« まるで真夏の盛岡競馬場 | Main | まさかここで負けるとは »

June 04, 2018

連闘をかけることの効用

午前5時半起床。昨日のジョッキーズチャンピオンシップ@盛岡の原稿。出社してもひたすら原稿を書き続けた1日。午後7時頃、さすがに電池切れ。早起き体質になっても、さすがに集中が続くのは12時間くらいか。
それにしてもモズアスコットの連闘で重賞初勝利がGIというのはお見事。比べるとかなり地味だけど、さきたま杯3着のアンサンブルライフも連闘だった。重賞では、じつに全日本2歳優駿3着以来の馬券絡み。日本では連闘使いは特別視される風潮にあるけど、オーストラリアではたとえばメルボルンCに出走するために中2日、中3日とかで使うこともめずらしくないし、勝負がかりで調子がよければそれを狙うのはかなりアリだと、あらためて。

競馬ノーザンアフリートが6月1日、25歳で死んだ。代表産駒にワールドアプルーヴァル、アフリートアレックスなど。G1サンタマルガリータSなどを勝ったフォルトが調教中骨折。おそらく引退。

本日休肝日。

|

« まるで真夏の盛岡競馬場 | Main | まさかここで負けるとは »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 連闘をかけることの効用:

« まるで真夏の盛岡競馬場 | Main | まさかここで負けるとは »