« 規則正しく寝て食べよう | Main | オッズパークLIVE長時間 »

July 29, 2023

7月恒例800mファイナル

午前6時半起床。早朝出社。夕方から高知ヨルノヲケイバ。絞れる予想が多かったのだが3着に人気薄というパターンでハズしたのがいくつか。それでもファイナルが展開的に狙った馬たちで決まってくれた。年に1度か2度しかない3歳800mのファイナルは、3コーナー4、5番手まででほとんど決着するというデータ。
 
競馬●G1キングジョージVI &クイーンエリザベスS(アスコット12F,3&up):中団につけたウエストオーヴァーが直線を向いて先頭に立ち、これを追ったフクムが残り1Fでとらえると馬体をピタリと併せての追い比べは、フクムがアタマ差出てコロネーションCに続いてG1・2勝目。4馬身半差3着にキングオブスティール。オーギュストロダンは最終コーナー手前で反応がなくなり追うのをやめて大きく離れ最下位でゴール。●G1アルフレッドG.ヴァンダービルトH(サラトガ6F,3&up):先行2頭から直線半ばでガナイトが抜け出したが、4番手から追ってきたエリートパワーがアタマ差とらえ昨年のメイドン勝ちから7連勝。BCスプリントに続いてG1・2勝目。人気2頭の決着。前で競り合ったディーンデリヴァーズは6 1/4馬身離れて3着。●G2ジムダンディS(サラトガ9F,3yo):逃げたサウジクラウンが直線でも先頭だったが、外に持ち出したフォルテが首の上げ下げ、ハナ差とらえて勝利。直線審議になったがそのまま決着。勝ち馬とともに伸びたエンジェルオブエンパイアが半馬身差3着。●G1ビングクロスビーS(デルマー6F,3&up):直線横に広がった追い比べからザチョーズンヴロンがゴール前で抜けた。昨年9月から8連勝でG1初制覇。父ヴロンスキー。アタマ、アタマ差でアナーキスト、1番人気ドクタースカイヴェル。
 
本日のワイン●1杯分だけ残ってたエステザルグ オーガニック・コートデュローヌ2020。さすがにちょっと酸化したか。

|

« 規則正しく寝て食べよう | Main | オッズパークLIVE長時間 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 規則正しく寝て食べよう | Main | オッズパークLIVE長時間 »