« ドライブスルー馬券発売 | Main | 大雨の中最後方大外一気 »

August 28, 2020

浦和ジョッキーズの活躍

在宅。今週の川崎開催は川崎・浦和所属騎手に限定されたこともあってベテランの活躍も目立った。昨日のメイン高津オープンは小久保厩舎のワンツーだが、鞍上は吉留孝司、内田利雄という普段ではほとんどありえない組み合わせ。と思ったら最終レースも吉留、内田という決着。そのほか秋元3勝、橋本2勝、見越2勝という浦和騎手たち。そしてこの日は新馬戦2レースとも勝ったのは高月厩舎だが鞍上は内田利雄だった。そして川崎ジョッキーズカップは川崎の騎手の人数が足りなかったのか浦和の騎手3名が騎乗して、勝ったのは赤津だったという。
 
競馬●G2チャールズタウンクラシックS(チャールズタウン9F,3&up):後続を引きつけて逃げたスリーピーアイズトッドが3コーナーから徐々に後続引き離して圧勝。父パディオプラド。7馬身半差2着にプルクパルフェ。●G3チャールズタウンオークス(チャールズタウン7F,3yo f):フライオンエンジェルがゴール前ギリギリ粘って逃げ切り。8/10のパークスで5万ドルでクレーミングされての重賞勝ち。父パレスマリス。ウィックトウィスパーが迫ったが半馬身差2着。ハナ差3着にプリンセスケイデイ。人気のトナリスツシェイプは5着。●G3レイクジョージS(サラトガ芝8F,3yo f):断然人気スイートメラニアが直線を向いて抜け出したが、伏兵セルフレスリーが差し切ってハナ差で勝利。昨年のG2ミスグリーリョSに続いて重賞のみ2勝。●G3アイリッシュEBF S(カラ8F,2yo f):メイドン3戦勝てなかったクールモアのディヴァインリーが重賞で初勝利。アハンドフルオブサマーズが半馬身差2着でガリレオ産駒のワンツー。●G3スノーフェアリーフィリーズS(カラ9F,3&up):サンダリングナイツが重賞初挑戦で勝利。父ナイトオブサンダー。昨年G1マルセルブサック賞を制した人気のアルビニャAlbignaは1馬身半差2着。●G3ラウンドタワーS(カラ6F,2yo):4頭立て最低人気のニュートレジャーが勝利。父ニューアプローチ。人気のテレサメンドーサは半馬身差2着。トラヴァーズS2着だったカラカロが調教中右前脚の怪我でケンタッキーダービー回避。●2004年のベルモントSでスマーティジョーンズを1馬身差でしりぞけ三冠を阻止したバードストーンが種牡馬引退。オールドフレンズへ。初年度産駒にケンタッキーダービーを制したマインザットバード、ベルモントSを制したサマーバード。
 Img_214560
本日の酒●おひさしぶりの栄三郎さんにて。
今年最初のひやおろしは、羽根屋・純米吟醸・ひやおろし
続いても羽根屋の純米吟醸で、煌火、PRISM、愛山、3種飲み比べ。
玉旭・サケヨイボシΣ(シグマ)。本日先着7杯限定の最後の1杯をいただきました。日本酒の発泡としては個性的。
玉旭・ショートケーキ・にごり生酒

|

« ドライブスルー馬券発売 | Main | 大雨の中最後方大外一気 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ドライブスルー馬券発売 | Main | 大雨の中最後方大外一気 »