったので電池切れ。
 
競馬●兵庫ジュニアグランプリ。3番手のイーグルノワール、直後でぴたりとマークのサトノフェニックス、ダート2連勝の2頭が馬体を併せて4コーナー手前で先頭に立っての直線追い比べは、ハナ差でイーグルノワール。5馬身差がついての2着争いはストリームが内で粘っていたが、ゼルトザームがこれをクビ差とらえて3着。
 
本日のワイン●帰宅して。いつあけたやつだ?という、マルキドボーラン カベルネソーヴィニヨン2020。

| | Comments (0)

November 21, 2023

笠松GPから盛岡最終日

昼からグリーンチャンネル。地方競馬中継は、笠松と盛岡で3時間半。笠松グランプリは、やっぱりベストマッチョは最後の100mで脚が上がるんだよなあ、それで2着か3着になるかが馬券の分かれ道。それでも笠松最終がそれなりの配当でなんとかなった。盛岡開催も今シーズンの最終日。レディスジョッキーズは好天でよかった。終えて出社。明日の仕込みは志半ばまで。
 
競馬●笠松グランプリ。2コーナーを回って内から仕掛けたルーチェドーロがそのまま後続を寄せ付けず連覇。ベストマッチョが追って2番手で直線を向いたもののエアアルマスがとらえて3馬身差2着。●金沢ヤングチャンピオン。ハナをとったリメンバーアポロが直線突き放して逃げ切り。2番手につけたグルタチオンシードが4馬身差2着。出遅れたダブルアタックだが早め中団で1馬身差3着。3連勝中のトルピードは3番手から3コーナーで一旦2番手も直線一杯で4着。ヘイリー・ターナーが通算1000勝。アクセレレートがケンタッキーホースパークへ。BCクラシック、パシフィッククラシック、サンタアニタH、ゴールドC@サンタアニタとG1・4勝。2019年から種牡馬に。
 
本日も休肝日。

| | Comments (0)

November 20, 2023

帝国主義以降世界の混乱

いろいろと切羽詰まって仕事をしながらも見たNHK映像の世紀バタフライエフェクト。毎度さすがNHKというつくりで、第一次世界大戦がヴィクトリア女王の孫たちの争いだったというのは初めて知りました。そして現在のイスラエルとパレスチナの紛争もいわゆる三枚舌外交からのもので、そう考えると帝国主義以降、ここ150年ほどの世界の混乱の元凶は大英帝国だったのかと。
 
競馬2017、18年にBCスプリントを連覇したロイエイチがケンタッキーホースパークへ。
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

November 19, 2023

高知3歳をコンプリート

出社して、夜は高知のヨルノヲケイバ。断然人気の勝たなければいけない馬がいるレースとか、予想は簡単だけど儲けを考えた馬券は難しい。その次のレースでこっちっじゃなくてそっちだったかとなり、その後はまったくハマらなくなって、大・惨・敗!
 
競馬●北上川大賞典。後続を引き付けて逃げたノーブルサターンが2600mを逃げ切った。直後のラチ沿いを追走していたフレイムウィングスは並びかける場面もなく1 1/4馬身差2着。7馬身差レールガンが前年に続いて3着。●土佐秋月賞。例によって向正面から位置取りを上げたユメノホノオが、3コーナーで先頭に立っていたサンマルーンをとらえると、意外にサンマルーンが抵抗して直線追い比べとなったが、ゴール前で振り切って2馬身半差。高知の3歳重賞コンプリート。離れた最後方からとなったデステージョは5馬身差3着。金沢競馬第8レースのレース中、先頭が3コーナー手前に差し掛かったあたりで照明が消えて不成立。以降の徽軫賞、最終レースも取止め。●G3ボブホープS(デルマー7F,2yo):4頭立て一団から人気のナイソスが直線楽に突き放してデビューから2連勝。父ナイキスト。2着ストロングホールドに8 3/4馬身差。
 
本日の酒●赤霧島お湯割りで薄いの1杯だけ。

| | Comments (0)

November 18, 2023

まさに Work All Week

出社。もろもろ作業とか、明日の仕込みとか。不良馬場の高知競馬は11レース中7レースで逃げ切り。しかもそのほとんどが大きな差をつけて、という逃げ天国だった。さて、明日は。
 
競馬●G2ヒルプリンスS(アケダクト芝9F,3yo):3番手から4コーナーで前をとらえた断然人気インテグレーションが直線突き放し、2着アイムべリービズイに5馬身差をつけて圧勝。今年8月のデビューから3連勝。G1ペガサスターフへ。●G2ケネディロードS(ウッドバインAW6F,3&up):一団馬群の中団からラチ沿いを抜け出したフラッグオブオナーが、2番人気アイスショコラをハナ差で退けた。またまた木村和士。●G3チルッキS(チャーチルダウンズ8F,3&up f/m):人気のホットアンドサルトリーが3コーナーから後続を突き放し接戦の2着争いに8馬身差をつけてグレード初勝利。2014年のBCスプリントを制し、オールドフレンズに種牡馬として繋養されていたワークオールウィークが死んだ。14歳。
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

November 17, 2023

益田場外終了のお知らせ

益田場外発売所終了のお知らせ。大井競馬の場外として稼働していたが利用者が少なくなって、さすがに来場者に見合わない旧スタンドを維持するのも難しいのだろう。昭和はだいぶ遠い昔になったが、平成もだんだんと遠くなっていく感じ。益田競馬廃止からすでに22年。最後の重賞・日本海特別を勝ったのが御神本というのは覚えていたが、最後にゴールを駆け抜けたのも御神本だった。単勝・複勝・6枠連単(前半は6枠連複)しか馬券がなかったというのも今となっては懐かしい。
 
競馬●G2バーレーンインターナショナルトロフィー(バーレーン2000m):アレックス・ファーガソンのスピリットダンサーが後方追走から直線の追い比べで抜け出した。父フランケルの6歳セン馬。2 1/4馬身差2着にイスラール。3着ポイントロンズデール。トルコで繋養されていたキュヴェが、心不全からの合併症で死んだ。22歳。
 
本日のワイン●日曜日にあけたマルキドボーラン カベルネソーヴィニヨン2020。ちょっとだけ。

| | Comments (0)

November 16, 2023

中10日で重賞連勝という

出社。JBCが終わって一息……とかにはまったくならない日々。このままあっという間に年末。毎年のことだけど。
 
競馬●東海菊花賞。向正面早め先頭のアンタンスルフレが、追ってきた1番人気アラジンバローズを振り切って1馬身半差。北國王冠から中10日で連勝。離れた中団から3〜4コーナーで位置取りを上げてきたヒストリーメイカーは1馬身半差3着。●ナムラタイタン産駒チャンチャンが2勝目。この世代は血統登録5頭。フェルナンド・ハラが2015年11月以来8年ぶりに北米で騎乗。
 
本日の酒●赤霧島お湯割り。

| | Comments (0)

November 15, 2023

解禁のヌーヴォーで(笑)

午前中、竹見さん宅訪問。出社。夕方から大井。マイルグランプリはスマイルウィにフライングかという抜群のスタートを切られてしまっては、外の方の逃げ馬に出番なし。終えて、ザギンのコパさんのお店。コロナ前に入れたボトルが保管されているとは思いませなんだ。おそらくザギンのクラブでボトルを入れるなどという経験は最初で最後でしょう。
Img_359380
電車の時間を気にしつつ帰路。最寄り駅に着いたのはてっぺん過ぎ。西友に寄ると、日付が変わったことでボジョレーヌーヴォーのワゴンが出ていましたよ。以前のように大々的にではなく、遠慮がちにワゴンひとつだけ。例によってジョルジュ・デュブッフさんのプラスチックボトルがメイン。そんななか端のほうに、ガラスボトルなのに、コレちょっと安くね?ってのがあったのでよく見ると、なんと!オーストラリア産。たしかにヌーヴォーなんだろうけど、南半球だから半年前のヌーヴォーでしょうよ(笑)。てか、ジョルジュ・デュブッフさん、3年前に86歳で亡くなられてたんですね
 
競馬●マイルグランプリ。好スタートでハナをとったスマイルウィが直線突き放して逃げ切り重賞5勝目。4番手内に控え4コーナー外に持ち出したランリョウオーも直線伸びたが差を詰められず2馬身差。1馬身差3着にデュードヴァン。芝G1・4勝のチャンネルメーカー(セン9)が引退。オールドフレンズに到着。
 
本日の酒●ワイルドターキーをロックでいただきました。

| | Comments (2)

November 14, 2023

無敗で凱旋門賞を制して

通常出社。やるべきことが、追いつかねぇ。
 
競馬凱旋門賞を勝って引退したエースインパクトがボーモン種馬場に到着。種付料は4万ユーロ。
 
本日も休肝日。

| | Comments (0)

November 13, 2023

ロダンはダートを目指す

先週はまだ扇風機を回していたのに、今日はヒートテックをはいてきても足元暖房。と思ったら、東京は木枯し1号かよ!
 
競馬ハリー・ベントレーが金銭をもらって自身の騎乗馬の情報を提供した不正行為で2カ月の騎乗停止と30万香港ドルの罰金。オーギュストロダンは4歳の来年も現役続行。BCクラシックを含めダートを目指す。
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

November 12, 2023

フジユージーン5連勝で

午前中、腰痛が悪化する前に整体へ。昼間も気温上がらず。というわけで夜は、冷蔵庫の在庫でこの秋初めての鍋にしてみました。
 
競馬●南部駒賞。スタート出遅れも早め好位にとりついたフジユージーンが4コーナー外に持ち出して直線突き抜けデビュー5連勝。逃げて直線でも先頭だったオスカーブレインが4馬身差2着。中団うしろから直線伸びたデュアルロンドが3着。●九州大賞典。2番手からマイネルナイペスが3コーナーで先頭に立って直線を向いたが、4番手のタガファジョーロ、縦長中団のブレイブアモーレが馬体を併せて外から伸び、タガノファジョーロがクビ差で勝利。ブレイブアモーレ2着で、伏兵マイネルナイペスは内で粘って4馬身差3着。●クインカップ。障害越えて5頭横一線の争いから、ゴール寸前7番人気アローリキヒメがわずかに出た。レースを引っ張った1番人気シンエイアロイは2着。9番人気スーパードリームが3着で、荒れないはずの重賞が3連単16万円。●高知でひさしぶりの特払い。いつ以来だ?●G3フェデリコテシオ賞(サンシーロ2200m):テンペスティがこのレース連覇で重賞3勝目。イタリアで種牡馬になったアルバートドックの産駒。
 
本日のワイン●つづきの、シャトー・メルシャン 萌黄。近所のスーパー(西友)で買える日本ワインとしては秀逸。マルキドボーラン カベルネソーヴィニヨン2020。いまや1000円で安心して飲めるワインは貴重。

| | Comments (0)

November 11, 2023

久しぶりメルシャン萌黄

昨日、東京に戻るあたりから腰痛発症。ホテルや競馬場で高さの合わない机と椅子で長時間パソコン作業をしていたのが原因と思われる。徹夜とか長時間労働は論外として、そんなちょっとのところでも無理がきかなくなってきた。
 
競馬●G2ベッサラビアンS(ウッドバインAW7F,3&up f/m):先行勢を前に見て6番手を進んだ人気の木村和士ロイヤルティが4コーナーで外に持ち出すと直線半ばで抜け出した。1馬身半差2着にラヴトゥショップ。●G2レッドスミスS(アケダクト芝11F,3&up):前2頭が飛ばして縦長の中団を追走したマスターピースがゴール前で抜け出した。人気のソルジャーライジングは最後方から馬群を内をさばいて追い込んだがクビ差届かず。
 
本日のワイン●久しぶりに飲んでみたくなって、シャトー・メルシャン 萌黄。2021までヴィンテージがついてたのが現行はNVになったらしい。和柑橘に上品な樽。リリースされた10年以上前よりだいぶ進化したんじゃないでしょうか。これも日本ワインのレベルアップ。

| | Comments (0)

November 10, 2023

道営記念をひきずり帰京

アルコールを引きずったまま午前7時過ぎ起床。千歳市内は雨。この日まで最高気温は10度超だったが、雨が過ぎると翌日からいきなり冬になるらしい。到着便が遅れたうえに羽田空港の渋滞により45分ほど遅れて羽田着。東京も急に季節が進んだ感じ。出社。道営記念で何が起きたか、まだ考えている。
 
競馬ウインスターファームの種牡馬ペインターが跛行から安楽死。カラコンティの種付料が1万ドルから2024年は15,000ドルに。凱旋門賞を勝ったエースインパクトがカルティエ賞年度代表馬に。オーナーが変わったターフパラダイス競馬場の開催再開が来年2月か3月まで延期の可能性。
 
本日の酒●昼。サクララウンジでハイボールを1杯。夜は飲まず。

| | Comments (0)

November 09, 2023

最後になんとも残念な…

午前6時半起床。お風呂に浸かって、道営スプリントの原稿。門別競馬場出勤は16時頃。事務的作業などが次々と湧いてきて門別競馬場でも結局ほとんどパソコンに向かったまま。そして迎えた道営記念は3コーナー過ぎで6頭が落馬。ゴールしたのは5頭のみ。しばらくして、空馬になったベルピットがすごい勢いでスタンド前の外ラチ沿いを駆け抜けていった。場内どよんとした空気。検量室前は落馬した人馬を心配する関係者たちでなんとも。夜は、昨日から紆余曲折があって焼肉ハウスリンに合流させていただく。代行で午前1時ごろホテル戻り。お疲れさまでした。
 
競馬●ラブミーチャン記念。向正面で北海道3頭が前で一団となり、3コーナー過ぎから徐々に差を広げたヴィヴィアンエイトがブロッサムCから連勝。2馬身差でシトラルテミニ。5馬身差3着にバラライカで人気順の決着。●道営記念。逃げていたエンリルが3コーナー過ぎで故障し、巻き込まれて計6頭が落馬。中団にいたアナザートゥルース、シルトプレが馬体を併せて直線を向くと、シルトプレが突き放し4馬身差をつけた。9馬身離れて3着にスコルピウス。2022年のケンタッキーダービー馬リッチストライクが引退。種牡馬として11/17のキーンランドセールに上場。ケンタッキーダービーが唯一のタイトルでその後勝ち星のないまま。
 
本日の酒●焼肉ハウスリンにて。生ビール。ハイボール。コンビニ酒はプレモル香るエール。

| | Comments (0)

November 08, 2023

メルボルンCで家を買う

2023110880
門別競馬場へ。早めの羽田空港で、昼飯を黄金色の豚で。もち豚のヒレカツ。ここのとんかつおいしいのよ。昼時で何人か並んでいても回転が速いし、さすがに空港なので注文すればそれほど待たされることもなく出てくるし。リッチモンドホテルの会員証でお会計1割引き。新千歳着16時。日が短くなって、レンタカーで競馬場に向かうころにはもう真っ暗。いずみそばで本日のごはんは、マヨ唐丼500円也。道営スプリントは、スティールペガサスは夏負けで順調には来ていなかったが、さすがに能力が違った。北海道もなかなか寒くならないと聞いていたが、この日はどんどん気温が下がって、帰りの車で表示された外気温は2度。宿泊はグランテラス。大浴場で温まる。
 
競馬●道営スプリント。3番手につけたスティールペガサスが直線追い比べから抜け出し連覇。後方から直線大外一気のドウドウキリシマが迫ったが1馬身差。直線食い下がったスマートダンディーが2馬身差3着。●ロジータ記念。2番手につけたメイドイットマムが4コーナー先頭から直線後続を振り切った。5番手内でうまく立ち回ったスギノプリンセスが4馬身差2着。勝ち馬をぴたりとマークした1番人気マテリアルガールは直線抵抗できず3着。ショウガタップリは中団から5着。BCターフを制したオーギュストロダンは4歳の来年も現役。BCクラシックを目指す可能性。●ニュージーランドにて、ロバートと名乗るホームレスがメルボルンCの4連単を5ドル当て106,000NZドルの払い戻し。それを頭金に家を買う、という夢のある話。だが、果たしてホームレスがローンを組めるのだろうか。デルマー競馬場が2024-25年にブリーダーズC連続開催。ベルモントS、トラヴァーズSを制したアルカンジェロがレーンズエンドで種牡馬に。35,000ドル。
 
本日のコンビニ酒●サッポロクラシック富良野VINTAGE 500ml缶。

| | Comments (0)

November 07, 2023

戦争はナシよ、という馬

通常出社。夕方から川崎。競馬場の前に餃子。天龍銀座街店は数名並んでいたが、すぐ裏の天龍三世は先客3名のみ。ローレル賞は人気3頭の決着でいいんだけど、その順番はない。まっすぐ帰宅。
 
競馬●ローレル賞。2番手につけたミスカッレーラが直線先頭、追ってきたアメリアハートを振り切り着差は3/4馬身だがそれ以上の完勝。スタートで挟まれ位置取りを下げたスピニングガールは8馬身差3着。●G1メルボルンC(フレミントン16F):中団うしろを追走したウィズアウトアファイトが直線横に広がった馬群から抜け出した。昨年のメルボルンC・13着後に現地移籍。G1コーフィールドCから連勝。マーク・ザーラは昨年のゴールドトリップに続いて連覇。2 1/4馬身差2着にソウルコム。ファシグティプトン・ノヴェンバーセールにて、吉田勝己さんのお買い物。ワンダーホイール320万ドル、サーチリザルツ360万ドル。BCスプリントで2着だったガナイトが引退。アシュフォードで種牡馬に。一昨年ホープフルS、今年フォアゴーSとG1・2勝。
 
本日のワイン●つづきのカヴァを1杯だけ。

| | Comments (0)

November 06, 2023

そして最後の願い叶わず

夜。なんとなくネットを見ていたら、BloodHorseのサイトにBreaking News!。コディー・ドーマン君が17歳で死去。これが引退レースとなったコディーズウィッシュのBCダートマイル連覇を見届け、家に帰る途中だったという。まるでドラマか映画のシナリオかという、こんな悲しい出来事があるのか。最後の願いどうしたら生きられるの?
 
競馬BCジュベナイルフィリーズで7着だった、ビホルダー産駒タマラは左後脚に軽微な骨折。フランケルの2024年の種付料が、275,000ポンドから現状世界最高となる35万ポンドに。キングマンは125,000ポンドで据え置き。テイラーメイドスタリオンズに繋養されるドクターシャイヴェルの種付料は12,500ドル。
 
本日のワイン●きのう開けたロヒニョン・エスペシアル・ブリュットNVを1杯だけ。

| | Comments (0)

November 05, 2023

JBCウイークひと段落

目覚ましをかけずに午前6時すぎ起床。ブリーダーズCの中継はターフから見る。BCクラシックはアメリカのダートらしいビュンビュン飛ばしてバテた馬から脱落していくサバイバルレース。そんななかで盛り返して2着に食い込んだデルマソトガケ。全日本2歳優駿を勝ってからまだ1年もたってないのに、すごいよ。終わってなかった仕込みをしてグリーンチャンネル。地方競馬中継は、盛岡、高知、金沢。8日間で中継出演4回の一区切り。JBCまでは馬券そこそこだったのに、緊張の糸が切れたように馬券当たらず。まっすぐ帰宅。ふぅ。
 
競馬●絆カップ。スタートいまいちもすぐに先頭に立ったキラットダイヤが直線突き放して3連覇。やや離れて2番手を追走したトーセンキャロルは6馬身差2着。フジラプンツェルが迫ったが半馬身差3着。キラットダイヤはこれで引退と。●黒潮マイルチャンピオンシップ。4番手追走ガルボマンボが3コーナーで前に迫ると4コーナー内を突いて直線抜け出した。逃げたグッドヒューマーが食い下がったが1馬身差2着。好位追走ダノンロイヤルが2馬身差3着。断然人気アポロティアモはスタートで他馬と接触するなど位置取りを悪くして4着。●北國王冠。ハナを主張したアンタンスルフレがマイペースの逃げに持ち込み3コーナーから差を広げ8馬身差圧勝で連覇。人気のウラノメトリアが2番手で直線を向いたが、コスモポポラリタが交わして2着。●ばんえい菊花賞。最初に仕掛けたのはキタノミネだがヒザをついて、ジェイヒーロー、マルホンリョウユウが障害をクリアし、キタノミネ、スーパーチヨコが続いた。すぐに先頭に立ったマルホンリョウユウがそのまま歩いて勝利。ジェイヒーローはゴール前詰まって、障害5番手のホクセイタイヨウが2着。ジェイヒーロー3着。●G1バイエルン大賞(ミュンヘン2400m,3&up):今年G3リュー賞を勝っていたジュンコがG1初勝利。父インテロの英国産。アンドレ・ファーブル厩舎。●G2ゴルディコヴァS(サンタアニタ芝8F,3&up f/m):直線を向いて人気のクイーンゴッデスが先頭に立ったが、離れた5番手から追ってきたクロージングリマークスが半馬身とらえて勝利。●G2オータムS(ウッドバインAW8.5F,3&up):木村和士ウルフィーズダイナゴーストが直線突き放して逃げ切りグレード初勝利。4馬身半差2着にウインフォーザマネー。人気のタイソンはブービー5着。BCクラシックを勝ったホワイトアバリオはサウジCへ。BCダートマイル連覇のコーディズウィッシュの種付料は75,000ドル。ダーレー・ジョナベルファームにて。
 
本日のワイン●お疲れで泡。ロヒニョン・エスペシアル・ブリュットNV。

| | Comments (0)

November 04, 2023

おとなりさん絶賛工事中

Img_3580
在宅。マンション4階うちの窓からの今の景色。となりに鉄筋3階建のおそらく介護施設を建設中で、その屋上がちょうどこの高さ。東側なのでぎりぎり朝日は遮られないであろうという高さでよかった。
 
競馬●BCダートマイル(サンタアニタ8F):先行したナショナルトレジャー、スキッピーロングストッキングが残る流れを後方から位置取りを上げてきた断然人気コーディズウィッシュが直線ナショナルトレジャーとの追い比べをハナ差で制した。このレース連覇、G1・5勝で引退。●BCフィリー&メアターフ(サンタアニタ芝10F):直線ヨーイドンとなって、直線半ばでウォームハートが抜け出したが、中団うしろから外に持ち出したインスパイラルが一気に差し切ってクビ差。G1・3連勝で6勝目。1馬身差3着にモイラ。ウインマリリンも伸びたが4着。●BCフィリー&メアスプリント(サンタアニタ7F):4コーナー手前で先頭に立ったグッドナイトオリーヴが直線突き放して人気にこたえる完勝で連覇。2 3/4馬身差2着にユウギリ。●BCマイル(サンタアニタ芝8F):縦長の13頭立て12番手追走のマスターオブザシーズが直線大外一気に差し切った。ウッドバインマイルに続いてG1・2勝目。ゴドルフィン、アップルビー、ビュイックは2021スペースブルー、2022モダンゲームスに続いて3連覇。3番手から直線先頭のマウジがハナ差2着でゴドルフィンのワンツー。半馬身差3着カーサクリード。現地でも1番人気だったソングラインは5着。●BCディスタフ(サンタアニタ9F):2番手につけた人気のイディオマティックが直線先頭に立って押し切った。5連勝でG1も3連勝。逃げたランドマイズドが半馬身差2着。ハナ差3着にレダヴィーダ。●BCターフ(サンタアニタ芝12F):中団うしろのオーギュストロダンが4コーナーラチ沿いを突いて一瞬にして抜け出した。G1・5勝。アップトゥザマークが迫ったが3/4馬身差まで。シャフリヤールも直線伸びたが半馬身差3着。●BCクラシック(サンタアニタ10F):3番手から4コーナー抜群の手応えで先頭に立った人気のホワイトアバリオが押し切った。3コーナーでやや置かれたデルマソトガケが直線盛り返して1馬身差2着。大外を追い込んだプロキシーが1 1/4馬身差3着。今年10年の調教停止から復帰したリチャード・デュトローはセイントリアム以来18年ぶりのBCクラシック勝利。●BCターフスプリント(サンタアニタ芝5F):中団につけたノバルスが直線ラチ沿いから抜け出しG1初勝利。クビ差でビッグインヴェイジョン。半馬身差でイソップズフェイブルス。●BCスプリント(サンタアニタ6F):7番手からまくった人気のエリートパワーが直線余裕を持って抜け出した。1馬身半差でガナイト。半馬身差3着にナカトミ。
 
本日のワイン●続きの、チェスコン カベルネNV。

| | Comments (0)

November 03, 2023

JBC中継からのアタック

午前6時起床。昼前、グリーンチャンネル。JBCの地方競馬中継4時間。突発事項があって16頭立てのパドック解説がボロボロ。それでもレディスクラシックが本線、トリガミでも2歳優駿が当たってなんとか。イグナイター、感動した、おめでとうございます。終えて、現地から来る赤見ちゃん、小堺くんを待って『アタック!地方競馬』収録。中継で解説したばかりなのでと思ったら、頭が抜け殻で馬名がまったく出てこずまいった。ひでー解説になってしまった。
 
競馬●JBCレディスクラシック。ぴたりと2番手のアイコンテーラーが3コーナー過ぎで先頭に立って直線突き放した。中団からじわじわと伸びたグランブリッジが4馬身差2着。アーテルアストレアも迫ったが半馬身差3着。●JBCスプリント。先行争いから直線を向いて6頭ほどが横に広がった中からイグナイターが抜け出した。中団から直線伸びたリメイクは1馬身半差2着。3/4馬身差でリュウノユキナ。●JBCクラシック。逃げ馬不在でノットゥルノが先頭にたち、結局先行3頭が順序を入れ替えての前残り。3番手からキングズソードが突き抜けグレード初勝利。4馬身離れての2着争いはノットゥルノが差し返し、テーオーケインズはアタマ差3着。●JBC2歳優駿。先行勢は緩みのない厳しいペースで総崩れ。中団から位置取りを上げてきたサンライズジパングが直線を向いて先頭に立ったが、さらにうしろからのフォーエバーヤングが差し切って1馬身半差。出遅れて大きく離れた最後方だったブラックバトラーが8馬身差3着。●G1 BCジュベナイルフィリーズ(サンタアニタ8.5F,2yo f):断然人気ビホルダー産駒タマラは逃げたものの直線失速して7着。2番手から4コーナー先頭のジャストエフワイアイが押し切って、フリゼットSから連勝でデビューから3連勝。クビ差でジョディーズプライド。半馬身差でキャンディード。●G1 BCジュベナイル(サンタアニタ8.5F,2yo c/f):ぴたりと2番手から3コーナー過ぎで先頭に立った伏兵フィアースネスが直線突き放して圧勝。直後を追走したムスは6 1/4馬身差2着。後方からとなった1番人気ロックトは3着。
 
本日のワイン●さすがに疲れすぎた頭をほぐさないと寝れん。チェスコン カベルネNV。カベルネソーヴィニヨンとカベルネフランの50/50。以前はいまいちと思ったけど軽めで優しくていい感じ。

| | Comments (1)

November 02, 2023

ブリーダーズCトップ8

午前5時起床。早朝出社。ひさしぶりに朝6時とかの電車に乗ったかも。JBC中継の仕込み。JBC4レースのほかにも、もろもろ。延々と23時すぎまで。なんとか間に合った(かな)。
 
競馬ゴーロケットライドは手術の甲斐なく安楽死。ハスケルを勝ってパシフィッククラシックはアラビアンナイトにクビ差2着。●BloodHorseが選ぶBCトップホース40のトップ8。6位にサンデーサイレンス。そして1位はゼニヤッタ!うれしい。BCクラシックを勝ったとき、負けたときのいろいろな感動は忘れない。2009年2010年
 
本日も休肝日。

| | Comments (0)

November 01, 2023

直線一気ミギカタアガリ

出社。JBCまで猶予2日あると思っていたらぜんぜん余裕がなくなってしまった。
 
競馬●楠賞。ハナをとったのはボヌールバローズで、2番手のスペシャルエックスが3コーナーから先頭に立ったが、4コーナーで外に持ち出したボヌールバローズが直線盛り返して差し切りスペシャルエックスに4馬身差をつけた。3コーナー過ぎで2頭の直後につけたラビュリントスが1 3/4馬身差3着。●エーデルワイス賞。ハナをとったライトヴェールが直線で一旦は後続を離したが、4番手からゴール前一気に迫ったスティールマジックがとらえたところ、4コーナーでも9番手だったモズミギカタアガリがまとめて差し切った。レースの上り38.6のところミギカタアガリは36.8。デルマーフューチュリティ、ビングクロスビーSとG1・2勝のドクターシャイヴェルがBCスプリントで引退。テイラーメイドスタリオンズで種牡馬に。
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

« October 2023 | Main | December 2023 »