« November 2020 | Main | January 2021 »

December 31, 2020

大晦日のゴーストタウン

明日以降の仕込みや予想などがあって、通常出社。思ったより苦戦して、紅白を会社で見ることになるとは(ドルガバの歌あたりまでですが)。21時過ぎの池袋がコンビニ以外の店はほとんど閉まってるというびっくりな大晦日のゴーストタウン。そういうわけでさすがに帰りの電車はガラガラだった。
 
競馬●雪景色の東海ゴールドカップウインハイラントが3番手から3コーナーで先頭に立つと、中団から連覇のかかるニューホープが迫ったが、これを3/4馬身差で振り切った。単勝元返しのキースペシャルは2馬身差3着。●桐花賞。3コーナーから人気3頭の勝負となって、抜群の手応えのまま4コーナーで外から先頭に立ったエンパイアペガサスが他馬を振り切り2017年に続いての2勝目。内でなんとか粘ったヒガシウィルウィンが2馬身半差2着。フレッチャビアンカが2馬身差3着。ランガディアは勝負どころでついていけず5着。●園田ジュニアカップ。3番手につけた人気のツムタイザンが直線抜け出して完勝。最後方から向正面でまくって出たシェナキングが1馬身半差2着。逃げたキングオブハーバーが4馬身差3着。●高知県知事賞。縦長3番手集団から3コーナー過ぎで前をとらえたスペルマロンが後続を寄せ付けず連覇。昨年3着だったツクバクロオーが4馬身差2着。さらに6馬身離れてフクノグリュック。●東京2歳優駿牝馬ケラススヴィアが逃げ切ってデビューから4連勝。4コーナー5番手から外を伸びたサブルドールが3馬身半差2着。3/4馬身差でディアリッキー。
 
本日の酒●帰宅して、生魚が盛りだくさん。2杯分ほど残されていたカヴァを。日本酒も泡で、弥右衛門・純米大吟醸スパークリング珠泡。弥右衛門・純米吟醸←これ、きりっと辛口。

| | Comments (0)

December 30, 2020

ばんえい競馬すごい盛況

冷凍ものの宅配便を受け取って午後から出社。今日は出番ではないもののYouTubeで関係するのをいろいろやっていてチェックするだけでたいへん。昨日も書いたけど。23時過ぎの埼京線。普通ならとても乗れたもんじゃないけど、席は埋まっているものの立っている人がポツポツという空きっぷりはありがたい。けどこんな世の中はありがたくなく、世の中はこんなにも変わってしまうものなのかと。
昨日書くの忘れた。29日のばんえい競馬の1日の売上が41年ぶりのレコード更新。それ以上にばんえいダービー1レースの売上がバブルの残り香があった92年の農林水産大賞典を大幅に上回ってレコードというのがびっくりだ。
 
競馬●ライデンリーダー記念フーククリスタルが逃げ切り勝ち。中団からマナバレンシアが迫ったがクビ差まで。1馬身半差3着にギリニンジョウ。●東京シンデレラマイル。4番手の内を追走した人気のダノンレジーナが直線そのまま内から抜け出して勝利。勝ち馬の直後にいたマルカンセンサーも内から伸びて2馬身差3着。接戦となって3着アクアリーブル、4着ラインカリーナ。●ヤングチャンピオンシップ。障害先頭はネオキングダムだったが、すぐに先頭に立ったアルジャンノオーが3頭の接戦を押し切った。ネオキングダムが2着。ゴール前、アルジャンノオーに完全に並びかけたカイセキングオーはゴール上で止まって3着。●水沢が1レース後に雪で打ち切り。●なんと!ティズザロウが獣医のアドバイスで引退。アシュフォードで種牡馬に。ジャック・ノールトンさんの奇跡的な夢がまたひとつ終わった、かな。
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

December 29, 2020

競馬場には行かない年末

午前7時起床。本日も出社。1992年からずっと現地で見てきた東京大賞典にも行けなくなったのは(コロナが最大の要因ですが)、まあそういう巡り合わせなのだろう。そういうわけで本日もオッズパークLIVE。それにしても長州力さん、すげえ。ギャンブルはほとんどやらないということで、買い方も怪しいという状況で、馬単2点で万馬券。恐れ入りました。終えて、大晦日の重賞4本の予想に東京大賞典の原稿とか。去年までだったらぎゅうぎゅうで場合によっては乗りきれないこともある23時過ぎの埼京線が快適。
 
競馬●東京大賞典。ワークアンドラブの逃げは競りかける馬もなく超スローとなって、究極の上り勝負は前目につけていたオメガパフュームが差し切って3連覇。2番手から直線先頭ののカジノフォンテンはクビ差。後方から早めに位置取りを上げたウェスタールンドが半馬身差3着。●ばんえいダービー。障害先頭はヤマトタイコーだったが、差のない3番手だったキョウエイリュウがすぐに先頭に立つとなんとかしのいで勝利。接戦の2着争いはヤマトタイコーで、3着がカイセドクター。障害でヒザを折ったコマサンダイヤは4着。ばんえいの1日の売上が697,283,400円で、1979(昭和54)年10月21日の記録を更新。1レースの売上もばんえいダービーの179,435,600円が、92年の農林水産大臣賞典(138,914,700円)を超えてレコード。
 
本日の酒●残っていた雪の茅舎を少々。

| | Comments (0)

December 28, 2020

オッズパークLIVEでした

午前5時半起床。あまり寒くなくて年末らしくないということをよく聞くけど、早朝、日の出前はやっぱり寒いよ。早めの出社。で、午後2時からオッズパークLIVE。笠松が水野翔狙いでハマった。藤原さん競輪ガールズGPで40万近くの払い戻し。終えて、明日の予想までやって帰宅。23時過ぎの埼京線が、コロナ以前に比べれば空いてるんだけど酔客が増えてきた。
 
競馬1年半のブランクがあって5歳シーズン無敗でBCディスタフ2勝目となったモノモイガールは6歳の来年も現役。2/15のG3バヤコアSから始動。
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

December 27, 2020

どっちも牝馬が強かった

午前6時半起床。午後からグリーンチャンネル。地方競馬中継は佐賀・中島記念。3連単かと思ったけど最終的に馬単にして正解。人気上位馬で絞るときはやっぱり馬複か馬単だなと、あらためて。有馬記念も中島記念も牝馬だった。
 
競馬●中島記念アンバラージュがライバル2頭にマークされながら振り切って逃げ切り、3連勝で重賞初勝利。3コーナー手前で一旦離されたゲットワイルドだが、ゴール前迫って半馬身差2着。2馬身半差3着にスウィフトハート。グレイトパールは見せ場なく7着。●G3ロバートJ.フランケルS(サンタアニタ芝9F,3&up f/m):好位から4コーナーで前をとらえたムッチョアンユージュアルが直線で振り切った。外から追い込んだ最低人気ネヴァービーイナフが3/4馬身差2着。逃げたシーズアワチャームはハナ差3着。人気のミステヘランは3コーナーで一旦は先頭に立ったが4着。
 
本日の酒●雪の茅舎・純米吟醸。

| | Comments (0)

December 26, 2020

なつかしい昔の生活様式

この冬一番の寒さではないか、と感じた朝。つけていたラジオで、以前に何人かで温泉に行った話をしていて、「今となっては、昔の生活様式ですね」と言っていたのが響いた。そうだよな、大人数で忘年会なんてのも、すでに昔の生活様式。
出社して夕方から、高知ヨルオヲケイバでした。ラス前3連単6点に絞って46.5倍で一気にプラスに転じ、ファイナルでは今までやったことのない3連単8頭ボックス336点買いなんてことをやったら見事に3着がヌケ。終盤、出入りの激しい見せ場をつくれたので、まあいいでしょう。有馬記念展望まであって5時間は、さすがに脳みそが疲労困憊。
 
競馬●金の鞍賞。人気のハルノインパクトが3番手から3コーナー過ぎで抜け出したが、中団から追ってきたブラックマンバが直線とらえ逆転の2馬身差。●G1ラブレアS(サンタアニタ7F,3yo f):直線先頭に立ったのはゴールデンプリンシパルだったが、ゴドルフィンでオウイン・ハーティの伏兵フェアメイドンが差し切って2 1/4馬身差をつけグレード初勝利。父ストリートボス。マーニースが1馬身半差3着。最後方からとなった人気のファイナイトは4着。●G1アメリカンオークス(サンタアニタ芝10F,3yo f):デュオポリーが直線振り切って逃げ切りグレード初勝利。父アニマルキングダム。2番手、3番手が入れ替っただけの前残りで、2馬身差2着にゴーイングトゥヴェガス。人気のシェアリングが3/4馬身差3着。●G1マリブS(サンタアニタ7F,3yo):逃げた人気のナッシュヴィルを4コーナーでとらえたシャーラタンが直線独走。リドカイン陽性反応の休養があり5月のアーカンソーダービー以来の復帰戦でデビューから4連勝。4馬身半差2着にエクスプレストレイン。半馬身差でコルージョンイリュージョン。ナッシュヴィルは4着。来年のドバイワールドCは総賞金1200万ドルで据え置き。ただしコロナの影響でアンダーカードは総額850万ドルの減額。
 
本日も休肝日。

| | Comments (0)

December 25, 2020

かなざわいっせいさんの

Img_228664
本のタイトルのとおり、3月5日に亡くなられた、かなざわいっせいさんが書かれた作品を集めたもの。「製作委員会編」となっているものの小檜山さんがほとんどひとりで編集したもの。ベストセレクションの最後が、『吉田拓郎読本』という本に掲載されたらしい『吉田拓郎という「星」』という作品。かなざわさん、吉田拓郎好きだったんだ。まあ、そういう時代だよね。
いよいよ明日から連日本番。で、出社。
 
競馬●注目のスモモモモモモモモ。馬名の入った紙馬券を買える人は限られていてもやっぱり単勝が売れていた。
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

December 24, 2020

中継は最終戦のヤングJ

通勤ラッシュ終わり頃の電車でグリーンチャンネル。地方競馬中継はヤングジョッキー園田で午後1時から3時間。第1戦はもうちょっとのところで3連単14万円を逃し、あまりの悔しさに中継で舌打ちをしてしまった(笑)。第2戦は47,300円的中。今年のヤングジョッキーでは最高配当だった。第3戦は絞りすぎ、あと1点印を増やせば当たったのに残念。ここまで地方のラウンドでは計180,600円の投資で171,200の払い戻し。回収率94.8%ならまあよし。と、来年への覚え書き。終えて、まっすぐ帰宅、金の鞍賞の予想など。例年のことながら特にクリスマスらしいこともなく。ちょっと高いワインを飲んだくらい。
 
競馬KRAが外国から競走馬の輸入を1年間停止すると? コロナによって開催日数と賞金が激減したことによる。アメリカからの「韓国には馬を売らない」という圧力に対して先手を打ったのかもしれないけど、どうなんでしょう。
 
本日のワイン●勝手に開けられていたラ・クロワ・グラシオ ル・シャン・デ・ドリア・ブラン2017。さすがに値段だけのことはある黄金色の液体。壺で発酵・熟成とのこと。しっかりした果実味+αのおいしさ。続きの、ムサシノクロス・リザーヴ・シラー&ムールヴェドル2015

| | Comments (0)

December 23, 2020

引退の花道は地元で楽勝

通常出社……すると、隣の部屋のリフォームなのか何かの改修工事なのか、コンクリートをドリルで削るような音がけたたましく響き。雑音はわりと気にしないほうだが、それが壁1枚を隔ててすぐの隣なのでいくらなんでもこれが長く続けば気がおかしくなるというほど。聞けばお昼までには終わるということで、まあなんとか。なにせ昭和物件なのでこうした改修工事が多いのも仕方ないか。
 
競馬●兵庫ゴールドトロフィー。逃げたベストマッチョが直線でも先頭だったが、中団ラチ沿いを通って迫ったサクセスエナジーがハナ差とらえて地方1400のダートグレード5勝目。ラプタスは出遅れたものの4コーナーで外から迫ってクビ差3着。●ゴールドカップ。向正面3番手のブルドッグボスが、4コーナー手前で先頭のノブワイルドをとらえると直線突き放して連覇で引退。4馬身差2着にグレンツェント。NYRAでは年明けからステークスレースで48時間以内のラシックス使用禁止に。
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

December 22, 2020

あらためてマジカル引退

出社。いよいよ本日より年末年始は例年以上の繁忙期。12/28〜1/3の年をまたいでの1週間でYouTube Liveが5日間とか。年明け5日の地方競馬中継まで息つく暇もない感じで。
 
競馬結局引退を延ばしていたマジカルが香港C3着を最後に引退。愛チャンピオンS連覇などG1・7勝。アルコール依存症のリハビリで入院していたケント・デザーモが26日のサンタアニタで復帰。
 
本日の酒●というわけで午後2時過ぎの空いてる時間帯にすしざんまい。白鶴を熱燗で。銀盤・播州50・純米大吟醸。

| | Comments (0)

December 21, 2020

ばんえいのLINEスタンプ

引き続き在宅。チュウワウィザードの原稿が、文字数はそれほどでもないんだけどちょっと難しかった。
ばんえいのLINEスタンプ発売。「BFGばんえいフルゲート」って、どんな状況で使うんだろう・笑。

競馬2020年の北米リーディングサイアーは2年連続でイントゥミスチーフ。12/20現在2200万ドル超は1シーズンの北米レコードで、2位のタピットにダブルスコア近い差をつけた。新種牡馬のリーディングはナイキスト。BCジュベナイルフィリーズのヴィークイストを出した。芝はイングリッシュチャンネルとキトゥンズジョイが僅差。
 
本日の酒●雪の茅舎・純米吟醸。

| | Comments (0)

December 20, 2020

スパゲティミートソース

Img_227764
在宅。セロリがあったので野菜たっぷりのミートソースをつくりたくなって、国産牛の挽き肉でボロネーゼ。ところで、ミートソースとボロネーゼの違いって何?と思ったら、ボロネーゼはタリアテッレ(平打ち麺)を使うのがマストなのだそうだ。ということで、これはスパゲティ・ミートソースでした。
 
競馬●めずらしく地方競馬で重賞がない週末。本日と明日も大雪で水沢中止
 
本日のワイン●続きの、コノスル シングルヴィンヤード・リースリング・ブロックN23 ルーロス・デル・アルト2018。ボロネーゼに、ICUオリジナルという南アの濃い赤、ムサシノクロス・リザーヴ・シラー&ムールヴェドル2015。酸がけっこうきてます。

| | Comments (0)

December 19, 2020

ボブ・バファート7連覇

午前中、竹見さん宅訪問。土曜日なら朝9時台でも電車は混んでないだろうと思ったのだが、しかし。座席がほぼ埋まってる感じ。終えて、ラゾーナでワインを仕入れてまっすぐ帰宅。出番ではないオッズパークLIVEにチャットで予想だけ出したけど、佐賀が意外に難しい。
 
競馬●水沢が雪のため中止。週間予報を見ると、もう水沢では競馬できねーんじゃ、ってくらいに連日雪マーク。●G2ロスアラミトスフューチュリティ(ロスアラミトス8.5F,2yo):逃げたザグレートワンが直線でも単独先頭で粘るところ、スピルバーグがハナ差とらえグレード初勝利。父ユニオンラグズ。ボブ・バファートはハリウッドパーク閉鎖後フュチュリティSがロスアラミトスに移ってから7連覇。3馬身差3着にペトルキオ。人気のレッドフラッグは4着。●G3ミスタープロスペクターS(ガルフストリーム7F,3&up):直線での追い比べとなってスリーピーアイズトッドが抜け出し、人気のフィレンツェファイヤーを半馬身差でしりぞけた。G2チャールズタウンクラシックに続くグレード2勝目。G1ペガサスワールドCを目指す。●G1カルロスペレグリーニ大賞典(サンイシドロ芝2400m,3&up):直線3頭の追い比べとなって、内を突いたクールデイがゴール前で抜け出した。父ジョンFケネディ。半馬身差2着にピンボールウィザード。ハナ差でヴィレッジキング。
 
本日のワイン●数日前からリースリングが飲みたいという衝動で、川崎ラゾーナのビックカメラ酒販にあったのがコノスルの高級版(といっても1890円)シングルヴィンヤード・リースリング・ブロックN23 ルーロス・デル・アルト2018。まさに飲みたかったリースリングはこの感じ。

| | Comments (0)

December 18, 2020

ロスアラミトス廃止か?

在宅。日が落ちてからお出かけして赤見ちゃんのラジオの収録。放送は年明け。あらためて、2004年12月31日のお話ができてよかった。
 
競馬香港マイル5着だったビューティジェネレーション引退。メルボルンのリヴィングレジェンズで余生。2021年の北米グレード発表。芝のサラトガダービーがG1に格上げ。サラトガオークスもG3に格上げ。G1からのダウングレードはなし。ロスアラミトスが2021年6月までしか開催のライセンスが発行されず。馬の故障が減らずコースの安全を怠ったため、ということでしょうか。
 
本日の酒●帰宅して、弥右衛門・純米大吟醸スパークリング珠泡。雪の茅舎・純米吟醸。

| | Comments (0)

December 17, 2020

新勝寺に伝わる希少野菜

Img_227364
在宅。太ごぼう、というらしい(隣は太さ比較の大根)。らでぃっしゅぼーやの宅配野菜に入っていて、はじめて見た。平将門の乱の鎮圧を命じられた藤原秀郷が成田山新勝寺に戦勝祈願した際に食べた縁起物と伝えられているらしい。千葉県八日市場市大浦地区でしかつくられていない希少野菜。普通に煮物にしたら、何この雑な味、という感じだったけど、一晩どころか二晩経ってようやくちゃんと味がしみておいしくなった。
 
競馬アメリカ東海岸は冬の嵐でアケダクト、ローレルパーク、チャールズタウンなどの開催が中止。
 
本日のワイン●続きのジョセフ・グレゴワール・リューボー ピノノワール2018

| | Comments (0)

December 16, 2020

なんとタピザーが事故死

午後から出社。オールドフレンズで余生を送っていた26歳のオウサムアゲインが15日に死んだと。1998年のBCクラシックでは、当時はブリーダーズCでもまだ同馬主のカップリングがあった時代で、コロナドズクエストを狙って代用で単勝を獲った思い出。スキップアウェイとかシルヴァーチャームとかジェントルマンとかスウェインとか印象的なメンバー。アデナスプリングスの関係者が大騒ぎで帰っていった光景も思い出す。
 
競馬●全日本2歳優駿。好スタートからハナをとったアランバローズが残り半マイルからペースアップして後続突き放した。2番手を追走したランリョウオーが5馬身差2着。さらに3馬身離れて3着にルーチェドーロ。●なんと!1月中旬に日本に来ることになっていたタピザーが検疫厩舎での事故で安楽死になったと。優駿SSで繋養される予定だった。サラブレッド虐待の疑いがある韓国に馬を売るな、という意見をストロナックグループが支持。
 
本日の酒●定番の、酔鯨・特別純米酒。

| | Comments (2)

December 15, 2020

年賀状の習慣はいつまで

通常出社。事務作業とか年賀状の準備とか。もう年賀状はいいんじゃねーかと毎年思うのだが、年賀状でしか連絡をとってない人もいたり、送られてくるとやっぱり送らなきゃと思う人もいたりして結局やめられず、という思案の繰り返し。メールなどでいつでも連絡ができてSNSなどで人を簡単に探せるような時代になって、年賀状という習慣はあと20-30年もしたらなくなるのではないだろうか。
 
競馬前日からの降雪のため水沢開催中止。
 
本日も休肝日。

| | Comments (0)

December 14, 2020

ディアドラにガリレオを

午前4時半に起きたら全米女子オープンは悪天候のため順延と。寝直したら7時半まで寝てしまった。先週から今週にかけて地方競馬は年末年始を前に重賞の谷間になっていて、香港にも行かないとこの2週はかなりゆったり。例年以上に疲弊しそうな年末年始を前に。
 
競馬●寒菊賞。雪。4番手を追走した単勝元返しのリュウノシンゲンが3コーナー過ぎで前をとらえると直線突き放して完勝。3コーナーで一旦は先頭に立ったグランフォロミーが1馬身差2着。ディアドラにガリレオを付けるのが世界的なニュース。
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

December 13, 2020

香港で日本産馬父子制覇

昨夜は23時に寝てしまったので午前6時起床。そのために起きたわけではないけど全米女子オープンを見た。7時にテレビ東京の中継が終了となり、ネットで引き続き。しかしアクセスが集中してしばらくつながらず。何度かリロードしてつながった。渋野首位で迎える最終日の視聴率もすごそう。
在宅にて、香港の中継を見た。ダノンスマッシュのロードカナロアとの父子制覇はお見事。地元トップホースはエグザルタントがヴァーズに、ゴールデンシックスティがマイルに出走したため手薄になったカップは日日愛日という結果。
 
競馬●G1香港ヴァーズ。逃げたエグザルタントが直線でも先頭だったが、中団4番手につけていたモーグルが難なくとらえて振り切った。エグザルタントは3馬身差2着。半馬身差3着にコロンバスカウンティ。●G1香港スプリント。中団を追走したダノンスマッシュが残り100mで先頭に立って押し切った。外から迫ったジョリーバナーが半馬身差で2着。さらに接戦でラタン、ウイッシュフルシンカー。●G1香港マイル。2番手のアドマイヤマーズが直線を向いて先頭も、道中8番手のゴールデンシックスティがあっさり差し切って11連勝。外から追い込んだサザンレジェンドが2馬身差2着。連覇のかかったアドマイヤマーズは3着。●G1香港カップ。2番手から直線先頭はダノンプレミアムだったが、後続が一気に迫って外を伸びたノームコアが差し切った。ウインブライトも伸びたが3/4馬身差2着。(たぶん)ハナ差くらいで3着にマジカル。ダノンプレミアムは4着。
 
本日のワイン●ロワールのピノ。ジョセフ・グレゴワール・リューボー ピノノワール2018

| | Comments (0)

December 12, 2020

在日本在宅2週目の週末

在宅。12月2週目の週末に香港に行かなかったのは何年ぶりだろう。このブログを書き始めた2004年以降はずっと行っていて、おそらくカップをジムアンドトニックが勝った1999年からだと思われるので去年までで21年か。ご苦労さまでした>自分。
夜は野菜がたくさんあるので鍋。西友PBの鍋つゆがおいしいらしいということで本日は焼きあごだしで。香りからしてダシ感たっぷり。たしかにこれが188円(税別)というのはすごいなあ。
 
競馬●G2フォートローダーデールS(ガルフストリーム芝9F,3&up):競り合った先行人気馬総崩れとなって、中団馬群から4コーナーで外に持ち出して直線伸びたラージェントが抜け出しグレード初勝利。次走はG1ペガサスターフ。ラチ沿いを伸びたダズウェルが2馬身差2着。ハナ差で3着にブレイキングザルールズ。●G3ハーランズホリデーS(ガルフストリーム8.5F,3&up):僅差2番人気タックスが4コーナー手前から後続との差を広げて持ったまま逃げ切り。グレード3勝目。離れた5番手から位置取りを上げたアイオブアジェダイが4馬身半差2着。人気のファットマンは半馬身差3着。スミヨン。2度の検査で陰性が確認され、20日から騎乗できる予定。
 
本日のワイン●アルザスの泡。トゥルクハイム クレマン・ダルザス・ブラゾンNV。シャンパーニュにも負けない焼きリンゴ感たっぷり。あとは泡のボリュームがもうちょっとあれば完璧。

| | Comments (0)

December 11, 2020

新橋のPCR検査センター

Img_227264
夕刻、新橋方面で会議。終わったのが18時近く。駅へ向かう途中、ニュー新橋ビルの外に何やら行列が。と思ったらPCRセンターがこんな駅前にできていた。予約した人だけで行列ができてるという。そんなに需要があるのか。それにしても、風邪のような症状の人がコロナかどうか判定するのとか、外国から来た人の検査は意味あると思うけど、日本で普通に生活をしてる人がPCR陰性だったからって、検査を受けた直後に感染する可能性はあって、そういうことではどれくらい意味あんのかなー。
 
競馬インスティルドリガードがテーラーメイドスタリオンズで種牡馬に。今年芝のG1マンハッタンSを制した。種付料は12,500ドル。Z.パートンがコロナに関する不確実なツイートをしたとして罰金。
 
本日のワイン●続きの、コノスル オーガニック・ソーヴィニヨンブラン2019。

| | Comments (0)

December 10, 2020

2年前の陽性反応の判断

在宅。ジャスティファイの判断はやっぱりそうなるか。それで失格にしたらケンタッキーダービーもなかったことになっちゃうもんねえ。負けた馬たちの関係者は納得いかんだろうけど。
 
競馬●名古屋グランプリ。4番手から3、4コーナーで先頭をとらえたマスターフェンサーが直線後続を寄せ付けず。うしろから追ったロードゴラッソが直線伸びたが2馬身差。人気薄の逃げ残りでダイシンインディーが1馬身差3着。サンタアニタダービーを勝ったあとの薬物検査で陽性が出ていたジャスティファイだが失格にしないことが確定。東京シティカップSのあと陽性反応が出たホッパーチュニティも同様。ケンタッキーダウンズが1990年に障害コースとして設計されて以来、初めて馬場の大規模改修。スミヨンは検疫解放の許可が出なかったことで香港国際競走は騎乗できず乗替り。
 
本日のワイン●コノスル オーガニック・ソーヴィニヨンブラン2019。

| | Comments (0)

December 09, 2020

出番でないところで当る

昼過ぎ、グリーンチャンネル。地方競馬中継は、今年1着賞金が3000万円になった園田金盃。「3000万円!」と強調するだけでテンションが上がったような気がする。それはきっと現場関係者も同じだろう。予想はハズれたけれども、どれを選ぶかというだけだったので。それよりも展開利で△マイタイザンからの流しが惜しかった。そして予想だけ出した勝島王冠は、今年急に強くなったという印象で◎カジノフォンテンの単勝がハマったのはよかった。
 
競馬●園田金盃。単騎で逃げたのはマイタイザンだが、離れた2番手から3、4コーナーでとらえにかかったジンギが直線突き放して圧勝。5馬身差で4頭タイム差なし、クビ、ハナ、アタマという横に広がった2着争いはエイシンニシパ。マイタイザンも粘ったが3着。●勝島王冠。ハナをとったカジノフォンテンが、直線を向いたところで直後に迫ったモジアナフレイバーを振り切って勝利。ラチ沿いを伸びてきたノンコノユメが2馬身差2着。モジアナフレイバーはハナ差3着。2018年のBCジュベナイルフィリーズターフを制したニュースペーパーオブレコードが引退。プライヴェートで売却され、ガリレオを付ける。
 
本日の酒●近所の西友で売ってる日本酒ではこれが一番かなと思う、酔鯨・特別純米酒。

| | Comments (0)

December 08, 2020

ふるさと納税でばんえい

午前6時起床。原稿1本やっつけてから通常出社。そしてふるさと納税の季節(別にいつやってもいいんだけど)。手続がどんどん簡単になっていて、寄付できる金額(手数料以外戻ってくる上限額)がわかっていればネットであっという間。手続きが煩雑だった初期のころを思うと隔世の感。そしてふるさと納税サイトの多くが、寄付して何かお礼をもらえる、ではなく、何かをもらいたいために寄付するというつくりになっていて、本来の目的が本末転倒な感じ。「ふるさと納税」という名称自体が実態とはズレてるというか。
とはいえ、ばんえいの個人協賛レースもふるさと納税でできますよ。さとふるふるさと納税バイブルふるさとチョイスふるなび楽天
 
競馬●ARCIがムチ使用に関する規定を強化。3完歩以内にムチを続けて2度使ってはいけないとか。細かい。シガーマイル連覇のほかハリウッドゴールドC、カーターHなどG1・4勝のコンガリーが老衰のため11/22に安楽死。22歳。
 
本日も休肝日。

| | Comments (0)

December 07, 2020

ゆでほうとう油和えめん

Img_226764
通常出社。やっと見つけました、7-11のビャンビャン麺。初めてビャンビャン麺という存在を知ったのは、JAL機内誌の浅田次郎さんのエッセイだったんだけど、もしかしてそれを見たセブンイレブンの食品開発の人とかが、おもしろそうと思って企画したんじゃないだろうか、と想像するんだけどどうでしょう。レンジで温めると八角とかごま油が香ってたしかに中華。原材料などが書いてあるラベルを見ると、日本語的には「ゆでほうとう油和え」と言うらしい。ちょっと無理やりっぽいけど。辛いもの好きにはおすすめかも。
 
競馬●北上川大賞典。向正面でまくって出たエンパイアペガサスについていけたのはフレッチャビアンカだけ。とはいえそれも寄せ付けなかったエンパイアペガサスが1馬身半差で勝利。10馬身離れて3着にピアノマン。宮下瞳さん、年間100勝達成。すごい、すごすぎる。G1クラークSを制したボウディエクスプレスが引退。レース中に怪我をしていたらしい。
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

December 06, 2020

見事にばんえいオークス

というわけで出社。チャンピオンズCは、負けるときはまあそんなもんだよなあ、という結果。違うところの単勝を買ってたけどもっとダメだった。17時からオッズパークLIVE。勝負レースにしたばんえいオークスが見事にハマって盛り上がった。
 
競馬●中日杯。不良馬場でラチ沿いを通って逃げたハクサンアマゾネスが後続を寄せ付けず逃げ切り。後方から徐々に位置取りを上げてきたトウショウデュエルが4馬身差2着。半馬身差3着にフジヤマブシ。●ばんえいオークス。障害5番手のアバシリルビーがすぐに先頭に立つとそのまま押し切った。障害3番手だったニセコヒカルが食い下がって2着。人気のエンゼルフクヒメも障害4番手から伸びたが3着。●G3バヤコアS(ロスアラミトス3&up f/m):出入りの激しい展開で、徐々に位置取りを上げたプラウドエマが、直線先頭に立っていたメッセージとの追い比べを半馬身差で制してグレード初勝利。人気のステラーサウンドは1コーナーで外に膨れて向正面で一気に先頭に立ったものの6馬身離れて3着。G1スターレットSの4コーナーで競走を中止したプリンセスヌーアが引退。デビューから3連勝でG1デルマーデビュタントS、G2シャンデリアSを制してBCジュベナイルフィリーズは5着だった。
 
本日の酒●1杯分余ってた陸奥八仙を。

| | Comments (0)

December 05, 2020

浦和ソウルフード居酒屋

平日と週末が逆転して本日明日は出社。明日のオッズパークLIVEの仕込み、など。夜は、居酒屋・力の焼鳥を持ち帰りで。気がつけば誕生日。
 
競馬●G1シガーマイルH(アケダクト8F,3&up):3コーナー過ぎで前をとらえたトゥルーティンバーが直線突き放して圧勝。このレース一昨年2着、昨年3着ながら6歳にしてグレード初勝利がG1。36歳のケンドリック・カムーシュ騎手もG1初制覇。5馬身半差2着にスナッパーシンクレア。6頭立て離れた最後方を追走した人気のパフォーマーは3着。●G2ダモワゼルS(アケダクト9F,2yo f):直線単独先頭はミルフィーユだったが、シャドウェルの断然人気マラサートが差し切ってデビューから3連勝でグレード初勝利。父カーリン。ミルフィーユは3/4馬身差2着。4馬身半差3着にマリブカール。●G2レムゼンS(アケダクト9F,2yo):5頭立て4番手を追走したブルックリンストロングが、逃げた人気のテンフォーテンを直線でとらえての追い比べは、ブルックリンストロングがクビ差で勝利。父ウイッキトストロング。●G3ゴーフォーワンドH(アケダクト8F,3&up f/m):逃げたポータルクリーク、ぴたりと2番手のシャープスター、先行2頭が4コーナーから3番手以下を離しての一騎打ちは、シャープスターがクビ差とらえて勝利。マイルは3戦3勝でグレード初勝利。●G1スターレットS(ロスアラミトス8.5F,2yo f):3コーナー過ぎで先頭に立った断然人気のプリンセスヌーアは4コーナーで故障。5頭立て最後方を追走していたヴァーダが差し切った。父ディストーテッドヒューモア。直線先頭のカリプソは1馬身半差2着。人気馬は競走中止でもボブ・バファートのワンツー。12/26から始まる予定だったサンランドパークの冬春開催が30日延期。
 
本日の酒●続きのリューボー メソッド・トラディショネール“1816”ブリュット2018。陸奥八仙・いさり火ラベル・特別純米。

| | Comments (0)

December 04, 2020

そしてまた冬が巡り来て

Img_226364
引き続き在宅。コロナの引きこもりでよくつくるようになった料理のひとつがグラタン。本日はジャガイモのグラタン。冬の終わりにコロナがはじまって、また冬が来た。
 
競馬マイク・スミスもコロナ陽性。週末ロスアラミトスの重賞には乗れず。ウッドバインはコロナの影響で133日間の開催予定が96日間に。売上は前年比で約5000万カナダドル=10.5%減。
 
本日のワイン●ロワールの泡。リューボー メソッド・トラディショネール“1816”ブリュット2018。すっきりかなぁ?シャンパーニュに負けないようなふくよかな感じ。泡がもうちょと強ければ完璧かもね。

| | Comments (0)

December 03, 2020

移籍のパキスタンスター

引き続き在宅。晴れて気温が上がるという予報がまったくハズれ、曇りのまま寒かった1日。
 
競馬●笠松グランプリ。好位ラチ沿いのウインオスカーが4コーナーで先頭に立って直線を向いたが、ゴール前5頭の接戦となって、エイシンエンジョイがハナ差とらえた。外から迫ったナリタミニスターが1馬身差3着。ハナ差でニュータウンガール。●クイーン賞。ハナをとったサルサディオーネが直線独走となって逃げ切り。中団うしろからロングスパートのアッシェンプッテルが直線も伸びて2馬身半差2着。8馬身離れて3着にサルサレイアで姉妹の1着3着。●パキスタンスターのドバイ移籍初戦となったリステッドのダート2000m戦は、4コーナーで前をとらえようかという場面もあったが直線伸びを欠いて4着。先行した2頭の追い比べは、フィルナースがサルタリンドバイを半馬身差で振り切った。コロナ感染拡大でゴールデンゲートフィールズの開催は冬開催が始まる12/26まで中止。来年3月にペルーで予定されていたG1ラティーノアメリカーノ大賞は10/24に延期してウルグアイで。韓国で繋養されていたアーチアーチアーチが感染症のため10/15に安楽死となっていた。
 
本日のワイン●続きのキザンセレクション・メルロ/プティヴェルド2015

| | Comments (0)

December 02, 2020

競馬場でワクチン接種を

在宅。この時期の3歳限定戦、船橋のハートビートダービーって初めてでしょうか。6頭立てながら東京ダービーの1〜4着馬が揃っての別定戦。今年はやっぱり京浜盃組より東京湾カップ組のほうが強かった、という結果。
 
競馬●兵庫ジュニアグランプリ。抜群のスタートを見せたデュアリストが、ぴたりと追走してきたゼンノアンジュを直線を向いて振り切った。3番手で一旦はやや離されたレディバグがゴール前迫ったものの半馬身差まで。直線で苦しくなったゼンノアンジュは4馬身差3着。●イギリスでファイザーのコロナワクチンが承認されたと思ったら、エプソム競馬場、レスター競馬場ほかスポーツ施設がワクチン接種の拠点になるらしい。第50回のエクリプス賞セレモニーはスペンドスリフトファームからヴァーチャルで1月28日に。ワールドベストジョッキーはデットーリで3年連続4回目。
 
本日のワイン●キザンセレクション・メルロ/プティヴェルド2015。キザンの赤には共通した栗の渋皮のようなニュアンスがある。

| | Comments (0)

December 01, 2020

払い戻されない馬券は?

師走。極月(きわまりづき)とも言うらしい。午前6時半起床。本日締切の原稿2本のうち1本を家で。出社してもう1本。なんとか間に合った。夕方には体力的に電池切れ。
ジャパンCでは、人気の三冠馬3頭の単勝とか複勝とか3連複の馬券の写真を何人もの方がアップされているのを見たけど、さて60日後、それらはどのくらい払い戻されないだろうか。3頭の馬券だけ、というのは難しいだろうから、ジャパンCの的中馬券のうち払い戻されなかったのがいくらだったかというのを発表してくれないだろうか、JRAさん。
 
競馬タピザーが優駿スタリオンステーションに。1月中旬、日本へ。
 
本日も休肝日。

| | Comments (0)

« November 2020 | Main | January 2021 »