« 単独トップの重賞6勝目 | Main | 大井ふるさとコーナーへ »

August 12, 2017

iPadで文章を書くテスト

2017081319iPad proとSmart Keyboardで、主に文章を書くためのパソコンの代わりとして使えるかどうか実験中。キーボードは慣れれば使えるかなあという感じはするものの、これといったテキストエディタのアプリがないことが難点か。1行の文字数指定とか、行数表示とか、全角スペース入力とか、すべてを満たしてくれるものがなく、ここを立てればあちらは立たずという状況。JeditとかiPad用のアプリを出してくれんものだろうか。あとiPadはパソコンと違ってファイルの扱いが面倒。保存の仕方もアプリによって違うし。

競馬●G3ローズオブランカスターS(ヘイドック10.5F,3&up):父フランケルの牡3歳フランクウスが今季初勝利で重賞2勝目。3/4馬身差2着にマウントローガン。デビューから3連勝中で人気になったララーイブLaraaibは3着。●G3スイートソレラS(ニューマーケット7F,2yo f):シェイク・ハムダンのタジャーヌスTajaanusが重賞初勝利。父アルカノ。1馬身差2着にジュリエットキャピュレット。シャーガーカップは、2勝を挙げたフラン(フランシス)・ベリーが優勝。2位がジェイミー・スペンサーで、チーム戦の優勝は英愛チーム。●G1アーリントンミリオンXXXV(アーリントン芝10F,3&up):ぴたりと2番手追走のビーチパトロールが直線での接戦を制した。昨年はG1セクレタリアトSを制していて、それ以来の勝利がG1・2勝目。外から迫った伏兵フランシフルエンジェルが半馬身差2着。内を突いて一旦は先頭に立ちかけた人気のドーヴィルはクビ差3着。●G1フォースターデイヴS(サラトガ芝8F,3&up):3番手の外を追走したワールドアプルーヴァルが直線半ばで抜け出した。昨年のユナイテッドネーションズに続いてのG1・2勝目。直線外に持ち出して追ってきた人気のタイムテストは2 1/4馬身差2着。1馬身差3着にバラーロックス。

本日のワイン●昨日の続きで、ジョセフ・マサックス、グランパッション・ブリュット。そして白はアルザスのジョスメイヤー、リースリング2013。キレっキレにドライなリースリング。

|

« 単独トップの重賞6勝目 | Main | 大井ふるさとコーナーへ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/65658346

Listed below are links to weblogs that reference iPadで文章を書くテスト:

« 単独トップの重賞6勝目 | Main | 大井ふるさとコーナーへ »