« ハリケーンローラの影響 | Main | 22年前のサラブレ表紙に »

September 26, 2020

彼岸も過ぎての土曜日に

週明けのさまざまな準備で出社。が、しかし。YJS船橋の枠順が出なかったのは想定外。やれることだけを先に進める。帰宅して、すっかり秋の陽気で、根菜、じゃこ天、鶏肉などで煮物をつくり置き。
 
競馬●G1チュヴァリーパークS(ニューマーケット6F,2yo f):アルコールフリーが人気のミスアミュレットを半馬身差でしりぞけた。父ノーネイネヴァー。●G1ミドルパークS(ニューマーケット6F,2yo c):サプレマシーが人気のラッキーヴェガを半馬身差でしりぞけG2リッチモンドSから連勝。父メーマス。●G2ロイヤルロッジS(ニューマーケット8F,2yo c/g):ニューベイ産駒ニューマンデートがデビュー3戦目から3連勝で重賞初勝利。3/4馬身差2着にオンタリオ。●G2ベレスフォードS(カラ8F,2yo):クールモアのガリレオ産駒で人気のハイデフィニションがデビューから2連勝。3/4馬身差でボビーズキトゥン産駒モナーシブ。●G1オウサムアゲインS(サンタアニタ9F,3&up):5頭立て1頭だけ離れた後方を追走したインプロバブルが3、4コーナー外からひとまくりで直線突き放し圧勝でG1・3連勝。人気のマキシマムセキュリティは4馬身半差2着でボブ・バファートのワンツー。●G1アメリカンフェイロアS(サンタアニタ8.5F,2yo):2番手から3コーナー先頭のゲットハーナンバーがそのまま押し切った。ダート初戦でG1制覇。父ダイヤルドイン。ロンバウアーがゴール前迫ったが3/4馬身まで。人気のスピルバーグは離れて3着。●G1ロデオドライヴS(サンタアニタ芝10F,3&up f/m):ムッチョアンユージュアルが逃げ切ってG1初制覇。父ムッチョマッチョマンのカリフォルニア産。マキシムレートが1 1/4馬身差まで迫って2着。人気のレディープランスアロットは1馬身差3着。●G2シャンデリアS(サンタアニタ8.5F,2yo f):3コーナー過ぎで先頭に立った断然人気プリンセスヌーアが直線突き放して圧勝。前走G1デルマーデビュタントSから連勝でデビューから3連勝。父ノットディスタイム。8 1/4馬身離れて2着にヴァルダ。●G2ジョンヘンリーターフチャンピオンシップS(サンタアニタ芝10F,3&up):ハナをとった断然人気ユナイテッドが逃げ切って今年5戦4勝がすべて芝G2。1馬身半差2着にオリジネア。●G2ヴォスバーグS(ベルモント6F,3&up):2番手から4コーナー先頭のフィレンツェファイヤーが直線で突き放した。人気のファニーガイは5頭立て後方から4コーナーで前に迫ったが2 3/4馬身差3着。
 
本日のワイン●グラスで泡、マールボロのソーヴィニヨンブラン、ラングドック・リムーのシャルドネ、アルゼンチンのマルベック、モンテプルチアーノの濃いやつ、など雑多に。

|

« ハリケーンローラの影響 | Main | 22年前のサラブレ表紙に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ハリケーンローラの影響 | Main | 22年前のサラブレ表紙に »