« 高知競馬が3日で34億円 | Main | 予想を考えてのいろいろ »

January 21, 2021

ワールドCカーニヴァル

引き続き在宅。ドバイワールドCカーニヴァルが始まった。この状況で世界から遠征してく馬がどれくらいいるのかと思ったら、ゴドルフィンのチーム以外にもイギリスやフランスの厩舎からいくつか。騎手でもどういういきさつがあったのかデットーリが再びゴドルフィンの馬に複数騎乗。さらにウルグアイからの遠征も。コロナのこの状況でもちゃんとワールドCカーニヴァルっぽくなってるのがすごい。
 
競馬●G3ドバウィS(メイダン・ダ1200m):直線を向いて4頭の争いから外のスイッツァーランドが抜け出した。父スパイツタウンの7歳セン馬。1 1/4馬身差2着にワーディ。●G2シングスピールS(メイダン芝1800m):4コーナーでもまだ後方だったロードグリッターズが直線馬群を縫うように突き抜けた。昨年のG1クイーンアンS以来の勝利。3馬身差2着にザコウスキー。●G2アルマクトゥームチャレンジR1(メイダン・ダ1600m):好位につけていたミリタリーロウが直線抜け出した。昨年のG1アルマクトームチャレンジR3・2着以来の実戦で勝利。1 1/4馬身差2着にザグレートコレクション。ウルグアイから遠征のAjuste Fiscalは5着。●G2アルファヒディフォート(メイダン芝1400m):デットーリのランドオブレジェンズが直線の追い比べから抜け出した。3/4馬身差2着にドバイD'Baiでゴドルフィンのワンツー。●ドバイダッシュ(メイダン芝1000m)をエクイラテラルが勝ってデットーリは2勝目
 
本日の酒●少し残ってたペスキエ シャルドネ2019。弥右衛門・本醸造。赤霧島お湯割り。など雑多に。

|

« 高知競馬が3日で34億円 | Main | 予想を考えてのいろいろ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 高知競馬が3日で34億円 | Main | 予想を考えてのいろいろ »