« レンジでチンして棒々鶏 | Main | 光化学スモッグ注意報て »

August 02, 2020

梅雨あけてもひきこもり

在宅。ばんえいの世代限定重賞は実績を評価しすぎず手広く。まあ、そのとおりの結果になったのだが3着がヌケ。1番人気が飛んでも3連単7400円とか意外につかなくてちょっとびっくり。夜は夏野菜たっぷりのグラタン。グラタンは見た目の代わり映えがしないので写真はナシ。
 
競馬●せきれい賞。3コーナーで一気に仕掛けたアップクォークが、4コーナー手前でロードヴァンドールをとらえるとそのまま突き放し6馬身差をつけて圧勝。エイシンレーザーが迫ったがクビ差3着。中央オープン経験がワンツーで4着まで遠征馬。●ばんえい大賞典。障害2番手で勢いよく先頭のブラックサファイアだったがゴール上で止まり、追ってきたコマサンダイヤが差し切った。障害5番から伸びたカイセドクターが2着。キョウエイリュウは見せ場なく、大舞台に弱いのか。●G1ロートシルト賞(ドーヴィル1600m,3&up f/m):人気のウォッチミーがゴール前3頭の追い比べから抜け出し、リステッドから連勝。昨年のコロネーションSに続いてG1・2勝目。3/4馬身差2着にゴドルフィンのハーフライト。●G1ディアナ賞(デュッセルドルフ2200m,3yo f):ゴスデン&デットーリのミスヨダが逃げ切って重賞初勝利。父シーザスターズのドイツ産。直後を追走したザムルードが3/4馬身差2着。外を追い込んだヴァージニアジョイがハナ差3着。●G1クレメントL.ハーシュS(デルマー8.5F,3&up f/m):抜群のダッシュを見せた人気のファイティングマッドが逃げ切ってG2サンタマリアSから連勝。父ニューイヤーズデイ。2番手につけたオリーズキャンディが直線食い下がったが半馬身差2着。4 3/4馬身差3着にシーシー。ニュージーランドのウィンザーパークスタッドで繋養されていたリップヴァンウィンクルが死んだ。14歳。バリードイルの現役時はインターナショナルSなどG1・3勝。
 
本日のワイン●カヴァで、アルヴェント・セレクシオン・ブリュット。白ぶどうのマカベオ100%とはいえわりと黄金色。おいしうございます。

|

« レンジでチンして棒々鶏 | Main | 光化学スモッグ注意報て »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« レンジでチンして棒々鶏 | Main | 光化学スモッグ注意報て »