« プラスか惨敗かは紙一重 | Main | 赤ワインの子ソムリエが »

July 02, 2023

世界の競馬を変えるかも

来週は火木日と中継があるので出社。
オーギュストロダンが英愛ダービー制覇という快挙。サンデーサイレンスが日本の競馬を変えたが、その仔のディープインパクトは世界の競馬を変えるかもしれない。
ところでRacingTVの映像(YouTube)で、最終コーナー手前、一瞬映像が切れて戻ったら3番手にいたオーギュストロダンが突然2番手にいて、なるほどサンアントニオが競走中止した場面をカットしたのは動物愛護団体対策でしょうか。
 
競馬●岩鷲賞。前3頭が競り合うハイペースで、離れた4番手にいたトーセンキャロルが直線交わし去って単勝万馬券で勝利。直線キラットダイヤが一旦は先頭に立ったが、逃げたハナレイが差し返して4馬身差2着。単勝元返しキラットダイヤは半馬身差3着。●柏林賞。天板でヒザをついた人気のキングフェスタだが、すぐに立て直して障害4番手から前を並ぶまもなく交わし去って完勝。障害先頭のヘッチャラが、3番手からのヤマカツエースを振り切って2着。●G1アイリッシュダービー(カラ12F,3yo c/f):クールモア勢が前を固めた中で3番手にいたオーギュストロダンが、ラビットのアデレードリヴァーを直線でとらえ1馬身半差で勝利。2歳時のフューチュリティトロフィーSから英愛ダービーとG1・3勝目。エイダン・オブライエンは欧州クラシック100勝目。●G2レールウェイS(カラ6F,2yo):残り1Fで馬群から抜けてきた2頭の負い比べはブカネロフエルテが、人気のアンクエスチョナブルを短頭差でしりぞけた。父ウットンバセット。●G1ドイツダービー(ハンブルク2400m,3yo):ファンタスティックムーンがバーデンバーデンのG3ダービートライアルから連勝。父シーザムーン。2 1/4馬身差2着にミスターハリウッド。マーティン・ドワイヤーがヒザの怪我で引退。2006年にサーパーシーで英ダービー制覇。今後は競馬メディアで活動。
 
本日のワイン●マルキドボーラン ソーヴィニヨンブラン2021。急にステーキを焼いたので赤も出動。マルキドボーラン メルロー2020。3桁円でもしっかりおいしい良心。

|

« プラスか惨敗かは紙一重 | Main | 赤ワインの子ソムリエが »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« プラスか惨敗かは紙一重 | Main | 赤ワインの子ソムリエが »