« November 2018 | Main | January 2019 »

December 31, 2018

22年ぶりの高知県知事賞

Img_103864本年も年末3日連続大井のおつとめ。3日とも晴れてくれて何より。東京2歳優駿牝馬はアークヴィグラスが好位から直線抜け出す完璧な競馬で文句なしの2歳女王に。終了後、まっすぐ帰宅。飲み食いしながらの紅白。石川さゆり「天城越え」は今月上旬に生で見ていただけに、布袋さんとのコラボもまた迫力があってよかった。そしてトリはデビュー40年とかでサザンオールスターズ。そのデビューのときたぶん中学3年だったか。ザ・ベストテンで勝手にシンドバッドをライブハウスから中継していた映像は鮮明な記憶として残っている。で、本日のメインは、おびひろ応援寄附金(ふるさと納税・ばんえい競馬の振興)のポイントでいただいた豊西牛のすきやき600g×2。大人5名であっという間。

競馬●東京2歳優駿牝馬。4番手の内で逃げたスティールティアラをマークしたアークヴィグラスが直線内から抜け出して完勝。後方からやはり直線内を抜けてきたラブミーピンクが2馬身差2着。さらに2馬身差でマルパソ。●東海ゴールドカップ。前の集団とは離れた6番手を追走したダイヤモンドダンスが向正面から仕掛けると3コーナー過ぎで先頭に立って直線突き放した。3番手を追走していたフロリダパンサーが4馬身差2着。1馬身半差3着に最後方から押し上げた最低人気カガノカリスマ。●園田ジュニアカップ。スローに持ち込んだテンマダイウェーヴが直線突き放して逃げ切り勝ち。4番手の内につけたリリコが3コーナー2番手で追ったものの4馬身差2着。さらに5馬身離れて3着にオオエフォーチュン。●高知県知事賞。昨年3着だったティアップリバティが逃げ切り勝ち。牝馬は96年のミョウエイアリー以来22年ぶりと。3番手につけたチャオがやっぱり食い込んで3馬身差2着。2番手につけていたミサイルマンがアタマ差3着と前残り。イッツガナハプンは今年も2周目でレースをやめて大差の最下位。

本日のワイン●カヴァはペレグリーノ・デ・サン・ジョアン・ブリュット。すき焼きに合わせてキザンセレクション・メルロー・プティヴェルド2015

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 30, 2018

ぎりぎり差し切リ8連勝

本日も年末のおつとめ大井競馬場へ。例年だと東京大賞典が終わるとちょっと寂しい感じだけど今年はお客さんがけっこう多いような。12月後半の散財を東京大賞典と東京シンデレラマイルでだいぶ補填できた感じ。さてあと1日。

競馬●ライデンリーダー記念。先行3頭が競り合ったまま直線を向いて、先頭に立ったのはボルドープラージュだったが、外のエムエスクイーンがなんとかクビ差とらえて8連勝。中団追走から直線外を追い込んだリードメロディーが半馬身差3着。●東京シンデレラマイル。ラーゴブルーが3番手から4コーナーで前をとらえて先頭に立ち、外に持ち出したニシノラピートが並びかけたところ、ラーゴブルーがもうひと伸びしてアタマ差で振り切った。中団を追走したコパノビジンが2馬身差3着。ウッドメモリアルSに賞金ボーナス復活。

本日の酒●南部美人・特別純米酒。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 29, 2018

大井もだけどばんえいも

Img_1036a64午前6時半起床。のつもりが7時過ぎ。年末三が日(とは言わないか)は毎年のように大井に出かけるまでに時間との戦い。大晦日の重賞予想までは至らず。東京大賞典の大井競馬場はスタンド内を歩くのにも難儀なほどの混雑。と思ったら前年比111.7%の39,330人の入場。場内の混雑だけでなく、売上も相当だっただろうという予想は容易につき、東京大賞典単体、1日とも、昨年の地方競馬レコードをさらに更新。東京大賞典もすごかったけどばんえいもたいしたもので、帯広単独開催になって以降、初の1日3億超え。JRA-PATの蚊帳の外であることを考えるとあらためてすごい。まっすぐ帰宅。夕飯は回転寿司の三崎丸で軽く。

競馬●東京大賞典。5番手につけたケイティブレイブが残り200mで先頭も、中団〜後方から早めに直後につけたゴールドドリーム、オメガパフュームと3頭の争い。最後は3歳オメガパフュームの脚色が勝ってGI初勝利。●ヤングチャンピオンシップ。障害4番手アオノブラックの脚色がよく、先頭で粘っていたギンノダイマオーとの接戦を制した。障害5番手だったトップハンデのメムロボブサップがしぶとく伸びて3着。●G1アメリカンオークス(サンタアニタ芝10F,3yo f):4コーナーでもほとんど最後方だったコンペティションオブアイディアズが直線大外一気を決めた。グレード初挑戦で勝利。父スパイツタウン。逃げた最低人気のケーピーパーゴリシャスが粘って2 3/4馬身差2着。アタマ差3着にアマンディン。人気のカリフォルニアゴールドラッシュは見せ場なく7着。●G3ロバートJ.フランケルS(サンタアニタ芝9F,3&up f/m):人気のファハンミュラが逃げ切ってグレード初勝利。4番手からエクセレントサンセットが迫ったものの3/4馬身差まで。2番手追走のケベックが1馬身差3着。インドでブックメーカーの詐欺や脱税などが指摘されガサ入れがあって開催中止に。アエロリットがペガサスワールドCターフに参戦。

本日の酒●すし三崎丸にて、熱燗を一合。原稿がてっぺんはるか過ぎまでかかってしまい寝酒に続きのカヴァ、マルケス・デ・テラボーナ・ブリュット

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 28, 2018

年末年始は地方競馬愛!

201812295前夜は控えめに飲んだぶん爽やかな目覚めで午前6時半起床。午後から恵比寿。レンタルスタジオのようなスペースで『“年末年始”は地方競馬愛!』のネットライブ。哲三さんのパドック解説はすごい。成り行き上、ワタシもたまにパドック解説のようなことをやらなければならないこともあるのだが、なんとなく雰囲気で言っているのはまったく違う次元。当たり前だけれども。とりあえず、いろいろ能書きをたれたばんえいがひとつ当たってよかった。18時過ぎに終了。会社に行って仕事をしようかとも思ったけれども、年末28日の金曜日。夜遅くなれば帰宅電車は大変なことになることは間違いなく、まっすぐ帰宅。写真は動画から、不在の稲富ちゃん(画:お兄ちゃん)。

競馬●金の鞍賞。縦長の後方から3コーナー過ぎで一気にまくってきたアルネゴーが直線、ヒゲクレイジー、グローサンドリヨンとの追い比べを制し、半馬身、1馬身半差をつけて4連勝。早くも2019-2020シーズンのUAEの開催日程が発表(PDF)。今までは夏頃の発表だったような。2020年のドバイワールドCは3月28日。4月にもメイダンとアルアインの開催が2日ずつ。

本日のワイン●カヴァはお初のマルケス・デ・テラボーナ・ブリュット。黄色みがかっていて果実味もたっぷり。これはおいしい。シャンパーニュと言われたら信じるかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 27, 2018

ファイナルラウンド大井

午前6時起床だったか。終わっていない仕込みをやってグリーンチャンネルへ。17時からヤングジョッキーズシリーズ・ファイナルラウンド大井の中継。14頭、16頭、14頭という多頭数もあって馬券も解説も完敗。YJSのトライアルラウンドでは3連単1頭軸相手6頭のマルチ90点買いがときどきハマって、わずかではあるもののトータルでプラスとなったが、それは10〜12頭立てでのこと。14頭立てとなると軸1頭+6頭では出走馬の半数しかカバーできずそれでは太刀打ちできない手応え。と、来年へ向けての覚え書き。ボックスやマルチの多点数というある意味運を天に任せる買い方の場合、何頭立てなら何頭選んで何点買いにするのが効率がいいか、というのは統計的に割り出せるような気がするんだけど、どうでしょう。失意のまま品川で、某忘年会。

競馬●兵庫ゴールドトロフィー。内枠でハナをとったサクセスエナジーがマテラスカイを封じて直線先頭も、直後で構えていたウインムートが差し切った。サクセスエナジーはアタマ差2着。地元キクノステラが迫って3/4馬身差3着。

本日の酒●チェーンぽい居酒屋で、飲み放題コース。ピッチャーのビール、芋焼酎お湯割り、梅酒ロックなど雑多に。注文が出てくるのがときどき遅く、それが飲みすぎない程度に飲むにはむしろ都合よかったかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 26, 2018

豪州ディープインパクト

今年最後の通常出社。といっても明日からは会社には来ないというだけで、年末も年始もありがたいことに途切れることなく仕事はあるわけですが。
岩手競馬で今年4頭目の薬物陽性を発表。主催者からもついに「故意的なものである可能性」ということが言われるようになった。

競馬●ランドウィックのG3サマーC(2000m)でディープインパクト産駒のフィアスインパクトFierce Impactが重賞初勝利。母ケイアイガーベラでケイアイノーテックの1歳上の全兄。●サンタアニタ冬開催初日。G1ラブレアS(サンタアニタ7F,3yo f):8頭立て7頭一団の外につけたスパイストパーフェクションが直線で抜け出しグレード初制覇がG1。1 1/4馬身差2着にホットオータム。アタマ差でエムボールデンド。断然人気ドリームツリーは逃げたものの3コーナーから後退して最下位。●G1マリブS(サンタアニタ7F,3yo):中団後ろを追走した人気のマッキンジーが直線半ばで先頭に立って突き放した。ロスアラミトスフューチュリティ、ペンシルヴェニアダービーに続いてG1・3勝目。4 3/4馬身離れて混戦の2着争いは後方から脚を伸ばしたアイデンティティポリティクス。アタマ差でスティルハヴィングファン。●G2サンアントニオS(サンタアニタ8.5F,3&up):4番手で機をうかがったギフトボックスが直線で前をとらえグレード初勝利。前で競り合った3頭のうちの人気2頭、バトルオブミッドウェイは半馬身差2着、ダブスターが3/4馬身差3着。●G2マティスブラザーズマイル(サンタアニタ芝8F,3yo):縦長の8番手を追走した断然人気リヴァーボインが直線先頭に立って押し切った。デザートストーンが迫ったがアタマ差。半馬身差3着にコンバタント。

連続休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 25, 2018

ケイバモードは最終回

Mode201864午前6時起床。午後からグリーンチャンネル。『地・中・海ケイバモード』第256回で最終回。トシを重ねてくると5年という月日はあっという間。淑子さんと『レーシングワールド』を1年、そのあと『地方競馬最前線』を5年、そして地・中・海と、計11年のグリーンチャンネル・レギュラー出演でした。引き続き地方競馬中継の出演はありますが。終了後、出社。YJSファイナル大井の予想。14頭、16頭、14頭立ての予想、たいへん。

競馬クリスマス休暇につき2018年北米の競馬振り返り。2018年は無敗の三冠ジャスティファイ。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 24, 2018

名古屋10億超え佐賀5億

午前6時起床。在宅。メインに間に合うように浦和競馬場。晴れているので家ではそれなりに暖かかったのだが、しかし。浦和競馬場はレース映像のカメラが揺れるほど風が強く北向きのスタンド前は極寒。冬にはたまにあることなのだが、久しぶりに冬の浦和の試練。ゴールドカップはキャプテンキングの完勝。まっすぐ帰宅して17時。クリームシチューを仕込みながら日付が変わるまで原稿。
有馬記念明け祝日の地方競馬の売上もすごかった。名古屋グランプリは単体で6億1293万5300円。従来のレコード2016年の約3億3800万円から倍増近く。1日ではなんと10億超え。佐賀競馬は、グレイトパール初出走の効果があったのかどうか。最終メインの周防灘特別だけで1億7020万円。1日では5億4583万円とか。ばんえいも2億5406万円。

競馬●浦和・ゴールドカップ。2番手につけたキャプテンキングが、逃げたクルセイズスピリツを4コーナーでとらえると直線で突き放し後続を寄せ付けず。昨年の羽田盃以来1年7カ月ぶりの勝利。3馬身離れての2着争いはバンドオンザランがキャンドルグラスをクビ差でしりぞけた。●名古屋グランプリ。3コーナーからは人気3頭の勝負。逃げたグリムに、早め2番手のミツバが直線でとらえにかかったが、そのうしろで構えていたチュウワウィザードがまとめて差し切った。半馬身差でミツバ。グリムは2馬身差3着。

本日の酒●寝酒に富士山という焼酎をお湯割りで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 23, 2018

7年ぶりに4連覇に8勝

午前5時半起床。終わってなかった仕込みをやって午後からグリーンチャンネル。控室で見た有馬記念は、昨日からどっちか迷っていたハズレのほうを引いてしまった。地方競馬中継は佐賀の中島記念。10歳でもパドック抜群によく見えたウルトラカイザーが差し切った。馬は7年ぶりの同一重賞制覇、鞍上は4連覇に近10年で中島記念8勝というスゴイ記録。まっすぐ帰宅。とっても焼きそばが食べたかったので、ありもの野菜たっぷりで焼きそば。

競馬●中島記念。逃げたイッシンドウタイが直線でも粘るところ、2番手から直線外に持ち出したウルトラカイザーが差し切ってクビ差。3番手を追走していたスーパージェットは3着。●ばんえいダービー。人気2頭がほぼ同時に障害を越えたが、アアモンドグンシンがじわじわと差を広げて押し切った。障害3番手のキタノユウジロウ、さらにコウシュハレガシーも伸びて2、3着。ミスタカシマは一杯になって4着。

本日のワイン●ポルトガルのキンタ・ド・ピント、テロワール・エクスプレッション・ブランコ2017。やや赤みがかった白でフルーティー。だいぶ前に開けたトートワーズクリーク、メルロー・カベルネ2017

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 22, 2018

今年もモンファでワイン

Img_1027午前中、竹見さん宅訪問。池袋に戻っての昼、ハーイハニーで定番土曜のAランチ。で、出社。明日と火曜日の仕込み終わらねえ。時間切れ。で、夕刻中野へ。2010年から毎年参加させていただいている、MON花でワインのクリスマス。今年もおいしい料理、高いブルゴーニュをいただきました。普段カニにはあんまり価値を見出さないのだけれども、ズワイ蟹のピリ辛味噌炒め、おいしゅうございました。

競馬●G3ミスタープロスペクターS(ガルフストリーム7F,3&up):3番手外目につけた人気のコールフロントが直線先頭に立って突き放した。3 3/4馬身差2着にストームアドヴァイザリー。1馬身半差3着にハートウッド。ダーレージャパンで繋養されるタリスマニックの種付料は180万円。メキシコ三冠馬でカリビアンクラシックも制したククルカンがなんと!ペガサスワールドCに挑戦すると。

Img_102964本日のワイン●MON花にて。
山崎ワイナリー、ピノグリ2017
シャトー・ド・フィッセ、サンヴェラン2014
シャトー・ド・マルトロワ、シャサーニュモンラッシェ2012。りんごジュースのような黄金色の液体
フランソワ・ラキエ、メルキュレー・ルージュV.V.2014
アルザスのトゥルクハイム、ピノ・ノワール T 2015
デュブルイユ・フォンテーヌ、ペルナンベルジュレス・クロベルテ2015
ドメーヌ・ジョセフ・ロティ、マルサネ・クロ・ド・ジュ2014
ドメーヌ・エレスティン、ジュヴレシャンベルタン 1er Cru レグーロ2010
ドメーヌ・ダニエル・リオン、ヴォーヌ・ロマネ 1er Cru レ・ボーモン2012
ドメーヌ・アンリ・ルブルソー、シャルム・シャンベルタン Grand Cru 2004。グランクリュ、香りからしてグランクリュ、恐れ入りました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 21, 2018

年末金曜日の喧騒につき

通常出社。やるべきことはぜんぜん終わらないのだが、年末の金曜日ということで終電近くは酔っぱらいで収集のつかない混雑になるに違いなく、20時過ぎの電車で帰宅。続きのお仕事は家で。帰りに西武の地下で、以前からちょっと気になっていた某有名料理店のコロッケとメンチカツを買って帰ってみたのだが。1個に200円とか300円とか払うほどでもないかなあ、と。分厚い豚カツのように熟練を要するものは別として、揚げ物は自分でつくったほうがおいしいかも。手間がかかるからめったにやらないけど。

競馬2019年も現役続行のウインクスだが、ロイヤルアスコットには遠征しない予定。ピムリコの大規模改修計画もプリークネスSはローレルパークに移したほうがいいんじゃねえか、と。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 20, 2018

ホープ軒からの定点観測

Img_102464午前中。在宅にて全日本2歳優駿の原稿。午後からNAR。終えてちょい遅い昼飯に、千駄ヶ谷ホープ軒から国立競技場の定点観測。ほとんど外形はできた。かつて掘っ建て小屋だったホープ軒が3階建だか4階建のビルになった時は、ラーメン屋でビルが建つのか!と驚いたものだが、それもたしか平成の最初の頃。それがいまや向かいには新時代の国立競技場ができようとしていて、まわりも近代的なビルとなってはホープ軒の建物だけ90年代が取り残された感じ。

競馬19日、リングフィールドでイネーブルの半妹エンタイトルがデビュー2戦目で初勝利。父ダンシリ。

本日の酒●玉乃光・純米吟醸・酒魂を燗で。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 19, 2018

全日本2歳優駿後の恒例

Img_102364税理士さん来社につき、昼は源ちゃんのお弁当。初めての牛焼き肉1000円也。盛り付けは相変わらずだけど、さすがに肉屋さんだけあって牛肉(和牛)、たしかにうめえ。ちゃんとした容器で盛り付けもちゃんとすれば2000円と言われても納得かも。きわめてめずらしく4日も連続で牛肉を食った。
夜は川崎競馬場。全日本2歳優駿は◎○が揃って馬券圏外という救いようのない予想。終了後はおなじみNomi Deliで7名。12月誕生日率が高く、恒例な感じのプレゼント交換。ギリギリ埼京線の終電で帰宅。なのだが、23時台以降の電車が年末モードでそろそろヤバイ。年内は22時台までの電車で帰宅を心がけよう。

競馬●全日本2歳優駿。ぴたりと2番手につけたノーヴァレンダが3コーナーで先頭に立つと、直後から並びかけてきたガルヴィハーラを振り切って勝利。毎度ダッシュがつかず7番手からとなったデルマルーヴルがゴール前強襲したもののアタマ差届かず。ガルヴィハーラは1馬身半差3着。スミヨンが10度目のフランスリーディング確定。キャッスルハイドスタッドで繋養されていたシャンゼリゼが心臓発作で死んだ。15歳。ダンシリ、バンクスヒル、カシークなどの全兄弟。フランスデビューも北米でカナディアンインターナショナルなど芝のG1を3勝。産駒にもG1馬が何頭か。

本日のワイン●Nomi Deliにて。カヴァはいつものラ・ロスカ・ブリュット。赤はスペインのバラオンダ、カンポ・アリーバ2015。モナストレル主体でシラー、ガルナッチャティントレラも。なるほど!ちょっと前だけど旨安大賞だったんだ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 18, 2018

有楽町にて肉塊を食う会

札幌の爆発に続いて、帯広駅前で火事。北の屋台隣の一心本店らしい。ますやパンの斜め向かい。
Img_102264通常出社。で、夜はずっと前から約束をしていた肉塊を食う会。そもそも遅い時刻にしか予約が入らなかったのと、遅くでないと来られないという人もいて、0次回が19時からという設定。それも2人で。有楽町ワイン倶楽部は20時45分から。USプライムランクのカイノミ292g(写真)と、エゾ鹿200gを5名で。そういえば、0次回で短角牛も食った。

競馬NTRA Moment of the Yearのファイナリスト。ま、ジャスティファイでしょうな。シャドウェルのムジャヒドが種牡馬引退。22歳。

Img_1019本日のワイン●0次会はヴァンピックル丸の内。KGBという怪しいラベルのロワールのブランドノワール。フェルム・デュ・モン・ブノー、ブラン・セック・グリーズ(2017)
グラスでシャトー酒折、マスカットベリーA
有楽町ワイン倶楽部にて。
白はオーストリア。フレッド・ロイマー、グリューナーフェルトリーナー・カンプタール2016
ドミニク・ローラン、コートドニュイ・ヴィラージュ2014。さすがに今どき新樽200%とかではないもののクラシックなブル・ピノ
南アフリカで。ルパート・ロートシルト、クラシーク2015

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 17, 2018

カツはやっぱりトンカツ

通常出社。年末までの予定をすり合わせたところ、年末お疲れ様の社員一同食事が本日となって昼飯に、評判がわりといいらしいチェーンの牛カツやさんへ。レアに揚げた牛カツを石盤で焼いて食うという。ソースだけでなく、岩塩、しょうゆ、わさびなどいろいろで味付けができて、山わさびソースがおいしい。衣が薄いとはいえ揚げてあると130gでも満足。とはいえ結論。カツも牛カツより断然、分厚い豚カツ派。
2019年ブリーダーズCのロゴが発表された。11/1,2ではJBCとの兼ね合いで行けないと思っていたのだが、しかし。サンタアニタだったら夜中便に乗れば月曜朝には戻ってこれるのでどうやら行けるらしいことが判明。がんばろう。

競馬●白嶺賞。ハナをとったロジストームが直線後続を寄せ付けず完勝。内目4番手を追走したタイセイファントムが3馬身差2着。7番手から内を回ってきたスカイロックゲートが半馬身差3着。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 16, 2018

しゃぶしゃぶは牛より豚

よく考えると年内で1日じゅう在宅できるのは今日が最後。掃除やら溜まった雑誌やダンボールやらの整理。が、すべては至らず。あと、いつやるんだ。朝日杯というと、いつまでも「中山じゃないのか」という感じ。昨日の残った野菜で本日も鍋。豚と牛のしゃぶしゃぶ。しゃぶしゃぶは牛より豚派。西郷どん最終回。結末を知ってるだけに、ん〜こんなもんか。

競馬●中日杯。1番枠でハナをとって単騎逃げのヤマミダンスが直線一杯になりながらも逃げ切った。後続勢も一杯になって、ディアグリスターが8馬身差2着。ナガラオリオンは大きく出遅れ。1周目のスタンド前で2番手まで進出したものの向正面から失速して最下位。

本日のワイン●泡はアブシディス・ブリュット。続きのトートワーズクリーク、メルロー・カベルネ2017

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 15, 2018

ハットトリック産駒のG1

Img_1018今週月曜からテレビの映りがかなり不調。で、J-COMの技術の人に来てもらう。修理のときあるあるで、見てもらう段階では映りは正常。それでも信号のレベルがかなり高いとか。ところが。夕方からだんだん映りが悪くなって、夜7時過ぎにもう一度来てもらう。マンションの共有部分のところから見てもらって普通に映るようにはなったものの、ちゃんと直ったのかどうかはよくわからないみたい。そんなこんながあって本日の原稿はダダ遅れ。夜は、この冬初の鍋。お手軽に、まつやのとり野菜みそ。スパウトパックだと使いたいぶんだけ使えて便利。

競馬●アルゼンチンのG1 Gran Premio Joaquin S de Anchorena - Internacionalで父ハットトリックのハットマリオが勝利。●G2フォートロダーデールS(ガルフストリーム芝9F,3&up):好スタートを切ったグロリアスエンパイアが後続を寄せ付けず逃げ切り。7歳ながら今年グレード3勝。ラチ沿い中団を追走していたカーバーンがそのままラチ沿いを伸びて2馬身半差2着。2番手追走のハイハッピーが3着。●G3シュガースワールS(ガルフストリーム6F,3&up f/m):4コーナー手前で先頭に立った人気のドリームポーリンが、徐々に迫ったストーミーエンブレイスをクビ差でしりぞけデビューから3連勝。父タピット、母はG1プライオレスSを勝ったドリームラッシュ。3 3/4馬身差3着にパシフィックゲール。●G3ランパートS(ガルフストリーム8F,3&up f/m):2番手から直線で先頭に立ったテキリータが押し切った。これで引退。ストリートセンスをつける。徐々に位置取りを上げたエレクトリックフォレストが2馬身半差2着。逃げたタパタパタパは3/4馬身差3着。●G3ハーランズホリデーS(ガルフストリーム8.5F,3&up):6頭立て後方を追走した2頭の接戦は、4コーナーラチ沿いを通って先頭に立った単勝26倍のサーアンソニーが、大外を回った断然人気オーディブルを半馬身差でしりぞけた。1馬身差3着にアポストル。2019年北米で新たに供用される種牡馬一覧。ジャスティファイはいきなり15万ドル。

本日のワイン●スペインの白、オリオルロッセール、チノチャノ・ブランコ2017。赤は南仏、トートワーズクリーク、メルロー・カベルネ2017。ちょっと選択ミス。もうちょっと濃いのが飲みたかったかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 14, 2018

カワサキにケンタッキー

午前7時半起床。通常出社。原稿などが一段落したのでだいぶ前からやろうと思っていた雑務やらふるさと納税やら。いろいろとデータが残っているもので、去年ふるさと納税したのも同じ12月の第2金曜(去年は13日)だった! さらに。ばんえい記念の飛行機とホテルの予約も去年のこの日に予約していた! 香港明けの金曜日が毎年いろいろと一段落する時期なのかも。そして来年のドバイの飛行機の手配も。ドバイ行き、年々予約が難儀になりますなあ。

競馬川崎競馬場。全日本2歳優駿の開催に合わせてケンタッキーラウンジがオープン。●そして全日本2歳優駿登録馬(PDF)。公正確保のため浦和所属馬はすべて除外という措置。

本日のワイン●だいぶ以前に開けたファミーユ・キオ、レ・クヴェルセ・コートデュローヌ2014

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 13, 2018

ピムリコがイタリア風に

Img_101664午前6時起床。終わってなかった仕込みや昨日のクイーン賞の原稿をやっつけて、グリーンチャンネル。地方競馬中継は久しぶりに普通の重賞で園田金盃。買い目を迷いに迷ってトリガミになりそうなところを厚く買ったり、1着固定でも手広く買ったりしたら、まったくの裏目。当たっても外れても次につながらない、やっちゃいけない買い方をしてしまって、反省。パソコン置きに会社に寄って、以前からちょっと気になっていた串カツでんがな@池袋東口店にて、ちょっとひとり飲み。串カツ屋さんのひとり飲みは安くすんでよろしい。しかし。喫煙なのは、気になる。

競馬●園田金盃。抜群のスタートでペースを落としたマイタイザンが、直線、外から迫ったエイシンニシパ、内をすくったキクノソルを振り切ってクビ、クビの差で勝利。今年重賞3勝。●なんと!イタリアのシエナをイメージしたというピムリコ競馬場の完成予想図。で、多目的施設になるらしい

本日の酒●串カツでんがなにて、芋焼酎のお湯割り2杯。帰宅して、玉乃光・純米吟醸・酒魂を2杯ほど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 12, 2018

悩ましいピムリコの再建

午前7時半起床。昨夜からどうしてもつくりたくなって、朝から豚汁をつくった。埼京線が信号故障か何かでダダ遅れ。その遅れを取り戻すためだろう、乗ろうとしていた時間の電車が2本も間引かれていた。原稿やら翌日中継の仕込みやらがあって船橋行きは早々と断念いたしました。それにしても冬ってこんなに寒かったっけ。というわけで、夕飯は丸亀製麺でカレーうどん。

競馬●クイーン賞。ハナをとったアイアンテイラー。サルサディオーネは競りかけずぴたりと2番手。その2頭が3コーナーから後続を離し、直線ではアイアンテーラーが単独抜け出して勝利。サルサディオーネは3馬身差2着。3番手を追走していたプリンシアコメータは直線失速してブービー。オルキスリアンが3馬身差で3着。老朽化著しいピムリコ競馬場。解体・建て直しの費用は4億2400万ドル。さて、どうする。

本日も休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 11, 2018

赤黒緑の競馬ルーレット

Img_101464通常出社。夕飯に、ジャンボ餃子で有名な開楽へ。ここは月替りのセットやときおり出現する数量限定品がなかなかに魅力的で、それゆえに月に何度か行ってしまうのだが、寒くなって出現したのが1日10食限定のスープカレー餃子。「ジャンボ餃子ではありません」と断り書きがあるものの、普通の餃子と比べると十分に大きい。付いてるのは少なめのライスだけだけど皮がもちもちなのでボリュームたっぷり。おいしい。この冬、何度か食べてしまいそう。

競馬ニューサウスウェールズでジョッキーのエージェントが馬券購入禁止に。サンタアニタ冬開催初日に“ホースレーシングルーレット”がお目見え。各レースごとに赤・黒・緑のグループに分けられた出走馬に賭ける。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 10, 2018

登録必要なく自動ゲート

午前5時半起床。前日の香港国際レースの原稿。香港出国の際、昨年パスポートが切り替わったことで自動ゲートの登録が切れているので外国人用のVISITORの列に並ぼうとしたところ、係のおばちゃんから「日本人はあっちの自動ゲートでだいじょぶよ」と。なるほど!登録がなくてもパスポートの写真と照合して顔認証で出国できるようになったのか!すばらしい。JALの午後便で帰国した東京は真冬。気温がどうとかではなく、電車に乗ってる人たちがみんな真冬の格好に変わっていた。

競馬●ダービーグランプリチャイヤプーン出遅れも、逃げたクリノヒビキを3コーナー過ぎでとらえると直線で突き放した。クリノヒビキは2馬身差2着。中団から4コーナーで前2頭に並びかけたコーナスフロリダだったが4馬身差3着。●寒菊賞。岩手デビューのパンプキンズが逃げ切り勝ち。中団うしろからの追走となったヤマショウブラックは3コーナーから位置取りを上げて迫ったがクビ差まで。2番手を追走していたリュウノポップスが2馬身半差3着。

本日のワイン●カンタスのラウンジらしくワインはいずれもオーストラリアかニュージーランド。
泡はセッペルト、フルール・ド・リスNV。シャルドネ&ピノ・ノワール
白は3種あって当然リースリングでしょう。トレジャリー・ワインエステート、レオビュリング・ドライ・リースリング2018
赤も3種。ティーギャラント・ワインメーカーズ、ケープシャンク・ピノノワール2017。獣・ベリー系でもちょっと軽い。
ウルフブラス、プライヴェートリリース・シラーズ2017
ブロークンウッド、クリケットピッチ・ルージュ2016。カベルネソーヴィニヨン、シラーズ、メルロー。赤はこれが一番でした。
JALのYではダブルオーの白。ウィスキーもロックでいただきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 09, 2018

香港記念すべき完全制覇

Img_099964午前6時起床。しかし頭が働かず。前夜2軒めまで行って、しかも茶色いお酒を飲むのはよくない。と、何度同じことを思ってきたことか。11時のバスで競馬場へ。今年の香港は寒いということは聞いていたが、外にいて手がかじかむほどというのは初めてかも。香港調教馬、初めての国際レース完全勝利。馬券は、スプリントとマイルが当たって少々プラス。終えてのメシは何度か行ってい鳩の龍華酒店。当日原稿があったためあとから追いかけることになって、歩いていったら、ズンズン歩くスピードでもたっぷり40分。歩く距離ではありません、と覚え書き。総勢12名。お会計の段階で、日本円にして200万円超の払戻があったことを明かすヒトがいて、ごちそうさまになりました。健全に1軒だけでホテル戻り。

競馬●香港ヴァーズ。2番手追走から直線先頭に立ったエグザルタントに、リスグラシューが直線で並びかけて一騎打ち。一旦はリスグラシューが出る場面も、エグザルタントが差し返してクビ差で勝利。●香港スプリント。好スタートも3番手に控えたミスタースタニングが直線の追い比べを制した。内々を回ってきたディービーピンが3/4馬身差2着で去年と同じワンツー。3着にビートクロック。●香港マイル。3コーナー手前で先頭に立ったビューティジェネレーションが軽く追っただけで後続を寄せ付けず連覇。横に広がった2着争いを制したのはヴィブロス。3着にサザンレジェンド。●香港カップ。スローの逃げに持ち込んだグロリアスフォーエヴァーが逃げ切り。縦長の5番手を追走していたディアドラが直線伸びるも1馬身差。2番手を追走していたタイムワープがクビ差3着。●G3ヴェイルディレクトリS(ウッドバインAW14F,3&up):4番手から3コーナー過ぎで先頭に立ったパンプキンランブルに、さらにうしろから来たメルミッチが並びかけての一騎打ちは、パンプキンランブルが振り切って半馬身差で勝利。8馬身半離れて3着にヴィンテージマターズ。

Img_0998本日のワイン●龍華酒店にて。先発隊の買い物でお持ち込みは、写真のとおり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 08, 2018

寝過ごしも無事に香港へ

午前4時半起床。で目覚ましをかけたのだが、しかし。いつの間にかアラームを止めていたようで、次に目覚めたのが6時過ぎとか。「ギャッ!」と叫ぶ。香港行きの準備、何もしてない。最寄り駅6:46の電車に乗る予定だったが、よし!20分で準備。は、さすがに無理で、予定より30分近く遅れて家を出た。ま、飛行機はネットでチェックインしてあるし、そもそも2時間以上前に羽田の国際線ターミナルに着く予定だったので、香港行きの飛行機には問題なく乗れるわけですが。アルコールを摂取して起きれずという経験はあったものの、アルコールを飲まずに寝過ごしというのは初めてかも。スマホのアラームで、鳴った瞬間、意識せずに画面上のSTOPボタンに指が触れてしまったのかも。
JAL国際線のサクララウンジというと、みなさんカレーなわけですが。午前便の場合ぼくはまず明太子でご飯をスパークリングで。のちにカレーライスを赤ワインで。どちらもご飯は付け合わせ程度。それでもそれなりの量になるわけで機内食は辞退。すると新人さんらしき中国系のキャビンアテンダントさんに、つたない日本語で「お体の具合よくないですか」と、いかにもマニュアルどおりに気を使われてしまった。
ほぼ定刻で香港着。ホテルはいつものルネッサンスハーバーヴュー。海側じゃない部屋はもしかして初めてかも。夜は益新美食館@湾仔にて10名で。

競馬●G1ロスアラミトスキャッシュコールフューチュリティ(ロスアラミトス8.5F,2yo):3番手の外につけた断然人気インプロバブルが直線突き放して楽勝でデビューから3連勝。父シティジップ。ハリウッドパークからロスアラミトスに移された2014年以降5年連続でボブ・バファートが勝っていると。逃げたムッチョグストが5馬身差2着。3馬身差3着にエクストラホープ。●G1スターレットS(ロスアラミトス8.5F,2yo f):6頭一団の外目を追走した人気のチェイシングイエスタデーがゴール前の接戦を制した。父タピットで、これもボブ・バファート。アタマ差でエナヤアルラブ。逃げたマザーマザーがクビ差3着。●カリビアンクラシック(ガルフストリーム9F,3yo):メキシコ三冠馬にして無敗のククルカンが中団ラチ沿い追走から3コーナー過ぎで持ったまま先頭に立つと直線独走となって圧勝。デビューから14連勝。10 1/4馬身差2着にヴェネズエラのブカウスキー。3着カンディンスキー。

本日のワイン●羽田国際線サクララウンジにて。ワインはオーストラリアのピッツィーニ。イタリアからオーストラリアに移り住んだピッツィーニさんがビクトリア州キングヴァレーでイタリア品種でつくっているという。泡はプロセッコ2017、赤はサンジョヴェーゼ・シラーズ2017をいただきました。赤はちょっと軽めな感じ。
JALのYは白も赤もダブル・オーというフランスの1/4ボトル。大橋さんと大越さんがJALのためにつくったということでダブル・オー。
益新美食館にて。ワインはそれぞれ持ち込み7本。
白は、チリのモンテス・アウトリミッツ・ソーヴィニヨンブラン2017
カリフォルニアのコールアウェイ・シャルドネ
赤は、マールボロのウィザーヒルズ・ピノノワール2016
ステレンボッシュのラッドフォードデール・シラー2013
カリフォルニアのボーリューヴィンヤード・メルロー2016
Kさんがマカオで買ってきたポルトガルワイン。QUINTA DO CRASTO DOURO RESERVA 2015。濃い。
Niepoort Redoma Douro Tinto 2011。本日最高値315香港(マカオ?)ドルだけあって抜群のバランスでございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 07, 2018

もどってきたマイル争覇

午前6時半起床。明日の香港行きを前にやるべきことを逆算して早めの出社。ここ何年か、仕事的に身軽になって外国に行ったことがないような。だから外に出てもあんまり楽しくないし、外国へは出不精にもなってきている。来年はちょっと変わるだろうか。いや、そろそろ変えよう。

競馬●福山から戻って名古屋で10シーズンぶりに復活したマイル争覇。中団外目を追走したカツゲキキトキトが3コーナー過ぎで慌てたように追っていたが結局は直線半ばで突き抜けた。内で行き場を失いかけていたサンデンバロンがしぶとく伸びて2馬身半差2着。2番手から3コーナー過ぎで一旦は先頭に立ったポルタディソーニが1馬身差3着。

本日も休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 06, 2018

熾烈な地方リーディング

通常出社。騎手の地方全国リーディング争いがたいへんなことになってきていて、この日昼間開催の園田で吉村智洋が4勝を挙げて再度トップに。と思えば、大井ナイターでは森泰斗が3勝を挙げて再び逆転。結果、この日までで、森268勝、吉村267勝。さて、どうなりますか。

競馬メキシコで13戦負けなしの三冠馬ククルカンKukulkanが8日、ガルフストリームパークのカリビアンクラシックSに挑戦。

連続休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 05, 2018

この木何の木気になる木

Img_096764前夜の飲み過ぎが色濃く残る朝。通常出社。で、夕方から大井。ウマイルスクエアには、この木何の木気になる木的な形のツリーが。その下には的場さん勝負服デザインの馬車。本日の1食目はかしわやで開催限定そば。ちょっと紅生姜入りネギちくわ天そば500円也。うむ、これはおいしい。次の開催もあったら食べよう。って、次開催は東京大賞典ですか、そうですか。で、勝島王冠。スタートでタイミングが合わないモジアナフレイバーだが鞍上が慌てず。なるほど、直線抜群の手ごたえでも追い出しを我慢。またまた3歳馬の2着に敗れたヒガシウィルウィン。さすがに今回敗因は斤量差くらいか。そして3着も53キロの3歳馬。前4頭が競り合ったところを逃げて4着に粘ったキャプテンキングは覚えておいたほうがいいかも。
まっすぐ帰宅。朝から家のWiFiがつながらなかった現象。どうやら昨日、妻が部屋の掃除をしたときにケーブルか電源を抜き差ししたときに設定がすべてリセットされてしまったらしい。WiFiルータの設定って、年に一度やるかやらないかの作業なので、どの設定がどこにあるのか探し出すだけでたいへん。WiFiの設定で1日を終えた誕生日。

競馬●勝島王冠。4コーナーを10番手あたりで回ったモジアナフレイバーが直線外からまとめて差し切った。ゴール前でひと伸びしたヒガシウィルウィンが3馬身差でようやく2着。前4頭とは離れた5番手を追走していたリコーワルサーが直線一旦は2着かという場面があって3着。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 04, 2018

競馬場に薬物捜査犬配置

午前中、在宅にて原稿。午後から両国へ。ウマ科学会の学術集会2日目。『競馬産業の国際化−これまでの取組みと将来−』というシンポジウムを聞きに。日本の馬場管理技術ってやっぱりすげぇんだ。というのと、ジャパンCに外国馬を呼ぶには果たしてどうすれば、という近年の難題。終えて門前仲町へ。地・中・海ケイバモードの忘年会。イベリコ・バル門仲というスペインバル的なお店で。

競馬ルイドソダウンズ競馬場で禁止薬物対策に薬物捜査犬、3歳のベルジャンマリノア“Chini”を置いた。12種類の薬物が嗅ぎ分けられると。

本日のワイン●イベリコ・バル門仲にて。スペインのビール。飲み放題のスペインの白と赤。2軒め居酒屋。さらに3軒めマルシュ2号店。飲みすぎました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 03, 2018

高額賞金レースが続々と

午前5時半起床。チャンピオンズC原稿ほか2本。の予定が最後の1本には至らず。午後、ヤングジョッキーズシリーズ関係の取材でほんの一瞬大井競馬場。終えてホテルニューオータニ。年末を実感する毎年の行事、東京馬主会の懇親会に出席させていただく。例年は忘年懇親会のところ今年は創立70周年懇親会とのこと。ゲストは石川さゆりさん。近くで聞かせていただくと迫力圧巻。ホテル上階のバーでもちょっと飲んで帰宅。

競馬●北上川大賞典。差のない3番手につけたエンパイアペガサスが3コーナーで先頭に立つと直線独走となって大差楽勝。そのうしろを追走していたチェリーピッカーは2秒2差がついて2着。レーシング・ヴィクトリアが秋に500万豪ドルのオールスターマイルを発表したのを受け、シドニーではコックスプレートかヴィクトリアダービーの日に800万豪ドルのマイルのレースをやると。

本日の酒●ニューオータニ・鶴の間にて。シャンパーニュはドラピエ・キュヴェ・シャルルドゴールでした。白・赤はニューオータニセレクションという生産委託でしょうか。白はグラーヴ、赤はフロンサック。やっぱりボルドーなんすね。バーではどこだったかニューワールドのピノを飲んだような。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 02, 2018

チャンピオンズCでした

中京競馬場へ。我々フリー的な人には居場所がない競馬場なのでメインに間に合うよう14時半ごろ競馬場着。出遅れだけが懸念材料だったルヴァンスレーヴだったが、2番手につけたら直線軽く追われただけで完勝。差し切る勢いで伸びてきたサンライズソアをあっさり突き放した。2着ウェスタールンドの上がり34.4にもびっくり。そして勝ちタイム1.50.1は3年連続でまったく同じという。アンジュデジールが逃げられたのは、その3年でもっとも遅い前半のペースだったゆえ。5着オメガパフュームの上がり36.0というのも大外を回したぶんで、3年前3着のサウンドトゥルーがそうだったように直線勝負の馬は大外を回すのでは届かないレース。
終了後、名古屋駅でちょっと時間があり、うまいもん通りでもいつも比較的空いているヱビスバーにて軽く2杯。まさにビアバー的なお店なのだが、観光客用に手羽先とか串カツ味噌味とかがちゃんとあるのね。

競馬●金沢ヤングチャンピオン。内枠にもかかわらず2頭に先行されたアイオブザタイガーだが、3コーナーで前をとらえると直線突き放して楽勝。逃げたハッピーフライトが踏ん張って7馬身差2着。2馬身半差3着にサノオーソ。●ばんえいオークス。障害ひと腰楽々と先頭のミスタカシマが後続を寄せ付けないまま完勝。離れた障害2番手のアフロディーテがそのまま2着。●G1メイトリアークS(デルマー芝8F,3&up f/m):4コーナーでも後方3番手だったユニが直線大外一気を決めた。G3ノーブルダムゼルSから連勝でG1初勝利。直線を向いて先頭に立っていた伏兵ダディーイズアレジェンドが半馬身差2着。人気のヴァシリカは4着。シガーマイル4着だったメンデルスゾーンが引退。結局アメリカでは勝てず。そのままクールモア・アシュフォードスタッドで種牡馬に。種付料は35,000ドル。

本日の酒●ヱビスバーにて。ヱビススタウトクリーミートップ。11月20日発売というヱビス香るルージュ。帰宅して、ファミーユ・キオ、レ・クヴェルセ・コートデュローヌ2014。グルナッシュ主体のイチゴとかブルーベリーとかローヌのベリー系果実味。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 01, 2018

明け方に聴きたい深夜便

竹見さん宅訪問。のち、出社。夕飯を食うタイミングを逸して夜9時過ぎの回転寿司。寝るときはだいたいNHK『ラジオ深夜便』を小さい音でつけて30分タイマーで寝るのだが、冒頭朝までの番組紹介があって、午前2時からフランク・ザッパの特集だと。NHKでフランク・ザッパをやる時代になったか、と。ラジオ深夜便は夜の深い時間にけっこうマニアックな特集をやっていて、たぶん選んでいるのは50代中盤から60代くらいの人なんでしょうかね。さすがに生活が朝方になったので、その時間までは聞けないわけですが。それでもさらに生活が前倒しになれば聞けるようになる、のか。

競馬●G1シガーマイル(アケダクト8F,3&up):パターンレコッグニションが逃げ切ってG2ケルソHから連勝。ブービー人気トゥルーティンバーが迫ったものの3/4馬身差まで。人気のメンデルスゾーンは4着。●G2レムゼンS(アケダクト9F,2yo):マキシマスミスチーフが逃げ切ってデビューから3連勝。父イントゥミスチーフ。2 1/4馬身差2着にネットワークエフェクトで人気2頭での決着。●G2デモワゼルS(アケダクト9F,2yo f):3番手から4コーナーで先頭にたったポジティヴスピリットが直線突き放して圧勝。KYダービー馬オールウェイズドリーミングの半妹で父はパイオニアオブザナイル。デビュー3戦目での初勝利が重賞。2着のアフリートデスティニーは10馬身半差。3着にフィリージョエル。人気のエンライヴンは5着。●G3ゴーフォーワンド(アケダクト8F,3&up f/m):断然人気マーリーズフリーダムが、直線一騎打ちとなったカムダンシングをクビ差でしりぞけた。今シーズンG1バレリーナSなどグレード4勝目。父ブレイム。

本日の酒●遅い夕飯に回転寿司で燗酒一合。帰宅して、越乃景虎・純米酒。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2018 | Main | January 2019 »