« 梅雨入りの東京に戻れば | Main | 朝からついてない日曜日 »

June 08, 2019

悲しいお知らせは突然に

前夜のアルコールが少々残っての朝。布団の中でぐずぐずしていたらメッセンジャーに受信が。なんとなく嫌な予感がして見ると訃報でした。帯広で地元食材を生かしたフレンチの名店オランジュの渡辺シェフが亡くなったと。50歳という若さ。ばんえいがほぼフルシーズンナイターになってからは時間的に行くのが難しく、2、3年前にランチで行ったきりでしょうか。お店の公式サイトが「大変申し訳ありませんがしばらく休業いたします」となっているのが悲しい。
午後から出社。いよいよ来週から始まるヤングジョッキーズシリーズの中継の準備など。
 
競馬●G1ベルモントS(ベルモント12F,3yo):10頭立て8番手を追走したサーウィンストンがラチ沿いを通って4コーナーでは3番手まで進出。直線で前2頭の外に持ち出して抜け出した。G3ピーターパンS2着からのグレード初勝利がG1。父オウサムアゲイン。7番手の外を追走していたタシタスが迫ったが1馬身差まで。逃げた最低人気のジョーヴィアが3/4馬身差3着。最後方を追走したマスターフェンサーもゴール前差を詰めたが5着。●G1オグデンフィップスS(ベルモント8.5F,4&up f/m):逃げた人気のカムダンシングが直線でも先頭だったが、ミッドナイトビズーがとらえると楽に突き放し3馬身半差をつけて勝利。G1アップルブロッサムHから連勝で今年グレード4連勝。3着にモポティズム。●G1メトロポリタンH(ベルモント8F,3&up):2番手から4コーナー手前で先頭に立ったミトリがそのまま押し切った。昨年デビュー2戦目に2着に負けただけでその後7連勝。G1チャーチルダウンズSから連勝。父エスケンデレヤ。人気のマッキンジーは後方から直線で行き場をなくす場面があり、ゴール前伸びたが3/4馬身差2着。サンダースノーはクビ差3着。●G1マンハッタンS(ベルモント芝10F,4&up):縦長の6番手を追走した断然人気ブリックスアンドモーターが直線外から追い出されるとあっさりと抜け出した。G1ペガサスワールドCターフから3連勝。1馬身半差2着にロバートブルース。3着レイジングブル。ザック・パートンが香港通算1000勝。ダグラス・ホワイトに続いて史上2人目。
 
本日のワイン●続きのフェウド・アランチョ・ロザート2017キザンワイン白2017

|

« 梅雨入りの東京に戻れば | Main | 朝からついてない日曜日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 梅雨入りの東京に戻れば | Main | 朝からついてない日曜日 »