« JBC20周年記念イベント | Main | ティズナウが種牡馬引退 »

October 20, 2020

北米の種付料は値下傾向

いろんなことが間に合わなさそうで午前5時起床。出社は通常。てっぺん過ぎての帰宅。
 
競馬●G3レゼルヴワール賞(ドーヴィル1600m,2yo f):G1マルセルブサック賞3着で人気になったルージールRougirが重賞初勝利。クビ、クビという接戦で2着にCirona。ダーレー@アメリカも2021年の種付料はおおむね値下げ。メダグリアドーロが昨年の20万ドルから15万ドルに。そんななか今年2歳馬がデビューしたナイキストはすでにG1を勝った産駒が2頭いて、4万ドルから75,000ドルに。ミルリッジファームではオスカーパフォーマンスが今年の2万ドルから15,000ドルに。
 
本日休肝日。

|

« JBC20周年記念イベント | Main | ティズナウが種牡馬引退 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« JBC20周年記念イベント | Main | ティズナウが種牡馬引退 »