« August 2023 | Main | October 2023 »

September 30, 2023

暑いままに9月も過ぎて

在宅。ジョギング。掃除。座談会の原稿がようやく一段落。
 
競馬●G1チュヴァリーパークS(ニューマーケット6F,2yo f):残り1Fからの追い比べでポルタフォルチュナが抜け出しG1初勝利。父カラヴァッジオ。1馬身半差2着にパールスアンドルビーズ。●G1ミドルパークS(ニューマーケット6F,2yo c):馬群のうしろからヴァンディークが残り1Fで一瞬にして抜け出し完勝。G2リッチモンドSから連勝でデビューから3連勝。父ハヴァナグレイ。2 1/4馬身差でタスクフォース。アタマ差3着にリヴァータイバー。●G1カドラン賞(ロンシャン4000m,4&up):人気のトゥルーシャンが直線後続を突き放して逃げ切り。カドラン賞は21年以来2勝目でG1・3勝目。4馬身差2着にムーンウルフ。●G1オウサムアゲインS(サンタアニタ9F,3&up):人気のスローダウンアンディが逃げ切ってG1初勝利。2 1/4馬身差2着にディファンディド。直線外を追い込んだセニョールブスカドールが3着。●G2サンタアニタスプリントチャンピオンシップS(サンタアニタ6F,3&up):最内から先頭をうかがったドクターシーヴェルが、スピードボートビーチをアタマ差で振り切った。このレース21年以来の2勝目。
 
本日のワイン●続きの、バロンドボーラン・ブラン2020。アンコーラ サンジョヴェーゼ2021。

| | Comments (0)

September 29, 2023

ダート新体系についての

時間のない中で企画された、新たなダート体系の座談会が順次公開さています。第1回第2回
 
競馬●訳がわからないよ。●楽しんだ者勝ち9/29,30のアケダクト開催が大雨のため中止、で延期。
 
本日のワイン●プーリア産、アンコーラ サンジョヴェーゼ2021

| | Comments (0)

September 28, 2023

地元でラッキードリーム

出社。9月末なのにまだ暑い。こんな時期まで寝るとき冷房を入れてたのは初めてかもしれない。
 
競馬●姫山菊花賞。逃げたタイガーインティに、3コーナーでエイシンビッグボスが並びかけての追い比べとなったが、直線ラッキードリームが並ぶまもなく交わし去って1馬身半差。重賞10勝目。2着にエイシンビッグボス。タイガーインディはクビ差3着。●オータムカップ。3コーナーで先頭に立ったフィアットルクスが直線単独先頭だったが、8番手からまくってきた金沢トランスナショナルが直線一気にゴール前でクビ差とらえた。●瑞穂賞。逃げたエンリルが先頭で直線を向いたが、4番手から早めに追ってきたサンビュートが直線半ばでとらえて完勝。2番手追走のスコルピウスが2馬身半差2着。エンリルは3/4馬身差3着。スペンドスリフトファームの2024年の種付料。イントゥミスチーフは25万ドルで据え置き。新種牡馬テイバは35,000ドル。ターフパラダイスの1月再開では、現オーナーから競馬場が他者に売却される可能性。
 
本日のワイン●続きの、バロンドボーラン・ブラン2020を少々。

| | Comments (0)

September 27, 2023

ターフパラダイス存続か

午後から船橋。取材証の受け渡しは17時までというお知らせがあったのでその前に。結局、その時間を過ぎても取材証はもらえたようだが。ウシュバテソーロの単勝は元返しか1.1倍かと思っていたら、意外にも160円もついた(買ってないけど)。そしてミトノオー2.4倍とか。工事が続く船橋では夕飯難民。メインまで原稿を書いていたら外に食べに行くタイミングもなく、帰りがけに南船橋駅のいろり庵きらく。
9月限りで閉鎖と発表されたアリゾナのターフパラダイス競馬場が年明けに再開の可能性。存続となれば、ばんえい競馬みたいだ。
 
競馬●日本テレビ盃。ミトノオー、スワーヴアラミスが先行して、やや離れた3番手からウシュバテソーロが4コーナーから直線でひとまくり。抜け出すのはあっという間。中団から位置取りを上げてきたテンカハルが2馬身半差2着。スワーヴアラミスが粘って1馬身半差3着。ミトノオーは直線を向いて失速。ケンタッキーダービー馬メイジは引退後、エアドリースタッドで種牡馬に。2023-24シーズンのサウジアラビアは10/26から3/16。59日間で700レースを予定。前シーズンより3日増。サウジCミーティングは2月23、24日。総賞金は150万ドル増の2190万ドル。
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

September 26, 2023

金兵衛は肉より魚ですね

一旦出社しての午後からグリーンチャンネル。白山大賞典のとのヤングジョッキー船橋。高配当を狙っても当たるのはわりと堅いとこだけ。そういうわけでヤングジョッキー通算ではひどいマイナス。間の2歳戦が当たってこの日だけならプレスになったけど。お弁当はひさしぶりの金兵衛。豚肉(しょうが焼き)と魚(銀だら西京焼き)の選択肢は魚のほうが断然人気。ごはんは計ってみたら285gくらい。と、覚え書き。
 
競馬●白山大賞典。前とはやや離れた5番手追走のウィルソンテソーロが4コーナーで一気に進出。逃げたメイショウフンジンをとらえて半馬身差だが、いろんな意味で着差以上の完勝。1馬身半差3着にペイシャエス。●OROカップ。逃げたアトミックフォースが直線突き放して完勝で連覇。5、6番手から直線ラチ沿いから抜け出してきたプレステイキングが5馬身差2着。後方から直線一気に伸びた地元ゴールドギアが3着。クールモアがオーストラリアのストロベリーヒルスタッドを買収。
 
本日のワイン●バロンドボーラン・ブラン2020。3桁円ワインでもちゃんとおいしい。

| | Comments (0)

September 25, 2023

重賞を勝って翌日の悲劇

出社。明日の船橋の仕込み、など。おっと。お願いされていた企画がすっかり忘却の彼方だった。
 
競馬北米のサラブレッドの生産頭数が今年の18,500頭から2024年は微減の18,000頭の見込み。18,000頭を切るとなると1964年以来。ピークだった2005年前後の約38,000頭から半減以下。土曜日のG3ターフモンスターSを勝ったノーバディリスンズが翌日曜日、馬運車の事故で死んだ。
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

September 24, 2023

9月2度めの金沢日帰り

金沢へ。今年何回目だろう。というか今月2回目。さすがに9月最初の日曜日より新幹線は落ち着いてきた。が、金沢駅コンコースは観光客がごったがえして、という感じ。
ネクストスター金沢は18:05発走という設定。パドックのときはまだ空も明るかったのだが、発走時刻はほとんどナイター。金沢競馬場は今年ナイター照明を設置。すっかり日が落ちた中で金沢のレースを見るのは初めてでなかなかに新鮮。ダヴァンティは2歳馬としてレベルが違ったという結論。
タクシーに便乗させていただいて金沢駅。最終の新幹線まで金沢駅の新たな仕事場を探索。あんと西2階『オリエンタル・ブルーイング金沢駅店』。こちらにもフィッシュ&チップスがありました。フィッシュはこっちのほうがちゃんと魚。ただチップスは1Fフードコートのほうがちゃんとじゃがいも。
 Img_353280
競馬●ネクストスター金沢。二の脚のダッシュでハナをとったダヴァンティが、後続に突かれながらも直線楽に突き放して3連勝。2馬身半差で2着争いはエムティイーグル。クビ差でスペリオルパンサー。●ヴィーナススプリント。前走の失速はなんだったんだというキラットダイヤがハナをとって徐々に後続を離して楽に逃げ切り。岩鷲賞を勝ったトーセンキャロルが7馬身差2着。●鳥栖大賞。先行6頭一団の中からアラジンバローズが向正面で先頭。デュープロセスが3コーナー過ぎでとらえにかかって直線一騎打ちは、アラジンバローズが振り切って1馬身差。遠征馬のワンツー。3コーナーまで勝ち馬をピタリとマークしていったヒストリーメイカーだが大差で3着。●銀河賞。ヤマカツエース、ヘッチャラと障害を越えて、キングフェスタはやや離れて3番手だったが、あっという間に交わし去って二冠。2着争いは、ヘッチャラがゴール寸前止まったところをヤマカツエースが2着。●G3オクラホマダービー(レミントン9F,3yo):ゴール前3頭横一線の写真判定は単勝45倍の伏兵ハウディドヒードゥーザット。父グッドマジック。ハナ、ハナで、レッドルートワン、タンバランバ。●G3レミントンパークオークス(レミントン8.5F,3yo f):逃げたエンシェントピースをオナーディーレディーが直線でとらえ2馬身半差をつけた。父オナーコード。セントレジャーを勝ったコンティニュアスが12万ユーロの追加登録料を払って凱旋門賞へ。
 
本日の酒●オリエンタル・ブルーイング金沢駅店にて。加賀棒茶スタウト。きまビール(ホワイトエール)。

| | Comments (0)

September 23, 2023

史上初のパークス競馬場

昼メシ、夕メシ、2食分のお弁当をこさえて出社。昼間でも半袖では涼しいくらいで、夜は虫の音。ようやく秋がきた。
ヒストリーメイキングとされたパークス競馬場のG1コティリオンS、ペンシルヴェニアダービーの実況は37歳のジェシカ・パケットさん。
 
競馬●G1コティリオンS(パークス8.5F,3yo f):田んぼのような馬場をシーリングクラッシャーが逃げ切り、G3トーリーパインズSから連勝でG1初勝利。父ミスタービッグ。人気のプリティミスチーヴァスが外から迫ったが半馬身差まで。1 1/4馬身差3着にオカルト。●G1ペンシルヴェニアダービー(パークス9F,3yo):断然人気サウジクラウンが逃げ切り。G2ジムダンディSでフォルテのハナ差2着からグレード初勝利がG1。父オールウェイズドリーミン。中団から直線外に持ち出したドリームライクが迫ったが半馬身差まで。6馬身離れて3着にイルミラコロ。●G2ギャラントボブS(パークス6F,3yo):4コーナー手前で先頭の1番人気デーモンズマウンドが、外から迫ったノーティカルスターを1 1/4馬身差で振り切り、昨年のG2サラトガスペシャル以来のグレード2勝目。
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

September 22, 2023

北米女性アナG1初実況

午後からグリーンチャンネル。『アタック地方競馬』収録。クルマトラサンの発音にこだわってみました。終えて出社。いろいろ終わらねぇ。。。
 
競馬●秋の鞍。前3頭が競り合ったなかで逃げたボヌールバローズが直線でも先頭で粘っていたが、4番手からとらえにかかったナイトオブバンドが競り落としてクビ差で重賞初勝利。やはり南関ワンツー。1馬身差3着にうしろから直線伸びた兵庫のヒメツルイチモンジ。シェイク・モハメド・オバイド・アル・マクトゥームがサイモン&エド・クリスフォード厩舎から馬を引き上げ。カール・バーク厩舎へ。●アメリカで女性の競馬実況アナウンサーはめずらしい。と、思ったら、土曜日のコティリオンSで北米では初めてG1を実況する女性アナウンサーになるらしい。ジェシカ・パケットさん
 
本日のワイン●岩崎醸造 ワイン畑・マスカットベリーA・NVを1杯だけ。

| | Comments (0)

September 21, 2023

大井にてクルマトラサン

午前6時起床。午後からグリーンチャンネル。地方競馬中継はヤングジョッキー名古屋。15万円の波乱と、3200円の堅いのと。今年のヤングジョッキー回収率はここまで19.9%(苦)。あと残り2場で、さて。
Img_352980
お昼は、オーベルジーヌのビーフカレーをいただきました。
 
競馬●園田プリンセスカップ。2番手から直線突き放したコモリリーガルが未勝利、アタックから3連勝。差のない5番手から追ってきたシトラルテミニが2馬身差。逃げたジュデシャンスは直線一杯10馬身離れて3着も、北海道が上位独占。●ゴールドジュニア。2番手から直線先頭はモンゲースパイだったが、5番手から直線じわじわと伸びたクルマトラサンが差し切って2馬身差。さらにうしろから直線伸びたスピニングガールがクビ差3着。
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

September 20, 2023

ゲリラで水びたしの浦和

在宅。昭和37年から54年の間に生まれた男性を対象にずっと以前に送られてきていた風疹抗体検査の結果を聞きにいったところ無事に抗体はありました。在宅なのは浦和競馬場に行くためだったのが、が、が。メインに間に合うように家を出ようと思っていたらゲリラの雲が来てどしゃぶり。とても出られるような状況ではなく、オーバルスプリントはグリーンチャンネル観戦。54kgという重量ではやはり人気2頭の一騎打ち。で、3着オーロラテソーロまで人気順の決着。家にいたぶん原稿とか雑務が捗った。
 
競馬●オーバルスプリント。直前ゲリラで水の浮く不良馬場。2番手スマイルウィが先頭に立って直線。直後のドライスタウトが並びかけての追い比べは、ドライスタウトがねじ伏せて3/4馬身。3馬身差3着にオーロラテソーロ。●サンライズカップ。逃げたカプセルは直線失速。ぴたりと2番手のパッションクライが直線先頭で押し切った。2馬身差でブラックバトラー、半馬身差でダバイエスペランサと、2〜4番手追走3頭がそのままの決着。
 
本日のワイン●続きの。パラッツィ ネロダーヴォラ2019。いただきもので山梨の岩崎醸造 ワイン畑・マスカットベリーA・NV。いかにもないちごキャンディーの香り。味は果実味凝縮。

| | Comments (0)

September 19, 2023

休みはなかった連休明け

午前中、竹見さん宅訪問。終えて出社。明後日の中継の仕込みなど。ポーターのブリーフケースの修理の見積がきて1万円ちょっと。納期3カ月とのことだが早くできてくれないだろうか。
 
競馬2011年のBCスプリントなど6FのG1・3勝、オールドフレンズに繋養されていたアマゾンビーが骨折により安楽死。16歳。
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

September 18, 2023

北米で相次ぐ競馬場廃止

午後からグリーンチャンネル。地方競馬中継は盛岡と高知。珊瑚冠賞は、グッドヒューマーを本命にする要素はあったとしてもアヴァンセは“全”でないと無理。ただこのメンバーで全というのも無理だけど。最近、グリーンチャンネルの出番のときはハズレ続けているような気がする。くぅ。
北カリフォルニアのゴールデンゲートフィールズに続いて、アリゾナ州のターフパラダイス競馬場も10月1日で廃止へ。ターフパラダイスが運営する場外発売所も閉鎖。ターフパラダイスに行ったのは2002年だったか。もう20年も前。グレードの開催はない、いかにも田舎の競馬場だった。
Tp80
競馬場のオーナーが、引退して家族との時間を過ごしたい、という、そんな理由で競馬場が廃止されることがあるんだ。
 
競馬●OROオータムティアラ。逃げたミニアチュールが3コーナー過ぎから徐々に差を広げて大差。後方から徐々に位置取りを上げてきたユウユウレラシオンが2着。好位で勝ち馬を追いかけたフジラプンツェルだが差は開く一方で3着。●珊瑚冠賞。逃げたグッドヒューマーにジョウショーリードが競りかけ、3番手以下は離れてという展開でうしろからの馬が来るのかと思いきや、グッドヒューマーが3コーナーから徐々に離して逃げ切り9歳で重賞初勝利。離れた3番手集団から追ってきたアヴァンセが2馬身差2着。ジョウショーリードも3馬身差で3着に粘った。人気のガルボマンボ、スペルマロンは中団まま見せ場なく6、7着。ウインクスの初仔が2024イングリス・イースター・イヤリングセールに上場。父ピエロの牝馬。
 
本日のワイン●帰宅して、焼き鳥で続きのパラッツィ ネロダーヴォラ2019。

| | Comments (0)

September 17, 2023

折返しの岩見沢記念は

在宅。土日つづけて在宅なのはいつ以来だろう、というくらい久しぶり。岩見沢記念は印の順番での決着だが、配当的にはちょっと順番が変わってほしかった。
 
競馬●ジュニアグランプリ。逃げたエイシンコソンテに、ルーラーオブダートがとらえにかかって直線2頭の追い比べかというところ、追ってきたトワイライトウェイがまとめて差し切った。2馬身差でルーラーオブダート、ハナ差でエイシンコソンテ。●岩見沢記念。最初に仕掛けたアオノブラックがひと腰先頭で後続を寄せ付けず。天板で二腰2番手のメジロゴーリキも止まらず歩いて2着。差なく3番手のコマサンエースに、インビクタが迫って3着同着。
 
本日のワイン●つづきの、アンコーラ ガルガネーガ・ビアンコ2021。赤もイタリアでシチリア、パラッツィ ネロダーヴォラ2019。凝縮したベリー系の果実味。

| | Comments (0)

September 16, 2023

日本産の英国クラシック

在宅。ひさしぶりにジョギングと鉄棒ぶらさがりができて体が健康になった(気がする)。競馬の日、というのがあったのか!初めて知った(ような気がする)。
 
競馬●G1セントレジャーS(ドンカスター14.5F,3yo c/f):直線追い比べからコンティニュアスが抜け出し、G2グレートヴォルティジュールSから連勝。父ハーツクライの日本産。ほぼ同士に追い出した人気のアレストは2 3/4馬身差2着。英国王のデザートヒーローも直線伸びたが半馬身差3着。●G1ウッドバインマイル(ウッドバイン芝8F,3&up):ゴドルフィンのマスターオブザシーズがスタートいまいちで最後方からとなったが、直線追い比べから突き抜け断然人気にこたえG1初勝利。●G1ナタルマS(ウッドバイン芝8F,2yo f):早め好位のシーフィールズプリティが直線半ばで抜け出しデビューから2連勝。父カラコンティ。4 1/4馬身差2着にシンプリーインフロント。人気のダズリングスターは3着。●G1サマーS(ウッドバイン芝8F,2yo):人気のマイボーイプリンスが直線でも先頭だったが、最後方追走のカーソンズランが直線大外から差し切って2 1/4馬身差をつけた。父キューピッド。●G3ポカホンタスS(チャーチルダウンズ8F,2yo f):3番手につけたヴィーヴィーズドリームが直線突き抜け、2着ユーオールモストハドミーに8 3/4馬身差をつけて圧勝。●G3イロコイS(チャーチルダウンズ8F,2yo):ウエストサラトガが直線で抜け出し、デビュー5戦目での初勝利から連勝。人気のリスクイットは1 3/4馬身差2着。テイバ、ザンドン、アラビアンライオンが2024年スペンドスリフトファームで種牡馬に。
 
本日のワイン●ヴェネト州のアンコーラ ガルガネーガ・ビアンコ2021。続きの、アルエディレ ピノネーロ2018

| | Comments (2)

September 15, 2023

寝てないのに乗り過ごし

例によって会社を出たのは23時過ぎ。赤羽で座ることができて、とあるメルマガの歴史のちょっと複雑なのを読むのに没頭して、ハッ!と気づいたら降車駅を過ぎていた。次の駅で下車したところ、その2分後に上り最終電車が来たという幸運。折返しの終電が過ぎていたら金曜でタクシーもいないだろうし危ないところだった。それにしてもトシをとってからは寝過ごしたり酔って乗り過ごしたりはなくなったのだが、読み物に集中しすぎて乗り過ごしというのが何度か。
 
競馬●園田チャレンジカップ。ハナをとったイグナイターに、アポロティアモがぴたりとマークしたが、3コーナーから徐々に引き離してイグナイターが楽勝。アポロティアモは2馬身半差2着。7馬身離れて3着にダノンジャスティス。今年12月19日限りで廃止とされたゴールデンゲートフィールズだが、来年6月まで延期の可能性
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

September 14, 2023

川崎といえば餃子でしょ

メインに間に合うように久しぶりの川崎競馬場。戸塚記念は、早め仕掛けのヒーローコールが他馬を圧倒。マンダリンヒーローも中団からよく抜けてきたが、おそらく前半からヒーローコールをマークして真っ向勝負に行けば自滅してしまうのかもしれない。それにしてもこのさらに前にミックファイアがいるのって、今回のヒーローコールのレースぶりからはあんまり想像できない。終えて、ひとりメシは天龍にて餃子と肉ニラ炒めでホッピー。
 
競馬●戸塚記念。ピタリと2番手から向正面早め先頭のヒーローコールが直線独走。中団から4コーナー手前で2番手のマンダリンヒーローは6馬身差。黒潮盃5着だったタイガーチャージが5馬身差3着。●ウポポイオータムスプリント。2番手から直線半ばで先頭に立ったケイアイターコイズが、いつもよりさらに離れた最後方から直線一気のジャスパーシャインをクビ差でしりぞけ転入2連勝。3着スティールストーム。人気のスティールペガサスは見せ場なく5着。●G2メイヒルS(ドンカスター8F,2yo f):トゥーダーンホット産駒のダーネイションがG3フィリーズSから連勝でデビュー2戦目から3連勝。オーギュストロダンはBCターフへ。
 
本日の酒●ホッピー黒。中2回おかわり。ホッピー1本で中おかわり1回か2回かは悩むところで、焼酎が少ないお店なら1回だけ。ここはグラス半分くらい焼酎が入っていることもあり、そうするとバランス的には2回。でもその濃さだと飲み過ぎなのよね。

| | Comments (0)

September 13, 2023

修理する意味はあるのか

何年か前に買った吉田カバンのポーターが、持ち手のところがボロボロになってきたので修理に持っていったところ。それなりの金額になりそうというのはある程度予想はしていたので、それはいいとして。「今だと3カ月くらい、年明けになるかもしれませんね」と。しかも。見積りをとるだけで3週間もかかるという。とりあえず預けてきたけど。さて、どうしたもんか。多少高くても修理ができて長持ちするならと思って買ったんだけど、修理するのに3カ月もかかるとなると、特に愛着があるとかでもないので、結局新しいのを買うしかないんじゃないか。ぬーーー。
夜は仕事関係の食事会で銀座へ。
 
競馬●若武者賞。2番手につけたグラッシーズマンが4コーナー手前で先頭に立つとそのまま押し切ってデビュー2連勝。幻ちゃん重賞初勝利。直線外からパンセが一気に迫ったが半馬身差2着。人気のアジアミッションは3/4馬身差3着。
 
本日の酒●銀座・日月火というお店。飲み放題コースで、びんビール。あさ開。八海山。

| | Comments (0)

September 12, 2023

いつのまに麻布台ヒルズ

夕方から地全協へ。いつもは六本木一丁目から歩いて行くのだが、事情があって神谷町から歩いたら、こっち側は麻布台ヒルズがほとんど完成していて、以前とはまったく違う風景にああびっくり。とある企画の座談会。なんとか予定の20時には終了。帰りに神谷町駅に降りるのに麻布台ヒルズの中を抜けると新築の香り。
 
競馬●プリンスオブウェールズS(フォートエリー9.5F,3yo):好位の内につけたヴェロシターが4コーナー先頭に立って押し切った。3歳になって初勝利。外から迫ったカウコカイプーが1馬身差2着。キングズプレートを制したパラマウントプリンスは逃げ粘ったもののクビ差3着。
 
本日のワイン●帰宅して、アルエディレ・ピノネーロ

| | Comments (0)

September 11, 2023

のだ屋の看板メニューは

午前6時起床。昼前に福岡空港へ。国内の主要空港はコロナの間に大規模改修が終わったようで、どこもフードコートのようなのが充実してけっこう楽しめる空間に変わった。そんななか新千歳空港だけは手荷物検査を通過したあとがイマイチかも。ただあの構造だと制限区域内にあらたに飲食店をつくるスペースもなさそうだけど。黒い飛行機で帰京して出社。
Img_351280
そういえば昨日。佐賀競馬場ののだ屋さん。3年以上ぶりの間に、イケ麺がすっかり看板商品になっていた。しかしながらいただいたのは焼そば。業務用ソースにさらに手を加えているという自家製ソース。現存する地方競馬の焼そばでは今はここが一番かも。あんまり久しぶりだったもんでいろいろサービスしてもらってしまった。メニューにはないチャーシュー丼。照り焼きの味がしっかりついていておいしかった。焼そばとご飯と、炭水化物を2食分いただいてしまいましたが。
 
競馬●G1デルマーフューチュリティ(デルマー7F,2yo):2番手から直線を向いて前をとらえた断然人気プリンスオブモナコがG3ベストパルSから連勝でデビューから3連勝。父スパイツタウン。逃げたミラマディが食い下がって3/4馬身差。●G1デルマージュベナイルターフS(デルマー芝8F,2yo):6番手からまくったエンドレスリーが4コーナーで前をとらえ突き放してデビューから2連勝。父オスカーパフォーマンス。2 1/4馬身差2着にロードブリンドン。人気のボルテージは1馬身差3着。セクレタリアトの直仔で生存していた最後の牝馬、トラステッドカンパニーが34歳で死んだ。2001年の北米年度代表馬ポイントギヴンが25歳で死んだ。
 
本日の酒●昼、福岡空港で。銘柄不明の黒の生ビール。門司港ビール・ペールエール350ml缶。

| | Comments (0)

September 10, 2023

コロナ以降初の福岡佐賀

午前6時起床。昼前羽田へ。JAL便がすごい高い設定しかなかったので、初めての黒い飛行機、スターフライヤー。慣れてる航空会社でないと搭乗までの勝手がちょっとずつ違って戸惑う。スターフライヤーってANAのLCCだと思ってたら違うの?席間はJALのエコノミーより広いし個人用ディスプレイや電源がついているし飲み物の配給もあるし。すごい普通に快適。そういえば福岡空港はコロナ以来初めてで、まるで初めて来た空港のよう。そしてコロナ以降では地方競馬で唯一行ってなかった佐賀競馬場(姫路は除く)。場内店舗が新規にできていたり場所が移動していたり。イケ麺のだ屋さんについてはまた別で。ピンポイント予報通り夕刻、雷鳴轟いてのゲリラ。それでも西日本ダービーのときには落ち着いて、ショウガタップリがここでは能力が違った、という勝ち方。博多泊は、コロナで来ないうちにマーズグランドホテルという名称になっていた旧サンルート。伊勢崎ムーンライトチャンピオンカップの優勝戦に間に合って、昨日の高知と今日の西日本ダービーの負けを取り戻した。
 
競馬●西日本ダービー。好位から3コーナーで先頭に立ったショウガタップリが徐々に後続を離して楽勝。2番手から向正面先頭の最低人気ストレリチアが6馬身差2着。1周目の直線、さらに向正面で勝負にいったグロリアドーロは2馬身半差3着。●青藍賞。逃げたゴールデンヒーラーが直線独走。7馬身差2着にリュウノゾロ。3コーナーで勝負にいったミラバーグマンは直線脚が上がって2馬身半差3着。●G1アイリッシュセントレジャー(カラ14F,3&up):エルダーエルダロフが昨年の英セントレジャー以来の勝利。昨シーズンG1・4連勝、今季初戦で連覇を狙った人気のキプリオスは3馬身半差2着。●G1ナショナルS(カラ7F,2yo c/f):ヘンリーロングフェローがG2フューチュリティSから連勝でデビューから3連勝。父ドバウィ。●G2ブランドフォードS(カラ10F,3&up f/m):サクソンウォリアー産駒ルミエールロックが今季初勝利で重賞2勝目。●G1ヴェルメイユ賞(ロンシャン2400m,3&up f/m):ウォームハートが3番手ラチ沿いから直線で抜け出しG1ヨークシャーオークスから連勝。メロメロが迫ったが短首差2着。人気のブルーローズセンは5着。●G3コリアスプリント&コリアカップ
 
本日のコンビニ酒●サントリー・プレモル。アサヒ・マルエフ。

| | Comments (0)

September 09, 2023

高知のレベルアップでは

午前6時起床。久しぶりにエアコン入れずに寝た。夕方から高知ヨルノヲケイバ。当たるには当たったけど8レースで4つ当たってマイナス2万円じゃダメだよねぇ。1つどこかで高配当を当てないと。高知競馬は入ってくる馬のレベルが上がったことで、1つのレースの中で「これはいらない」という馬が少なくなったことが難しくなった要因と思われるが、さて。
 
競馬●G1アイリッシュチャンピオンS(レパーズタウン10F,3&up):ルクセンブルク、ポイントロンズデールが先行し、やや離れて3番手にオーギュストロダンという、エイダン・オブライエン勢が前を固めた中で、直線オーギュストロダンがルクサンブルクを半馬身とらえて勝利。後方2番手から直線迫ったナシュワが短頭差3着。●G1メートロンS(レパーズタウン8F,3&up f/m):人気のタヒーラが愛1000ギニーから連勝でG1・3勝目。1 1/4馬身差でローグミレニアム。●G2チャンピオンズジュベナイルS(レパーズタウン8F,2yo):断然人気ディエゴヴェラスケスがデビューから2連勝。父フランケル。半馬身差2着に父ジャスティファイのキャピュレット。●G1スプリントC(ヘイドック6F,3&up):コース一杯に広がった中から先行した伏兵リージョナルが追い比べを制し、5歳でグレード初勝利がG1。内からシュドゥヴビーンアーリングShouldvebeenaringがクビ差2着。G1連勝で人気のシャキールは最下位16着。●G1デルマーデビュタントS(デルマー7F,2yo f):母ビホルダー、父ボルトドーロという期待のタマラが2番手から3コーナーで先頭に立つと、ほとんど何もせずに直線後続を引き離してデビューから2連勝。6 3/4馬身差2着にローレント。●G2ケンタッキーターフカップS(ケンタッキーダウンズ芝12F,3&up):単騎で逃げた伏兵ゲットスモーキンが後続を寄せ付けず逃げ切り。1 3/4馬身差で好位勢接戦の2着争いはスプーキーチャンネル。アタマ差でサンティン、ハナ差4着に1番人気レッドナイト。
 
本日のワイン●つづきの、キザンセレクション・シャルドネ2010を1杯だけ。

| | Comments (0)

September 08, 2023

ケンタッキーダービーへ

台風だからではなく予定の在宅。明日の予想終わらず。明日に持ち越し。
 
競馬台風で大井が取止め。2024ケンタッキーダービー、プレップレースリスト発表
 
本日のワイン●キザンセレクション・シャルドネ2010。おそらく11年の自宅常温ダンボール熟成。アップルジュース色で、これはちょっといきすぎた。香りはほぼ消えてしまい、それでも熟成しまくった白としては楽しめる状態。

| | Comments (0)

September 07, 2023

グレードに向けギシギシ

午後からグリーンチャンネル。地方競馬中継はヤングジョッキー園田。どっちを本命にするかの二択で2レースともハズレのほうを引いてしまった。二択なら確率として半分は当たってもいいはずだが、今年はその引きが2割くらいしかないような気がする。くぅ。終えて出社。
 
競馬●園田オータムトロフィー。2番手につけたスマイルミーシャが4コーナーで前をとらえ直線突き放した。差のない5番手追走のマルグリッドが直線しぶとく伸びて5馬身差2着。前半折り合いを欠いたベラジオソノダラブは1 1/4馬身差3着。●アフター5スター賞。前半33秒1というハイペース。3番手につけていたジャスティンが直線で先頭に立ったが、やや離れた5番手のギシギシがゴール前クビ差とらえた。外から伸びたマックスがハナ差3着。●イノセントカップ。外4番手から3〜4コーナーで内に入れたトラジロウが直線抜け出し完勝。栄冠賞まで3連勝のストリームが2馬身半差2着でダノンレジェンド産駒ワンツー。アタマ差でモノノフブラック。2022年のドバイワールドCを勝ったカントリーグラマーが引退。ウインスターファームで種牡馬に。種付料1万ドル。
 
本日の酒●紀土KID・純米大吟醸スパークリング。

| | Comments (0)

September 06, 2023

連勝セイカメテオポリス

今週は(先週から)突発業務が発生して、会社至近のホテルが4桁円の料金になっていたので昨夜は久しぶりにホテル泊。午前6時起床、7時出社。
Img_350880
この夏(もう秋だけど)2度めの冷し中華は、タンメン専門店の冷し中華。タレの味が選べてピリ辛にんにく。最初、具は肉とトマトだけ?と思ったらご丁寧に別皿でした。酢のきいたピリ辛、おいしい。
 
競馬●東京記念。逃げたランリョウオーが直線でも単独先頭だったが、5番手あたりの内でじっと我慢していたセイカメテオポリスが直線外に持ち出してゴール前測ったようにとらえて3/4馬身差。1馬身半離れて混戦の3着争いは、ミヤギザオウ、マンガン、ヴェルテックス。●フローラルカップ。競り合った先行勢は総崩れ。向正面で最後方に近い位置まで下げたアメリアハートが馬群を割って抜け出した。父ダノンレジェンド。同じく後方から直線半ばで一旦は先頭に立ったハニービートが半馬身差2着。2馬身差3着にヴィヴィアンエイト。
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

September 05, 2023

ヤングジョッキーズ大井

飲まずに寝たのに悪夢にうなされての不快な目覚め。おそらくギャッ!とか叫んでいたのではないか。目と頭がだいぶ疲れた状態で寝たからかも。で、午前6時起床。午後からグリーンチャンネル。地方競馬中継はヤングジョッキー大井。第1戦でようやく3連単3万円が当った。が、第2戦は3連単46万円。地元大井騎手5人のボックスで買ってれば……という、そんな偶然がはまらないと10万円超の高配当は当たらないような気がする。串かつでんがなで軽く食べて飲んでの夜出社。
 
競馬●秋桜賞。10頭立て8頭一団の後方から3コーナーで仕掛けたブリーザフレスカが直線馬場の真ん中を突き抜けた。大差がついて一団の2着争いは、中団にいたアンティキティラがしぶとく先着。クビ差3着ジュランビル。3番手追走のハクサンアマゾネスは3コーナーから失速して最下位。5/6のKYダービーデイに行われたG1ターフクラシックで2着だったホンコンハリーがモフェブタゾンの陽性反応で失格。3着スプーキーチャンネル以下が繰り上がる。プリークネスSの時期変更について引き続き協議中。NYRAはベルモントSの日程変更に反対。●フィリップ・ミナリクさん
 
本日の酒●グリーンチャンネル終わりで、ホッピー黒。

| | Comments (0)

September 04, 2023

石川喬司さんご逝去の報

石川喬司さんが亡くなられていたということが一般のニュースで報じられたのが8月29日。ぼくのような若造(昔)にも分け隔てなく接していただいて、ネットの記事なども相当読んでおられて、お会いするたびに感想をいただいたのはありがたかった。「ダビスタに馬事文化賞を」ということもずっと言っておられた。山野浩一さん、平尾圭吾さん、石川ワタルさんなど優しく楽しく接していただいた先達のみなさんが逝ってしまわれた。
 
競馬●G1ホープフルS(サラトガ7F,2yo):1頭だけ離れた最後方を追走したブービー人気ヌテラフェラが直線大外から突き抜けデビューから2連勝。父ランハッピー。人気のティンバーレイクは1馬身半差2着。クビ差でパイレート。サラトガ40日間夏開催の有料入場人数が計11万人てすごいな。1日平均2.75万人。総売上は7億9922万ドル。
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

September 03, 2023

寿司はあきらめる金沢

金沢へ。9月になっても新幹線はギチギチの満席。となりが、プロレスラーかという雰囲気の東南アジア系と思われる女性で、いろんな意味でまいった。サラブレッド大賞典は馬券的に2強のどっちかに絞らなければならず、またハズレのほうを引いてしまった。終えて金沢駅。19:21のかがやきに間に合わないこともなかったけど、最終のかがやきまで原稿書きを選択。コロナ前以上と思われる観光客が戻って寿司とか海鮮系はどこも行列で最初からあきらめ。駅ビルの同じスペースにあっても、寿司をはじめ金沢らしい飲食店はどこもいっぱい。一方、特に金沢色のない飲食店はだいたい空いていて、お客さんも地元らしき人が多い。そういうわけで先月と同じ金沢駅あんと西のカンパーニュ・クチーナ&バール。ここはテーブルもカウンターもわりと広いのでパソコンを広げるのにありがたい。電源はないけど充電してあれば2時間弱なら問題なし。ビールを飲みながらサクサク原稿が進み九割方書き上げて大宮戻り。帰宅。
 
競馬●サラブレッド大賞典。3コーナー手前から人気2頭の一騎打ちとなって、手応えに余裕があったダイヤモンドラインが、ノブノビスケッツを振り切り4馬身差をつけて重賞初勝利。●九州ジュニアチャンピオン。デビューから3連勝で人気になったムーンオブザサマーが逃げて直線でも先頭だったが、ぴたりと追走していたトゥールリーが外からとらえて3/4馬身差で勝利。1馬身半差3着にグッドタイミングで先行3頭での決着。●不来方賞。岩手無敗のミニアチュールが逃げたものの3コーナーで失速。4番手でかまえていたルーンファクターがあっさり抜け出して圧勝。ミニアチュールをぴたりとマークしていたマツリダワールドが7馬身差2着。2馬身半差3着にセイグッドラック。ミニアチュールはさらに9馬身も離れて4着。●G1バーデン大賞(バーデンバーデン2400m,3&up):逃げたミスターハリウッドが先頭で直線を向いたが、人気のザグレイが外ラチ沿いからクビ差とらえて勝利。ドバイシーマクラシック3着、サンクルー大賞典2着からのG1初勝利。直線一旦は前に出たかという場面もあったストレートは半馬身差3着。●G1ムーランドロンシャン賞(ロンシャン1600m,3&up):人気のビッグロックが直線でも先頭だったが、2番手につけていたソーテルヌがゴール前100mでとらえて1馬身差。G1ロートシルト賞3着からのG1初勝利。父キングマンの3歳牝馬。●G1スピナウェイS(サラトガ7F,2yo f):4コーナー手前で先頭に立ったブライトワークが、直線迫る断然人気ウェイズアンドミーンズを半馬身差で振り切った。G2アディロンダックSから連勝でデビューから4連勝。父アウトワーク。ジョン・オルティス調教師はG1初勝利。●G2デルマーダービー(デルマー芝9F,3yo):2コーナーで先頭に立った人気のコンクルードが、ゴール前内から迫ったマルティーズファルコンをアタマ差で振り切った。3連勝でグレード初勝利。父コレクティッド。1馬身差3着にアルメンダレス。
 
本日の酒●カンパーニュ・クチーナ&バールにて。フィッシュ&チップスでギネス1パイント。ビールのおかわりは瀬戸内ヴァイツェン。さらに、チリのゲヴュルツトラミネールをグラスで。帰りの新幹線は爆睡。

| | Comments (0)

September 02, 2023

デットーリ@ハンガリー

本日も出社。9月になっても昼間の日差しは刺すように暑い。
引退世界ツアーでハンガリーにも初めて遠征したデットーリ。キンツェムパークでローカルのG1G2を勝利。

競馬●佐賀の新馬戦で3頭が出走取消となって3頭立て。5頭立てで1頭取消または除外で4頭立てというのはたまにあるけど、3頭立てはめずらしい。●G1ジョッキークラブゴールドC(サラトガ10F,3&up):2番手から4コーナーで先頭に立ったブライトフューチャーに、プロキシーが迫って並びかけたところがゴール。ブライトフューチャーがハナ差でステークス初勝利。2 1/4馬身差3着にタイソン。人気のラトルンロールは見せ場なく6着。●G1パシフィッククラシック(デルマー10F,3&up):後続を引き付けて逃げた人気の3歳馬アラビアンナイトが、次々と迫る他馬を振り切って逃げ切り。キャリア4戦で古馬G1制覇。ボブ・バファートは99年のゼネラルチャレンジ以来このレース7勝目。人気を分けたゴーロケットライドがゴール前迫ったがクビ差まで。4コーナーで並びかけたスローダウンアンディは1 1/4馬身差2着。
 
本日のワイン●1杯分だけ残ってたルブルジョン ブルゴーニュ・ピノノワール2020。ボトル1本あけるのに何日かかるんだ、という最近のペース。

| | Comments (0)

September 01, 2023

高すぎる椅子はなんとも

午前6時起床。ホテルの部屋で机に対して椅子が高すぎ、パソコンに向かっていたら肩が凝って背中が張ってしまってたいへん。椅子が低すぎるのであればバスタオルやまくらを座布団代わりにして調節できるのだが、椅子が高すぎる、もしくは机が低すぎるのはどうにもならん。低めの椅子に変えてもらえないかフロントに聞いてみればよかったか。昼過ぎの便で東京戻り。神保町で打ち合わせののち、出社。向こう2週間ほどのスケジュールを眺めて、果たして乗り切れるのか。
 
競馬●G3サラナックS(サラトガ芝8.5F,3yo):先行2頭が直線まで競り合って、断然人気カールスパックラーがテイキングキャンディを振り切り3馬身半差をつけた。G2競馬殿堂博物館Sから連勝。ピンオークスタッドが、売りに出されていたアデナスプリングスの分場の土地を取得。英オークスを勝ち、パリ大賞典3着だったソウルシスターが休養。復帰は2014年。
 
本日の酒●昼、サクララウンジで。生ビール、ウイスキー。夜は飲まず。

| | Comments (0)

« August 2023 | Main | October 2023 »