« 憂鬱のフライデーナイト | Main | 初めてのばんえい特別戦 »

August 10, 2019

チャド、ハットトリック

午前6時起床。午前中、お仕事。正午待ち合わせで大学時代の友人たちと池袋で昼飲み。1軒目、お好み焼き・赤鬼。2軒目、清瀧本店。3軒目、串かつでんがな。遅れての参加もあってぜんぶで7名だったか。くだらないことだけれども涙が出るほど笑ったのってすごい久しぶりだった気がする。20時過ぎまでだったか。帰宅していつのまにか撃沈。
 
競馬●G3スイートソレラS(ニューマーケット7F,2yo f):ゴールデンホーンの初年度産駒ウエストエンドガールが早くも重賞初勝利。1 1/4馬身差2着にソフィカ。●G1ビヴァリーD S(アーリントン9.5F,3&up f/m):7頭立て縦長の後方を追走した断然人気シスターチャーリーが4コーナー3番手から余裕で差し切りコースレコードで勝利。昨年から5連勝でG1・6勝目。このレース連覇となって、2度勝った馬は史上初。3馬身差2着にオウサムタンク。2馬身差3着にコンペティションオブアイディアズ。●G1セクレタリアトS(アーリントン芝8F,3yo):9頭一団の最後方を進んだヴァリッドポイントが直線余裕を持って差し切った。今年2月のデビューから3連勝で重賞初勝利がG1。父スキャットダディ。やはり後方からだったヴァンベートーヴェンが1馬身差2着。逃げたザラストジップが3/4馬身差3着。●G1アーリントンミリオンXXXVII S(アーリントン芝10F,3&up):中団6番手を進んだ断然人気ブリックスアンドモーターが直線を向いて3番手からゴール前で差し切った。今年ペガサスワールドCターフから5連勝、うちG1・4勝。連れて伸びたマジックワンドは3/4馬身及ばず2着。逃げたバンデュアが1馬身差3着。そしてチャド・ブラウンは3つのG1完全勝利。●G1フォースターデイヴH(サラトガ芝8F,3&up):好スタートから4番手に下げた牝馬ガットストーミーが直線半ばで差し切り1分32秒00というコースレコードでG1初勝利。最後方から伸びたレイジングブルが2馬身半差2着。人気のユニはアタマ差3着。●G2サラトガスペシャルS(サラトガ6.5F,2yo):5番手から徐々に位置取りを上げた人気のグリーンライトゴーが直線で抜け出しデビューから2連勝。父ハードスパン。3 3/4馬身差2着にヌース。先行したタグルが3着。●G2ベストパルS(デルマー6F,2yo):6頭立て5番手から直線半ばで先頭に立ったコリュージョンイリュージョンが押し切ってデビューから2連勝。父トワーリングキャンディ。外から迫ったレッキングクルーが1 1/4馬身差2着。人気のフォーレフトはクビ差3着。
 
本日の酒●アサヒの生。強炭酸ハイボール。ホッピー黒。清龍・純米酒など、居酒屋らしいのを雑多に。

|

« 憂鬱のフライデーナイト | Main | 初めてのばんえい特別戦 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 憂鬱のフライデーナイト | Main | 初めてのばんえい特別戦 »