« 数十年に一度の特別警報 | Main | なんとも、もったいない »

July 06, 2017

川崎マイル完璧なレース

午前5時起床。で、早朝出社。朝6:11発の電車でも余裕で座れる、と覚え書き。早朝の池袋の街は普段あまり目にすることがなく、何に行列しているのかと思えば、ドトールコーヒー6:45の開店を待つお客さんがいるんですな。ちょっと大物の原稿があってさすがにこの時間から書けばメドはつくだろうと思っていたのだが甘かった。締切はまだ先なのだがさすがに明日も早起きというまでは自信がなく、川崎ナイター行きを断念。アンジュデジールは軽量もあったけど川崎1600mではお手本のようなレース運び。ホワイトフーガは能力発揮できず。ホワイトフーガにはここは勝ってもらって次で切るつもりだったのだが。取材原稿ではなくレース回顧原稿を書くには、現地よりも中継で見たほうが見えるものがあるかもなあ、という発見。

競馬●スパーキングレディーカップ。4番手の内を追走したアンジュデジールが4コーナーで1頭分あいた内を突いて直線突き抜けた。3、4コーナーで先頭に立ったララベルはホワイトフーガを振り切ったものの2着。7番手から直線脚を使ったタイニーダンサーが3着。●星雲賞。2番手から3コーナーで前をとらえたオヤコダカが独走となって2着に3秒1の大差。2着は4番人気トウカイビジョン、3着は6番人気クラバズーカー。1頭だけ抜けた馬がいると相手は人気薄というセオリーどおり。●G3アイオワオークス(プレイリーメドウズ8.5F,3yo f):3番手を追走したシェーンズガールフレンドが直線で抜け出し快勝。父アディオスチャーリー。勝ち馬の直後でマークしていたブビー人気ベイビーブルーズビーダンシングが2 1/4馬身差2着。1馬身半差3着にジョーダンズヘンリー。人気のエヴァーソークレヴァーは後方まま見せ場なく6着。

ノドの回復がイマイチで本日も休肝日。

|

« 数十年に一度の特別警報 | Main | なんとも、もったいない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/65504993

Listed below are links to weblogs that reference 川崎マイル完璧なレース:

« 数十年に一度の特別警報 | Main | なんとも、もったいない »