« 再び連勝のソングバード | Main | ミツバの飛躍はここから »

July 16, 2017

モハメドさん勝負服復活

だいぶ伸びた髪の毛をようやく切ってもらって通常出社。ばんえい古馬重賞、北斗賞は実績馬の組み合わせで決まったものの1番人気のオレノココロが飛んだので配当はそこそこついた。ばんえい競馬は頭数が少ないわりに予想は難解。しかし結果が出ての理由付けはわりと単純なことが多い。今回でいえばオッズパーク杯、旭川記念をそれぞれ勝った2頭が10kg増となって、両レースとも3着だったニュータカラコマが増量なしで逆転、と言うのは簡単。しかしだからといって必ずしも10kg恵まれたからといって勝つというものでもない。さらに今回は常に障害で不安のあるオレノココロがその通り障害を失敗したから負けたというのも簡単だ。では、レース前にオレノココロがどういう条件ならどのくらいの確率で失敗するかというのを予測するのは難しい。勝った負けたの理由付けは簡単だが、それを予想するのが難しいところがばんえい競馬の面白さなのかも。そして将来的な期待で本命にしたサクラリュウは着外だったものの馬券は当たってしまったという(笑)。まさかこの組み合わせでプラスになるとは思わなかった。
夜、いつもの終電3本前で帰宅しようとしたところ、日曜日の夜なのに池袋の街になぜか人が多い。と思ったら、明日も世間は休みなのか。

競馬●岩鷲賞。逃げたのはカミノマンボだが、ピタリと2番手のラブバレットが3コーナー過ぎで先頭に立つとそのまま後続を寄せ付けず楽勝。中団から位置取りを上げたガッサンプレイが2馬身半差2着。1馬身差3着に後方から押し上げたイーグルカザン。●北斗賞。障害先頭のニュータカラコマがそのまま後続を振り切って逃げ切り。フジダイビクトリー、コウシュハウンカイがほぼ同時にクリアし、コウシュハウンカイが勝ち馬との差を詰めたが2着まで。障害5番手からセンゴクエースがじわじわと迫ったが、フジダイビクトリーがぎりぎりしのいで3着。●G2エステートS(カラ9F,3&up f/m):おお(!)ついにチャイナホースクラブはクールモアにまで取り入ったらしい。3歳のエリザベスブローニングが重賞初勝利。Wilaminaが1 3/4馬身差2着。●G2ユジェーヌアダム賞(メゾンラフィット2000m,3yo):父フランケルでジャドモントファームの自家生産Fincheが重賞初勝利。デビューから3連勝で人気となったAfandemは半馬身差2着。●G3ヴィジルS(ウッドバインAW7F,3&up):断然人気ピンクロイドが後続の脚色を確認しながら楽々と逃げ切り。今年ステークス4戦4勝。6頭一団の後方を追走していたウィディアユーが直線外を伸びて2 1/4馬身差2着。1馬身半差3着にウェスタンエレガンス。シェイク・モハメドさんのマルーンと白のかつての勝負服が、娘さんのシェイカ・アル・ジャリア・レーシングの勝負服として登録されたらしい。

本日休肝日。

|

« 再び連勝のソングバード | Main | ミツバの飛躍はここから »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/65547451

Listed below are links to weblogs that reference モハメドさん勝負服復活:

« 再び連勝のソングバード | Main | ミツバの飛躍はここから »