« 牝馬のプリークネス制覇 | Main | ソットサスはクールモア »

October 04, 2020

おひさしぶりの盛岡かな

今年初の盛岡競馬場へ。去年のダービーグランプリ以来でしょうか。時間の関係で競馬場に行く前に盛楼閣。日曜日とはいえ午後3時前という半端な時間なら空いてるだろうと思ったらさにあらず、盛況。待たずに入れる程度でしたが。久しぶりに外で肉らしい肉を食った。盛岡競馬場は夕方に雨予報も出ていたが、雨雲レーダーを見ていたところ雨雲は競馬場をかすめて通り過ぎてくれたらしい。日が落ちてもこの時期にしてはそれほど寒くはならず。フレッチャビアンカの4馬身差はお見事。3着同着のピアノマンとともに南関東では目立たなかった存在だけにその後の成長か。逃げて3着同着だったグランコージーと、地の利も大きかった。帰宅して22時過ぎ。凱旋門賞を見る。ラービハーから3点流してその3頭で決まったという見事すぎるタテ目。
 
競馬●ダービーグランプリ。グランコージーが単騎の逃げに持ち込み、4コーナーから人気上位3頭の問比べは、フレッチャビアンカが突き抜けた。断然人気ティーズダンクはなんとかグランコージーをとらえたまでで4馬身差2着。●G1オペラ賞(パリロンシャン2000m,3&up f/m):ヴェルメイユ賞を制したタルナワは凱旋門賞でなくこちらに出走。人気のアルパインスターを短首差でしりぞけG1連勝。●G1ラフォレ賞(ロンシャン1400m,3&up):ワンマスターが人気のアースライトをクビ差でしりぞけ3連覇。●G1凱旋門賞(ロンシャン2400):3番手から残り300mを切って先頭に立ったソットサスが押し切り、J-C.ルジェ、クリスチャン・デムーロは凱旋門賞初勝利。内を伸びたインスウープがクビ差2着。逃げたペルシアンキングが1 3/4馬身差3着。好位で外に持ち出したイネーブルは見せ場なく6着。●G1スピンスターS(キーンランド9F,3&up f/m):3番手の外を追走したヴァリアンスが4コーナーで前をとらえ直線で振り切った。グレード初勝利がG1。父タピット。オリーズキャンディが迫ったが3/4馬身差まで。ケンタッキーオークスを勝って人気のシーデアズザデヴィルは逃げたものの2馬身半差3着。
 
本日の酒●帰宅して。陸奥八仙・特別純米(赤ラベル)を少々。チェスコン ラボッソ・デル・ヴェネトNVを少々。

|

« 牝馬のプリークネス制覇 | Main | ソットサスはクールモア »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 牝馬のプリークネス制覇 | Main | ソットサスはクールモア »