« 北米三冠すべて無観客に | Main | 4カ月遅れでKYオークス »

September 03, 2020

コロナ開催リーディング

午前中、竹見さん宅訪問。昼過ぎ、出社。
先週木曜日から昨日までの川崎開催は、コロナの影響が残念だったのは置いておくとして、リーディング上位騎手の多くが陽性者もしくは濃厚接触者とされて騎乗を控えることになり、騎手の顔ぶれが、中央でいえばG1シーズンのローカル福島開催のような感じで、それはそれで見ていて面白かった。その5日間川崎開催のリーディングは以下。
 町田直希 40-7-4-8
 伊藤裕人 39-6-3-6
 橋本直哉 33-6-2-1
 内田利雄 31-4-9-3
 吉留孝司 25-4-2-1
さすがに1位は町田。伊藤はスパーキングサマーカップを1番人気のグレンツェントで勝ってその日3勝。橋本はさすが小久保厩舎。ベテラン内田・吉留は騎手がさらに少なかった木金で3勝ずつとがんばった。
 
競馬●園田オータムトロフィー。ハナをとったステラモナークが後続を寄せ付けないまま逃げ切って重賞5勝目。4馬身差2着はユウキラフェール。エイシンガネーシャは後方から向正面で位置取りを上げたがさらに離れて3着。●サッポロクラシックカップ。直線3頭の勝負となって、先頭はトランセンデンスだったが、内からじわじわと差を詰めたラッキードリームがハナ差とらえて勝利。2馬身差3着にシビックドライヴ。●G3ポカホンタスS(チャーチルダウンズ8F,2yo f):3番手外から4コーナーで先頭に立ったガールダティが直線後続を突き放し、デビューから2連勝。父アンクルモー。人気のクレイジービューティフルは最後方から早めに位置取りを上げたが2馬身差2着。15,000〜20,000人の観客入場を目標にしていた凱旋門賞だが、事実上無観客となる可能性大。パリ政府は10月末までイベントなど5000人を上限としているが、関係者だけでその程度の人数に達してしまうため。
 
明日検査につき本日も休肝日。

|

« 北米三冠すべて無観客に | Main | 4カ月遅れでKYオークス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 北米三冠すべて無観客に | Main | 4カ月遅れでKYオークス »