« December 2020 | Main | February 2021 »

January 31, 2021

12歳馬がみごと重賞制覇

出社して、本日も17時からオッズパークLIVE。幸先よく当たったものの後半は惜しいところでハズレ、他競技も当たらず。高知ファイナルになると視聴者数が目に見えて上がるのがスゴイ。しかしあとちょっとのところでハズレ。よく負けた1月でしたわ。
オッズパークLIVEではやらなかったけど、新設の翔雲賞は10頭中4頭いた馬体重1000kg超えの馬が1、3、4、5着。やっぱこの時期は馬体があったほうが有利か。と、覚え書き。
 
競馬●黒潮スプリンターズカップ。前が競り合うところ抜群の手応えのまま3コーナー過ぎで戦つに立った12歳のサクラレグナムがそのまま押し切って昨年10月から4連勝。追うように進出したアイアンブルーが1馬身半差2着。2馬身差で3着にアースグロウで地元勢が3着まで独占。●翔雲賞。障害先頭はネオキングダムだったが、2番手の一線からタカナミが一気に抜けて押し切った。母はブルトン。障害6番手から伸びてきたマサタカラが2着。3着はカイセキングオー。
 
本日のワイン●帰宅して。マルキドボーラン・カベルネソーヴィニヨン2018

| | Comments (0)

January 30, 2021

今日ダメでも明日がある

午前中、竹見さん宅訪問。のち出社。17時からオッズパークLIVE。でしたが、オッズパークLIVEで2度めの全敗。。。今日の負けは明日取り戻そう。1月の負けも明日取り戻そう。
 
競馬●G3スウェイルS(ガルフストリーム7F,3yo):好スタートも2番手に控えた人気のドレインザクロックが3コーナー過ぎで楽な手応えのまま先頭に立つとそのまま突き放した。5戦4勝でグレード初勝利。父マクリーンズミュージック。6 1/4馬身差2着にブービー人気のキングズオヴェイション。●G3フォワードギャルS(ガルフストリーム7F,3yo f):スタートいまいちで最後方からとなった断然人気ザージェルだが徐々に位置取りを上げ4コーナーで先頭をとらえるとそのまま振り切ってデビューから2連勝。外から追い込んだレディートラヴェラーが1 1/4馬身差2着。3着ホールボウディマイスター。●G3ホーリーブルS(ガルフストリーム8.5F,3yo):一団馬群の後方からまくったグレイテストオナーが4コーナーで前をとらえるとそのまま突き抜けメイドン勝ちから連勝。父タピット。2番手を追走していたブービー人気タランティノが5 3/4馬身差2着。人気のプライムファクターはさらに離れて3着。●G2サンパスカルS(サンタアニタ9F,4&up):3番手の内を追走したエクスプレストレインが4コーナー外に持ち出して直線外から抜け出した。G1マリブS2着からのグレード初勝利。逃げたティズアマジシャンが3 1/4馬身差2着。人気のアイドルは3着。●G3ロバートB.ルイスS(サンタアニタ8.5F,3yo):直線3頭馬体を併せての追い比べとなって、逃げていた人気のメディナスピリットが押し切った。父プロトニコ。ルイスさんの冠レースをボブ・バファートが制した。6頭立て最後方から押し上げたローマンセンリュリアンがクビ差、ハナ差でホットロッドチャーリー。
 
本日の酒●弥右衛門・純米辛口。酔鯨・特別純米酒。とりあえず今日は飲んで寝る。

| | Comments (0)

January 29, 2021

断然のオーセンティック

出社。日曜日の予想とか、土日のオッズパークLIVEの仕込みとか。あっという間に23時過ぎ。飲み屋はやってなくても夜遅い時刻の人がちょっと増えてきたかもしれない。
 
競馬エクリプス賞は、断然の投票ポイントでオーセンティック。ハスケル、ケンタッキーダービー、BCクラシックとG1・3勝。7戦5勝、2着2回。コロナの影響でヴァーチャル・セレモニーウッドバイン競馬場が2021年の日程発表。コロナの影響で国際交流が難しいことから昨年休止となったG1カナディアンインターナショナルが復活して9/18。
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

January 28, 2021

鰤に大根という組み合せ

Img_232964
引き続き在宅。昼過ぎから雪ですよ。昨夜、ブリ大根を仕込んでみました。上出来。ブリの旨味が大根に染み込んで、ブリのほうはわりとカスカスになっても大根のほうが旨いという、この組み合わせを発明したした人、エライ。
 
競馬●白鷺賞。逃げたジンギを3コーナー手前でとらえに行ったショートストーリーが一旦は先頭も、再びジンギが先頭を奪って突き放し楽勝。中団からまくってきたナムラヘラクレスが7馬身差2着。ショートストーリーは3馬身半差3着。●ドバイワールドCカーニヴァル2日目ザビールターフ(メイダン芝2000m):15頭立て8頭出しの青い勝負服ばかりの決着はヤハヤティ、ブライトメロディ、スターサファリで、ゴドルフィンが上位6着まで独占。●G2ケープヴァーディ(メイダン芝1600m,f/m):これも9頭立てでゴドルフィンが5頭。最後方追走のアルシカが直線外から抜け出した。2 1/4馬身差2着にスタイリスティーク。3着にドバイラヴ。●UAE1000ギニーズ(メイダン・ダ1600m,3yo f):ゴドルフィンでデットーリのソフトウィスパーが4コーナー先頭から直線突き放して楽勝。UAE1000ギニーズトライアルから連勝。父ドバウィ。7馬身差2着にMNASEK。●最終レースのハンデ戦もサイード・ビン・スルールで青帽デットーリのベドウィンズストリーが勝って、ゴドルフィンとデットーリの組み合わせが完全復活か。
 
本日の酒●弥右衛門・純米辛口。赤霧島お湯割り。

| | Comments (0)

January 27, 2021

開催6日間10億超えとか

在宅。げ。後楽そば。閉店しちゃったのか。。。有楽町駅にあったときは数え切れないほど行った。駅高架の耐震補強工事のために撤退してしまい、五反田で店を再開していたのを知ったのはたしか去年とかだったような。さすがに五反田とかわざわざ途中下車になるので行く機会のないまま。立ち食いでもコロナの影響そんなにあるのか。「そば・うどん」なのに看板メニューがやきそばなので、持ち帰りとかでなんとかならなかったものか。残念すぎる。
 
競馬●川崎記念カジノフォンテンが逃げ切り勝ち。3馬身差でオメガパフュームがようやく2着争いを制したまで。ダノンファラオ、タービランスと2着争いは接戦。高知競馬がまたまた1日と1開催の売上レコード更新。開催6日間すべて10億超というアンビリーバブル!サンタアニタが大雨のため金曜日の開催を中止。土曜日はG2サンマルコスなど芝のステークスが延期。ジーザスチームがサウジC回避。は、宗教的理由?(嘘)。
 
本日のワイン●続きのラ・クロワ・グラシオ ル・シャン・デ・ドリア・ルージュ2017。

| | Comments (0)

January 26, 2021

竹見さんが引退して20年

午前6時起床。昼からグリーンチャンネル。地方競馬中継ではたぶん初めての佐々木竹見カップジョッキーズグランプリ。19回目ということは竹見さんが引退して20年も経ったのか、という感慨。コロナゆえ南関東騎手限定となって軸馬もわりとはっきりしていたためそれほど荒れることもなく。めずらしく騎手交流戦で2つとも当たった。
Img_232764
まっすぐ帰宅。夜は肉!と決めていて、さて何の肉をと、思いついた草地和牛ビーフシチューにありものの付け合わせで。Marushu2で買ってきたサバサンド。
 
競馬●笠松勢が出られず低調なメンバーになった、梅桜賞。外枠からハナをとったティーズダンキーが、ぴたりと3番手を追走してきたオーゴンノキズナをクビ差で振り切って名古屋初勝利が重賞。2019年のBCジュベナイルフィリーズターフを制したシェアリングが昨年3歳時の怪我により引退。3歳時にはG2エッジウッドSも制した。ゼニヤッタの当歳牝馬(父キャンディライド)が死んだ。ワールドベストホースはガイヤス。コロネーションC、エクリプスS、インターナショナルSとG1・3勝。
 
本日のワイン●ラ・クロワ・グラシオ ル・シャン・デ・ドリア・ルージュ2017

| | Comments (0)

January 25, 2021

いまやめずらしいサラ系

午前7時前起床。混雑する電車を避けて、家で仕事をしてからの出社。明日の仕込み。佐々木竹見カップをグリーンチャンネルで中継するのは初めて。
 
競馬●ラピッドリーラン→クーヨシンからのサラ系っているんだ。リオレイア。しかも馬主は元騎手。サラ系の現役馬って何頭いるんでしょう。2019年のBCジュベナイルターフスプリントを制したフォーホイールドライヴをサラブレッドブリーダーズクラブが購入。今季から日本で種牡馬に。G1クラークSを勝ったボウディエクスプレスが引退。カリフォルニアのバートンサラブレッズで種牡馬に。
 
本日休肝日。

| | Comments (2)

January 24, 2021

緊急事態宣言のお楽しみ

午後からグリーンチャンネル地方競馬中競は、高知から。年明け以降、まったく予想のスタイルからしてくずしてしまってる感じ。それにしても松中みなみちゃん。ギャンブル的なセンスというか才能はさすがです。
Img_232064
そして緊急事態宣言中のお楽しみは、Marushu2のお持ち帰り。おつまみセット大。さすがに自分ではこんなにいろいろをちょっとずつは作れないのでありがたい。ほかにラザニア、それにキューバンサンドを初めていただきました。
 
競馬●G1センテナリースプリントC(シャティン1200m):人気のホットキングプローンが3番手から直線で抜け出しG1初勝利。1 3/4馬身差2着に伏兵リージェンシーレジェンド。際どい3着はブービー人気のビッグパーティー。●G1スチュワーズC(シャティン1600m):断然人気ゴールデンシックスティが、直線で先頭に立ったサザンレジェンドをアタマ差とらえ香港マイルから連勝で12連勝。KYダービーフューチャーウェイジャーPool2が終了。G3シャムSを勝って2戦2勝のライフイズグッドが7-1で、BCジュベナイルまで3連勝のエッセンシャルクオリティの8-1よりも人気を集めた。その他の馬がまだまだ9-5。
 
本日のワイン●ヴェネト州のアルエディレ ピノグリージョ2019

| | Comments (0)

January 23, 2021

寒い日に食べるおしるこ

Img_231764
在宅。この冬はじめて、おしるこを仕込んだ。おいしくなるのは一度冷めて砂糖が小豆に浸透する明日。ばんえいはかなり時計がかかっていたようで、この時期は気温によって時計のかかり方がすごく違って難しい。当たる感じがない。
 
競馬●G1ペガサスワールドC(ガルフストリーム9F,4&up):断然人気ニックスゴーが直線でも後続を寄せ付けず逃げ切ってBCクラシックから連勝。5番手を追走していたジーザスチームが2 3/4馬身差2着。クビ差3着にインディペンデンスホール。●G1ペガサスワールドCターフ(ガルフストリーム芝9.5F,4&up):凝縮した馬群の中団内を追走した人気のカーネルリアムが4コーナーで外に持ち出して差し切りグレード初勝利。クビ差2着にラージェントでトッド・プレッチャーのワンツー。2馬身差3着にクロスボーダー。●G2インサイドインフォメーションS(ガルフストリーム7F,4&up f/m):ブービー人気パシフィックゲイルが直線で抜け出しグレード初勝利。2 3/4馬身差2着にディスイズマイタイム。●G3パロスヴェルデスS(サンタアニタ6F,4&up):2番手につけたワイルドマンジャックが直線突き放しダートで圧勝。4 1/4馬身差2着にシャシャシェイクミーアップ。3着パイロン。●ジャスティファイの半弟ステージレイダーのデビュー戦は2着。
 
本日のワイン●南仏のマルキドボーラン ソーヴィニヨンブラン2019。水のようにすいすい飲めるので、コロナ後ではめずらしく1本飲んでしまった。

| | Comments (0)

January 22, 2021

予想を考えてのいろいろ

通常出社。日曜日の地方競馬中継の仕込みなど。現地に行くわけではないけどますます高知競馬にかかわることが多くなった。レースをちゃんと説明でるかどうかの予想と、馬券を当てることがすべての予想と、使い分けが難しい。
 
競馬ジャスティファイの半弟ステージレイダー(父パイオニアオブザナイル)が、ペガサスワールドCが行われる23日ガルフストリームパーク第6レースでデビュー。
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

January 21, 2021

ワールドCカーニヴァル

引き続き在宅。ドバイワールドCカーニヴァルが始まった。この状況で世界から遠征してく馬がどれくらいいるのかと思ったら、ゴドルフィンのチーム以外にもイギリスやフランスの厩舎からいくつか。騎手でもどういういきさつがあったのかデットーリが再びゴドルフィンの馬に複数騎乗。さらにウルグアイからの遠征も。コロナのこの状況でもちゃんとワールドCカーニヴァルっぽくなってるのがすごい。
 
競馬●G3ドバウィS(メイダン・ダ1200m):直線を向いて4頭の争いから外のスイッツァーランドが抜け出した。父スパイツタウンの7歳セン馬。1 1/4馬身差2着にワーディ。●G2シングスピールS(メイダン芝1800m):4コーナーでもまだ後方だったロードグリッターズが直線馬群を縫うように突き抜けた。昨年のG1クイーンアンS以来の勝利。3馬身差2着にザコウスキー。●G2アルマクトゥームチャレンジR1(メイダン・ダ1600m):好位につけていたミリタリーロウが直線抜け出した。昨年のG1アルマクトームチャレンジR3・2着以来の実戦で勝利。1 1/4馬身差2着にザグレートコレクション。ウルグアイから遠征のAjuste Fiscalは5着。●G2アルファヒディフォート(メイダン芝1400m):デットーリのランドオブレジェンズが直線の追い比べから抜け出した。3/4馬身差2着にドバイD'Baiでゴドルフィンのワンツー。●ドバイダッシュ(メイダン芝1000m)をエクイラテラルが勝ってデットーリは2勝目
 
本日の酒●少し残ってたペスキエ シャルドネ2019。弥右衛門・本醸造。赤霧島お湯割り。など雑多に。

| | Comments (0)

January 20, 2021

高知競馬が3日で34億円

在宅。高知競馬が昨日更新したばかりの1日の売上レコードを、またも平日の平開催で更新する12億円超。日曜10億、火曜11億、そして水曜のこの日12億円と積み上げ、その合計が、約34億7千万円。どん底だった2008年度は年間での総売得額が38億8千万円。たった3日間で、当時の1年の売上に近づいたという。あらためてアンビリーバブル! netkeiba.comのニュースで『逆転人生』のことにも触れてくれた。
 
競馬●TCK女王盃。直線先行3頭の追い比べとなったが、後方から4コーナーでも中団だったマルシュロレーヌがまとめて差し切った。直線半ば過ぎで一旦は先頭のレーヌブランシュが半馬身差2着。逃げた58kgのプリンシアコメータは2馬身半差3着。●Frankie's back! 明日ドバイワールドCカーニヴァル初日。なんと!デットーリが再びゴドルフィンの馬に騎乗して5鞍。
 
本日のワイン●ペスキエ シャルドネ2019。値段以上に満足度の高いシャルドネ。

| | Comments (0)

January 19, 2021

逆転すぎる高知の売上げ

混んでる電車を避けて午前中は家で原稿。めずらしく電話が2件あり、1本はオーストラリアから。もう1本は『逆転人生』の制作ディレクターさん。放送の内容はどうだったか、放送のあとになにか不都合はなかったか、そういう気遣いができるのもすばらしい。さらに取材の過程で伝えたいことがもっとたくさんあったこと、赤岡騎手の挫折から今があるという逆転もクロスさせたかったらしく、それができなかったことを残念がっていた。そして今も高知競馬のことをいろいろ気にされていた。
そしてこの日の高知競馬が、(新人王争覇戦が予定されていた日ではあったが)ド平日の重賞もない日に1日の売上レコード更新。『逆転人生』の効果もあったか? ディレクターさんから『逆転人生』の視聴率が高知県では17%という驚きの数字だったという連絡もいただいた。
 
競馬笠松競馬が開催自粛のお知らせ。2019年のシャドウェルターフマイルなど芝G1・2勝のボウイズヒーローが1/2のG2サンガブリエルS5着のあと脚部故障からの合併症が悪化して安楽死。
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

January 18, 2021

高知競馬場の逆転人生が

在宅。NHK『逆転人生』で「じり貧競馬場 執念の復活劇」が放送になった。オープニングでいきなり出たため、何人もからLINEとかメッセージとかが続々と送られてきてちょっとびっくり。やっぱNHKいろいろすげぇ。それにしても競馬をあまり知らない方が、取材を重ねてここまでの番組をつくるのはすごいなあ。
 
競馬●G3メガヘルツS(サンタアニタ芝8F,4&up f/m):2番手につけたムッチョアンユージュアルが直線で抜け出し断然人気にこたえG3連勝。外で食い下がったセダマーは3/4馬身差2着。イネーブル、フランケルの母カインドにキングマンを付ける。ロイヤルアスコット開催が今年から1日7レースに。
 
本日のワイン●ヴェネト州のアルエディレ メルロー2018

| | Comments (0)

January 17, 2021

オッズパークLIVEでした

Img_2311
出社。の前に昼飯は池袋駅前、開楽で。魚介豚骨とか濃いだけのラーメンより、昭和的なシンプルでちゃんとスープがおいしいラーメンが好き。
17時からオッズパークLIVEでした。前日の全敗に続いてこの日も競馬4レースのうち3つまで当たらず。しかし。こういうときこそ思い切るべきで高知ファイナル3連単7頭ボックス210点が当たった。233.3倍でしたが(^_^;)。個人的にはトータルで大幅マイナスも、最後の盛り上がりには貢献できてよかった。
 
競馬●大高坂賞。4コーナーで有力馬が前に固まったところ、直線を向いて内からブラゾンドゥリスが先頭に立ち、これをスペルマロンがとらえようかというところ、道中縦長の後方3番手を追走していたアイアンブルーが大外からまとめて差し切った。北海道から転入4戦目、7歳での重賞初挑戦での勝利。スペルマロンは1馬身差2着。ブラゾンドゥリスは1馬身半差3着。●G3アストラS(サンタアニタ芝12F,4&up f/m):好位4番手から3コーナー過ぎで前をとらえた人気のクイックがハーマフロダイトをハナ差でしりぞけ同厩舎同馬主のワンツー。最後方から追い込んだアルティアが2 1/4馬身差3着。●ウルグアイのG1モンテヴィデオ大賞典(マロニャス2000m,3&up f/m)でアグネスゴールド産駒Honra Realが(たぶん)G1初勝利。2020年にフランスで減額された賞金で少なくとも800万ユーロを支払うと。●加藤昭文騎手が1月7日、69歳の誕生日にターフパラダイス第5レースで勝利。50年連続での勝利
 
本日の酒●続きのドメーヌ・アントニャック クロズリー・デ・リイ・ブラン2018。弥右衛門・大吟醸辛口。

| | Comments (0)

January 16, 2021

ジョッキーカメラ生映像

午前7時起床。早めの出社。いつもよりかなり早め13時からオッズパークLIVE。時間的に中央の開催とまるかぶりでどうかと思ったけど、中央の最終レースが終わってから視聴380人くらいだったか。ま、そんなもんでしょう。予想がちょっとずつ狂って、オッズパークLIVEでは初めてひとつも当たらず。くぅ。
 
競馬●G3ルコントS(フェアグラウンズ8.5F,3yo):ミッドナイトバーボンが直線迫る2頭を振り切って逃げ切りステークス初勝利。1馬身差でプロキシー。人気のマンダルーンはアタマ差3着。●G3ルイジアナS(フェアグラウンズ8.5F,4&up):縦一列4番手から4コーナー外をまくったタイトルレディが直線で抜け出した。逃げたブラックベリーワインが1 1/4馬身差2着。2番手を追走した人気のウエルスバイユーは2馬身差3着。●カリフォルニアカップダービー(サンタアニタ8.5F,3yo):8頭立て7番手を追走したビッグフィッシュが直線外から差し切った。父ミスタービッグ。1馬身半差2着にナンアバヴザロウ。●エクリプス賞ファイナリスト。年度代表馬は、KYダービー、BCクラシックなどG1・3勝のオーセンティックか、ハリウッドゴールドCからG1・3連勝のインプロバブルか、4戦4勝でBCディスタフを制したモノモイガールか。ハリド・アブデュラさんの競馬のもろもろは引き続きアブデュラ・ファミリーがジャドモントに委託する、ということでしょうか。19歳になったベラミーロードが種牡馬引退。オールドフレンズへ。ペガサスワールドCでJockeyCam(ジョッキーのヘルメットに付けたカメラ)のライブ映像を流すと。
 
本日のワイン●ドメーヌ・アントニャック クロズリー・デ・リイ・ブラン2018。ソーヴィニヨンブランのトロピカルフルーツな感じでピュアピュア。と、続きのルージュ2016。

| | Comments (0)

January 15, 2021

園田のキンキがブックに

通常出社。と思ったらラジオから埼京線が人身事故で止まってると。というわけで、しばし家で仕事。昼過ぎ、正常運転になったのを確認。アプリでJRの運行状況がリアルタイムで確認できるという、なんと便利な時代になったことか。で、出社。明日、明後日がオッズパークLIVEなのでその仕込み。コロナの影響で先々の予定が中止になるなどのお知らせもあり。
仕事しながらチコちゃん見てて、衝撃の事実。むかしはしょっちゅうなってた金縛り。最近なってないなあと思ったら、加齢によって金縛りにならなくなるんだと!ああびっくり。金縛りがどういう状態かはすでに解明されていて、睡眠に落ちた直後普通はノンレム睡眠(深い眠り)になるところ、いきなりレム睡眠になったときに起こることが多く、完全に夢の中のできごとであるらしい。言われてみるとたしかにそういう気はする
 
競馬園田・姫路の競馬キンキが競馬ブックになる。11/28のG1グランプレミオナシオナル(アルゼンチン・ダービー)を勝ったグレートエスケープがフェアグラウンズのイグナシオ・コレアス厩舎に来る。
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

January 14, 2021

記録更新の平地重賞20勝

在宅。この日は別所沼に氷が張ってない、と思ったら、昼間は3月下旬から4月の陽気だったと。そういうわけで南向きで窓がでかいウチは昼間は暖房なしでも快適だった。日が傾くと急に気温が下がったけど。
Img_231064
セロリがあったのでミネストローネスープを仕込む。マカロニとかパスタは入れません。時間がたつと水分をものすごく吸収してしまうので。ご飯入れればリゾットにもなるし。
 
競馬●姫路の兵庫クイーンセレクション。3コーナーで先頭に立ったのはマルカフォルトゥナだったが、5番手から直後につけた笠松のニジイロが直線で突き放し2馬身半差をつけた。1馬身差3着にユナチャン。●マイル争覇。前半競り合った3頭は共倒れ。3、4コーナーでカツゲキキトキトが先頭に立つと、直線迫ったトリマゴラッキを1馬身差でしりぞけた。勝ち馬と一緒に進出したサンデンバロンが3馬身差3着。カツゲキキトキトの重賞20勝は平地重賞最多勝記録。●UAE2000ギニーズトライアル(メイダン・ダ1600m):中団から直線外を伸びたゴドルフィンのレベルズロマンスが、食い下がったムーヒーブをアタマ差でしりぞけた。昨秋のニューキャッスル、ケンプトンのAWから3連勝。父ドバウィ。フランスのカーニュシュルメールで馬ヘルペス。
 
本日のワイン●続きの、ドメーヌ・アントニャック クロズリー・デ・リイ・ルージュ2016

| | Comments (0)

January 13, 2021

船橋1000スペシャリスト

冷たい空気を感じてのジョギングも慣れてしまえば気持ちいいかも。そういうわけで在宅。原稿書きが目標通り進んで残り20分の4のところまで来た。船橋記念でこの時期のナイターはすごい寒そう。ノブワイルドの直線競走中止はどうなったのだろう。
 
競馬●船橋記念。直線を向いて先頭はアドバイザーだったが、中団から位置取りを上げたキャンドルグラスが4kg差でもゴール前で半馬身とらえて連覇。2馬身半差3着にカプリフレイバー。サンタアニタではムチの使用を厳格に罰する。ウンベルト・リスポリ、ドレイデン・ヴァン・ダイクが3日間の騎乗停止。
 
本日の酒●弥右衛門・純米辛口を燗で。ドメーヌ・アントニャック クロズリー・デ・リイ・ルージュ2016

| | Comments (0)

January 12, 2021

アブデュラさん亡くなる

通常出社。緊急事態宣言で朝の電車が空くのかと思ったらそれほどでもなく。それでも23時過ぎとかの帰宅時がガラガラなのは、都内へ働きに出ている人はそんなに減っていないけど、帰宅は早いということなのか。であればむしろ遅い時間のほうが電車の蜜が避けられていい、ということでよろしいでしょうか。
 
競馬ジャドモントファームを率いたハリド・アブデュラさんが亡くなった。83歳。代表馬といえばやはり、フランケル、ダンシングブレーヴ、イネーブルの3頭になるのか。ウッドバイン競馬場が、昨年9/22の実施となったクイーンズプレートを、今年も遅らせて8/22に観客を入れて実施する計画。27年間、無料で競馬関係者に配布されてきたインディアンチャーリーがこの日で最終号
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

January 11, 2021

今年の冬は寒すぎないか

在宅。朝の空気がちべたい。年始進行原稿が20分の8まで進んでなんとか予定に追いついた。
 
競馬●花吹雪賞。3番手から3コーナー手前で先頭のトゥルスウィーに、早め仕掛けのマウイバークマンが追ってきたが、人気のトゥルスウィーが振り切って勝利。ヴァンセンヌ産駒は地方で2頭目の重賞勝ち。中団から追って直線伸びたプリマステラが3/4馬身差2着。マウイバークマンは3馬身差3着で人気順の決着。●トウケイニセイ記念は中止。それにしても岩手とはいえ馬場凍結で中止って過去にあっただろか?
 
本日の酒●弥右衛門・純米辛口を少々。

| | Comments (0)

January 10, 2021

ねぎ豚を煮込んでみたよ

在宅。いつものジョギングコース、別所沼のほとんど一面に氷がはっていた。この近所に住んで20年近くになるが、冬でも氷が張ることはめったにない。
Img_230864
元は『dancyu』レシピらしいのだがそれがネットに拡散されている、ねぎ豚をつくってみた。たまたまあった、平田牧場の豚ロースで。たしかにこれは90分煮込むだけで簡単。そしてネギがすげーおいしい。味が染みたネギでほろほろの豚肉を食う感じ。
 
競馬水沢競馬場が昨日今日明日、3日続けての中止発表。雪だけでなく例年以上の低温で馬場が凍結したまま。トウケイニセイ記念がなくなったうえに、最終日がないまま今年度の通常開催終了。そして佐賀も雪のため12日に順延。ヨシダの初仔がウインスターファームで誕生。牡。1972年にオンタリオで設立されたサムソンファームが21頭の繁殖牝馬を上場するディスパーザルセール。
 
本日のワイン●冷奴、ブリの照焼、ねぎ豚で。続きのチェスコン カベルネ・トレヴェネツィエNVドメーヌ・ド・バシュルリ ピノノワール2018。このピノはやっぱり止まらなくなってしまう。

| | Comments (0)

January 09, 2021

コロナ禍の訃報にあって

午前中、竹見さん宅訪問。外に出てしまったついでなのでそのまま出社。昨夜遅く、地方競馬関係で20年以上に渡って原稿などお願いしてきた方の訃報(コロナが原因ではないと思いますが)。葬儀は家族のみでとのこと。現状ではそうならざるをえないが、最後のお別れができないのはなんとも。思えばうちの父はコロナ直前の一昨年11月だったというのは、タイミング的にありがたかった。
 
競馬●G3ラカナダS(サンタアニタ8.5F,4&up f/m):3コーナーで先頭に立ったサネーナスが直線突き放して圧勝。チリ産で北米グレード初勝利。6馬身差2着にミスストーミーディー。人気のファイティングマッドは5着。●G3ラスシエネガスS(サンタアニタ芝6F,4&up f/m):3コーナーで一気に先頭に立ったブービー人気シャーメインズミアが直線独走、トラックレコードで勝利。人気のジョリーオリンピカは2馬身半差2着。●G3トロピカルターフS(ガルフストリーム芝8F,4&up):直線を向いて先頭に立ったのはカーサクリードだったが、ライドアコメットがゴール前で半馬身とらえた。2年以上のブランクを挟んでAWと芝でグレード3連勝。逃げたフロストモーンが2 3/4馬身差で人気上位の決着。
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

January 08, 2021

ホーカーズ無形文化遺産

午後からグリーンチャンネルは『アタック!地方競馬』収録。スタジオは年をまたいでの初回だったので話すネタが満載だった。
日付が変わってのNHKラジオ深夜便。シンガポールからのレポートで、昨年末、ホーカーズが無形文化遺産に登録されたという情報。シンガポールでの無形文化遺産は初めてとのこと。20年前ならホーカーズの食の安さが楽しかったけど、今のシンガポールは物価が上がったからなあ。
 
競馬ラシックスを使用して勝った馬にはRoad to the Kentucky Derbyのポイントを与えないという新ルールをチャーチルダウンズが決定。25歳のレモンドロップキッドが種牡馬引退。レーンズエンドに繋養されたまま余生を過ごす。人気薄で勝ったベルモントSには驚いたが、トラヴァーズSを勝つところをデルマーにいてサイマルキャストで見ていた思い出。クールモアで繋養されていたゾファニーが肝不全のため安楽死。13歳。昨年の2歳馬ではサンダームーンがG1ヴィンセントオブライエンナショナルSを制した。
 
本日の酒●夜。けっこうな行列だった居酒屋・力の焼鳥をお持ち帰り。少々余ってた浦霞・純米大吟醸2021干支ラベル・辛丑。焼鳥には南仏のピノということで、ドメーヌ・ド・バシュルリ ピノノワール2018。これはあとを引くおいしさ。

| | Comments (0)

January 07, 2021

ドルトムントが韓国へ

8時過ぎまで寝てしまった。在宅はいつぶりでしょう。ブログを遡ると12/21以来、2週間以上ぶりだったようです。したがってジョギングもそれ以来。体がバキバキに固まっていた。年明けいつやろうかと思っていたYJSの原稿ができてちょっと安心。
 
競馬●ニューイヤーカップ。中団から進出したトランセンデンスが、逃げたジョーロノを3コーナー過ぎでとらえると直線振り切って3馬身差。小久保厩舎ワンツー。6馬身離れた3着に後方からだったサヨノグローリー。●白銀争覇。先行争いにからんでいったドライヴナイトが3コーナー過ぎで先頭。中団から並びかけたファストフラッシュと直線追い比べになったが、最後方から内を通って進出したタイセイプレシャスが差し切った。水野翔国内重賞初勝利。クビ、クビ差でファストフラッシュ、ドライヴナイト。UAE1000ギニーズトライアル(メイダン・ダ1400m,3yo f):ゴドルフィンのソフトウィスパーがメイダン初勝利。父ドバウィ。メリーランド州で繋養されていたドルトムントが韓国へ。
 
本日のワイン●だいぶ前にあけたチェスコン カベルネ・トレヴェネツィエNV。うーん、ちょっと軽すぎるかも。

| | Comments (0)

January 06, 2021

年度代表馬級が5頭とか

久しぶりに目覚ましをかけずに起きた。そう、年末年始は目覚ましかけて起きていたのです。とはいえゆっくり過ごせるわけではなく通常出社。緊急事態宣言出すぞという脅しで電車は空いてるのかと思ったけど、まったくそんなことはなかった。じゃ、自分が乗るなよ、ということですね。それにしても寒い。暖房がきかないくらいに。本日会社はひとりなので窓は締め切っているのだが。
 
競馬●JRA賞。ふつうの年なら年度代表馬になっていてもおかしくない馬が5頭もいたと。それにしてもノーザンファームのほぼ独占はすごい。特別賞も含め表彰馬10頭のうち7頭。BCマイル3連覇などG1・14勝のゴルディコワが死んだ。16歳。2019年のBCジュベナイルフィリーズなど2歳時にG1・2勝のブリティッシュイディオムが引退。ノーザンファームへ。ペガサスワールドC連覇がかかっていたムッチョグストが調教中の脚部不安で引退。
 
本日の酒●赤霧島お湯割りを少々。

| | Comments (0)

January 05, 2021

ようやくゆっくり飲めた

午前7時起床。午後からグリーンチャンネルは地方競馬中継。中央競馬中継をやっていて番組が日曜日の態勢なのでそんな気分でいたら、門前仲町に着いてお店屋さんが普通に開いているのを見てド平日であることに気づいた。佐賀競馬の中継レースの予想が難しいと思ったら、やっぱり当たらず。佐賀は絞って狙うのか手広く狙うのかの判断からして難しい。終えて、まっすぐ帰宅。
 
競馬●緊急事態宣言が出ることになり、南関東は6日の浦和から中央でも中山は週末から無観客開催。ゴフス・フェブラリー・セールは英国がロックダウンになることから、一部はオンラインで、一部は延期に。カズシ・キムラが3月中旬までサウジで騎乗。
 Img_230264
本日の酒●年末年始はゆっくり飲むことができず、ようやくゆっくりメシを食いながら飲めた。いただきものの、浦霞・純米大吟醸2021干支ラベル・辛丑。

| | Comments (0)

January 04, 2021

ふたたび夜の街が終わる

午前7時起床。通常営業の出社。といっても会社はひとり。今週中にも発表されるらしい緊急事態宣言が1カ月ほどの期間になるらしい。コロナ以前であれば(旅先などを除いて)ほとんど食べることがなかったコンビニメシが増えた。ただ最近は量的にあまり食わなくなったので普通サイズのカップ麺とかパン1個とかでちょうどよかったりするのだが。それにしても飲食関係の悲惨を見ると、競馬の仕事が普通にあるのが申し訳ない気さえしてくる。状況が許せば飲み食いに散財してもいいのに。
 
競馬●名古屋記念。3番手の内につけていたアドマイヤムテキが直線を向いて先頭に立って後続を完封、で連覇。直後を追ってきたカツゲキキトキトがゴール前迫ったが半馬身差まで。サンデンバロンが3着。人気のニュータウンガールは3〜4コーナーで外からまくって見せ場をつくったが4着。ノーザンファームで繋養されているアゼリが繁殖引退。リードホースになると。97年のBCスプリントを制したエルムハーストが心不全で死んだ。31歳。チャールズ・マクマホンが殺人未遂で逮捕。で、8万ドルの保釈金を払って釈放。
 
本日も休肝日。

| | Comments (0)

January 03, 2021

ネットLIVEの三が日終了

午前7時起床。早めの出社で本日も午後からオッズパークLIVE。自分で当てたい馬券と、あまり詳しくない人に当ててもらいたい馬券と折り合いをつけるのがむずかしい。三が日で他競技も含めて6万円ちょっと負けた。12/24〜この日まで11日間で、グリーンチャンネル2回と、YouTube Liveが6日間というカネだけではなく神経もすり減らす出演が一段落。総額でいったいいくら使っていくら払い戻しがあったのか。明日から2週間ほどは年始進行の原稿書き。
 
競馬●新春賞。ナムラヘラクレスが単騎の大逃げで直線でも単独先頭。2番手から追ったエイシンニシパがゴール前、ようやくハナ差とらえて3連覇で4勝目。1馬身差3着にオオエフォーチュン。●報知オールスターカップ。3コーナー過ぎで2番手に押し上げたタービランスが、あとは前をとらえるだけという態勢で直線突き抜けた。ハナ差、ハナ差から3度目の正直。4コーナー中団から外を伸びたマンガンが1馬身半差2着。半馬身差3着にサウンドトゥルー。●天馬賞。最初に仕掛けたメムロボブサップが先頭、アオノブラックが続いたが、1〜2馬身ほどの差は最後までつまらずそのまま人気2頭の決着。離れて接戦の3着争いはジェイエース。●G2サンタイネツS(サンタアニタ7F,3yo f):断然人気カリプソが、前で競り合ったブリリアントカットを直線で振り切ってグレード初勝利。父ブロディーズコーズ。1 3/4馬身差2着にフロステリア。ブリリアントカットは3着。
 
本日も休肝日。

| | Comments (0)

January 02, 2021

買い目がも少しはまらん

午前6時起床。朝7時、家から駅への道は静寂。そもそも住宅街なので普段からそれほど騒がしいところではないのだが、車がまったく走ってないとこんなにも静かなのかと。というわけで8時前出社。箱根駅伝のスタートを会社で見ることになろうとは。9時からはFM群馬、赤見ちゃんの番組。昨年末に収録した自分のゲスト出演回を聞く。そして午後からオッズパークLIVE。予想の印は悪くなかったものの買い目がハマらず。昨日と同じ2万円ほどの負けだったのだが、全員が負けたのでどんより。さまざまに時間的に間に合わなくなりつつあり遅い時刻まで。
 
競馬●金杯。2番手から3コーナーで先頭に立ったグランフォロミーに、リュウノシンゲンがとらえての直線一騎打ちは、人気のリュウノシンゲンがアタマ差で勝利。7馬身離れての3着にマツリダジョオー。●帯広記念。障害先頭で後続を離したコウシュハウンカイに、離れてメジロゴーリキで、5番手オレノココロが迫ってのゴールは、オレノココロがわずかに差し切った。メジロゴーリキがきわどい2着。コウシュハウンカイはゴール寸前に止まってキタノユウジロウが3着。●G2サンガブリエルS(サンタアニタ芝9F,4&up):芝転向2戦目のアナザーツイストアフェイトが2番手追走から3、4コーナーで前をとらえると直線で突き放した。逃げたボブアンドジャッキーが2 1/4馬身差2着。2馬身差3着にネクストシェアズ。人気のカウントアゲインは見せ場なく最下位7着。●G3シャムS(サンタアニタ8F,3yo):単騎で逃げた断然人気ライフイズグッドが、2番手から迫ったメディナスピリットを3/4馬身差で振り切ってデビューから2連勝。父イントゥミスチーフ。13馬身離れて3着にパーネリ。
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

January 01, 2021

元日からギャンブル三昧

午前6時起床。午後から大門の某スタジオへ。オッズパークLIVEで初めてのスタジオ出演。自分は2万円ちょっとのマイナスだったものの、なっちゃん、小僧さんに儲けていただいたのでよかった。そして、リモートよりスタジオのほうが脳みそ的に楽。まっすぐ帰宅。帯広市のふるさと納税で毎年いただいているトヨニシファームの牛肉ですき焼き。
 
競馬●新春ペガサスカップ。大外から逃げたのはダイセンハッピーだったが、2番手につけたブンブンマルが4コーナーでとらえると直線突き放して圧勝。後方からまくってきたベニスビーチが4馬身差2着。3馬身差3着はドリームキャット。●G2ジョーヘルナンデスS(サンタアニタ芝6.5F,4&up):7頭立て最後方にいたヘンブリーが4コーナー内を突いて直線ラチ沿いから抜け出した。外から伸びたトゥルーヴァラーが3/4馬身差2着。3 1/4馬身離れて3着にブリッツクリーグ。2020年の北米賞金リーディングはイラド・オルティスJr.、スティーヴ・アスムッセン。ニューキャッスル競馬場がコロナワクチン接種の拠点に。
 
本日のワイン●カヴァはオリオルロッセール・キュヴェエスペシアルNV。すき焼きで、ヴェネト州のチェスコン カベルネ。カベルネソーヴィニヨンとカベルネフランの50/50。“カベルネ”という名称からは想像できない薄旨系。アルコール度数も12%だし。

| | Comments (0)

« December 2020 | Main | February 2021 »