« やはりという専門紙休刊 | Main | 卯月手前、満開の桜に雪 »

March 28, 2020

サカトガステーブル再び

在宅でも運動は欠かさずジョギング。別所沼公園の桜は散りはじめ。普段ならビニールシートで場所取りされているところがそれもなく。引きこもって粛々とお仕事。必然的にお楽しみは料理。で、メイクイーンがたくさんあるのでポテトグラタン。
 
競馬●オリオンザサンクス産駒現3歳世代で血統登録された2頭のうちの1頭、クイーンキャンディ。今年2歳が最後の産駒で1頭いるもよう。●G1フロリダダービー(ガルフストリーム9F,3yo):3番手につけた人気のティズザロウが4コーナーで前をとらえ直線突き放した。G3ホーリーブルSから連勝。2003年ファニーサイド以来、サカトガステーブルの夢再びなるか。とはいえ秋、ですね。先行2頭が粘って単勝81倍のシヴァリーが4 1/4馬身差2着。2番人気エテインディアンが3着。●G2ガルフストリームパークオークス(ガルフストリーム8.5F,3yo f):スイススカイダイヴァーが直線突き放して逃げ切り。父デアデヴィル。2番手を追走したルクレジアが3 1/4馬身差2着。ハナ差3着にレイクアヴェニュー。●G2パンアメリカンS(ガルフストリーム芝12F,4&up):好位内から直線で外に持ち出したベマズボーイがゴール前で差し切ってグレード初勝利。G1ペガサスターフ勝ちで断然人気のズールーアルファが直線一瞬先頭に立ったもののクビ差2着。内のカーレントがアタマ差3着。●G3ハルズホープS(ガルフストリーム9F,4&up):3コーナー過ぎで単独抜け出したのは人気のボウディエクスプレスだったが、追ってきた単勝61倍のアイデンティファイヤーが差し切ってグレード初挑戦で勝利。同じく追ってきたジャストホイッスルが1馬身差2着。ボウディエクスプレスは半馬身差3着。
 
本日のワイン●トゥルクハイム リースリング2018。すっきりキリキリの硬派系リースリング。

|

« やはりという専門紙休刊 | Main | 卯月手前、満開の桜に雪 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« やはりという専門紙休刊 | Main | 卯月手前、満開の桜に雪 »