« November 2017 | Main | January 2018 »

December 31, 2017

年末のおつとめは大井へ

2017123131大晦日、どんより曇った夕暮れの空は、まるで水彩画のような群青色。12月の馬券はこだわりすぎて大散財。逆転を狙った東京2歳優駿牝馬は、ビジネスライク除外によって全額返還という不完全燃焼で2017年の馬券は終了。そしてフリビオンはますます強くなった。まっすぐ帰宅しての夕飯は、2016年分の帯広市応援寄附金で送られてきたかみこみ豚のしゃぶしゃぶ。

競馬●東京2歳優駿牝馬。5番手を追走したグラヴィオーラが直線残り100m手前で抜け出した。4番手の内を追走したストロングハートが1 3/4馬身差2着。エーデルワイス賞の1、2着馬が順位を逆にして、サウスヴィグラスのワンツー。クビ差3着にゴールドパテック。●桐花賞。2番手追走のベンテンコゾウが直線を向いて先頭に立ったが、3番手の内から外に持ち出したエンパイアペガサスがとらえ1馬身半突き放して完勝。4馬身差3着にダイワエクシード。●東海ゴールドカップ。2番手から3コーナーで先頭に立ったのはハタノリヴィールだったが、直後でマークしていたメモリージルバが直線半ばでとらえて勝利。5番手から追ってきたアサクサポイントが2馬身差2着。ハタノリヴィールはハナ差3着。●園田ジュニアカップ。4頭の先行争いも控えて6番手から進めたコーナスフロリダが、3コーナーで先頭に立ったトゥリパを4コーナー手前でとらえると直線抜け出して勝利。追ってきたテクノマインドが1馬身半差2着。1周目のスタンド前で一気に位置取りを上げてきたミネオラチャンが6馬身差3着。トゥリパは4着。●高知県知事賞。中団うしろ8番手から進めたフリビオンが2周目向正面から位置取りを上げ、4コーナーで前をとらえると直線で突き抜けた。2番手から向正面で先頭に立ったティアップリバティが粘っていたが、中団から追ってきたチャオがとらえて4馬身差で2着。ティアップリバティはクビ差3着。イッツガナハプンは向正面でズルズル後退して大差の最下位入線。G2サンアントニオSを勝ったジャイアントエクスペクテーションズがペガサスワールドCへ。

本日のワイン●南西地区のドメーヌ・ド・ププイ、コロンバール・ソーヴィニヨン2016。ソーヴィニヨンブランのきりっと系。2人でワイン1本と最近はだいぶ控えめ。玉乃光・純米吟醸を1杯飲んで就寝。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 30, 2017

61歳マトバさんの大逃走

2017123064年末年始の重賞予想などが追いつかず。大井行きは断念。東京シンデレラマイルは、的場さんが抜群のダッシュを決めたと思ったら、さすが内回りのマイル戦というレースに持ち込み、単勝61.5倍の11番人気というニシノラピートで逃げ切り圧勝。その驚きと喜びは、検量室前の映像でも伝わってきた。大井に行かなかったぶん、ゆっくり夕飯ができて、帯広市ふるさと応援寄附金の還元シリーズで、トヨニシファームのローストビーフ。わっ、これもめちゃめちゃおいしい。合わせるのはめずらしくボルドーと思ってあけたのが有名どころでシャトー・モンペラ。年末年始、飲みすぎてる場合ではないのに、するっと1本いってしまいました。

競馬●ライデンリーダー記念。4番手の内を追走したチェゴが向正面で外に出し、3コーナーで先頭のリボースに並びかけると直線楽に突き離した。3馬身差でリボースが2着。3/4馬身差3着にバレンティーノ。●東京シンデレラマイル。伏兵ニシノラピートが4コーナー手前から徐々に差を広げて逃げ切り勝ち。4コーナー中団外から追い込んだパーティードレスが5馬身差2着。半馬身差3着にグラスサファイヤ。人気のラインハートは見せ場なく7着。●LG1カタールダービー(ドーハ2000m,3yo):5月にG2イタリアダービーを制していたマクマホンがカタールでもダービー制覇。父ラモンティのイタリア産。馬主はシマカワ・タカヤさん。●G1アメリカンオークス(サンタアニタ芝10F,3yo f):2番手を追走した人気のニューマネーハニーが4コーナー手前で先頭に立ったものの、直後でマークしていた僅差2番人気ダディーズリルダーリンが直線でとらえてG1初勝利。外から迫ったマダムダンスアロットが半馬身差2着。1馬身半差3着にカティーズソング。ニューマネーハニーは直線一杯になって4着。●G3ロバートJ.フランケルS(サンタアニタ芝9F,3&up f/m):6頭立て最低人気ミッドナイトクロッシングが逃げ切り勝ち。人気のエリシアズワールドは5番手追走からゴール前迫ったものの半馬身差まで。クビ差3着にラシーン。●G3ミッドナイトリュートS(サンタアニタ6.5F,3&up):先行した3頭のゴール前接戦はサイレントバードが制して重賞初勝利。父サマーバード。伏兵タフサンデーがクビ差2着。人気のアメリカナイズはハナ差3着。

本日のワイン●カヴァは、エメンディス、アブシディス・ブリュットNVシャトー・モンベラ・ルージュ2014。シルキーな感じでなめらかでおいしいじゃないですか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 29, 2017

大団円続く年末の大一番

2017122964メインに間に合うような時刻に大井競馬場へ。天王洲アイル駅の乗り換えで、お子さんを連れた村山明調教師とばったり。そして東京大賞典のコパノリッキーは、キタサンブラックと同じように引退レースで後続を寄せ付けずの逃げ切り。何がすごいといって、両馬を生産したのが同じヤナガワ牧場であるということ。引退セレモニーでのコパさんはさすがに感極まった様子だった。
そして大井の1レース&1日の売上がレコード。ここまで上がり続けると、むしろ今度てっぺんから落ちるときはどうなるのだろうという心配。そしてJRAの開催がなくとも、ばんえい競馬もなんと!2億7526万600円。高知の開催はなく、おそらく17:50の大井最終レースが終わって流れてきたものと思われ。まっすぐ帰宅で、原稿続くよどこまでも。

競馬●東京大賞典。宣言どおりに逃げて完璧なペースをつくったコパノリッキーが後続を突き離して逃げ切り。サウンドトゥルーが中団から末脚を活かしたものの3馬身差2着。2番手追走のケイティブレイブは2馬身半差3着。●ヤングチャンピオンシップ。最初に仕掛けたオレワチャンピオンが障害先頭で、差なく続いたジェイコマンダーと追い比べとなったが、オレワチャンピオンが最後まで譲らず押し切った。障害5番手のコウシュハレガシーがよく伸びて3着。2018年イギリス競馬の賞金が過去最高の1億6千万ポンドに。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 28, 2017

豊西熟成ロースステーキ

2017122817午前6時起床。昼前に中山競馬場。世間では仕事納めとか言われる平日ゆえ、GI開催の盛り上がりはありつつ場内はさすがにのんびり。着いてから聞いて知ったのだが、第2レースで淑子さんが名付けたレセディラローナが2歳未勝利戦を勝ったと。いろいろな意味でおめでとうございます。ヤングジョッキーズシリーズ・ファイナルは、トライアルラウンドからレースの流れを読んでいた臼井健太郎が優勝。ファイナル大井の前までで3年目通算25勝という成績とはとても思えない落ち着いた騎乗ぶりであった。出ている本人たちは初めての経験ばかりだし、現場もおもしろいんだけど、その面白さが見ている人にどれだけ伝わっているのか、というのはなるほどたしかに。
2017122864帰宅しての夕飯。帯広市ふるさと応援寄附金でいただいた、帯広・トヨニシファームの熟成ロースステーキ、326g也。これ、すげーおいしい。中火で焼くこと表裏1分ずつ、アルミホイルかぶせて3分保温で完璧。これ、買うといくらなんでしょ。とりあえず1200円/100gくらいではあるようだ

競馬●金の鞍賞。逃げたネオプリンセスに、4番手から向正面半ばでぴたりと直後につけたヴァリヤンツリの一騎打ちは、ネオプリンセスが最後まで並びかけさせず逃げ切り。ヴァリヤンツリは半馬身差。2コーナーを後方3番手で回ってロングスパートのレマンコが1馬身差まで迫って3着。アウトスタンディンは1馬身差4着。

本日のワイン●南仏のドメーヌ・アントニャック、クロズリー・デ・リィ・ルージュ2015。果実味たっぷりでおいしゅうございます。れんとをお湯割りで2杯。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 27, 2017

ヤングジョッキーズ中継

午前7時前起床、だったか。中継の仕込みの続きをやって、久しぶりに中継用の馬券を仕入れにオフト後楽園。水道橋駅の改札でマスク美女と見つめ合う。お互いにマスクをしていて一瞬では認識できなかったのだが、ウインズのイベント出演があるという、まーやちゃんであった。で、グリーンチャンネル。兵庫ゴールドトロフィーは、トウケイタイガーは相当に調子落ちだったのだろう。普通に能力を発揮したのがグレイスフルリープとラブバレットだけだったという結果。その中継との入れ替わりで、ヤングジョッキーズシリーズ大井の中継。頭がまっしろになって慌てた場面が2箇所ほど。失礼いたしました。クジ運もあったとはいえ、その運をしっかり活かして地元南関東騎手3名がポイント上位を占める結果。まっすぐ帰宅。原稿2本、兵庫ゴールドトロフィーの回顧と東京大賞典の予想。終えたのは時計のてっぺん過ぎ。

競馬●兵庫ゴールドトロフィー。2番手から3コーナー楽な手ごたえで先頭に立ったグレイスフルリープがそのまま後続を寄せ付けず完勝。中団から向正面で仕掛けたラブバレットは、一旦は勝ち馬の直後に迫ったもののそれ以上差がつまらず1馬身半差2着。逃げたサイタスリーレッドは3コーナーで一旦後退したものの内から盛り返してクビ差3着。金沢競馬が雪のため第3レース以降取止め。アリシーバの調教師、ジャック・ヴァン・バーグがガンのため81歳で亡くなった。

本日の酒●寝酒に、玉乃光・純米吟醸を1杯だけ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 26, 2017

最後の地中海・秋セット

O0960072014099054308午前6時起床。明日の兵庫ゴールドトロフィーに出走する北海道所属馬が悪天候により津軽海峡を渡れず出走取消という報せ。昼からグリーンチャンネルで今年最後の『地・中・海ケイバモード』収録。東京大賞典の展望、ヤングジョッキーズシリーズ・ファイナルのご案内など。このセットでの放送はこの日で最後。出社して明日の中継の仕込み。23時過ぎの池袋の街はいかにも年末という喧騒。いつもの終電3本前で帰宅。

競馬●G1マリブS(サンタアニタ7F,3yo):先行争いから抜け出したシティオブライトがそのまま押し切って逃げ切り。デビュー3戦目での初勝利がG1。父クオリティロード。内を突いたエドワーズゴーイングレフトが2馬身差2着。1馬身差3着にフェイヴァラブルアウトカム。人気のパヴェルは4着。●G1ラブレアS(サンタアニタ7F,3yo f):BCフィリー&メア・スプリントで1番人気に支持されるも7着だったユニークベラ。スタート後5番手も、3コーナーで先頭に立ったパラダイスウッズを4コーナーでとらえると3/4馬身差で振り切ってG1初制覇。父タピット。1 3/4馬身差3着にモポティズム。●G2マティスブラザーズマイルS(サンタアニタ芝8F,3yo):逃げたクロイが直線でも粘っていたが、4番手の内を追走したボウイズヒローがゴール前でとらえ半馬身差で重賞初勝利。父アーティシラー。人気のビッグスコアは3 1/4馬身差3着。●G2サンアントニオS(サンタアニタ8.5F,3&up):ゲイリー・スティーヴンスがスローの逃げに持ち込んだ最低人気ジャイアントエクスペクテーションズが直線後続を寄せ付けず逃げ切り。3 1/4馬身差2着にアクセレレート。ペガサスワールドCを目指す断然人気コレクテッドは5頭立て最後方を進んでクビ差3着。ホッパーチュニティ4着。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 25, 2017

いよいよ年明けまで競馬

2017122519通常出社。会社に一同3名が集まるのは今年今日が最後のため、締めのランチは池袋駅前のすしざんまい。有馬記念は、昨日の地方競馬が濃いネット中継の直前にあわただしく見ただけだったので、あらためて映像を見て、ネットの記事などを読んでいるとじわじわと来た。それにしても勝った瞬間、来賓席のテラスの映像に映された北島三郎さんは、椅子から立つこともできずにだいぶ疲れた様子だったのが、レースのあとの「まつり」の熱唱の映像を見ると、普通に元気なエンターテイナーとなられていた。たいしたものだ。明日からまた収録、中継、予想原稿、取材、提案書作成。年明け9日まで日々一杯。

競馬●今年も熾烈な地方の調教師全国リーディング争い。25日現在で、角田輝也213勝、雑賀正光210勝、金田一昌206勝。名古屋は開催終了も、明日からの笠松5日間開催に角田輝也厩舎は大挙20頭も登録して逃げ切り態勢。高知は残り3日、金沢は2日。さて。

本日の酒●ランチ@すしざんまいにて。あさ開・水神・純米大辛口。きりっと辛口、ランチのちょい飲みにはぴったり。夜は飲まず。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 24, 2017

地方競馬が濃くなる年末

2017122464ここのところ朝はゆっくりだったのが、本日は午前6時半起床。午前中原稿。昼過ぎに競馬総合チャンネルのオフィスへ。有馬記念をテレビ観戦して、すぐに『“年末年始”は地方競馬が濃い!』のネット中継。2時間半ほどノンストップの生中継は、こんなでした。特別顧問と呼ばれることになったのに、佐賀2レース、ばんえい2レース、当たらず。iPadで出したとおりガチで馬券(ネット投票ですが)を買っていたので大散財。それでもばんえいから参加した哲三さんが、なんの予備知識もなくばんえい8レースの最低人気馬が勝ったのを当てたので、番組的には盛り上がって終えることができました。終了後、意外にもわりと空いていた有楽町ワイン倶楽部で飲んで食って帰宅。
有馬記念後は高知開催がなくナイターは帯広単独で2億3849万3600円(!)。

競馬●中島記念。逃げたウルトラカイザーに、2番手のキョウワカイザーが、3コーナー過ぎから3番手以下を離しての追い比べ。ゴール前でキョウワカイザーがとらえてクビ差、3連覇達成。4馬身離れて3着にマサヤ。人気のスーパーマックスは3番手の内を追走するも向正面で手ごたえ一杯になり5着。●ばんえいダービー。障害先頭のメジロゴーリキが一度もとまらずそのまま押し切った。障害6番手のマツカゼウンカイがじりじりと伸びてきて2着。きわどい3着にジェイワン。障害8番手からぐいぐい伸びてゴール前単独2番手に上ったホクショウムゲンだったがゴール寸前で詰まって4着。

本日のワイン●有楽町ワイン倶楽部にて。グラスで、モンテベッロ・スプマンテ・ロゼ。おなじくブリュットをグラスで1杯ずつ。ジャン・フルニエ、ジュヴレシャンベルタン2014。グラスでオーストラリアの赤を1杯、濃い酸っぱ系でこれはいまいち。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 23, 2017

師走恒例四川中華ワイン

中山大障害。勝ちに行ったアップトゥデイトに、10馬身以上も離れたところから追いかけたオジュウチョウサンが半馬身とらえてレコード勝ち。いいレースでした。そんなレースを見ながら原稿書きはタイムリミットを迎えて一部明日に先送り。という去年と同じような状況。
2017122357夜は有馬記念前日の土曜日恒例、四川中華・MON花で高いブルゴーニュを飲む会に今年もありがたく参加させていただきました。今年で8年連続のようです。トロボーのAOCブルゴーニュ白は新樽バリバリ。ペロミノのジュヴレシャンベルタンは自然酵母を使ってパカレさん風。この日唯一フランスではなかった二度目のクリスタルムはピノノワールでもブルゴーニュとは違う新たなジャンル、という感じ。デュジャックのシャンボール圧巻でした。そしてトリのシャルロパン・ティシエVR2014は去年と同じだったんですな。今回、最後までちゃんと味わえる程度の酔い加減で帰宅。

競馬●G3ミスタープロスペクターS(ガルフストリーム7F,3&up):好スタートから先頭に立った人気のエックスワイジェットが、2番手で追ってきたファーストグロウスを半馬身差でしりぞけ逃げ切った。13カ月ぶりの復帰戦で、2016年2月のG3ガルフストリームパークスプリントチャンピオンシップ以来の勝利。このレースはグレード初勝利だった一昨年に続いて2勝目。4馬身離れて3着にソニックミュール。

2017122364本日のワイン●MON花にて。
ドメーヌ・ランブレイ、ロゼ・デュクロ2016
シルヴァン・ロワシェ、ブルゴーニュ・シャルドネ・ラ・プレジデント2015
ドメーヌ・トロボー、ブルゴーニュ・ブラン2014
ミシェル・クトー、シャサーニュ・モンラッシェ2013
マシャール・ド・グラモン、ショレ・レ・ボーヌV.V.2015
ドメーヌ・ペロミノ、ジュヴレシャンベルタン2014
クリスタルム、ピノノワール・マバレル2016
ジルベール・エ・クリスティーヌ・フェレティグ、シャンボールミュジニー1erレカリエール2014
ドメーヌ・デュジャック、シャンボールミュジニー2015
シャルロパン・ティシエ、ヴォーヌ・ロマネ2014

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 22, 2017

クリスマス前金曜の池袋

午前中、竹見さん宅訪問。小向厩舎周辺の宅地開発の勢いがすごい。やっぱ景気いいんでしょうか。午後から出社。最終週の怒涛の重賞に向けてそろそろ予想がいっぱい。いろいろ積み残したまま、23時過ぎの池袋はいかにもクリスマス前の金曜日という喧騒。そんな時刻に池袋駅の地下コンコースではキャスターバッグをゴロゴロして右往左往する大陸の団体の方々が目立つようになったなあ。
有馬記念終了直後から。『“年末年始”は地方競馬が濃い!』のネット中継やります。在宅で有馬記念を楽しまれる方、引き続きよろしくお願いします。

競馬フロリダ産馬に総額100万ドルのボーナスプログラム。2014年のBCジュベナイルターフを勝ったフーテナニーが引退。ケンタッキーのバックポンドファームで種牡馬に。

年末に向けて5日連続休肝日。明日から飲みますyo。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 21, 2017

NZで16歳の女性調教師

2017122110今年もいろんなじゃがいもたちが在庫となって、ノーザンルビー&シャドウクイーンで彩りポテトサラダをつくってみました。どっちも茹でるとでんぷん質がねっとり。男爵とかでつくったホクホクのポテサラとは違う食感。

競馬●メイダン開催。2016年のドバイゴールデンシャヒーンを制したムアーラブがガーハウドスプリント(ダ1200m)を6馬身差で圧勝。75年フーリッシュプレジャー、80年ジェニュインリスクでケンタッキーダービーを制したルロイ・ジョリー調教師がアルバニーの病院で18日になくなっていた。80歳。ニュージーランドで、16歳の女性アマチュア騎手ベイリー・ロジャーソンが調教師免許を取得。祖父グラハム、祖母デビーがパートナーシップを組むチーム・ロジャーソン厩舎に加わる。ベルモントパークにホッケーアリーナをつくるため、ロングアイランドレールロードの引込線が廃止?

そういうわけで本日も休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 20, 2017

競馬とホッケーとの融合

マンションを買って15年。電化製品やら火回りやら給湯設備やらをそろそろ交換しないと、という時期になり、それやこれやを調べていたら仕事に手がつかないままあっという間に昼過ぎ。
20171220640浦和競馬場へ。2号スタンドはすでに瓦礫となっていて、工事中の塀が前にせり出しラチとの間のスペースがかなり狭くなっていた。1400mに距離短縮となったゴールドカップは、ソルテが実績2頭との接戦を見事に制した。怪我からの休み明けで仕上がり途上ではさすがに無理だろうという思いは鞍上や厩舎関係者も同じだったようで、しかし前年の地方年度代表馬が意地を見せた復帰戦となった。見に行ってよかった、と思ったレース。

競馬●浦和・ゴールドカップ。2番手ソルテが直線を向いて先頭に立ち、4番手のキタサンミカヅキが早めに並びかけたところ、3番手から一旦下げて外に持ち出したケイアイレオーネが追ってきてという3頭の追い比べは、内のソルテが残した。外にケイアイレオーネがアタマ差、中のキタサンミカヅキがハナ差という決着。ベルモントパークの大改装計画を発表。ニューヨーク・アイランダーズの18,000席のホッケーアリーナをつくるほか、競馬場はナイトレースができるようにコースもスタンドも大改装。エンターテインメント複合施設に変わると。

さらに休肝日。今週は金曜日まで休肝予定。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 19, 2017

晴れの関東、大雪の北陸

熱発も無事におさまって通常出社。年末年始に向けてひと安心。ここ数日、関東地方はこの冬一番の冷え込みとのこと。冷えてはいるものの冬型の気圧配置で穏やかに晴れの日が続く。当然のことながら日本海側は雪となり、金沢競馬場はドカ雪が予想されて昨日のうちから本日の開催の延期を発表。2日後に延期してさらにスライド式にということのようだが、さてそれでもちゃんと開催されるんでしょうか。日本海側の大雪を見ると思い出す、田中角栄の日本列島改造論。昭和は遠くなりにけり。

競馬ベルモントパークにNHLのニューヨーク・アイランダーズが18,000人収容のアリーナをつくる計画。

本日も休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 18, 2017

平日ばんえいで2億近く

週末、鼻水が出ても調子よかったはずが昨夜から熱発。本日は医者に行って在宅にて仕事。お誘いを受けていた忘年会は欠席となって、ああすみません。ただ今週は遠出の予定もメディアなどへの出演の予定もなく、10月以降の3カ月間では休むならまさにこのタイミングしかなかったという。どうやら人間の体は休むときには休めというようにできているらしい。先週月曜日に香港から戻ったあとからその兆候がなくはなかったので、長距離の飛行機に対する耐性が弱くなっているというのも可能性としてはあるのかも。飛行機は密閉された人混みだし。
そんななか、この日のばんえい競馬の売上げが1億9123万円とか。ほかに開催されていた3場でもっとも遅い名古屋の最終レースが16:15に終了。その後のばんえい第5レース以降は時を追うごとに売上げが上って最終レースは約4千万也。今年1月2日の帯広記念当日が2億1589万300円で「1日2億超え、すげえ」とか話していたのが、何もない平日の開催で2億近くの売上げになるとはちょっとびっくりだ。

競馬総賞金1600万ドルとなる来年のペガサスワールドC。申込締切の先週金曜日までに12枠のうち9枠の権利が売れたが、残る3枠はストロナックグループが買い取る、など。

当然休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 17, 2017

今年も残り2週の日曜日

2017121746本日、原稿は1本のみで、だったら朝日杯見に行けたじゃんと思ったのだが、しかし。中山じゃねーし、とセルフツッコミを入れるようになって早4年。阪神開催となってから過去3年の勝ち馬でその後にGIを勝った馬はなく、重賞でもダノンプラチナの富士Sが唯一。朝日杯を勝ってその後にGIを勝ったのは2012年のロゴタイプが最後。直虎の最終回を見ながら、去年の帯広市ふるさと応援寄付金でいただいた豊西牛(400g)のしゃぶしゃぶ。

競馬●レミントンスプリングボードマイルS(レミントン8F,2yo):3番手から3コーナー過ぎで先頭に立ったグレイヴィトスがそのまま後続を寄せ付けず。デビュー3戦目、G3ボブホープSでの初勝利から連勝。父マリブムーン。サンルイレイトレーニングセンターから避難していた馬。2 1/4馬身差2着に人気のコンバタント。さらに離れて3着にキングズヴィル。

本日のワイン●カヴァはグラン・ドゥケ・セレクシオン・ブリュット

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 16, 2017

欧州年間最多勝記録更新

少し前から兆候はあったもの昨日から鼻水がじゅるじゅる。熱はないのでジョギングして体調を確認してみる。走るのがつらくなるようなら悪化するのだが、走ってむしろ体調はいいのでこれ以上症状は悪化しないと確信。それにしても来週はテレビ出演も遠出の予定もないので、まさにこのタイミングでよかった。夜。お約束のあった小・中学校の同級生の集まりで南越谷へ。お好焼・もんじゃ・鉄板焼『三貴』にて6名。年に1、2度しか合わないので、例によって不健康自慢とか消息確認とか。人気店なのかお客さんひっきりなしに満席。メニューも豊富でなかなかよろしい感じ。1軒だけで早めに散開(といっても3時間近く居座ったけど)。

競馬●白嶺賞。2番手追走のワットロンクンが直線を向いて先頭に立ったが、ラチ沿いを突いたイーグルカザンが抜け出し勝利。ワットロンクンはクビ差2着。外から迫ったタイセイファントムがアタマ差3着。●G3ランパートS(ガルフストリーム8F,3&up f/m):先行2頭の勝負は、2番人気ルイスベイが1番人気カーリンズアプルーヴァルを直線で振り切り1 1/4馬身差をつけ、1年ぶりの復帰戦を勝利。3 1/4馬身離れた3着にノナメラ。●G3シュガースワールS(ガルフストリーム6F,3&up f/m):4番手追走の伏兵3歳馬リッチマミーが直線外から抜け出しステークス初出走で勝利。父アルゴリズムス。好位で競り合ったボデイシャスベイブが2馬身差2着。逃げた断然人気のディアレストは4着。●G3マイチャーマーS(ガルフストリーム芝8F,3&up f/m):逃げたジアナズドリームが直線でも先頭で粘っていたが、4番手外目から進出した人気のオンリーヴがゴール前でとらえてクビ差で勝利。内から迫ったストーミーヴィクトリアがクビ差3着。●G3ハーランズホリデーS(ガルフストリーム8.5F,3&up):縦長の後方を追走していたフィアザカウボーイがロングスパートで直線抜け出し。ペガサスワールドCに出走するかも。2番手から直線先頭に立っていたミスタージョーダンが2 1/4馬身差2着。クビ差3着にリチャードザグレート。●G3トロピカルターフS(ガルフストリーム芝8F,3&up):向正面で先頭に立ったブービー人気のシャカマトShakhimatがそのまま押し切って勝利。接戦の2着争いは内のゴルトン。クビ差3着にタワーオブテキサス。人気のブラックタイプは4着。クリストフ・スミヨンが欧州における平地の年間最多勝記録を更新する302勝。

本日の酒●埼玉の芋焼酎・紅赤金時をお湯割りで。途中に生ビールを1杯。帰宅して、上喜元・純米吟醸を上燗くらいで1杯。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 15, 2017

とんかつ&ふるさと納税

2017121564夜。会社至近に先月オープンした『君に、揚げる』というとんかつやさんに行ってみました。嬉嬉豚(うれうれぶた)というのはブランド豚なんでしょうか。メンチカツやエビフライなんかもあって、定食はすべて750円。家賃や人件費があって、これで商売になるんでしょうか。当然この厚さのとんかつを揚げるにはそれなりの時間がかかり、ランチの時間帯などはお客さんの回転もよくないだろうに。
年末恒例になった行事のひとつ、帯広市ふるさと応援基金(ふるさと納税)の手続き。去年までは帯広市へ直接だったのが、今年からふるさとチョイスを通しての手続きに変わっていた。返礼品目当てで寄付しているわけではないので、なんとなく不本意。とはいえくれるというものを、ポイント辞退とかするほど心は広くはなく、50,000ポイント分の肉類などを選びましたが。

競馬2017年イギリスのスポーツ全体で、競馬&馬関連の来場者が2位。とはいえダントツ1位のサッカーの1/6ほど。スポーツイベントでは、ロイヤルアスコット開催が、ウィンブルドン、F1イギリスグランプリに次いで3位。チェルトナム・フェスティヴァルやエプソムダービー、グランドナショナルなどもトップ10入り。●ヤングジョッキーズシリーズのファイナルに出場予定だった木幡育也が騎乗停止のためJRA東日本4位の横山武史に変更ランウェイズスタッドに繋養されていたアーキペンコがリンパ腫で死んだ。13歳。産駒に今年の香港カップを逃げ切ったタイムワープなど。

本日も休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 14, 2017

届きそうで3馬身届かず

有馬記念の週末までは仕事的にわりと落ち着いて通常出社。期待が大きいと大願はなかなか成就されないもので、カツゲキキトキトは残念。予想は○▲◎で決まったもののキトキトが3着まで落ちるのは想像していなかったのでハズレ。落ち着いたといっても日々やることはあって、日付が変わってからの帰宅。さすがに気温が5度より下ると“寒い”ではなく空気が冷たい。

競馬●名古屋グランプリ。カツゲキキトキトは2番手追走から3コーナーで仕掛けたが、同じタイミングで仕掛けてきたトップディーヴォに競り負け、さらに直後で我慢していたメイショウスミトモにもまとめて差し切られた。サンタアニタHの賞金が60万ドルに減額。2016年は100万ドルだったのが、2017年には75万ドルとなって、2018年はさらに。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 13, 2017

バラへ向かって川崎から

2017121350夕方、ちょい早めに川崎競馬場。地方競馬のレースがケンタッキーダービーへとつながる時代が来るとは。場内はさまざまなところでバラの装飾。2017年ダービーラベルのウッドフォードリザーヴでミントジュレップも。笠松愛馬会のみなさんも来ていて、蹄鉄を使った手作りのクリスマスリースと正月のしめ飾りを購入。ルヴァンスレーヴは破天荒な強さ。幼さが抜ければさらに強くなるのかどうか。日本でダービーポイント獲得という記事。終了後、久しぶりにノミデリへ6名で。

競馬●全日本2歳優駿。今回も出遅れたルヴァンスレーヴだが、3コーナーから一気にまくっていって、直線では2度内に刺さりながらも余裕のゴール。3コーナーで進路が狭くなり立ち上がる場面があったドンフォルティスも直線伸びて1馬身差2着。2頭の伸びが際立っていた。4コーナー3番手のハセノパイロが3着争いで先着。

本日のワイン●ノミデリにて。カヴァはいつものラ・ロスカ・ブリュット。グラスで赤を2杯。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 12, 2017

冬の高知平日開催始まる

目覚ましをかけずに寝て起きたのは7時前。通常出社。香港から帰るともう今年も終わりという気になるだが、高知競馬の平日ナイターが始まるとますますそんな感じ。2歳-1組戦の2強対決は、黒潮ジュニアチャンピオンで不覚をとったネオプリンセスが巻き返した。それにしても門別ウィナーズチャレンジで2着3着があったアウトスタンディンを寄せつけずということだから高知はこの世代も強そう。平日火曜日で売上げ3億2600万円くらい。もうその程度では驚かなくなったところが高知のすごいとこ。

競馬武豊騎手がIFHA国際功労賞に選出。12月21日に授賞式。

本日休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 11, 2017

帰国の途今年もあと3週

昨夜は控えめに飲み二次会のお誘いも丁重にお断りして日付が変わる前に寝たので、しっかり午前4時半起床。前日の香港その他の原稿。無事にチェックアウト前に完了。
帰りはJAL便満席につきJALのコードで機体はキャセイの共同運航便。久しぶりのキャセイのラウンジは、食べ物イマイチ。場所にもよるのかもしれないけど、以前は注文ごとにつくってくれる麺類とかあったのに。日本人が多いからなのか、カレーと焼きそばがあるカンタスのラウンジのほうがいいなあ。ギチギチの満席で帰国は成田。帰宅。風呂に入ってそっこー、寝た。

競馬サンルイレイトレーニングセンターの火事では結局47頭が死んだ。出火の原因は不明。ウッドバインのリーディングは、調教師がノーム・マクナイト、騎手はユーリコ・ダシルヴァ。

本日のワイン●キャセイのラウンジ。泡はモエシャン・ブリュット・アンペリアル。マールボロのワイパラヒルズ、ピノノワール2015。獣的な感じでおいしゅうございます。
CXのYは、白がデ・ボルトリのソーヴィニヨンブラン。赤はシラーズだったか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 10, 2017

四川料理で更けゆく香港

2017121064前夜のアルコールが残ってなんとか午前6時半ごろ起床。シャティン競馬場は大改装が行われていて、プレスルームがちゃんとプレス専用の部屋になっていた。これだけの国際レースをやっていて、むしろ今まで普段はレストランのところを臨時にプレスルームにしていたのがどうなのかという。空調もちゃんと凍えるようなことはなくなっていた。そしてトイレがなぜか今までとは男女の場所が逆になっていて思わず間違えそうに。国際レースはヴァーズでクールモアのハイランドリールが勝った以外は地元香港のワンツー。終了後は4月にも来た大圍から徒歩の田心村にある酔月楼に総勢15名で。おいしく四川料理をいただきました。みなさん二次会で盛り上がったようですが、ワタシは翌朝早起きで原稿があるのでそのままホテル戻り。

ヴァーズ:ハイランドリールが2番手でこらえられるだけこらえて4コーナーで逃げていたヘレンカリスマをとらえると、離れた3番手から追ってきたタリスマニックを1 3/4馬身差で振り切って完勝。中団から迫ったトーセンバジルが3着。
スプリント:ワンスインナムーンが逃げたものの3コーナーでペニアフォビアに来られると徐々に後退。3番手追走のミスタースタニングが直線を向いて先頭に立つと、中団から位置取りを挙げてきたDBピンをクビ差でしりぞけた。ジョン・サイズのワンツー。ブリザードが3着。タイミングが合わず出負けしたレッツゴードンキは直線伸びたものの6着。
マイル:ビューティジェネレーションが後続を寄せ付けないまま逃げ切り。好位から抜け出した単勝36倍のウエスタンエクスプレスが2着。人気上位のヘレンパラゴン、シーズンズブルームは後方からでは届かず3、4着。
カップ:前半スローから徐々にペースアップしたタイムワープが逃げ切り。7番手から伸びたワーザーは2 1/4馬身差2着。逃げ馬の直後3番手で折り合いを欠いたネオリアリズムは3着。中団うしろからのステファノス4着。勝ち馬の直後を追走したスマートレイアーは直線粘れず5着。

競馬●寒菊賞。出負けして4番手からになったチャイヤプーンが、逃げ粘っていたスターギアを直線でとらえ2馬身半差をつけて完勝。2番手を追走していたスターキヨミツが3馬身差3着。●中日杯メイジンが直線突き離して逃げ切り勝ち。後方を追走していたマイネルリボーンが3~4コーナーで内から位置取りを上げて4馬身差2着。トウショウプライドが3着。グルームアイランドはがっつり囲まれてレースをさせてもらえず、直線だけ脚を使って5着。●G3ヴェイルディクトリーS(ウッドバインAW14F,3&up):リーヴェムインマリブが逃げ切ってグレード初出走で勝利。中団うしろから3コーナー過ぎで仕掛けたメルミッチは並びかけることができず2馬身半差2着。向正面で勝ち馬に並びかけたエティカルファンズは3/4馬身差3着。

本日のワイン●酔月楼にて。青島ビール。持ち込みはマールボロのセント・クレア、シャルドネ。チリのモンテス・アルファ、シラー2015。近所の7-11で買ったウルフブラス、シルヴァーラベル・シラーズ・カベルネ・マルベック2016

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 09, 2017

快晴でもモヤモヤの香港

20171209pm2564今年も香港のPM2.5がすごい。シャティンのあたりの値が特に高いと思ったら、盆地になっていて空気がこもりやすいんだとか。快晴でも空が青くない。ほとんど最終調整の調教を見て、昼間はずっと原稿書き。なんとか約束の時間までに格好をつけて、夜は銅鑼湾と湾仔の間あたりでしょうか、越華會という海鮮中華。

競馬●G1ロスアラミトスキャッシュコールフューチュリティ(ロスアラミトス8.5F,2yo):出入りの激しい先行争いから直線3頭の追い比べとなって外のソロミニが先着。しかしゴール前で内に斜行して3着に降着。3コーナー過ぎで先頭に立って2位入線の断然人気マッキンジーが繰り上がってデビューから2連勝。父ストリートセンス。アタマ差3位入線のインスティルドリガードが2着。●G1スターレットS(ロスアラミトス8.5F,2yo f):逃げたイエスタデイズニューズを直線半ばでとらえたドリームツリーが人気にこたえて楽勝。デビューから3連勝。父アンクルモー。さらに離れた3着にピエディビアンキ。●カリビアンクラシックS(ガルフストリーム9F,3yo):中団うしろを追走したメキシコ産のハラハラが3コーナーからまくっていって直線抜け出し圧勝。9馬身差2着にパナマ産のフライアンジェリコ。プエルトリコの三冠馬ジャスティシエロは5着。

20171209w本日のワイン●Kさんと夕方の部屋飲み。持参いただいたシャンパーニュはビルカール・サルモン・ブリュット・レゼルヴNV
持ち込みで、ベリンジャー、シャルドネ2016スタッグスリープ、ナパヴァレー・シャルドネ2015。マールボロのセント・クレア、ピノノワール・パイオニアブロック14・2016

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 08, 2017

恒例行事、年末の香港へ

午前中。香港国際競走4レースの予想を、成田空港へ出発の時間とにらめっこしながら。香港カップは12頭立て大外枠の馬を本命にしちまったことを成田空港に着いてから気づいたものの後の祭り(笑)。JALのいつもの夕方便で香港へ。

競馬●すげぇ。ホールウォーカーの産駒が船橋で新馬勝ち。ブランヴィサージュ香港ジョッキークラブが2018年にオープンする中国本土、従化区のトレーニングセンター。2019年にはレースも。ただし馬券発売はなし。サンルイレイトレーニングセンターの火事では40頭ほどが死んだと。

2017120864本日の酒●成田空港JALのサクララウンジにて。ブランドブランのヴァンムスー、白は南アフリカのネダヴァーグ、赤はニュージーランドのピノ。
JALのCにて。シャンパーニュはシャルル・エドシック・ブリュット・レゼルヴNV。日本酒は、伯楽星・純米大吟醸、福寿・純米吟醸。それぞれ一合ミニボトルで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 07, 2017

門前仲町からの園田金盃

昨日、船橋行きをあきらめたことでなんとか睡眠時間を確保できた。昼前にグリーンチャンネル。地方競馬中継は、ひさしぶりに普通の重賞で園田金盃。だいたい予想したとおりではあったが、トーコーヴィーナスにあんなにつっぱられるとは思わなかったなあ。さすがに展開をそこまで予想するのは難しく、◎マイタイザンは3着という結果でした。図らずも中継のあとにお誘いがあって葡萄屋Maru-shuへ4名で。翌日の香港行きを前に雑務を残しているのでハッピーアワー終りの19時、先に失礼させていただいて出社。

競馬●園田金盃。トーコーヴィーナスと競り合ってハナをとったマイタイザンに、外枠のサウスウインドは無理せず3番手。4コーナーで前をとらえたサウスウインドがそのまま押し切って勝利。中団から直線大外を追い込んだミッレミリアがクビ差まで迫って2着。マイタイザンは直線脚が上がって3/4馬身差3着。人気のエイシンニシパは向正面から追い通しで4着。サンルイレイトレーニングセンターで火事。馬はデルマー競馬場などに避難。

本日のワイン●葡萄屋Maru-shuにて。ハッピーアワーにつきグラス半額。泡、白は甲州、赤はピノ、カベルネ、さらにイタリアのシラー。小さいグラスとはいえ5杯も飲んだのか(^_^;)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 06, 2017

難儀な船橋ナイター開催

船橋ナイター・メインの時間に合わせて会社から行こうとすると京葉線の大変な帰宅ラッシュにあたり、それがどうにも難儀で家から行くことにして在宅勤務。がしかし、翌日の中継の仕込みがどうにも間に合わない感じで船橋行きをあきらめ。結果的にいろんな作業に時間がかかって、その決断で正解。クイーン賞がほぼ人気順の決着だったので、なおのこと。それにしても夜は冷えますな。

競馬●クイーン賞。ハナをとってマイペースで逃げたプリンシアコメータが後続を寄せ付けないまま逃げ切り。5番手から3コーナー過ぎで勝ち馬の直後につけたアンジュデジールだが3馬身離されての2着。後方3番手から追ってきたラインハートだが5馬身差3着。アデナスプリングス・ノースがシグネチャーレッドを取得。

連続休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 05, 2017

誕生日でもごくふつーに

20171204641前日のことでしたが、このトシになっても祝っていただけて、ありがたい限りです。世間一般ならあと7年で定年退職とか信じられませんですわ。そういうわけで誕生日とか関係なく通常出社の本日も尻を叩かれるように迫る締切の時間を睨みながら校正作業とか原稿と格闘。で、埼京線の終電1本前まで。

競馬金沢競馬がこの時期に横殴りの雨と思って中継を見ていたら最終レースが中止に。

誕生日も関係なく休肝日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 04, 2017

忘年会の最初はここから

午前5時起床だったか。本日分の原稿をやって、有楽町にてちょっとしたお祝いのランチ。会社に行ってると時間のロスが生じるのでMUJIカフェで2時間半ほどお仕事の続き。
2017120464夕方からニューオータニ東京。今年もありがたく招待いただいた東京馬主会の忘年懇親会。ゲストコーナーは五木ひろし。「よこはま・たそがれ」に始まって、「夜空」「千曲川」あたりまでは一緒に口ずさむことができたという。これらがヒットした昭和40〜50年代前半は、娯楽といえば野球か相撲かプロレスくらいしかなく、歌謡番組なんかも一家に1台しかないテレビで家族みんなが一緒に見た時代。子供からお年寄りまでみんなが知っている歌謡曲はピンクレディーが最後、ということをだいぶ以前に何かで読んだか聞いたかしたときに、なるほどと思った。

競馬北米から中国への馬輸出再開を締結。9日にガルフストリームパークで、クラシコ・アンテルナシオナル・デル・カリブを開催。

本日のワイン●ニューオータニ東京・鶴の間にて。乾杯はビール。シャンパーニュはドラピエ。赤みがかった液体にシルキーな泡がこんこんと湧き出て、さすがであります。白・赤はともにボルドーのニューオータニ・オリジナルのようで、白はグラーヴ、赤はフロンサック。なかなか渋いところですな。白はグラスに入れたまま温度が上ってからがいい感じ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 03, 2017

中京チャンピオンズCへ

2017120350午前5時半起床。月曜までにという原稿を送って東京11:30発のぞみで名古屋へ。GIの日の中京競馬場は居場所がないのでメインを目指して。とはいえ遅れるといけないので少し余裕をもって14時頃競馬場着。チャンピオンズCは、1番枠でも互角のスタートからゆったりしたペースの逃げに持ち込んだコパノリッキーには絶好の展開となり、そのとおり前の3頭が残ったものの、ゴールドドリームの最後一瞬の脚だけ次元が違っていた。その末脚を存分に発揮させたのは鞍上の手腕だったか。名古屋駅近く、世界のやまちゃんで手羽先。名古屋駅前から望むスーパームーン。

競馬●北上川大賞典ダイワエクシードが逃げ切って不来方賞以来2年ぶりの重賞制覇。馬群の後方から2周目向正面で一気に勝ち馬の直後にとりついたコミュニティだが直線突き放されて4馬身差2着。さらに4馬身差3着にプリンスダム。●ばんえいオークス。障害先頭でほぼ同時に降りたナカゼンガキタ、シンエイボブが馬体を併せたまま競り合って、わずかにナカゼンガキタが先着。障害離れた4番手のキタノサカエヒメが3着。障害3番手だったコウシュハサマーは4着。●G2バヤコアS(ローレル8.5F,3&up f/m):6番手から3~4コーナーでまくったマジェスティックヒートが直線先頭に立って突き放した。ダート2連勝でグレード初勝利。昨年BCジュベナイルフィリーズを制したシャンペンルームは、逃げて直線食い下がったものの2馬身半差2着。3 1/4馬身差3着にマダムストライプス。牝馬のステラーウィンドがペガサスワールドCへ。総賞金が来年は1600万ドルに増額される、そのペガサスワールドCだが、権利を買った人が去年より少ないと。だいじょうぶか。ウッドウォード、サンタアニタH、クイーンズプレートなどを勝ったカナダチャンピオン、シャーマンゴーストがカリフォルニアで種牡馬に。

本日の酒●やまちゃんにて。銀河高原ビールの生中を1杯。鍛高譚お湯割り。赤からり芋お湯割り。帰りの新幹線、日本盛・純米吟醸200ml缶。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 02, 2017

しばしのニール・ヤング

ニール・ヤングがライブ配信をやっていることをFacebookで知り思わず見入ってしまう。すべて弾き語りで、ギターやピアノだけでなくウクレレやバンジョーまで。ヘルプレスを歌って、本編最後がハート・オブ・ゴールド。そしてアンコールの最後は、シュガーマウンテン。やっぱり後半になると70年代(80年代も?)の有名曲。しばし原稿書きが中断。
チャレンジCに出走した佐賀のスーパーマックスは直線手応え一杯かに見えたものの踏ん張って5着はよかったんじゃないでしょうか。

競馬●G1シガーマイル(アケダクト8F,3&up):BCダートマイル2着から断然人気となったシャープアステカが、好スタートも控えて3番手から直線を向いて先頭に立つとそのまま突き離してG1初制覇。中団から追ってきたマインドユアビスケットが5 1/4馬身差2着。最後方から位置取りを上げたプラクティカルジョークが3着。●G2ダモワゼルS(アケダクト9F,2yo f):2番手から直線を向いて先頭に立った人気のワンダーガドーがそのまま後続を寄せ付けず。父メダグリアドーロ。4番手の内にいたモウラーパワーが3 3/4馬身差2着。レイラノーアが3馬身差3着。●G2レムゼンS(アケダクト9F,2yo):中団外から直線を向いて先頭に立ったカトリックボーイがそのまま突き放した。BCジュベナイルターフ4着からダートでもグレード勝ち。父モアザンレディ。好位の内を追走した人気のエイヴリーアイランドは4 3/4馬身差2着。3着にヴァウチ。●G3ゴーフォーワンドH(アケダクト8F,3&up f/m):ブービー人気、ゴドルフィンのインダルジェントが2番手から直線を向いて先頭に立ちそのまま押し切った。フロステッドの半妹で父はバーナーディニ。これが引退レースでグレード初勝利。直後を追走していたハイウェイスターが1馬身差2着。半馬身差3着にヴァーブステール。

本日の酒●カヴァはジョセフ・マサックス、ブランカ・レゼルヴァ。雪の茅舎・純米吟醸・ヌーヴォー。一ノ蔵・特別純米。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 01, 2017

とかちより牛・豚来たる

2017120164午前6時頃起床。在宅にてお仕事。宅配便が来て、何かと思えば帯広市から。なるほど昨年の帯広市ふるさと応援寄附金(ばんえい競馬の振興)の返戻品でしたか。今回は豊西牛&かみこみ豚のしゃぶしゃぶセット。たまたま在宅のときに冷凍品を受け取れたのはラッキーであった。
夜はお約束のあったアイノ@北浦和にて、ロゼワインの持ち寄り。ロゼってあんまり飲み比べする機会がないからということでの企画。最後に1本追加した赤の濃いやつが、当たり前だけどすげー赤ワインという感じ。

競馬2018年の北米グレード発表。G1へのアップグレードはなし。デラウェアHがG1からG2に降格。

2017120110本日のワイン●アイノにて。
モロッコのドメーヌ・ド・サハリ、ゲロワンヌ・ロゼ2013
ヴェネト州のアルデゲリ、バルドリーノ・キアレット2016
フェラガモがトスカーナに所有するイル・ボッロ、デル・ボッロ・ロゼ2016
ボルドーのシャトー・フォングラーヴ・メルロー・ロゼ2016
アブルッツォのトッレ・デイ・ベアーティ、ロザーエ・チェラスオロ2016。めずらしいモンテプルチアーノのロゼ
赤の濃いやつ。カンパーニャ州のヴィノジア、タウラジ・リゼルヴァ・ラヤマグラ2009。アリアニコ100%で、新樽100%で20カ月熟成。アルコール14.5%(写真なし)
最終的に8名で6本

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2017 | Main | January 2018 »