« 日本の酒で季節を味わう | Main | あっとおどろく7馬身差 »

May 09, 2018

駅2階で、ちょっと一杯

『まるごと高知県3日間!』というイベントの大井競馬場。第7レースでは断然人気のカメヤマシャチュウが6馬身差圧勝というできすぎたハナシ。鞍上は的場文男で、続く第8レースもゴーディーで逃げ切ってこの日2勝。いよいよ勝ち星のペースが上ってきて今年39勝、地方通算では7124勝となった。最終レース、トサノナデシコ赤岡は11着でした。
羽田盃は、ヤマノファイトがコーナーで外に張る感じとか掛かるかもしれない心配がなくなって逃げ切り。3歳になっていまいちだったリコーワルサー、ハセノパイロが復活ともいうべき2、3着。ハセノパイロは右手前の3、4コーナーで置かれる感じがあって、それが克服できれば距離の伸びる次回は、という覚え書き。
2018050948競馬場へ向かう大井競馬場前駅で2階に蕎麦居酒屋がオープンという案内を発見して、では帰りにちょっと寄ってみましょうと。駅2階は以前は喫茶店か何かだったと思うのだが、そういえば30年近くもこの駅を利用してきて改札外の2階へとつながる階段を上がったのはたぶん初めてだったという。連休に入る直前にオープンしたという『ちゃぼうず』。ちょっと飲んだり食べたりにはかなりいい感じの十割蕎麦酒場でござんした。では次回、大井記念の日に。

競馬●羽田盃。図らずもハナに立つことになったヤマノファイトが、最後までリコーワルサーにプレッシャーをかけられるも1馬身差で振り切って南関東重賞3連勝。ハセノパイロもゴール前迫って1馬身差3着。モジアナフレイバーはその争いから脱落して4着。2コーナーでムチが入っていたワグナーコーヴは「押しても進んでいかなかった」とかで最下位。●G3チェスターヴァーズ(チェスター12.5F,3yo c/g):ヤングラスカルが今季初戦のメイドン勝ちから2連勝。父インテロ。半馬身差2着にディーエクスビー。クールモアで人気になったハンティングホーンは3着。●G3テキサニタ賞(メゾンラフィット1100m,3yo):クビ、ハナという接戦を制したのは、前走G3シギー賞2着だったアリステアで重賞初勝利。2着はゴドルフィンのボーイデアル。

本日の酒●飲まない予定が、ちゃぼうずを発見したばかりに。そこで唯一の日本酒、福岡の福徳長・純米吟醸を少々。

|

« 日本の酒で季節を味わう | Main | あっとおどろく7馬身差 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/66705089

Listed below are links to weblogs that reference 駅2階で、ちょっと一杯:

« 日本の酒で季節を味わう | Main | あっとおどろく7馬身差 »