« 南半球シャドウェル解散 | Main | 定量でも難しい黒ユリ賞 »

February 13, 2021

オッズパークLIVEでした

午前6時半起床。ジョギング。午後からオッズパークLIVEでした。オートのメインに合わせた時間設定ゆえ、競馬は前座的なレース。ばんえいの3歳のいちばん下の組のレースとか、はじめて予想したかも。
 
競馬●G2リズンスターS(フェアグラウンズ9F,3yo):3番手につけた人気のマンダルーンが直線半ばで抜け出した。父イントゥミスチーフ。勝ち馬をマークして追ってきたプロキシが1 1/4馬身差2着。2番手から直線先頭だったミッドナイトバーボンが半馬身差3着。●G2レイチェルアレクサンドラS(フェアグラウンズ8.5F,3yo f):2番手から直線先頭は人気のトラヴェルコラムだったが、スタート後最後方から内を通って位置取りを上げてきたクレアリエールが直線で競り落としクビ差で勝利。父カーリン。6馬身半離れて3着にムーンスワッグ。●G2サンタモニカS(サンタアニタ7F,4&up f/m):4コーナーまで前2頭が併走も、直線を向いてマーニースが突き放してグレード初勝利。父アメリカンフェイロアの4歳。ゴールデンプリンシパルは2 1/4馬身差2着。さらに2 1/4差3着にカヒラ。●G3 CSヘイズS(フレミントン1400m,3yo c/g)でロードカナロア産駒のタガロアが勝利。オークロンパークの3重賞がさらに延期で21日に。
 
本日のワイン●続きの、ブティノ モコブラック・ソーヴィニヨンブラン2019

|

« 南半球シャドウェル解散 | Main | 定量でも難しい黒ユリ賞 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 南半球シャドウェル解散 | Main | 定量でも難しい黒ユリ賞 »