« 寝てないのに乗り過ごし | Main | 折返しの岩見沢記念は »

September 16, 2023

日本産の英国クラシック

在宅。ひさしぶりにジョギングと鉄棒ぶらさがりができて体が健康になった(気がする)。競馬の日、というのがあったのか!初めて知った(ような気がする)。
 
競馬●G1セントレジャーS(ドンカスター14.5F,3yo c/f):直線追い比べからコンティニュアスが抜け出し、G2グレートヴォルティジュールSから連勝。父ハーツクライの日本産。ほぼ同士に追い出した人気のアレストは2 3/4馬身差2着。英国王のデザートヒーローも直線伸びたが半馬身差3着。●G1ウッドバインマイル(ウッドバイン芝8F,3&up):ゴドルフィンのマスターオブザシーズがスタートいまいちで最後方からとなったが、直線追い比べから突き抜け断然人気にこたえG1初勝利。●G1ナタルマS(ウッドバイン芝8F,2yo f):早め好位のシーフィールズプリティが直線半ばで抜け出しデビューから2連勝。父カラコンティ。4 1/4馬身差2着にシンプリーインフロント。人気のダズリングスターは3着。●G1サマーS(ウッドバイン芝8F,2yo):人気のマイボーイプリンスが直線でも先頭だったが、最後方追走のカーソンズランが直線大外から差し切って2 1/4馬身差をつけた。父キューピッド。●G3ポカホンタスS(チャーチルダウンズ8F,2yo f):3番手につけたヴィーヴィーズドリームが直線突き抜け、2着ユーオールモストハドミーに8 3/4馬身差をつけて圧勝。●G3イロコイS(チャーチルダウンズ8F,2yo):ウエストサラトガが直線で抜け出し、デビュー5戦目での初勝利から連勝。人気のリスクイットは1 3/4馬身差2着。テイバ、ザンドン、アラビアンライオンが2024年スペンドスリフトファームで種牡馬に。
 
本日のワイン●ヴェネト州のアンコーラ ガルガネーガ・ビアンコ2021。続きの、アルエディレ ピノネーロ2018

|

« 寝てないのに乗り過ごし | Main | 折返しの岩見沢記念は »

Comments

今年の英ダービーがディープ産駒戴冠だったので、翌日の仏タービーはハーツクライ産駒かと思ったら馬券圏外で撃沈。「距離の壁」かと思ったらそうでもないんですね。

Posted by: 入江たのし | September 20, 2023 06:00 PM

目の付け所がいいですね。産駒が日本で、ダービー、ジャパンC、有馬記念を勝ってるので、距離は問題ないんじゃないでしょうか。

Posted by: さいとー | September 21, 2023 09:11 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 寝てないのに乗り過ごし | Main | 折返しの岩見沢記念は »