« 希少なスキャットダディ | Main | 川崎2100ハイペースで »

June 12, 2018

川崎名物あらためて検証

Img_069564川崎競馬場へ。以前と味が変わったと言われている焼きそばを久々に食べてみることにした。なんでも社長(?)がいらっしゃらなくなったらしく、レシピが伝えられないままだったという噂があるんですが、どうなんでしょう。以前からコショーがきいて辛かったけど、2016年のJBC開催を前に場所が変わったあたりから、ちょっと辛すぎしょっぱすぎになったような気はする。ただ自分がトシをとったことで辛さやしょっぱさの耐性が弱くなったからということも否定できない。そういうわけで、五十路を過ぎたいまのワタシにはちょっと辛いししょっぱいです。さらに気づいた以前との違いは、桜エビ(正確にはオキアミと思われる)が入ってない……と思ったら、探さないとわからないくらい少量になったことも。というわけで門別競馬場のドライカレーにコロッケ(もしくはメンチカツ)オンに対抗して、川崎で焼きそばにコロッケ、オンしてみました。東京スプリントではまったく行きっぷりがよくなかったフラットライナーズ。今回2着には負けたけど、さすがに57キロでも得意の条件だと格好はつける。

競馬●川崎スパーキングスプリント。一瞬のダッシュがつかず3番手、3〜4コーナーでは5番手まで下げた51kgのラディヴィナが直線1頭分空いた内を突いて抜け出した。2番手追走のフラットライナーズは直線先頭も半馬身差2着で3連覇ならず。中団追走から直線伸びたケイエスソードがハナ差3着。人気のサトノスピードオーはダッシュがつかず大外を回してきてゴール前迫るもアタマ差4着。ジャスティファイが16日のチャーチルダウンズ・ナイター開催でお披露目。

連続休肝日。

|

« 希少なスキャットダディ | Main | 川崎2100ハイペースで »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 川崎名物あらためて検証:

« 希少なスキャットダディ | Main | 川崎2100ハイペースで »