« まさかここで負けるとは | Main | ダービーで悲喜こもごも »

June 06, 2018

梅雨入りの東京ダービー

617a4291梅雨入りして雨は止ままないまま迎えた東京ダービー。さすがに今回は的場さん無理だろうと思っていたら、あわやという2着。クビ差は1998年アトミックサンダーの2着だったゴールドヘッドと同じく2着10回の中で最少タイの着差。的場さんも悔しいというよりこの走りにはびっくりした感じだった。ハセノパイロは地方の2歳チャンピオンでありながら3歳になってのこれが初勝利ということではよく立て直した。そんなこんないろいろはどこかで書きましょうか。終えて、新馬場の居酒屋さん。まりなるの誕生日を7名で。日付変わって午前1時前に帰宅。

競馬●東京ダービー。3番手のラチ沿いを進んだクリスタルシルバー、5番手外目を追走したハセノパイロが直線やや馬体を離しての追い比べとなって、ハセノパイロがクビ差先着。最内を突いたクロスケがクビ差3着。外のモジアナフレイバーがハナ差4着。2010年のチェルトナムゴールドCを勝つなど障害で活躍したデンマンが18歳で死んだ。2015年にアメリカンフェイロアが北米三冠を達成したあと、ジャスティファイが最初の二冠馬となってお披露目された新たな三冠のトロフィー。

本日の酒●酒菜にて。おいしい魚と肴で会津のお酒、花春(たぶん純米酒)。たまたま残ってたという秋田の高清水もいただきました。

|

« まさかここで負けるとは | Main | ダービーで悲喜こもごも »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 梅雨入りの東京ダービー:

« まさかここで負けるとは | Main | ダービーで悲喜こもごも »