« 門別から戻ってアタック | Main | ようやく秋の気配を感じ »

August 22, 2020

ここで一転無観客かよ!

午前6時。「チーン」とメッセンジャー受信のお知らせ。見ると、ケンタッキーダービーが一転、無観客開催になったと。現地時刻では昨日だが日本時間ではこの日の朝。ケンタッキーダービーは23,000人までに制限して観客を入れるということで、フランスや日本やさまざまな状況の原稿を書いて昨日校了したところ。とはいえ月曜日に日の目を見る原稿ゆえに直し。ここで急に無観客にされると話の流れのつじつまが合わなくなっちゃうのよね。なんとか夕方までに直したけれども、さて。
 
競馬●G1パシフィッククラシック(デルマー10F,3&up):後続を引きつけて逃げたマキシマムセキュリティが直線振り切って完勝。昨年のハスケルから6連勝でG1・4勝目。だが、サウジCの記録はまだ1着のまま。ぴたりと2番手につけていたシャープサムライは3馬身差2着。●G1デルマーオークス(デルマー芝9F,3yo f):中団を追走した単勝20倍のレッドラークが直線半ばで抜け出しステークス初勝利がG1。最後方から追い込んだカリフォルニアクックが1馬身差2着。逃げた人気のローラズライトは直線失速して6着。●G2デルマーH(デルマー芝11F,3&up):向正面で動いたレッドキングが直線を向いて先頭に立つと、ゴール前迫った断然人気ユナイテッドをアタマ差で振り切って勝利。G3サンファンカピストラーノSから連勝で3連勝。●G1フォースターデイヴH(サラトガ芝8F,3&up):逃げたハラデイが直線迫った昨年の勝ち馬ガットストーミーを1 1/4馬身差で振り切ってグレード初勝利がG1。●G2ノネット賞(ドーヴィル2000m,3yo f):またまたハムダンさんでトウキールTawkeelがG1サンタラリ賞から連勝。今年デビューから無傷の5連勝。半馬身差2着にティックルミーグリーン。エルヴィス・トルヒーヨがローレルパーク第2レースで調教師として初勝利。ランドウィックで見習騎手のトム・シェリーが開催の騎乗の合間にドッグフードを買いに行って罰金。
 
本日のワイン●南仏のピノを冷やして。ドメーヌ・ド・バシュルリー ピノノワール2018

|

« 門別から戻ってアタック | Main | ようやく秋の気配を感じ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 門別から戻ってアタック | Main | ようやく秋の気配を感じ »