« ホープ軒からの定点観測 | Main | 一気に突き抜け一騎当千 »

June 27, 2018

2000の舞台で交わる強さ

午前5時起床。先週金曜日から次の日曜日まで10日間で4度のテレビ出演があり、さらに帝王賞もあって今週一杯ががんばりどころ。午後からグリーンチャンネル。地方競馬中継は、ヤングジョッキーズシリーズ笠松。今年はここまで船橋、笠松と計4戦のうち3戦で3連単が4桁配当、あとの1戦も1万3千円弱とか。昨年のトライアルラウンドの3連単の平均配当が10万円超だったということで、そういうところを狙っているのに上位人気の決着ばかりで、そりゃ当たりませんがな。
617a4416終了後、大井競馬場へ。打合せをしていたら夕飯を食う時間もないまま帝王賞のパドック。距離も含めてコース実績のないゴールドドリームはどうだろうと思っていたら、ケイティブレイブとの追い比べとなって勝ちきった。恐れ入りました。終了後、飲みに誘われたものの、寝ないと死んじゃうのでまっすぐ帰宅。ニワカながらワールドカップの韓国VSドイツ戦に見入ってしまい、とはいえ最後まで見ていたのではまっすぐ帰って来た意味がなくなるので前半だけで就寝。結果は、すごいことになってたのね。

競馬●帝王賞。1000m59秒9のハイペースで3番手を追走したケイティブレイブ、スタートイマイチも向正面で直後につけ、直線では内にもぐりこんだゴールドドリーム。残り200mからの一騎打ちは、ゴールドドリームがクビ差で先着。中団よりうしろから直線伸びたサウンドトゥルーが1馬身半差3着。

本日のワイン●寝酒にカヴァ。ボデガス・コヴィニャス、エンテリソ・ブリュット

|

« ホープ軒からの定点観測 | Main | 一気に突き抜け一騎当千 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/66879690

Listed below are links to weblogs that reference 2000の舞台で交わる強さ:

« ホープ軒からの定点観測 | Main | 一気に突き抜け一騎当千 »