« November 2022 | Main | January 2023 »

December 31, 2022

帰宅電車の中で年越した

昨日に続いての午前6時起床、で早朝出社。昨年大晦日に続いての高知ヨルノヲケイバ。高知県知事賞は無印同士の一騎打ち。3歳ガルボマンボは合わないと思われた1400mを使ってきての2400mで成果が出た。次の8レース。軸は堅いが相手混戦と思いトリガミ覚悟の2・3着全全(42点)をやったら見事199.5倍が来た! 高知県知事賞と同時発走だったスーパースター王座はスタートを決めた鈴木圭一郎。10月に落車妨害でボウズにして以来はじめての笑顔だったのではないか。ヨルノヲケイバを終えてもまだ仕事。結局普段と同じ23時過ぎの電車になって、下車する直前で年を越した。
 
競馬●桐花賞。先行馬群5番手を進んだ人気のノーブルサターンが、3コーナー過ぎで先頭のヴァケーションをとらえての一騎打ちは、ノーブルサターンが半馬身差で振り切った。大井から転入してトウケイニセイ記念から連勝。逃げたグランコージーが8馬身差3着。●園田ジュニアカップ。好位から3コーナーで一気に仕掛けたスマイルミーシャが、前にいたベラジオソノダラブとの一騎打ちをクビ差で制し、デビューから4連勝。出遅れたヒメツルイチモンジは8馬身差3着。●東海ゴールドカップ。最初のスタンド前で動いた中から保園アンタンスルフレが先頭に立ち、3コーナーでこれをとらえにかかったウインユニファイドとの追い比べは、ウインユニファイドが振り切って1馬身差で勝利。取消を挟んで重賞3連勝。直線伸びたロッキーブレイヴが1馬身半差3着。●東京2歳優駿牝馬。好位の内で構えていたメイドイットマムが直線外に切り替えると一気に伸びた。エーデルワイス賞5着からの転入で2連勝。逃げたボヌールバローズが粘って4馬身差2着。●高知県知事賞。1周目で後続を離して逃げたララメダイユドールは2周目3コーナー手前で一杯。替って先頭に立ったスペルマロンに、ガルボマンボが並びかけての追い比べは、ガルボマンボがアタマ差で勝利。連覇を狙ったグリードパルフェが追ったが5馬身差3着。ビヴァリーパークが北米年間15勝目。
 
明日もちゃんと起きて仕事なので飲まずに寝る。

| | Comments (0)

December 30, 2022

ばんえい年始の重賞展望

午前6時起床。早朝出社。午後、大井競馬場へ。東京シンデレラマイル取材。スピーディキックは1頭だけ次元が違った。2カ月に1走というローテーションで使っていくとのこと。終えてそっこー、大門での待ち合わせから新宿御苑のスタジオ。年明け、帯広記念、天馬賞の展望配信。その後、同じスタジオでオートレースのスーパースター王座決定戦の展望番組もあり、今までネット上でしか面識のなかったKUMIKOさま、千鶴さま、そしてMAX鈴木さんなどとリアルにお会いして盛り上がった。
 
競馬●ライデンリーダー記念。2番手から3コーナーで先頭に立ったエムエスドンに、そのうしろにいたヒロチャンが直線でとらえにかかり、さらに後方からメイクストームがゴール前大外一気で迫ったが、エムエスドンがしのいで勝利。クビ差でヒロチャン、さらにクビ差でメイクストーム。●東京シンデレラマイル。前4頭が競り合っての前半ハイペースで中団を追走したスピーディキックが直線外から1頭だけ次元の違う伸びで突き抜けた。後方から直線外を追い込んだトップザビルが3馬身半差2着。勝ち馬と同じような位置から4コーナーで内を突いたセパヌイールは1馬身差3着。●ヤングチャンピオンシップ。障害先頭はわずかにジェイヒーローだが、差なく続いたキョウエイプラスがすぐに先頭に立って押し切った。やや離れた3番手から追ったタカラキングダムが2着。ジェイヒーローが3着で、人気3頭の決着は3連単600円。87歳のウェイン・ルーカスが怪我から馬上に復帰。
 
本日の酒●明日も朝早いので飲まないつもりが。開けてあるのがあったので、土佐鶴・大吟醸原酒を少々。

| | Comments (0)

December 29, 2022

東京大賞典は直線勝負で

午後から大井競馬場。入場制限15,000人でも東京大賞典のパドックは人の壁になって、レースのときはスタンド前も人の波。飲食店は、既存店舗だけではこのくらいの入場人員で限界な感じ。もっと入れるときはうまたせ広場に店舗を出せばいいのだけど。◎ウシュバテソーロでも、ノットゥルノは無印。事前に売れすぎていたので単勝という思考にも至らず。メイショウハリオは向正面でサンライズホープが動いたのにつられて、結果的に仕掛けが早かったのでは。終えて出社。明日の準備とか、明後日の予想とか。
 
競馬●東京大賞典。直線を向いて先頭は向正面で動いたサンライズホープだったが、4コーナーでもまだ中団だったウシュバテソーロがやはり直線鋭く伸びて抜け出した。やや前の位置取りでも追い出しを我慢したノットゥルノが連れて伸びて1 3/4馬身差。3コーナーから動いたメイショウハリオは直線伸びいまいちで3着。●ばんえいダービー。最初に仕掛けたヘッチャラが障害先頭、ヤマカツエースが続いたが、3番手で越えたキングフェスタがあっという間に交わし去って圧勝。2着3着はそのままヘッチャラ、ヤマカツエース。フレディ・ヘッド引退によせて。ウィリアム・ビュイックが英国で年間200勝達成。
 
本日も休肝日。

| | Comments (0)

December 28, 2022

未来に向って燃え上がる

出社。の前に、池袋駅改札内のユニクロで注文品を受け取る。ユニクロのネット注文が便利すぎる。配送だと当然送料がかかるんだけど、店舗受け取りだとたとえ1品でも商品の金額だけ。さらにユニクロですごいと思うのは、サイズ表記がたとえば「Mサイズ、身長〇〇cm、胴回り○○cm」とかのおおざっぱな表記ではなく、ネットのサイズチャートでは、同じサイズでも製品ごとに身丈・肩幅・身幅・裄丈がわかること。これを見るとモノによって自分に合うのがLだったりMだったりSだったり。
 
競馬●金の鞍賞。中団から3コーナー過ぎで先頭に立ったユメノホノオが独走となって大差。4コーナー手前でミズワリヲクダサイが単独2番手も、直線迫ったエムティドンがクビ差とらえて2着。
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

December 27, 2022

年末らしく昼飲みランチ

午前7時半起床。飲まなかった翌日はやっぱり寝起き爽快。出社。朝の電車が空いてきた感じ。昼、会社の年末お疲れ様ランチ。池袋駅前のすしざんまいと思ったら予約は受け付けておらず、待ちになるようなので、近所の貴寿司。昼からあん肝とか。来年もここでいいかも。飲んでも夜まで仕事ですよ。
 
競馬今年の北米最多勝馬、ビヴァリーパーク。ここまで29戦14勝と、ばんえいなみの成績。大晦日のフェアグラウンズで30戦目、15勝目を目指す。
 
本日の酒●昼、貴寿司にて。小布施ワイナリーの純米吟醸。メロンジュース的にフルーティー。飛露喜・特別純米。夜、帰宅して。浦霞・純米酒。赤霧島お湯割り。

| | Comments (0)

December 26, 2022

カントリーグラマー復権

出社。年内にやっておくべき作業がいろいろ。キリのいいところまで原稿を書いてたら23時。月曜日だからまだだいじょうぶかと思ったら、23時過ぎの埼京線下りは、年末の酔い客で一杯。明日からは仕事が終わらなくても23時前の電車で帰ろう、と誓う。
 
競馬●サンタアニタ冬開催開幕。G1ラブレアS(サンタアニタ7F,3yo f):好位から4コーナーで先頭に立ったファントゥドリームが、ゴール前迫ったアウェイクアトミッドナイトを3/4馬身差で振り切ってグレード初勝利。今年デビューして6戦5勝。父アーロゲート。●G1マリブS(サンタアニタ7F,3yo):断然人気テイバが直線抜け出して圧勝。G1・3勝目。4 1/4馬身差がついて2着にフォービドゥンキングダム。●G1アメリカンオークス(サンタアニタ芝10F,3yo f):直線を向いて先頭に立ったのはスクールダンスだったが、中団にいたレアムーンがアタマ差とらえて勝利。G3オータムミスSから連勝で3連勝、G1初勝利。父スタースパングルドバナー。●G2サンアントニオS(サンタアニタ8.5F,3&up):今年ドバイワールドCを勝ったカントリーグラマーが、そのときと同じデットーリとのコンビで先行一団4頭の外らから4コーナーで先頭に立って直線後続を寄せ付けず完勝。4馬身半差2着にスティレットボーイ。レーンズエンドで繋養されていた6歳コードオブオナーが疝痛のため安楽死。トラヴァーズS、ジョッキークラブゴールドCとG1・2勝。
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

December 25, 2022

オッズパークLIVEでした

午後から出社。夕方からオッズパークLIVEは、佐賀とばんえい。ばんえいで取り上げた後半3レースがめずらしく堅めの決着。さらに佐賀最後の2レースも堅めの決着。こんなこともある。最後の3連単40倍を500円でなんとか。
 
競馬●中島記念。中団から向正面で先団にとりついたリュウノシンゲンが直線を向いて先頭に立つと、さらにうしろから追ってきたシャンパンクーペを1馬身差で振り切った。先行争いから一旦は2番手に引いて、向正面ではさらに位置取りを下げたミスカゴシマが内から盛り返して1馬身差3着。
 
本日の酒●帰宅して、雪の茅舎・純米吟醸。浦霞・純米酒。1杯ずつ。

| | Comments (0)

December 24, 2022

年末年始に向けいろいろ

本日も通常出社。午後、オッズパークLIVEのばんえい帯広記念・天馬賞展望の騎手インタビューを収録。なかなか馬券の参考になる話が聞けたと思います。展望は12月30日です。そして明日の仕込み。
 
競馬金沢競馬は本日も中止。延期された明日の開催も中止が発表されて、今年の開催終了。
 
本日のワイン●続きのチリ・ピノ。ドメーヌ・デ・グラス レゼルヴァ・ピノノワール・レイダヴァレー2020

| | Comments (0)

December 23, 2022

以前の年末が戻ってきた

午後からグリーンチャンネル。『アタック!地方競馬』の収録はクリスマス仕様。終えて、出社。明日の仕込み。23時前の帰宅電車がコロナ以前の年末の状態に戻ってきた。来週は23時前に帰るようにしないと。帰宅して、ようやく鎌倉殿の最終回を見た。放送のあとネットにさまざまにネタが出てしまったのでどうなるのかある程度わかってしまっていたのだが、まあいいでしょう。
 
競馬●記録的大雪のため、ばんえい、金沢が中止。●年が変わる前の実施というUAE1000ギニートライアル。勝ったのは、モハメドさんの息子ハムダン殿下所有のミミカクシという馬。「耳隠し」。ネットで調べると大正末期に流行した髪型らしい。なぜドバイの王子様がこのような命名をしたのか気になる。単に防寒の耳にかぶせるやつだったりして。それにしても北半球産2歳牝馬54.5kg、南半球産3歳牝馬59kgという斤量の設定もすごい。59kgの南半球産はさすがに1頭しか出走してないけど。
 
本日の酒●浦霞・純米酒。雪の茅舎・純米吟醸。1杯ずつ。

| | Comments (0)

December 22, 2022

ペリー・ウーツ68歳現役

午前6時起床、のつもりが7時。兵庫ゴールドトロフィーの原稿を確認して送信。11時過ぎチェックアウト。昼飯は伊丹空港。手荷物チェック後、JALの北ターミナルからANA側の南ターミナルまで歩いて、前回、臨時休業していた魚がし日本一。
Img_325380
北ターミナルにも寿司屋はあるもののそれなりの値段なので、こちらは昼飲みにもなかなかよいです。東京戻りで出社。
 
競馬●ゴールドカップ。ハナをとったサルサディオーネ、ぴたりと2番手のスマイルウィ、これに一団の5番手からティーズダンクが4コーナー迫って、直線人気上位3頭の追い比べは、スマイルウィが抜け出しサンタアニタトロフィーから連勝。3/4馬身差でサルサディオーネ。ティーズダンクは1馬身差。68歳のペリー・ウーツ、現役続行。通算7337勝は、北米6位、世界10位。ちなみに66歳の的場さんは7397勝(うち中央4勝)。
 
本日の酒●魚がし日本一で、富士の恵を1杯。夜は飲まず。

| | Comments (0)

December 21, 2022

吉田勝彦さんお元気です

午前6時半起床。昼前の便で伊丹空港、からの園田競馬場は今年2回目。原稿のネタ集めに園田競馬場の今の風景を撮影。ひっさしぶりに園田屋で焼きそば定食を食べようと思ったのだが、しかし。メニューから焼きそばが消えていた。そういうわけで親子丼。兵庫ゴールドトロフィーは、人気を落としたラプタスが59kgでハナをとれなくても得意の条件で勝利。サクセスエナジーは休み明け+27kgでも好走歴のある範囲内。枠順が外なら勝ち負けまであったかも。一方イグナイターの+23kgは過去最高体重でピークにはなかったか。終えて、旅割での宿泊は新阪急アネックス。兵庫ゴールドトロフィーの原稿、東京大賞典のつづきの原稿をやったら21時半過ぎ。腹減った。近くの串カツへ。「食べ物が22時ラストオーダーなんですが…」と言われて時計を見ると21時55分。「5分で注文します!」と宣言して入店。選んでる時間もないので10本セットを食べて軽く飲んでホテル戻り。
2022122180
そういえば、吉田勝彦さん。表には出なくても実況席でお元気です。
 
競馬●兵庫ゴールドトロフィーラプタスは1番枠でハナを取れず5番手も、直線突き抜けて三度目の正直。ゴール前、人気のシャマルが迫ったが1馬身差。内に包まれたサクセスエナジーだが直線外を一気に伸びて3着。逃げたオーロラテソーロは内で粘ったが4着。イグナイターは5着。G1シガーマイルで3年4カ月ぶりのG1勝ちとなったマインドコントロールが引退。ニューヨーク州ロックリッジスタッドで種牡馬に。種付料は8500ドル。
 
本日の酒●串カツやさんで。中生、黒霧島お湯割り。コンビニ酒は、松竹梅・蔵出ししぼり200ml。角ハイボール350ml缶。飲みすぎですよ。

| | Comments (0)

December 20, 2022

金沢も今日は雪だった

午前中、竹見さん宅訪問。のち、出社。東京大賞典の原稿。もうそんな季節。
大雪で金沢が中止。金曜日に延期となって、1日目が3日目の翌日にくるというめずらしい番組表。にしても金曜日も大雪予報ですが、さて。水沢もメインの最終11レースが取止め。書き入れ時の年末年始までやりたいという思いはわからないでもないが、近年は毎年のことで、この時期の東北・北陸で競馬は難しい。
 
競馬2018年の禁止薬物陽性2件についてスティーヴ・アスムッセンに30日間の調教停止を勧告。
 
本日の酒●赤霧島お湯割りを少々。

| | Comments (0)

December 19, 2022

水沢は今日も雪だった

通常出社。来年度(4月以降)へ向けての調整に悩む日々。
 
競馬水沢。第8レース以降、取止め。イギリスの2023年の賞金が5900万ポンドとなり、コロナ前との比較でも600万ポンドほど増えて過去最高に。2021年のBCジュベナイルフィリーズターフを制したピッツァビアンカがクロストフ・クレメントからグラハム・モーション厩舎に移籍。
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

December 18, 2022

ヲケイバSで精神的回収

最近は常に行列でなかなか行けない開楽へ11時の開店に合わせて、チャーシューメン。出社して、夜から高知ヨルノヲケイバS。Sは過去3回やって1レースも当たらず。だったのが、今回は最初のレースで馬連22.9倍、ファイナルも3連単が当たってくれて、金額的には全然だが精神的にはこれまでの負け分を回収。それにしてもファイナルは単勝オッズでは1→2→3番人気での決着でも、3連単では30番人気で254.7倍。これが高知のファイナル、という結果。それにしてもオートレースはまったく当たらずまだまだ修行中。まっすぐ帰宅。
 
競馬●水沢開催が雪で中止。●雪の佐賀はフォーマルハウト賞。3番手から4コーナー手前で前をとらえたイケノシイチャンが直線後続を振り切って完勝。中団うしろから位置取りを上げてきたカタラが2馬身半差2着で兵庫のワンツー。後方から直線外を伸びた地元イチノコマチが1馬身差3着。
 
本日の酒●浦霞・特別純米酒を燗で。サッカーワールドC決勝を見ながらちびちびと。

| | Comments (1)

December 17, 2022

デットーリ現役あと1年

在宅。ヤングジョッキー中京はグリーンチャンネルで見る。小林凌大、断然人気馬で勝ってファイナル3連勝。最終戦を残して優勝を決める。前が飛ばしての縦長で、4コーナーまだ離れた10番手という位置から余裕を持って差し切るという落ち着いた騎乗。それでも普段の競馬ではなかなか結果が出ないのだから厳しい世界だ。
 
競馬●G2ロスアラミトスフューチュリティ(ロスアラミトス8.5F,2yo):逃げたカーメルロードを直線内からとらえたブービー人気プラクティカルムーヴが突き放して3 1/4馬身差。父プラクティカルジョーク。5頭立て3頭出しのボブ・バファートは勝てず、カーメルロードが2着。さらに離れて3着にフォートブラッグ。ランフランコ・デットーリが2023年のブリーダーズC@サンタアニタを最後に引退を発表。
 
本日のワイン●つづきのキザンワイン白2021。チリのドメーヌ・デ・グラス レゼルヴァ・ピノノワール・レイダヴァレー2020。ニューワールドっぽいワイルドなピノ。

| | Comments (0)

December 16, 2022

賭けは偶然と必然の綱引

午前6時起床。まだ通勤ラッシュという時刻にグリーンチャンネル。地方競馬中継は13時からヤングジョッキーファイナル@名古屋。第1戦でトリガミの配当が当たっただけであとはハズレ。競馬を含めて多くの賭け事やゲームは偶然に左右される部分が大きいと思うのだが、その偶然をどれだけ必然にできるかが勝敗の分かれ目。偶然のうち半分でも当たりを引ければ長期的な収支で回収率100%以上になるように馬券を買っているつもりなのだが、しかし。今年はことごとくハズレばかり引き続けた感じでトータル収支大敗のまま迎える年末。残り2週間で逆転は難しいほど負けているが、さて。
 
競馬2023年の北米グレード発表。スティーヴンフォスターSがG1に復帰。シガーマイル、ウッドウォードS、クラークS、スターレットS、ロデオドライヴSがG1からG2に降格。●2023年、第149回ケンタッキーダービーのロゴ発表。
 
本日のワイン●キザンワイン・白2021でキリッと。

| | Comments (1)

December 15, 2022

マインドユアビスケッツ

全日本2歳優駿を勝ったデルマソトガケの父マインドユアビスケッツは、エーデルワイス賞のマルカラピッドに続いてのグレード勝ち。地方の新種牡馬ランキングでトップのベストウォーリアに急接近。
 
競馬2022年はチャーチルダウンズで行われたG1アーリントンミリオンを、G1ビヴァリーD.S、G2セクレタリアトSとともに、2023年は8月12日にコロニアルダウンズでの開催を北米グレードステークス委員会に提案。
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

December 14, 2022

以前のままの川崎の風景

夕方、川崎へ。競馬場の前に夕飯は、おそらくコロナ以降初めての天龍・銀座街店。以前と変わったことといえばカウンター席にアクリル板が置かれてはいるものの、それも2席ごと。おひとりさんは他人と隣になるのでほとんど意味をなさないと思われ。そして生ビールやホッピーを飲んでるおっちゃんたちも以前と変わらない労働者の街、川崎の風景。
Img_322280
で、餃子と肉野菜炒め。ひさしぶりの天龍の餃子は、そうそうこんなんだったよね、というニラがメインな感じでおいしい。肉野菜炒めは山盛りがっつり。しかしこれを白飯もビールもホッピーもなしでというのはけっこうしょっぱかった。塩分摂りすぎ。
全日本2歳優駿は予想がまったくはまらず。前が速かった展開がはまったのがデルマソトガケ。ペリエールは早めに勝ちに行ったぶんの3着。中央3着まで独占は4年ぶり。今回はちょっと能力差があった。まっすぐ帰宅。
 
競馬●全日本2歳優駿。マルカラピッドがハナを奪ってのハイペースで先行3頭総崩れ。5番手にいたペリエールが4コーナーで先頭も、中団からゴール前切れたデルマソトガケが外から差し切った。内をしぶとく伸びたオマツリオトコはアタマ差。ペリエールは1馬身差3着。2015年にプリンスオブペンザンスでメルボルンCを制したダレン・ウィア調教師が2018年に3頭の馬に電気ショックデヴァイスを使用していたことで36,000ドルの罰金。調教助手、厩務員にも罰金。
 
本日の酒●外が寒かったので、浦霞・純米酒を燗で少々。

| | Comments (0)

December 13, 2022

帯広肉くじの自動販売機

Img_321380
そういえば帯広競馬場の駐車場にいつからあったのか、肉の自動販売機。1台はホルモンやら焼肉だが(左)、もう1台(右)は『肉くじ』。1000円で1300〜2000円相当、3000円の『超肉くじ』では4000円相当の肉が出てくるらいし。肉くじ、どのくらい売れてるんだろう。気になる。
 
競馬●寒菊賞。ハナをとったセイレジーナが後続を引きつけ楽な手応えのまま直線を向いて突き放した。3番手から人気のアサップが追ったが2馬身半差2着。1馬身差3着にクラベルブランコ。アケダクトでデビューした23歳のマジソン・オルヴァーMadison Olverという女性騎手が1カ月で21戦1勝、2着6回、3着3回と、3着内率48%。
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

December 12, 2022

北海道の地域クーポンは

11時前チェックアウト。開店直後にインデアンカレーまちなか店で、インデアン野菜チキン中辛。インデアンでも地域クーポンが使えたのだが、北海道のクーポンは1000円の紙が3枚というもので、さすがにインデアンで1000円は使えず空港まで持ち越し。普段おみやげをあまり買うこともないので、どういう組み合わせで3000円使うかけっこう迷った。アプリにチャージして1円単位で使える東京のクーポンのほうが便利。1月10日からあらためて始まる旅行支援の地域クーポンは原則、電子クーポンになるらしいが、さて。
帰京。まっすぐ帰宅。全日本2歳優駿の予想を書いていたらあっという間に夜。
 
競馬今年デザートクラウンで英ダービーを制したリチャード・キングスコットが1月中旬からガルフストリームパークで騎乗。
 
本日の酒●つづきの、世嬉の一・純米吟醸・吟ぎんが。

| | Comments (0)

December 11, 2022

帯広から香港を見る時代

午前6時起床。午前便で帯広。日吉さんが借りてくれたレンタカーで競馬場へ。日が落ちると氷点下。今月デビューしたばかりの中村太陽騎手、今井千尋騎手の初勝利を見る。共有しているヒメミヤが準重賞のレディースカップの枠にギリギリ入ったので見に来たのだが、近走調子もいまいちで勝負にならず。軽い馬場もあって若い4歳馬が速かった。それにしても。JRAの馬券を発売している帯広競馬場ではグリーンチャンネルの映像がずっと流れていて、帯広にいて香港の馬券を(PATで)買って映像までリアルタイムで見られるという、時代は進んだなあという感慨。馬券は全部外れた。
 
競馬●中日杯。3コーナー手前で断然人気ハクサンアマゾネスが先頭に立つと、中団で構えていたヴェノムが4コーナーで内からとらえにかかっての直線一騎打ちは、ヴェノムがクビ差で競り落とした。ハクサンアマゾネスはスタート後にキープクライミングと競り合ったのが影響したか粘り切れず。8馬身離れて3着にサクラルコール。●香港ヴァーズ。2番手から直線を向いて先頭はボタニクだったが、好スタートも後方まで下げたウインマリリンが直線大外から抜き去って1馬身半差をつけた。グローリーヴェイズはボタニクに迫ったが3着。BCターフ2着から転戦のストーンエイジは内の3番手で折り合いを欠いたか直線弾けず5着。●香港スプリント。直線外から伸びたウェリントンが、逃げたサイトサクセスをとらえ3/4馬身差で勝利。ゴール前、スカイフィールドが迫ったが半馬身差3着。●香港マイル。3コーナーでビューティジョイが仕掛けて先頭に立ったが、直線残り300mで再びカリフォルニアスパングルが先頭。今回は早め4番手からゴールデンシックスティが追ったがクビ差届かず、カリフォルニアスパングルが勝利。●香港カップ。逃げたパンサラッサは直線失速し、先行3頭総崩れ。中団にいた香港二冠馬ロマンティックウォリアーが直線半ばで抜け出し突き放して圧勝。後方からダノンザキッドが直線伸びたが4馬身半差2着。4番手にいたマネーキャッチャーが粘って3着。香港でモレイラへ感謝のフェアウェルセレモニー。
 
本日の酒●農家バルFOOD BABYにて。寒かったので、黒霧島お湯割り。グラスで赤は、チリのカルメネールを1杯。イタリアのネグロアマーロを2杯。コンビニ酒は、ワンカップ大関プレミアム大吟醸。

| | Comments (0)

December 10, 2022

3年近く時を経て確定へ

在宅。ジェイソン・サーヴィスが有罪を認めたことで2020年のサウジカップで凍結されていた賞金と着順が、3年近くが経過してようやく確定へ。マキシマムセキュリティが失格となれば2着だったミッドナイトビズーが勝者となる。3着ベンバトル、4着ムーチョグスト、5着タシータスもそれぞれ繰り上がり、6着ゴールドドリーム、7着クリソベリルの日本馬も。
 
競馬●G1スターレットS(ロスアラミトス8.5F,2yo f):直線を向いて3頭の争いから2頭の一騎打ちとなって、断然人気ファイザがアタマ差でプライドオブザナイルをしりぞけた。デビューから2連勝。父ガーヴィン。5馬身半離れて3着にアンオントローラブル。
 
本日の酒●少し残ってた、ジューステンベルグ マイバーグブロス・サンソー2020。赤霧島お湯割り。

| | Comments (0)

December 09, 2022

年末恒例が戻ってきたよ

昼。秋葉原のルノアールで打ち合わせ。秋葉原で下車したのは10年以上ぶりでしょうか。電気街だったころしか知らないのですっかり浦島太郎。で、出社。
Img_3196
夜は中野へ。今年はちょっと早め、Mon花の四川中華でブルゴーニュを飲む会。4名で。暮れゆく年を惜しみつつ、今年もおいしくいただきました。
 
競馬2019年ケンタッキーダービーでマキシマムセキュリティが薬物陽性で失格のジェイソン・サーヴィス。罪状を認めたことで最大4年の禁固刑が言い渡される予定。韓国でリーディング種牡馬にもなったエクトンパークが安楽死。26歳。
 
Img_319980
本日のワイン●Mon花にて、お持込み。カヴァは、1+1=3(ウ メス ウ ファン トレス)。うん、泡の出るりんごジュースという感じ。
白は、飲むタイミングをすっかり失っていた、南アフリカのド・トラフォード シュナンブラン2009。見事に黄金色の液体。少し残してデザート代わりにも。
赤1本目。いつどこで買ってうちにあるのかまったく記憶がない。フレデリック・マニャン モレサンドニ・クールダルジール2010
赤2本目は去年ご主人におすすめされて買っておいた、ドメーヌ・トロボー ショレレボーヌ2019。うーん、おいしい。

| | Comments (0)

December 08, 2022

出番じゃないとき当たる

Img_3185
出社。名古屋グランプリは◎ケイアイパープルが浦和記念に続いて前半から行きっぷりがさっぱりで馬券もさっぱり。夕方から大井へ。ひさしぶりのかしわやさんで、開催限定のちくわ天そば。勝島王冠は16頭フルゲートとはいえどうにも人気が不可解で、ライトウォーリアの単勝だけ買ったら直線先頭に立って後続を寄せ付けず、強かった。
 
競馬●名古屋グランプリ。セイカメテオポリスがハナをとったが、向正面で内からラーゴムが先頭、4コーナー手前で外からヴァンヤールがとらえて押し切るかというゴール前、ペイシャエスがハナ差とらえて勝利。●勝島王冠。大外枠から3番手につけたライトウォーリアが直線を向いて抜け出すとそのまま後続を振り切った。中団から追ってきたリンゾウチャネルが2馬身差2着。カジノフォンテンが1 3/4馬身差3着。
 
本日の酒●赤霧島をお湯割りで少々。

| | Comments (0)

December 07, 2022

砂糖を使わずの肉じゃが

Img_3184
在宅。肉じゃが。煮物はだいたい砂糖を多めに使うことでそれなりの味になってしまうんだけれども、砂糖を使わずダシのほかに調味料は醤油、味醂だけというレシピがあったのでやってみたらなるほど。素材そのものの味が生かされる優しい味。そして肉じゃがは豚肉派。
 
競馬カナダ三冠の一冠目、クイーンズプレートが、キング・チャールズIII世の王位継承によってキングズプレートに名称変更。12/3のG1シガーマイルを勝ったマインドコントロールのジョン・ヴェラスケスが、ムチの使用制限を1回超え7回使ったことで4,017ドルの罰金と騎乗停止1日。
 
本日のワイン●ジューステンベルグ マイバーグブロス・サンソー2020。めずらしいサンソーの単一。エレガント系ですげえおいしい。

| | Comments (0)

December 06, 2022

23ケンタッキーダービー

通常出社。二日酔いとういほどではないものの、飲みすぎた感が翌日午後まで残っているのはホント久しぶり。年末年始にむけて少し一段落。
 
競馬2023年ケンタッキーダービー・オフィシャルアートを発表。2011年にベルモントSを制したルーラーオンアイスがオールドフレンズへ移動。
 
そういうわけで本日休肝日。

| | Comments (0)

December 05, 2022

3年ぶりホテルの宴会場

Img_318080
午前中、地全協。からの出社。よる、58回目の誕生日をホテルニューオータニ・鶴の間で(嘘)。3年ぶりに東京馬主会の忘年懇親会が催され、ありがたいことに招待していただきました。八代亜紀さん、ブラヴォー。と叫びたくなりました。テーブルが一緒になったS崎さんに誘われましての2次会は、ザギンでシースー。ちょうど日付が変わる直前あたりに帰宅して、ワールドカップ、クロアチア戦。久しぶりに飲みすぎました。そしてマフラーを忘れてきたようです。
 
競馬●トウケイニセイ記念。3番手から3コーナー過ぎで前をとらえたノーブルサターンが直線楽に突き放し、転入初戦を勝利。最後方から徐々に位置取りを上げてきた人気のセイヴァリアントが3馬身差2着。BCダートマイルを勝ったコーディーズウィッシュが2022セクレタリアト・ヴォックス・ポピュリ・アワードを受賞。
 
本日のワイン●乾杯はちゃんとシャンパーニュでドラピエ。白はボルドー。赤はホテルの宴会としてはめずらしいブルゴーニュ、ルイマックス・コレクション ブルゴーニュ・オートコートドニュイ(ヴィンテージ不明)。ニューオータニのワインはどれも特注のオリジナルのようです。ザギンで熱燗。

| | Comments (0)

December 04, 2022

大波乱ばんえいオークス

出社して、夕方からオッズパークLIVEでした。最初に2万円近くプラスにして一進一退。ばんえいオークスは9→5→4番人気の決着で3連単は51万円。あまり能力差のない牝馬同士の争いではこんなこともある。高知ファイナルは6頭ボックスで馬券圏内が1頭もいなかったという、あるある。そしてゆいりんが誕生日馬券で馬単と3連複的中で10万円プラスとか。お見事でした。
 
競馬●ウインターチャンピオン。先行争いからハナを主張したスーパースナッズが単独先頭で直線を向いたが、中団から追ってきたダイリンウルフが差し切って1馬身差で勝利。またまた石川倭。最後方からの追走だった1番人気タガノキトピロは直線一気に差を詰めたがスーパースナッズにアタマ差届かず3着。●ばんえいオークス。障害先頭はニシキマリンだったが、2番手のダイヤカツヒメがすぐに先頭に立ってそのまま押し切った。障害5番手から伸びたスイが2着。後方から追い込んだホクセイサクランボが接戦の3着争いでわずかに先着。格付最上位で断然人気ピュアリーナナセは障害でヒザを折って最下位。●G1メイトリアークS(デルマー芝8F,3&up f/m):単騎大逃げのハムウッドフライヤーが直線でも先頭だったが、中団から一気に迫った断然人気リーガルグロリーがとらえて突き放した。このレース連覇でG1・4勝目。5 1/4馬身差2着にイングランズローズ、ハナ差3着ピッツァビアンカで、ハムウッドフライヤーは4着。BCクラシックで競走中止となったエピセンターは怪我が回復し、アシュフォードで種牡馬に。種付料は45,000ドル。
 
本日の酒●つづき。世嬉の一・純米吟醸・吟ぎんが。

| | Comments (0)

December 03, 2022

マインドコントロール

久しぶりの在宅。ジョギングと鉄棒。2〜3週間ほども空けてしまうと足はともかく鉄棒にぶら下がったときに腕の筋肉の衰えを顕著に感じる。
 
競馬●G1シガーマイル(アケダクト8F,3&up):2番手につけたマインドコントロールが直線3頭の追い比べで抜け出し引退レースを制した。ゲットハーナンバーがアタマ差、半馬身差でホワイトアバリオ。人気のザンドンは見せ場なく4着。●G2ダモワゼルS(アケダクト9F,2yo f):田んぼのような馬場で4コーナーほとんど最後方の位置だった断然人気ジュリアシャイニングが直線大外からまとめて差し切った。デビューから2連勝。父カーリン。クビ差でアファーマティヴレディー。3/4馬身差3着にギャンブリングガール。●G1ハリウッドダービー(デルマー芝9F,3yo):後方集団にいたスピーキングスカウトが直線一気を決め、G1初挑戦で勝利。父ミスタースピーカー。1歳時にわずか3000ドルで取引された。2番手から直線先頭の伏兵スパイキャッチャー3/4馬身差2着。ハナ差3着に人気のウィット。
 
本日の酒●いただきもの。世嬉の一・純米吟醸・吟ぎんが。続きのムーラン・ド・ガサック ピノノワール2021も。

| | Comments (0)

December 02, 2022

極月ともいうらしい師走

午後、新橋。年末間近の恒例行事、中央競馬振興会で某編集会議。終えて出社。月替りにつき事務作業いっぱい。
 
競馬●黒潮盃、ロジータ記念などを勝ったミスミランダーの産駒ミスグロリアが船橋の新馬戦勝利。父パイロ。
 
本日のワイン●続きの、ムーラン・ド・ガサック ピノノワール2021。

| | Comments (0)

December 01, 2022

いろいろ驚きの園田金盃

午後、地全協で打ち合わせなど。終えての出社が18時。いろいろ試練。よる、仕事しながらたまたまつけていたNHKの地上波であいみょんの特集をやっていて、初めて聞いたtower of the sunという曲がすごく泣けた。
昨日の船橋行きと、今日の打ち合わせなど、そして帰宅まで、何度も電車を乗り過ごしそうになってしまった。
 
競馬●園田金盃。なんとジンギが出遅れ最後方と思ったら、なんとスマイルサルファーが先頭。それを制してクリノメガミエースがハナをとっての単騎大逃げ。3番手にいたラッキードリームが向正面から徐々に差を詰めて4コーナーでとらえるとそのまま直線突き放して圧勝。4コーナーでもまだ6番手だったジンギは直線大外をよく伸びたが6馬身差2着。クリノメガミエースも粘って1馬身差3着。タガノウィリアム4着。
 
そういうわけで本日休肝日にして、寝た。

| | Comments (0)

« November 2022 | Main | January 2023 »