« July 2020 | Main | September 2020 »

August 31, 2020

急ぎ足でやってきた、秋

本日も在宅。葉月も最後の日にようやく夜はクーラーがいらないくらいな気温になり、南の海では非常に強いと言われる台風が北上。
 
競馬凱旋門賞へ向けてイネーブルが9/5ケンプトンのG3セプテンバーS出走。
 
明日、胃の検査につき休肝日。

| | Comments (0)

August 30, 2020

1週送りの代替開催では

引き続き在宅。「取止め」から出馬投票をやりなおして1週遅れでの代替開催となったスパーキングサマーカップ。馬はリンゾウチャネルが回避となってエスケイアリュールが入っただけ。がしかし。騎手は11頭が変更となった。さて、どんなレースになるでしょうか。
 
競馬●ビューチフルドリーマーカップ。逃げたクレイジーアクセルは3コーナー過ぎで失速。ぴたりと3番手から代わって先頭に立ったアッキーがそのまま後続を寄せ付けず。6番手から直線外を伸びたクオリティスタートは4馬身差。連れて伸びたアンバラージュはクビ差3着。●はまなす賞。障害先頭はアオノブラックだったが、続いたメムロボブサップ、ゴールドハンターが馬体を併せて交わし去ると、2頭の追い比べは同タイムでゴールドハンターが勝利。●G2ドーヴィル大賞典(ドーヴィル2500m,3&up):7頭一団のレースを引っ張った人気のテレキャスターが逃げ切って重賞3勝目。6馬身半離れてソフトライトは2年連続2着。昨年の勝ち馬ジヤドは3着。●G3シュヴィーS(サラトガ9F,4&up f/m):早めに後続との差を広げたレトルスカが逃げ切ってグレード初制覇。中団からロイヤルフラッグが迫ったが1馬身差まで。2番手を追走していたアワスーパーフリークが3/4馬身差3着。
 
本日のワイン●ロバート・ヴァイル リースリング・トロッケン2017。続きのトゥルクハイム ピノノワール2017

| | Comments (0)

August 29, 2020

大雨の中最後方大外一気

在宅。世がコロナでなければ札幌でワールドオールスタージョッキーズの取材をしていたはずの週末。そもそも火曜日の夜から千歳に入って門別競馬場とか北海道市場のサマーセールにも行っているはずだった。飛行機と宿の予約をしたのが4月ごろ。その頃はさすがに8月下旬にはコロナも収まっているのではないかと考えていたのだが、いかに甘かったかという。引きこもってしまうと人とのつながりが希薄になってしまい、それを思えばリリーカップとサマーセールの後半は行っておくんだったなあと。
Img_214964
夜。丸茄子の味噌マヨ焼き。
 
競馬●G1フォアゴーS(サラトガ7F,4&up):大雨で田んぼのような馬場を画面には映らない離れた最後方から直線大外一気を決めたのは、ハットトリック産駒のウィンウィンウィンでグレード初勝利がG1。前で競り合った2頭が残って半馬身差2着にコンプレキシティ、3/4馬身差で3着にトゥルーティンバー。●G1スウォードダンサーS(サラトガ芝12F,4&up):チャンネルメーカーが直線突き放して逃げ切り圧勝。G1・3勝目でグレード4勝目。ビル・モットはこのレース4勝目。5 3/4馬身差2着にクロスボーダー。3着にアクアフォビア。●G2アムステルダムS(サラトガ6F,3yo):ヨウポンYauponが逃げ切ってデビューから3連勝。父アンクルモー。2馬身差2着にベイシン。●G2パットオブライエンS(デルマー7F,3&up):先行3頭が直線馬体を併せての追い比べは、外のシーズィーロケットが人気にこたえて抜け出した。4月にオークロンパークでクレーミングされたあと4連勝で6歳にしてグレード初勝利。半馬身差で2番人気フラッグスタッフ。逃げたローアバンダンシチズンが3/4馬身差3着。●G3ウインターヒルS(ウインザー10F,3&up):エクストラエルーシヴホリー・ドイルに乗替ってローズオブランカスターSからG3連勝。ホリー・ドイルはこの日なんと!5勝。昨年が自己最高の116勝で、今年はすでに92勝。ケンタッキーダービーで外6頭分のエクストラゲートがなくなる。20頭立てのゲートが9/1にお目見え。
 
本日のワイン●カヴァは、アシエンダ・デル・カルチェ・ブリュット。アルザスのトゥルクハイム ピノノワール2017。薄旨の代表といえるピノ。

| | Comments (0)

August 28, 2020

浦和ジョッキーズの活躍

在宅。今週の川崎開催は川崎・浦和所属騎手に限定されたこともあってベテランの活躍も目立った。昨日のメイン高津オープンは小久保厩舎のワンツーだが、鞍上は吉留孝司、内田利雄という普段ではほとんどありえない組み合わせ。と思ったら最終レースも吉留、内田という決着。そのほか秋元3勝、橋本2勝、見越2勝という浦和騎手たち。そしてこの日は新馬戦2レースとも勝ったのは高月厩舎だが鞍上は内田利雄だった。そして川崎ジョッキーズカップは川崎の騎手の人数が足りなかったのか浦和の騎手3名が騎乗して、勝ったのは赤津だったという。
 
競馬●G2チャールズタウンクラシックS(チャールズタウン9F,3&up):後続を引きつけて逃げたスリーピーアイズトッドが3コーナーから徐々に後続引き離して圧勝。父パディオプラド。7馬身半差2着にプルクパルフェ。●G3チャールズタウンオークス(チャールズタウン7F,3yo f):フライオンエンジェルがゴール前ギリギリ粘って逃げ切り。8/10のパークスで5万ドルでクレーミングされての重賞勝ち。父パレスマリス。ウィックトウィスパーが迫ったが半馬身差2着。ハナ差3着にプリンセスケイデイ。人気のトナリスツシェイプは5着。●G3レイクジョージS(サラトガ芝8F,3yo f):断然人気スイートメラニアが直線を向いて抜け出したが、伏兵セルフレスリーが差し切ってハナ差で勝利。昨年のG2ミスグリーリョSに続いて重賞のみ2勝。●G3アイリッシュEBF S(カラ8F,2yo f):メイドン3戦勝てなかったクールモアのディヴァインリーが重賞で初勝利。アハンドフルオブサマーズが半馬身差2着でガリレオ産駒のワンツー。●G3スノーフェアリーフィリーズS(カラ9F,3&up):サンダリングナイツが重賞初挑戦で勝利。父ナイトオブサンダー。昨年G1マルセルブサック賞を制した人気のアルビニャAlbignaは1馬身半差2着。●G3ラウンドタワーS(カラ6F,2yo):4頭立て最低人気のニュートレジャーが勝利。父ニューアプローチ。人気のテレサメンドーサは半馬身差2着。トラヴァーズS2着だったカラカロが調教中右前脚の怪我でケンタッキーダービー回避。●2004年のベルモントSでスマーティジョーンズを1馬身差でしりぞけ三冠を阻止したバードストーンが種牡馬引退。オールドフレンズへ。初年度産駒にケンタッキーダービーを制したマインザットバード、ベルモントSを制したサマーバード。
 Img_214560
本日の酒●おひさしぶりの栄三郎さんにて。
今年最初のひやおろしは、羽根屋・純米吟醸・ひやおろし
続いても羽根屋の純米吟醸で、煌火、PRISM、愛山、3種飲み比べ。
玉旭・サケヨイボシΣ(シグマ)。本日先着7杯限定の最後の1杯をいただきました。日本酒の発泡としては個性的。
玉旭・ショートケーキ・にごり生酒

| | Comments (0)

August 27, 2020

ドライブスルー馬券発売

Img_214364
在宅。香川・高松より新米来る。炊きたてでいただきました。つやつやもちもち。おかずは、生前父が漬けた梅干しと、みょうが味噌で十分。
 
競馬●岐阜金賞。3番手から4コーナー手前で先頭に立ちかけたニュータウンガールに、6番手から一気にとらえにかかったダルマワンサ、直線は2頭の追い比べとなって、ダルマワンサが突き放し1馬身半差で勝利。中団うしろから追ってきたスカイガーデンが4馬身差3着。●リリーカップ。2番手につけたソロユニットが抜群の手応えで4コーナー先頭に立つと直線突き放して圧勝。直後を追走していたレディブラウンが7馬身差2着。2018年のサンタアニタダービーを勝ったジャスティファイのレース後の検体でのちに陽性が発覚した件で失格になる可能性。9/4-5のケンタッキーオークス&ダービー当日、キーンランドではドライブスルーで馬券発売。
 
本日のワイン●コノスル オーガニック・ソーヴィニヨンブラン2018

| | Comments (0)

August 26, 2020

珍しい南関東の代替開催

在宅。6名陽性が判明したという船橋の来週の開催の取止めが発表された。で、明日の川崎開催があるのかないのか、なかなか発表されず。リリースが送られてきたのが夜の8時半。木金の開催は船橋所属馬を除外し(馬券発売前の措置でもこの場合は取消ではなくて除外なんだ)、騎手は陰性が確認されている川崎・浦和所属に限定すると。そして取止めになった川崎の月火水の開催を、翌週の船橋開催が取止めになったことで、その月火水に代替開催すると。開催日程が年間を通してギチギチに詰まっている南関東でこのような数日に渡っての代替開催ができるというケースはきわめてめずらしい。なるほどそれらの調整で発表が夜になったのか。
 
競馬サンタアニタの12/26からの冬・春開催を前に芝コースに新たなシュートをつくる工事。ダート7Fのシュートと並行に、ダートコースをまたいで芝の周回コースに合流。芝の6.5F,6F,5.5F,5Fのレースができる。ヒルサイドコースは引き続き10Fかそれ以上の距離で使用する。無観客開催となったケンタッキーダービーを前にチャーチルダウンズで6日間をかけて開催にかかわる関係者1823人にコロナ検査。47人に陽性反応があり、陽性率は2.6%。
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

August 25, 2020

なんとタイミングの悪い

出社。昨日発売の週刊競馬ブックで『一筆啓上』の順番が回ってきて、「ここまで日本の競馬は滞りなく行われて……」というようなことを書いたら、まさにその発売日というタイミングで川崎が中止になったという。しかも。そもそもはケンタッキーダービーで23,000人もの観客を入れるということを書いて校了となっていたのが、一転無観客が発表されて、それについてはギリギリ直すことができたのだが。コロナ共存社会では向こう何年かに渡ってこういうことが起こるのだろうなあ。
 
競馬川崎は翌日の重賞スパーキングサマーCも取止め。ブリーダーズCの各レースに出走できるチャレンジシリーズの対象レースが44に。サセックスSでG1初勝利となったモハーザーが怪我のため引退。アメリカンフェイロアのドキュメンタリー『Born to Run』を8/30にNBCが放映。
 
本日の酒●1杯分だけ残っていた、グランパッシオーネ・スプマンテ・ブリュット。酔鯨・特別純米酒を少々。

| | Comments (0)

August 24, 2020

今シーズン最高ガイヤス

在宅。セレクションセールの中継を見つつ。売却率82.5%は去年から少し下がったもの、平均価格1950万円は過去最高。10年前のセレクション1歳の倍近く。すごいなあ。
 
競馬船橋所属騎手1名がコロナ陽性で川崎開催取止め。レーシングポストレーティングで、インターナショナルSのガイヤスが今季最高の130。●昨シーズン、マニカトS、ウィリアムリードSとG1を2勝し、ジエベレストを目標にしていたラヴィングガビーが引退。繁殖に。10/3のプリークネスSの勝ち馬にもBCクラシックの優先出走権。三冠がBCのチャレンジシリーズになるのは初めてのこと。
 
本日のワイン●スプマンテをボトル半分くらい。

| | Comments (0)

August 23, 2020

ようやく秋の気配を感じ

Img_214064
在宅。久しぶりに気温が30度を下回って、外に出てもだいぶ楽(実際にはさいたま市の最高気温30.7度だったらしい)。湿度も含めて木曜日に行った門別と同じような体感。夜はカツオのたたきをカルパッチョに。それに茹で鶏。
 
競馬●加賀友禅賞。前3頭が競り合ったなかから断然人気ハクサンアマゾネスが3コーナーで先頭に立って直線単独先頭。離れた4番手から直線迫ったが、ハクサンアマゾネスが1馬身半差で振り切った。●建依別賞。逃げて直線でも先頭のハーツジュニア、2番手から直線迫ったスリラーインマニラ、向正面から追い通しで直線ようやく差を詰めたダノングッド。ゴール前3頭の接戦はスリラーインマニラがわずかに出て重賞初勝利。アタマ差で外のダノングッド。内のハーツジュニアはクビ差。●G1モルニー賞(ドーヴィル1200m,2yo):北米調教のキャンパネッレがゴール前で後続を振り切り逃げ切った。G2クイーンメアリーSから連勝でデビューから3連勝。G2コヴェントリーS勝ちのナンドパラドが2馬身差2着で、コディアック産駒のワンツー。●G2ジャンロマネ賞(ドーヴィル2000m,4&up f/m):前走AWのハンデ戦勝利から重賞初挑戦となった伏兵アウダーリャAudaryaが直線での追い比べから抜け出しG1初勝利。前走G2コリーダ賞勝ちのアンビションはクビ差。人気になった絶好調ハムダンさんのナジーフは2番手追走も9着。●G2ケルゴルレイ賞(ドーヴィル3000m,3&up):2年前のカドラン賞を制したフランケル産駒コールザウィンドが6歳の今年重賞2勝目。●G2ポモーヌ賞(ドーヴィル2500m,3&up f/m):ディアヌ賞6着だった3歳のエバイーラがG3ロワイヨーモン賞に続く重賞2勝目。●G1ダイアナS(サラトガ芝9F,4&up f/m):逃げたミーンメアリーに、2番手のラッシングフォールが直線並びかけての追い比べは、人気のラッシングフォールがクビ差で勝利。今年3連勝、G1は4年連続の6勝目。●G2デルマーマイルH(デルマー芝8F,3&up):前2頭が飛ばして中団を追走した人気のモーフォーザが直線内から馬群を割って抜け出し圧勝。ペガサスワールドCターフ9着以来の休み明けで勝利。4 1/4馬身差2着にリストレインドヴェンジェンス。アタマ差でロイヤルシップ。
 
本日のワイン●キザンセレクション・シャルドネ2015。若さも残しつついい感じの熟成具合。

| | Comments (0)

August 22, 2020

ここで一転無観客かよ!

午前6時。「チーン」とメッセンジャー受信のお知らせ。見ると、ケンタッキーダービーが一転、無観客開催になったと。現地時刻では昨日だが日本時間ではこの日の朝。ケンタッキーダービーは23,000人までに制限して観客を入れるということで、フランスや日本やさまざまな状況の原稿を書いて昨日校了したところ。とはいえ月曜日に日の目を見る原稿ゆえに直し。ここで急に無観客にされると話の流れのつじつまが合わなくなっちゃうのよね。なんとか夕方までに直したけれども、さて。
 
競馬●G1パシフィッククラシック(デルマー10F,3&up):後続を引きつけて逃げたマキシマムセキュリティが直線振り切って完勝。昨年のハスケルから6連勝でG1・4勝目。だが、サウジCの記録はまだ1着のまま。ぴたりと2番手につけていたシャープサムライは3馬身差2着。●G1デルマーオークス(デルマー芝9F,3yo f):中団を追走した単勝20倍のレッドラークが直線半ばで抜け出しステークス初勝利がG1。最後方から追い込んだカリフォルニアクックが1馬身差2着。逃げた人気のローラズライトは直線失速して6着。●G2デルマーH(デルマー芝11F,3&up):向正面で動いたレッドキングが直線を向いて先頭に立つと、ゴール前迫った断然人気ユナイテッドをアタマ差で振り切って勝利。G3サンファンカピストラーノSから連勝で3連勝。●G1フォースターデイヴH(サラトガ芝8F,3&up):逃げたハラデイが直線迫った昨年の勝ち馬ガットストーミーを1 1/4馬身差で振り切ってグレード初勝利がG1。●G2ノネット賞(ドーヴィル2000m,3yo f):またまたハムダンさんでトウキールTawkeelがG1サンタラリ賞から連勝。今年デビューから無傷の5連勝。半馬身差2着にティックルミーグリーン。エルヴィス・トルヒーヨがローレルパーク第2レースで調教師として初勝利。ランドウィックで見習騎手のトム・シェリーが開催の騎乗の合間にドッグフードを買いに行って罰金。
 
本日のワイン●南仏のピノを冷やして。ドメーヌ・ド・バシュルリー ピノノワール2018

| | Comments (0)

August 21, 2020

門別から戻ってアタック

原稿の時間を逆算して午前4時起床。ヤングジョッキー門別の原稿を送信したまでで時間切れ。ホテルの無料送迎で空港へ。東京戻りでグリーンチャンネル。『アタック!地方競馬』の収録。特集コーナーで、この番組では今までにないくらい頭を使ってしゃべったしゃべった。
 
競馬●G1ナンソープS(ヨーク5F,2&up):先行したのは手前のキューアモーロだが、馬場の真ん中から馬体を併せていったバターシュが1馬身差をつけて勝利。今年3連勝でG1・4勝目。●G2ロンズデールカップS(ヨーク16.5F,3&up):こちらもハムダンさんで人気のエンビハールが勝ってG2リリーラングトリーSから連勝。3/4馬身差2着にストラタム。●G2ジムクラックS(ヨーク6F,2yo):これもハムダンさんで1番人気ミンザールMinzaalがデビュー2戦目から連勝。父メーマス。23,000人までに制限して観客を入れるとしていたケンタッキーダービーが、なんと!一転無観客の発表。個人的にこれで翌日てんやわんや。
 
本日の酒●ZOOM飲み会に途中から合流。酔鯨・特別純米酒。

| | Comments (0)

August 20, 2020

まだ無観客の門別競馬場

Img_213864
午前6時半起床。昼前の便で千歳へ。前乗りしていた大恵ちゃんと合流。門別競馬場へ。途中寄ったセイコーマートで、味噌ラーメン風ロールというのを発見。言われれば味噌ラーメンかなと思うけど、知らずに食べると焼きそばじゃなくて何味だろ?と思うかも。第3レース、フレッシュチャレンジでツダグローリーが無事に4着に走ったのを見届け、しばしののちにヤングジョッキーズシリーズ。のさなかに大井でコロナ騒動など。それがはじめて自分の身近にくると気を使うことなどけっこうたいへん。終えて千歳戻り。宿は久しぶりのウイングインターナショナル。普段ならやっている飲み屋の閉店が早く、夜中にステーキ・ヴィクトリアで軽く食って飲んで日付が変わる前に就寝。
 
競馬●G1ヨークシャーオークス(ヨーク12F,3&up f/m):6頭一団の2番手を追走した断然人気ラヴが直線突き放して圧勝。英1000ギニー、オークスから3連勝。フランケル産駒の伏兵アルピニスタが5馬身差2着。ラヴの凱旋門賞のブックメーカーのオッズがイネーブルとほぼ横並びに。●G2ロウザーS(ヨーク6F,2yo f):ミスアミュレットがリステッドから連勝で3勝目。父サープランスアロット。G2クイーンメアリーS2着で人気になったセイクリッドは1馬身差でここも2着。
 
本日の酒●ヴィクトリアにて。生ビールを1杯。グラスの冷えたワインを赤・白1杯ずつ。赤は極めて軽く肉に合うようなものではないけど1杯130円(税別)ならこれはこれで十分アリ。白は氷や炭酸を入れてゴクゴク飲んでもいいかも。

| | Comments (0)

August 19, 2020

ガイヤス圧巻のGI3連勝

通常出社。南関東の競馬場にはいまだ現地に行けず。というか遠慮。黒潮盃。春に早々と短距離路線に切り替えたインペリシャブルが初めての1800mで圧勝とはちょっとびっくりだ。エスポワールシチー産駒は今年ステラモナークに続く地方での重賞勝ち。
 
競馬●黒潮盃。3番手から直線で前をとらえたインペリシャブルが突き放して圧勝。スローと見て向正面でまくって出たコパノリッチマンが6馬身差2着。単騎で逃げたファルコンウィングが半馬身差3着。●G1インターナショナルS(ヨーク10.5F,3&up):5頭立てで逃げたガイヤスが後続を寄せ付けず、G1・3連勝で今年4戦全勝。3馬身差でマジカル。1 1/4馬身差3着にロードノース。●G2グレードヴォルティジュールS(ヨーク12F,3yo):英ダービー11着だったパイルドライヴァーが重賞2勝目。3馬身半差2着にハイランドチーフ。人気のモーグルは3着。●G3エイコムS(ヨーク7F,2yo):テオフィロ産駒ギアアップがデビューから2連勝。秋のベルモントパーク開催の賞金が大幅減額。ジョッキークラブゴールドCが75万ドルから25万ドルなど。
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

August 18, 2020

止まったままの時はいつ

Img_213064
金沢競馬場へ。世界館(ほかの飲食店も)は緊急事態宣言から時が止まったまま。ピンポイント予報では最高気温30度。首都圏のコンクリートジャングルの35度とかに比べると、暑いとはいっても危険は感じない程度の暑さ。日陰は涼しいし。競馬場のベンチなどにはテープを貼るなどしてお客さんを入れる準備はしているものの7月終盤から感染者がまた増えてしまい開けるタイミングを失ってしまったということらしい。読売レディス杯は、アークヴィグラス復活の勝利、お見事でした。終えて新幹線かがやきの時間まで、西口の輝らりでひとり寿司を少々。行きは15:20金沢着、19:18発でまっすぐ帰宅。滞在4時間の金沢でした。
カリフォルニア州デスヴァレーで54.4度。1931年以来の公式では最高気温の記録らしいと。なるほど最高気温て中東とかアフリカの砂漠ではないのね。
 
競馬●読売レディス杯アークヴィグラスが2番手から3コーナーで先頭に立つと、断然人気サラーブがとらえにかかったが、これを突き放し3馬身差をつけて完勝。出遅れて最後方からとなったエースウィズが7馬身差3着。オーストラリアのAdam Hyeronimusという騎手が自分の騎乗馬の馬券を買っていて3年間騎乗停止。NYRAがコロナの影響による財政難のためアケダクト、ベルモントパークの秋の開催日数を20%削減。
 
本日の酒●輝らりにて。手取川・吉田蔵・純米吟醸を片口で。帰宅して、昨日あけたピコ・マダマ・ブリュット。

| | Comments (0)

August 17, 2020

スーラー湯麺の食べ比べ

Img_212864
在宅。中華三昧の酸辣湯麺でちょっと盛り上がったら、こっちも美味しいから食べてみてと、日清ラ王・黒酢の酸辣湯麺をいただきまして。パッケージ写真を真似て白髪ねぎで。なるほど、これもすばらしいとろみ。麺が細めなので、茹でたあとスープをつくっているうちにちょっと伸びてしまうので茹でるのは表示時間より短めのほうがいいかも。それにしても味噌・塩・醤油しか選択肢がなかった昭和のインスタントラーメンを思うと隔世の感ですな。なるほど。「幸せの濃厚リッチラーメン」というシリーズなんですね。豆乳の担々麺も食べてみたいかも。
 
競馬ケンタッキーダウンズの開催が9/7から始まるのにあたり、ケンタッキーダービーのあとケンタッキー州を一度離れた騎手が騎乗する場合はコロナ陰性の証明が必要。ばんえいグランプリ当日。2354人も入場があったのか。すごいな。
 
本日のワイン●暑い日にはカヴァ。ピコ・マダマ・ブリュット

| | Comments (0)

August 16, 2020

当たったのは買ってない

午後からグリーンチャンネル。地方競馬中継は盛岡と佐賀から。今週の負けを取り戻すべく心して臨んだもののひとつも当たらず。月・木・日と出演して全敗。大惨敗。ばんえいグランプリはばっちり当たったが買ってない。冴えないときはそんなもんだ。
 
競馬●若鮎賞。出遅れて最後方からとなったマツリダスティールだったが、徐々に位置取りを上げると、直線内を突いて抜け出したゴールデンヒーラーとの追い比べをアタマ差で制した。デビューから芝で2連勝。4馬身差3着にリュウノシンゲン。●ロータスクラウン賞。3コーナーで先頭に立ったのはミスカゴシマだったが、やや離れた4番手から迫った高知のマイネルヘルツアスが直線で競り落とした。さらに外からまくってきたコウキトウライが半馬身まで迫って2着。ミスカゴシマは3着。●ばんえいグランプリ。障害ひと腰先頭のミノルシャープが、続いたコウシュハウンカイを振り切って重賞3連勝。3番手のメジロゴーリキがそのまま3着。●G1ジャックルマロワ賞(ドーヴィル1600m,3&up):7頭立ての後方から進めたパレスピアが、追い比べとなったアルパインスターを振り切って3/4馬身差で勝利。セントジェームスパレスSからマイルG1連勝でデビューから5連勝。QEIIが大目標。●G3フランソワブータン賞(ドーヴィル1400m,2yo):G2ロベールパパン賞3着だったタイガータナカが重賞初勝利。6戦5勝。●サラトガオークスインヴィテーショナルS(サラトガ芝9.5F,3yo f):CCAオークス3着だったアントワネットがスタニングスカイを半馬身差でしりぞけた。父ハードスパン、ゴドルフィンの生産馬主でウイリアム・モット厩舎。
 
本日のワイン●ヴィニュロン・デュ・パレ ミュスカデ・セーヴルエメーヌ・シュールリー・レ・ロッシュ・ブランシュ2018。真夏の酷暑に欲するミュスカデセーヴルエメーヌの爽快感は、子供の頃に食べた夏みかんの酸っぱ苦さ。ひとりで1本空いてしまった。

| | Comments (0)

August 15, 2020

そうだステーキを焼こう

Img_212964
今週は会社かグリーンチャンネルだったので、先週の日曜日以来の在宅。そうだ!肉を焼こう。ということで、アローファームさんの40%OFFお試し価格キャンペーンで買った草地和牛リブロース230g。書いてあったとおりに強火で50秒、返して50秒。しばしアルミホイルで包んで、焼き具合完璧。味付けは塩コショーだけで十分。ステーキソースとかはいりません。ばんえい共有のヒメミヤが馬場が軽くなってひさしぶり2着に好走。
 
競馬●G1アラバマS(サラトガ10F,3yo f):ぴたりと2番手につけた人気のスイススカイダイヴァーが3コーナーで先頭に立つとほとんど追われることなく楽勝でG1初勝利。3馬身半差2着にボニーサウス。1馬身半差3着にハーヴェイズリルゴイル。●G2キングエドワードS(ウッドバイン芝8F,3&up):最後方を追走したマーチトゥジアーチが直線馬群をさばいて抜け出した。2 1/4馬身差2着にアドミラルティピア。2馬身差3着に父サイレントネームのサイレントポエト。●G2ハンガーフォードS(ニューベリー7F,3&up):G1ダイアモンドジュビリー2年連続2着だったドリームオブドリームスが人気にこたえて7馬身差圧勝。6歳での重賞初勝利。●G2ギヨームドルナノ賞(ドーヴィル2000m,3yo):4頭立て、人気のミシュリフが直線追い比べから突き放しG1ジョッキークラブ賞から連勝で3連勝。4馬身半差2着にザサミットで、仏2冠に続いて3戦連続2着。アタマ差3着にプールデッセデプーランを勝ったヴィクタールドラム。●G3ゴントービロン賞(ドーヴィル2000m,4&up):スカレッティが、前走G1ガネー賞勝ちのソットサスをクビ差でしりぞけ重賞3勝目。
 
本日のワイン●カヴァはレケヴァン・ブリュット。マカベオのブランドブランでしょうか。果実味たっぷり。続きのマルキドボーラン・ピノノワール2018

| | Comments (0)

August 14, 2020

ジョッキーのコロナ検疫

通常出社。USB-A Lightningアダプタ不具合のやりとりと手続きがめんどう。その金額と手続きの面倒を天秤にかけると、そのままにしちゃったほうが楽なんだけど、でもそれでは納得がいかん、という状況。で、中継の仕込みがなかなか進まん。
 
競馬●摂津盃。2番手につけたジンギが3コーナーで先頭に立つと直線は後続を寄せ付けず。中団から早め進出のタガノジーニアスが直線2番手も、ハナをとれず控えたヒダルマがこれをとらえて3馬身差2着。●G3アイリッシュセントレジャートライアルS(カラ14F,3&up):クールモアのガリレオ産駒、人気の3歳馬デルファイがマスターオブリアリティを短頭差でしりぞけ、デビュー2戦目から今年4連勝で重賞初勝利。ケンタッキーダービーの週にチャーチルダウンズで騎乗する騎手は8/31までにチャーチルダウンズに入ることを義務付け。
 
本日のワイン●マルキドボーラン・ピノノワール2018。これ、いわゆる赤の適性温度よりも冷蔵庫でしっかり冷やして飲んでこそおいしい。

| | Comments (0)

August 13, 2020

ゲリラが停滞する高崎線

午前6時半起床。昼前、グリーンチャンネルへ。地方競馬中継はヤングジョッキー園田。データに頼って予想を組み立てたのだが、これが見当違いも甚だしいくらいなハズレ。解説もグダグダになってしまいました。失礼いたしました。終えて出社。まだまだある原稿とか23時まで。
本日もゲリラ雷雨のため浦和第10レース以降が取止め。ゲリラの雲がかなりの確率で上尾から浦和あたりにかけて高崎線に沿って停滞するのは地形とかなにか原因があるんですかね。
 
競馬●くろゆり賞。3コーナーから後続を離しにかかった北海道クインズプルートが圧巻の逃げ切り。後方から進出したニホンピロヘンソンが6馬身差2着。2番手を追走したレッドゲルニカはさらに8馬身離れて3着。●ブリーダーズゴールドC。ハイペースで飛ばしたマドラスチェックの直後につけたプリンシアコメータが、4コーナーでとらえにかかって直線抜け出し完勝。1馬身半差の2着争いはメモリーコウが3歳レーヌブランシュをアタマ差でしりぞけた。マドラスチェックは直線失速して5着。●エトワール賞。4番手から直線を向いて先頭に立ったアザワクが残り50mまで粘っていたが、後方から早目に位置取りを上げたソルサリエンテが差し切った。さらに追ってきたルナクレアが半馬身差2着。アザワクはアタマ差3着。ジョウランは直線伸びず4着。アリゾナ州のターフパラダイスがコロナの影響で2020-21シーズンは中止。
 
本日も休肝日。

| | Comments (0)

August 12, 2020

KYダービー23000人まで

出社。埼玉県南部は午後から雷をともなうゲリラ豪雨で浦和第7レース以降が取止めになるほど。ベランダの屋根の下とはいえ吹き込んでいるであろうことは確実で、洗濯物を干してきてしまった敗北感。原稿もろもろあって、明日の中継の仕込みに取りかかれたのが夜。
 
競馬●サマーチャンピオン。3コーナーから中央3頭の勝負。逃げたサヴィが、4コーナーでメイショウ、ヤマニンに並びかけられながらも振り切って勝利。ストリートセンス×アルカセットというバリバリのゴドルフィン血統。メイショウテンスイが食い下がって半馬身差。トップハンデで出負けしたコパノキッキングは外を回って3着。内を突いたヤマニンアンプリメは4着。●フルールカップ。抜群のダッシュでトンデコパが直線でも単独先頭も、2番手のマーサマイディアがゴール前でとらえて勝利。3、4番手で追ってきた2頭セカイノホシ、デスブローが4馬身差で3着争い。●G2アディロンダックS(サラトガ6.5F,2yo f):5頭一団の直線追い比べから人気のソウトフリーが抜け出し圧勝。デビューから2連勝。父タピット。5馬身差2着にメイクミスチーフ。昨年のBCダートマイルを勝ったスパントゥランが引退。9/5のケンタッキーダービーの入場者は23,000人まで。フランスでは入場者5000人制限が10月末まで延期されたが、凱旋門賞だけは15,000〜20,000人は入れたい。
 
本日も休肝日。

| | Comments (0)

August 11, 2020

最高気温40度の猛暑では

出社。外はヤバいくらいに暑い。マスクが汗でびしょびしょになっている人を見ると、さすがにはずしたほうがいいのでは、と。35度超えの猛暑になると蚊も出てこない、よね。
 
競馬サウジカップ。2〜10着馬には賞金を払うが、1着マキシマムセキュリティには保留のまま。コロニアルダウンズが11日の開催を中止。トレヴァー・マッカーシー騎手がコロナ陽性のため。デニー・ヴェラスケスが1年の騎乗停止。ブザーと呼ばれる電子デバイス使用の疑い。
 
本日休肝日。

| | Comments (0)

August 10, 2020

確定しないサウジカップ

午後からグリーンチャンネル。地方競馬中継はクラスターカップ。高速馬場になってマテラスカイ▲はやっぱり間違いだった。とはいえ直前で直す勇気もなく。大 惨 敗 !。終えて出社。盛りだくさんの原稿を遅い時間まで。
 
競馬●クラスターカップ。ハナを主張したのは内のヒロシゲゴールドで、マテラスカイは控えて2番手。直線、2頭の追い比べは、ゴール前でマテラスカイが半馬身出た。ダート1200mの日本レコード更新。59kgでもブルドッグボスが34秒0で伸びてきて3着。サウジカップのマキシマムセキュリティの処遇がいまだ確定せず。1着賞金は支払われないまま、記録としての成績はそのままでうやむやになったりして。スチュワート・エリオットが9日のローンスターパークで北米通算5000勝。歴代36人目。55歳。イネーブルはヨークシャーオークス回避。
 
本日のワイン●頭を使ったので飲む。少しずつ残ってたドメーヌ・ペッシュ・プイエ ブラン2018。ベルクール ピノノワール2018。

| | Comments (0)

August 09, 2020

抗体検査は陰性でした

本日よりお盆を挟んでの2週間ほどが年に何度かのお仕事のピーク。そういうわけで、出社。
そういえば健康診断のときオプションでつけた新型コロナウイルス抗体検査は陰性。どっちだったらよかったんだろうという気がしないでもないけど、5500円も払って結果の欄に「−」が書いてあるだけというのもなんだかな。
 
競馬●ひまわり賞。先行3頭の中からマルケイマーヴェルが4コーナー手前で先頭に立って勝利。中団からまくってきた10番人気エムワンリーフが2馬身差2着。3着にアンズビジン。●G1フェニックスS(カラ6F,2yo):ラッキーヴェガがG2レールウェイS2着からの勝利。父ロペドヴェガ。3馬身半差でG2エアリースタッドSを勝っていた牝馬アロハスターが2位入線も3着に降着。ザリルジェットが繰り上がって2着。●G1モーリスドギース賞(ドーヴィル1300m,3&up):外ラチ沿い後方を追走したゴドルフィンのスペースブルースがゴール前の追い比べから抜け出した。先に先頭に立っていたハローユームザインが3/4馬身差2着。アタマ差でロペイフェルナンデス。昨年G1モルニー賞、ミドルパークSを連勝してここまで6連勝だったゴドルフィンのアースライトは短首差4着。
 
本日も休肝日。

| | Comments (0)

August 08, 2020

イヤホン破壊されまして

出社。来週、地方競馬中継が3回あるゆえ。しかし。会社のマンションのひとつ真上の部屋がリフォーム工事中。昔ドリフのコントで、近くの道路工事のガガガガガッて音で会話が聞こえないってコントがあったけど、ときおりまさにそんな感じ。ま、リフォーム工事しますというご挨拶があったので仕方ないですが。
そんななか、リモート出演用にLightning EarPodsをUSB-Aで使えるアダプタをアマゾンで買ってみたのだが、しかし。接続して設定して、ん?使えないなあと思っていたところ、その接続部が異常な発熱。結果。EarPodsのほうが使用不能になってしまったという。あらためてアマゾンのカスタマーレビューを見ると、いい評価ばかり。たまたま不良品だったのかどうか。サポートは連休明けまで休み、というタイミングで、さてどうしたもんか。

競馬新潟競馬場の指定席の客入れ中止ですか。●G1トラヴァーズS(サラトガ10F,3yo):3コーナー過ぎで前をとらえた断然人気ティズザロウが直線楽に後続を突き放して圧勝。今年4連勝でベルモントSを含めG1・3連勝。5馬身半差2着にカラカロ。逃げたアンクルチャックは6着。●G1テストS(サラトガ7F,3yo f):断然人気ガミンが逃げ切り圧勝。エイコーンSからG1連勝。ぴたりと2番手を追走したヴェネチアンハーバーは直線突き放され7馬身差2着。●G1バレリーナS(サラトガ7F,3&up f/m):スタート出負けもハナをとったセレンゲティエンプレスが、直線迫った人気のベラフィナを1馬身差で振り切った。昨年のケンタッキーオークス以来となるG1・2勝目。●G2ベストパルS(デルマー6F,2yo):前3頭が競り合った中で断然人気ロデリックは4コーナー手前で失速。直線先頭で粘るガーサーをウェストンがとらえてクビ差。デビューから2連勝。父ヒットアボムのセン馬。●G2イエローリボンH(デルマー芝8.5F,3&up f/m):2番手から直線半ばで先頭に立ったのはトナフトゥだったが、外に持ち出されたボウディシータがハナ差とらえてグレード初勝利。逃げたハームレスが1 1/4馬身差3着。人気のボーリコールは5着。●G2オカール賞(ドーヴィル2500m,3yo):G1ジョッキークラブ賞5着だったポールギヨームPort Guillaumeが人気にこたえ重賞初制覇。5戦4勝。父ルアーヴル。カラコンティ産駒のKETILが3馬身差で2着。
 
土曜ながら本日休肝日。

| | Comments (0)

August 07, 2020

中華三昧ブームが来た!

Img_211764
在宅。ちょっと前に中華三昧の酸辣湯麺がおいしいと書いたら予想外の反応をいただきまして、近辺で中華三昧プチブームが(笑)。さらに複数の方から冷やし中華をすすめられ、さっそく買ってきましたよ。赤っぽい具沢山。冷やし中華って、お店でも選択肢の優先度が低く、家で食べることもほとんどないんだけど、たしかにこれはおいしい。たれの完成度がなかなか。満足でございます。夜は、コロナひきこもりでマイブームになった鶏の唐揚げ。下味の醤油の量を間違えて味の薄い唐揚げになってしまいました。ま、濃く間違えるよりいいか。食べるときに味変できるので。
 
競馬●G3サラトガスペシャル(サラトガ6F,2yo):好ダッシュのジャッキーズウォリアーが後続を寄せ付けず逃げ切ってデビューから2連勝。父マクリーンズミュージック。好位から追ったザライドオブアライフタイムは3馬身差2着。4馬身差で3着にモモス。●G2ソレントS(デルマー6F,2yo f):徐々に後続を離した断然人気マイガールレッドが逃げ切ってデビューから2連勝。父テキサスレッドには初のステークス勝ち。4 3/4馬身差2着にゲットオンザバス。
 
本日のワイン●続きのドメーヌ・ペッシュ・プイエ ブラン2018。パイナップルにグレープフルーツ的ないかにも南なソーヴィニヨンブラン。こちらもラングドックでベルクール ピノノワール2018。冷蔵庫で冷やしてもおいしい夏にありがたいピノ。

| | Comments (0)

August 06, 2020

馬主にも検疫を義務付け

在宅。コロナでは検査数が増えても陽性率は高くはならず重症者も少ないままという論調が目立つようになり、それゆえか夜は10時までという東京都の要請に今回は従わない店も多い。もうあとは個人で気をつけるしかないのだろう。ただ外食をどうするかは悩ましい。人口密度の高いわさわさした店や大人数で行くのは避けるとして、あとは運か。冬でもずっと同じように気をつけて行動していればインフルエンザのリスクもかなり回避できるのだろうなあ、と思う灼熱の夏。
 
競馬●G3タイロスS(レパーズタウン7F,2yo):父ウォーフロントのミリタリースタイルが勝利。エメット・マクナマラは英ダービーをサーペンタインで勝って以来の今季2勝目。つまり今季は重賞のみを2勝。クビ差2着に父アメリカンフェイロアのファンゴッホで、こちらはエイダンのワンツー。●G3シルヴァーフラッシュS(レパーズタウン7F,2yo f):父ガリレオのシェイルがデビュー2戦目から連勝。1馬身半差2着に人気のプリティゴージャスで、ドナカ、ジョセフ兄弟のワンツー。ニューヨーク州では州外35州からサラトガ競馬場に来場する馬主にニューヨーク州到着後14日間の隔離検疫を義務付けると。ほとんど来るなということか。英チャンピオンズデイの賞金が昨年の420万ポンドから250万ポンドに減額。
 
本日のワイン●ラングドックからドメーヌ・ペッシュ・プイエ ブラン2018

| | Comments (0)

August 05, 2020

最近聞かないおにぎらず

Img_211450
久しぶりに、おにぎらずをつくって出社。鮭、昆布と生姜味噌漬け、たらこ。おにぎらず、ブームは去りましたかね。お米と具を平均的に食べられるのがいい。早くもJBCの企画関連でいろいろと。今週はわりと余裕があると思っていたのだがそんなことはなく相変わらずあっという間に過ぎてしまいそう。
 
競馬●湾岸スターカップ。逃げたメタリフェルがインザフューチャーに3コーナー手前でプレシャーをかけられながらも直線を向いて単独先頭だったが、残り100mを切ってインザフューチャーが交わし去った。メタリフェルは2馬身差2着。エムエスオープンは直線伸びず6着。パークスレーシングが9/26に予定されていたG1のペンシルヴェニアダービー、コティリオンSの中止を発表。ケンタッキーダービーとプリークネスSに挟まれる日程になってしまったため。
1002233213
本日のワイン●グラスでスプマンテ、白。赤はロンバルディアのニーノ・ネグリ ヴァルテッリーナ・スペリオーレ・リゼルヴァ2013。ロンバルディア州ではネッビオーロのことをキアヴェンナスカと呼んでいるらしい。なるほど、やや枯れた感じのガーネット色。なかなかのコストパフォーマンス。

| | Comments (0)

August 04, 2020

ダービー騎乗騎手を隔離

やっちまった。。。出社して、昨日家で書いた原稿のデータをチェックして送信しようとしたところ、ない。自分用クラウドのDorpBoxにファイルをコピーし忘れていた。そいうことのないように注意はしているのだが、原稿を立て続けに3本書いたのでうっかり。さてどうすっか。家に戻ると本日予定していた作業に支障をきたすため、毎週火曜日更新の連載コラムなのだが、明日更新ということでお願いした。ああ、すみませんすみません。
帰宅する池袋東口側22時半過ぎ。東京都の要請が出ても、さすがに今度は22時閉店とする飲み屋は少ない感じ。路上にあふれる若者多し。
 
競馬ケンタッキーダービー、オークスに騎乗する州外をベースとする騎手は、12日前の8/24までにケンタッキー州に入ってコロナの検査が義務付けられると。
 
本日のワイン●頭を使いすぎたので1杯分だけ残っていたカヴァ、ロヒニョン・エスペシアル・ブリュット。

| | Comments (0)

August 03, 2020

光化学スモッグ注意報て

在宅。好天。さいたま市には光化学スモッグ注意報。光化学スモッグって昭和の遺物のような感じだけど、埼玉県て注意報発令回数が毎年1位2位を争ってるらしい。原稿3本。なんとか目標まで。
 
競馬15名のジョッキーがコロナ陽性反応で7/17-19の開催が中止となったデルマー競馬場が、8月最終週と9月第1週を4日間開催に。コロナの影響で今年はゴドルフィンがメルボルンCに出走させられない。というのが今からニュースになるのか。
 
本日のワイン●梅雨が明けて毎日が泡、ロヒニョン・エスペシアル・ブリュット。マカベオ100%、12カ月以上熟成。青リンゴ的な甘さ爽やか。

| | Comments (0)

August 02, 2020

梅雨あけてもひきこもり

在宅。ばんえいの世代限定重賞は実績を評価しすぎず手広く。まあ、そのとおりの結果になったのだが3着がヌケ。1番人気が飛んでも3連単7400円とか意外につかなくてちょっとびっくり。夜は夏野菜たっぷりのグラタン。グラタンは見た目の代わり映えがしないので写真はナシ。
 
競馬●せきれい賞。3コーナーで一気に仕掛けたアップクォークが、4コーナー手前でロードヴァンドールをとらえるとそのまま突き放し6馬身差をつけて圧勝。エイシンレーザーが迫ったがクビ差3着。中央オープン経験がワンツーで4着まで遠征馬。●ばんえい大賞典。障害2番手で勢いよく先頭のブラックサファイアだったがゴール上で止まり、追ってきたコマサンダイヤが差し切った。障害5番から伸びたカイセドクターが2着。キョウエイリュウは見せ場なく、大舞台に弱いのか。●G1ロートシルト賞(ドーヴィル1600m,3&up f/m):人気のウォッチミーがゴール前3頭の追い比べから抜け出し、リステッドから連勝。昨年のコロネーションSに続いてG1・2勝目。3/4馬身差2着にゴドルフィンのハーフライト。●G1ディアナ賞(デュッセルドルフ2200m,3yo f):ゴスデン&デットーリのミスヨダが逃げ切って重賞初勝利。父シーザスターズのドイツ産。直後を追走したザムルードが3/4馬身差2着。外を追い込んだヴァージニアジョイがハナ差3着。●G1クレメントL.ハーシュS(デルマー8.5F,3&up f/m):抜群のダッシュを見せた人気のファイティングマッドが逃げ切ってG2サンタマリアSから連勝。父ニューイヤーズデイ。2番手につけたオリーズキャンディが直線食い下がったが半馬身差2着。4 3/4馬身差3着にシーシー。ニュージーランドのウィンザーパークスタッドで繋養されていたリップヴァンウィンクルが死んだ。14歳。バリードイルの現役時はインターナショナルSなどG1・3勝。
 
本日のワイン●カヴァで、アルヴェント・セレクシオン・ブリュット。白ぶどうのマカベオ100%とはいえわりと黄金色。おいしうございます。

| | Comments (0)

August 01, 2020

レンジでチンして棒々鶏

Img_211264
梅雨明け、いきなり夏。出社。事務所が入っているマンション全体で大規模な配管改修工事があり、部屋の中からの作業も必要なため。原稿やって帰宅は21時半。鶏肉が食べたくて棒々鶏。茹でるより、塩少々と酒を振ってレンジでチンするほうが旨味も逃げず胸肉でもしっとりふわふわ。
 
競馬●G1ホイットニーS(サラトガ9F,4&up):2番手につけたインプロバブルが3コーナーで先頭に立って後続を寄せ付けず、ハリウッドゴールドCからG1連勝。2馬身差2着にバイマイスタンダーズ。スタートで出遅れた人気のトムズデタは後方からとなって3着。●G1パーソナルエンスンS(サラトガ9F,4&up f/m):3コーナーで先頭に立ったヴェクセイシャスに、断然人気ミッドナイトビズーがとらえにかかって直線は馬体を併せて追い比べ。一旦は完全に並んだものの、ヴェクセイシャスがクビ差で振り切ってG1初勝利。●G1 H.アレンジャーケンスS(サラトガ7F,3yo):やや離れた5番手あたりを追走したエコータウンが直線外からとらえて突き抜けた。G1ウッディスティーヴンス2着からのグレード初勝利。父スパイツタウン。直線先頭に立ったタピットトゥウインは3馬身半差2着。逃げた人気のノーパロールは9着。●G1ビングクロスビーS(デルマー6F,3&up):先行勢総崩れ。8頭立て7番手を追走していた人気の3歳馬コルージョンイリュージョンが馬群を割って抜け出しG1初勝利。父トワーリングキャンディ。離れた最後方追走のレキシトニアンが直線大外を伸びて迫ったがハナ差2着。●G2リリーラングトリーS(グッドウッド14F,3&up f/m):3頭立て、エンビハールが人気にこたえて連覇。●G3シックスパーフェクションズ賞(ドーヴィル1400m,2yo f):人気のシーザローズがウェディングダンスを3/4馬身差でしりぞけデビューから3連勝。父ケンダルジャン。●G3プシケ賞(ドーヴィル2000m,3yo f):ディアヌ賞4着だったラービハーが直線残り200mで先頭に立って突き放して人気にこたえた。4戦3勝。父シーザスターズ。
 
本日のワイン●ポルトガルのヴァレ・ダ・カプーシャ フォッシル・ブランコ2017。「化石」というワインだけに、なるほど塩を感じるミネラルってこういうふうか。チリチリとごくわずかに発泡あり。

| | Comments (0)

« July 2020 | Main | September 2020 »