« 無敗の三冠が近づいても | Main | 香港では三冠馬が9連勝 »

October 17, 2020

英国チャンピオンズ開催

在宅。冬が来た、という寒さ。なので夜は、マカロニと冷凍にしてあったミートソースで、ラザニア風マカロニグラタン。グラタンはどれも見た目同じなので写真なし。チャンピオンズ開催の中継があるのを忘れていて途中から見た。騎手は世代交代進行中、という結果。
 
競馬●G2ブリティッシュチャンピオンズ・ロングディスタンスC(アスコット16F,3&up):中団を追走したトゥルーシャンが残り2Fを切って抜け出し圧勝。グレード初挑戦での勝利。鞍上ホリー・ドイル。7馬身半差2着にサーチフォーアソング。逃げたフジャイラプリンスが3着。ストラディヴァリウスは直線レースをやめてブービー12着。●G1ブリティッシュチャンピオンズ・スプリントS(アスコット6F,3&up):好スタートのグレンシールがブランドをハナ差でしりぞけ、鞍上ホリー・ドイルとともにG1初勝利。半馬身差3着にワンマスター。●G1ブリティッシュチャンピオンズ・フィリー&メアS(アスコット12F,3&up f/m):2番手から早め先頭に立った人気の3歳馬ワンダフルトゥナイトが押し切った。ロワイヤリュー賞からG1連勝。2馬身半差2着にホリー・ドイルのデイムマイヨ。1馬身差3着にパッション。●G1クイーンエリザベスIIS(アスコット8F,3&up):中団を追走したザレヴェナントが、逃げ粘るローズマンとの追い比べをアタマ差で制した。父ドバウィ。G2ダニエルヴィルデンシュタイン賞から連勝でG1初勝利。セントジェームスパレス、ジャックルマロワ賞連勝で断然人気となったパレスピアは見せ場をつくったが3 1/4馬身差3着。●G1チャンピオンS(アスコット10F,3&up):直線を向いて先頭に立ったアデイブが押し切った。鞍上トム・マーカンド。2 1/4馬身差2着にスカレッティ。人気のマジカルは半馬身差3着。●G2レイヴンランS(キーンランド7F,3yo f):人気のヴェネチアンハーバーが逃げ切り。ラチ沿いからファイナイトが迫ったがクビ差まで。外から差を詰めたグランクリュクラッセが半馬身差3着。英2000ギニーを制したカメコはBCマイルを最後にトゥイーンヒルズで種牡馬に。
 
本日のワイン●カヴァは、アルヴェント・セレクシオン・ブリュット。ちびちびとノストラーダ シルヴァーラベル・レゼルヴァ2010

|

« 無敗の三冠が近づいても | Main | 香港では三冠馬が9連勝 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 無敗の三冠が近づいても | Main | 香港では三冠馬が9連勝 »