« ゴスデンVSバリードイル | Main | CAクローム産駒初勝利 »

July 21, 2020

ここぞの狙いは思い切り

久しぶりに目覚ましをかけて午前6時起床。地方競馬中継が午後の早めの時間からなので、仕込みをやってグリーンチャンネルへ。ヤングジョッキーとマーキュリーCの中継は、リモートで別室から。スタジオで一緒なのがベストとはいえ、こっちはこっちで都合のいいこともあったり。ヤングジョッキー第1戦は「逃げ馬多数」と言っておきながら無茶な狙いもできず、やはりという先行勢総崩れで3連単は100万馬券。地元騎手に有力馬が当たっている盛岡で無理筋を狙う勇気がなかった。ヤングジョッキーで逃げ馬多数のときは能力無視で思い切って控える馬のボックスとか買ってみよう、と覚え書き。マーキュリーCは「評価されすぎでしょ」と言ってしまったマスターフェンサーが思った以上に長距離のスタミナタイプで恐れ入りました。間のグリーンチャンネル賞で大幅プラスとなったので、まあいいでしょう。夕刻の地下鉄はちょっとびっくりするくらい満員だった。
 
競馬●マーキュリーカップ。3コーナー手前から仕掛けて直線先頭に立ったデルマルーヴルに対し、3コーナー過ぎから仕掛けていったマスターフェンサーがとらえて1馬身半差。5馬身離れて3着にランガディア。●金沢スプリントカップ。控えて3番手で外に持ち出したナリタミニスターが4コーナーで先頭に立って押し切った。離れた4番手から追って差を詰めたジャーニーマンだが半馬身差まで。
 
本日のワイン●脳みそが疲れすぎたので寝酒に続きのカーヴ・ド・シャントレ サンヴェラン2017を2杯ほど。

|

« ゴスデンVSバリードイル | Main | CAクローム産駒初勝利 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ゴスデンVSバリードイル | Main | CAクローム産駒初勝利 »