« いつのまにやら梅見月 | Main | なおも続く高知の快進撃 »

February 02, 2021

公園飲みという逃げ場が

出社。2月2日が節分なのは124年ぶりらしい。124年前といえば1897年で明治30年。子供の頃、明治時代というと相当昔のように感じたが、今になると明治どころか江戸時代もそれほど昔ではなかったように感じてくる。それはそうだ。10歳の子に80年前は人生の8倍の長さだが、50歳になった人に120年前は人生の2倍ちょっとの長さでしかない。
「公園飲み」という人々がいるらしい。なるほど新橋のあそこの公園。そういえば。南池袋公園にもそんな感じの若者たちがいるなあ、とは思っていた。さすがにこのトシになると、外に出たときに感染するかもというちょっとの怖さを除いて、コロナ自粛もあまりストレスはない。むしろ引きこもりが快適な感じ。
 
競馬ドバイワールドCミーティングの登録は19カ国から762頭。日本からはこれKYダービーフューチャーウェイジャーPool2で、初めて未出走馬にオッズがついていた。ボブ・バファート調教のBEZOSで26-1。父エンパイアメーカー、母父エーピーインディ。
 
本日休肝日。

|

« いつのまにやら梅見月 | Main | なおも続く高知の快進撃 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« いつのまにやら梅見月 | Main | なおも続く高知の快進撃 »