« ダービーまであと2馬身 | Main | スピード決着の新馬戦 »

May 06, 2018

英米から快挙のニュース

昨夜の酒がちょい残りつつも午前6時半起床。(現地の日付的には昨日ですが)ネットを見るとサクソンウォリアーが英2000ギニーを勝ったというニュース。さらにチャーチルダウンズではヨシダがターフクラシックSを勝ったと。ディープインパクト、ハーツクライ産駒の日本産馬が英米で同日GI制覇という。しばしののち、ケンタッキーダービーの結果も伝えられ、ドロドロの馬場をジャスティファイが早め先頭から押し切った。3歳2月のデビュー、4連勝でダービー制覇。いろいろと時代は変わる。

競馬●金沢スプリングカップ。激しい先行争いでハナをとったムーンファーストが3コーナーから後続との差を広げ逃げ切り圧勝。2、3着は後方追走の伏兵で、トニーポケットが8馬身差、スプリングボックスが3馬身差。●黒潮皐月賞。単騎で逃げたネオプリンセスをスターアイリスが4コーナー手前でとらえ直線先頭も、4番手から追ってきたヴァリヤンツリがゴール前で差し切り半馬身。2馬身半差3着にレマンコ。●シアンモア記念。逃げたベンテンコゾウが直線後続との差を広げて楽勝。4コーナー3頭横一戦の2着争いから抜け出したのはタイセイファントムで勝ち馬からは6馬身差。1馬身差3着に南関東B3のビタミンエース。●G1 1000ギニーズ(ニューマーケット8F,3yo f):66/1の最低人気ビレスドンブルックが一団馬群の中団うしろから残り2Fを切って抜け出した。2歳時にG3を勝っていたものの前走G3ネルグウィンS4着からの今季2戦目だった。父シャンゼリゼ。逃げたローレンスが1 3/4馬身差2着。2歳時G1・2勝で人気になったハッピリーは半馬身差3着。●G2ダーリアS(ニューマーケト9F,4&up f/m):昨年BCフィリー&メアターフを勝ったゴドルフィンのウハイダが今季初戦を勝利。4馬身差2着にウィラミナWilamina。●G2ラフィアンS(ベルモント8F,4&up f,m):5頭立て4番手を追走した人気のパシフィックウインドが直線外から差し切った。今季2連勝でグレード初勝利。直線を向いて先頭に立ったハイウェイスターが1馬身差2着。半馬身差3着テキリータ。●G3アドレーションS(サンタアニタ8.5F,3&up f/m):6頭立て最後方を追走した断然人気フォルトが直線外からまとめて差し切った。G1サンタマルガリータから連勝で今年グレード3連勝。2番手から直線内から一旦は先頭に立ったシェナンドアクイーンが半馬身差2着。逃げたメンディドが1馬身差3着。人気のもう1頭ヴェイルドリは5着。

本日のワイン●カヴァで、オリオル・ロッセール、キュヴェ・エスペシアルを飲みすぎない程度に。

|

« ダービーまであと2馬身 | Main | スピード決着の新馬戦 »

Comments

スキャットダディは残念ながら2015年の年末に亡くなっています。今年デビューする2歳馬がラストクロップですね。

Posted by: 小狐丸 | May 07, 2018 09:30 PM

小狐丸さま
あらま。そうでしたか。ご指摘ありがとうございました。

Posted by: さいとー | May 07, 2018 09:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 英米から快挙のニュース:

« ダービーまであと2馬身 | Main | スピード決着の新馬戦 »