« 北米の種付料は値下傾向 | Main | ブリーダーズCへの遠征 »

October 21, 2020

ティズナウが種牡馬引退

本日も午前5時起床。午前中からグリーンチャンネル。ヤングジョッキー浦和の時間が今年も早くて中継は13時から。馬券が当たるかどうかはともかく、競馬場ごとの過去3年のデータが半分くらい傾向どおりな感じ。終えて、まだ明るいので出社。早起きもあって脳みそへとへと。
 
競馬●埼玉新聞栄冠賞。単騎で逃げたのはファルコンウィングで、4コーナー手前でリッカルド、タービランスがとらえにかかって直線3頭の争いは、間をこじあけるようにタービランスが抜け出した。リッカルドは半馬身差で2着。ファウコンウィングは1馬身差3着。ティズナウが種牡馬引退。見たなあ、BCクラシック連覇。2000、2001年て、もう20年も前のこと。デビューから5連勝で愛2000ギニーを制したシスキンがブリーダーズCのあと日本で種牡馬に。ウインスターファームでも2021年の種付料は一部を除いて値下げ。が、スパイツタウンは7万ドルから9万ドル、コンスティテューションは4万ドルから85,000ドル。ゲインズウェイでは、タピットが20万ドルから185,000ドルに。2021年のドバイワールドCカーニヴァルのプログラム発表。そしてドバイワールドCは3/27。
 
本日の酒●あまりに脳みそが疲れたので、赤霧島をお湯割りで少々。

|

« 北米の種付料は値下傾向 | Main | ブリーダーズCへの遠征 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 北米の種付料は値下傾向 | Main | ブリーダーズCへの遠征 »