« そして僕は途方に暮れる | Main | 無敗の三冠が近づいても »

October 15, 2020

種付料値下げはコロナ?

出社。コロナ後でははじめて税理士さんひさしぶりの来社。持続化給付金について、いろいろ。コロナ以前ほどではないにしても終電近くで人が増えてきた。それでもさすがに酔っ払いは少なく、そのぶんは以前より減ったのかな。
アメリカの高額種牡馬の来年の種付料が軒並み値下げになってるのはコロナの影響でしょうか?
 
競馬●エーデルワイス賞。3〜4コーナー中間で先頭に立ったマーサマイディアにソロユニットが並びかけ、2頭併走で直線を向いたが、ソロユニットがあっという間に突き放して圧勝。後方から外をまくって追い込んだミコブラックが4馬身差2着。マーサマイディアも粘って1馬身半差3着。●兵庫若駒賞。ハナをとったツムタイザンが3コーナーから後続を離して直線独走。中団から直線伸びたスマイルサルファーが8馬身差2着。勝ち馬の直後を追走したアイルビーゼアが1馬身半差3着。●G3シカモアS(キーンランド芝12F,3&up):馬群の後方を進んだ人気のレッドナイトが直線半ばで抜け出し、6歳にしてグレード初勝利。逃げて直線でも先頭だったポステュレーションは2馬身差2着。アタマ差3着にジヤド。クレイボーンファームの2021年の種付料。ウォーフロントは25万ドルから15万ドルに値下げ。テーラーメイドも値下げが多い中、新種牡馬リーディングのノットディスタイムは12,500ドルから4万ドルに。
 
本日のワイン●ノストラーダ シルヴァーラベル・レゼルヴァ2010を久しぶりに少々。現行のヴィンテージは2014ですか。たしかにこれで1000円とは出色。

|

« そして僕は途方に暮れる | Main | 無敗の三冠が近づいても »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« そして僕は途方に暮れる | Main | 無敗の三冠が近づいても »