« 5年ぶりの同一重賞勝利 | Main | 千歳から伊丹園田競馬場 »

July 27, 2017

やっぱ三冠制覇は難しい

72717640午前便で門別へ。航空券を予約した2カ月ほど前、発表されていた番組ではヤングジョッキーズシリーズが昼間の時間帯に組まれていたのだが、しかし。正式に発表された番組では9,10RがYJSでメインの最終11Rが王冠賞という。直接競馬場に行っても早すぎるので、千歳アウトレットモール・レラのフードコートで昼飯を兼ねてしばし原稿。騎手紹介式に間に合うように門別へ。好天の門別は盛況で、日が沈む前に覗いたバケツジンギスカンの受付では、「このあと予約も一杯入っていて肉が足りないんですよ」と断られているお客さんがいた。YJS門別ラウンドは、わりと馬の実力がはっきりしていて、まずまず人気馬が上位に。広いコースゆえコース取りが明暗を分けたところもあった。そして王冠賞。ベンテンコゾウは、遠征競馬での三冠はさすがに難しかった。夏負けの影響か本調子にもなかったらしい。勝ったスーパーステションは3歳になっての始動が遅れて、ここが三冠の初戦。つまりは未対戦組。写真は、季節によっても時間によってもさまざまな表情を見せる門別競馬場の夕暮れ。かすかに残る夕焼けの赤と、空の群青色とのコントラストが美しい。

競馬●王冠賞。2番手から抜群の手応えのまま3コーナー過ぎで先頭に立ったスーパーステションが直線突き抜けて圧勝。ベンテンコゾウはスタートイマイチで5番手まで位置取りを下げ、向正面から追い通し。直線を向いて一旦は単独2番手に上がったものの、うしろからきたストーンリバーにとらえられて3着。●G3シルヴァーフラッシュS(レパーズタウン7F,2yo f):クールモアのガリレオ産駒で断然人気のハッピリーがデビュー2戦目から2連勝。●G3 JRAタイロスS(レパーズタウン7F,2yo):こちらもクールモアのガリレオ産駒で断然人気のザペンタゴンがデビュー2戦目から2連勝。来年の英ダービー1番人気に。ヤーマス競馬場の2歳戦で馬の取り違えで50-1の馬が勝利。

本日の酒●寝酒に、プレミアム・モルツ香るエール500ml缶。

|

« 5年ぶりの同一重賞勝利 | Main | 千歳から伊丹園田競馬場 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/65590354

Listed below are links to weblogs that reference やっぱ三冠制覇は難しい:

« 5年ぶりの同一重賞勝利 | Main | 千歳から伊丹園田競馬場 »