« ダービーで悲喜こもごも | Main | 41年ぶり無敗の北米三冠 »

June 08, 2018

米国にて女王陛下に戴冠

朝、インスタを見ていると女王陛下の勝負服の写真があったりして何事かと思ったら、ベルモントゴールドCを勝ったという。さすがに御臨席はされてなかったようだが。現地がどうだったかわからないけど、こういうことはもっと盛り上がってもいいと思うのだが。それにしてもロイヤルアスコット開催を前に有力馬がアメリカ遠征とは。通常出社。編集する原稿がちょっと難儀だった。

競馬●G2ベルモントゴールドC(ベルモント芝16F,4&up):女王陛下の自家生産馬で1番人気支持されたコールトゥマインドが2番手追走から3コーナー過ぎで先頭に立ってそのまま押し切りコースレコードで重賞初勝利。1馬身差2着にカネサー。クビ差3着にプリンスオブアラン。●G2ニューヨークS(ベルモント芝10F,4&up f/m):大逃げの前2頭を直線半ばでとらえたフォースタークルックが、最後方から追ってきた断然人気のシスターチャーリーをアタマ差でしりぞけた。前走G1ジェニーワイリーSと1、2着が入れ替わっての決着。1 1/4馬身差3着にダディーズリルダーリン。●G2トゥルーノースS(ベルモント6.5F,4&up):人気のインペリアルヒントが好位追走から直線半ばで抜け出し押し切った。後方から追ってきたウィットモアはクビ差及ばず。2番手から直線先頭のボビーアブダビは1馬身半差3着。●G3ベッドオローゼスS(ベルモント7F,4&up f/m):2番手から直線先頭のルイスベイが後続を突き放して圧勝。5馬身半差2着にハイウェイスター。人気のアメリカンギャルは最下位5着。日本を目指すモレイラに続いて、トミー・ベリーはオーストラリアに戻ると。

本日のワイン●池袋ワイン倶楽部にて1時間ほど。ラルス・スプマンテ、アルゼンチンのマルベックをグラスで1杯ずつ。

|

« ダービーで悲喜こもごも | Main | 41年ぶり無敗の北米三冠 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 米国にて女王陛下に戴冠:

« ダービーで悲喜こもごも | Main | 41年ぶり無敗の北米三冠 »