« コロナをうかがいながら | Main | イギリスも無観客開催へ »

March 14, 2020

東日本新幹線eチケット

午前5時半起床。JR東日本のモバイルSuica特急券が廃止され、新幹線eチケットに変わっての初日から利用という幸運。登録したSuicaでピッ!とするだけで新幹線に乗れるのは便利。というわけで早朝から那須塩原へ。地方競馬教養センターで恒例、騎手候補生の終了記者会見。今年はすでに合格発表もあり勝負服姿も。
そして雪。昼過ぎに戻ると関東の平野部でも雪。中山牝馬Sはかなり雪の中。「雪」という記録でのJRA重賞はホクトベガのフェブラリーS以来24年ぶりらしい。なるほど雪だと中止になってしまうことが多いからなのだろう。
 
競馬●G1ビホルダーマイルS(サンタアニタ8F,3&up f/m):逃げた断然人気ハードノットトゥラヴを3コーナー過ぎでとらえたシーシーが直線で突き放しステークス初勝利。ハードノットトゥラヴは3 1/4馬身差2着。さらに離れて3着にオリーズキャンディ。●G2レベルS(オークロン8.5F,3yo):断然人気ナダルが他馬に激しく競りかけられながらも逃げ切った。デビューから3連勝。父ブレイム。4コーナーで内を突いた最低人気エクセッションが迫ったが3/4馬身差2着。7馬身離れて3着にベイシン。サンフェリペSを勝ったオーセンティックに続いてボブ・バファートはケンタッキーダービー何頭出しになるのか。●G2アゼリS(オークロン8.5F,4&up f/m):人気のセレンゲティエンプレスが後続を寄せ付けないまま逃げ切り圧勝。昨年のケンタッキーオークス以来の勝利。6 1/4馬身離れての2着争いはマイレディカーリン。●G3ジェフルビーS(旧スパイラルS、ターフウェイAW9F,3yo):人気のインヴェイダーが直線を向いて先頭に立ったが、ぴたりとマークしていたフィールドパスが差し切ってクビ差で勝利。G3ダニアビーチSから連勝。父レモンドロップキッド。逃げたファンシーリカーが3着。
 
本日のワイン●コノスル ビシクレタ・レゼルヴァ・アンオークト・シャルドネ2018。樽を使わずごまかしのない状態で、りんご、桃などさまざまな果実味たっぷで3桁円はさすが。

|

« コロナをうかがいながら | Main | イギリスも無観客開催へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« コロナをうかがいながら | Main | イギリスも無観客開催へ »