« 大手町乗換でのお楽しみ | Main | 残念エピカリス出走取消 »

June 09, 2017

無事にいくことの難しさ

午前6時起床。午前中は在宅にて仕事。午後、ラジオNIKKEIへ。『鈴木淑子の地球は競馬でまわってる』の収録。ベルモントSについて楽しくしゃべらせていただきました。会社戻りで通常業務。つけっぱなしのスカパー!南関中継、大井の最終レース。人気3頭が先行して1番人気馬は4コーナーで失速。4コーナー手前で先頭に立っていたのは森泰斗で、ラチ沿いで一旦控えた的場文男は直線で外に持ち出し馬体を併せると3番手以下を離しての追い比べ。森泰斗が一瞬出たかという場面もあったが、ゴールでわずかに出たのが的場文男。B級戦だけどすごいレースだった。的場文男この日3勝。なんという60歳か!そして今年も順調に100勝ペース。そして兵庫で無敗のマジックカーペットが目標としていた兵庫ダービーを6日後に控えて骨折という報せ。大事には至ってないようだが、さまざまに残念。

競馬●G2トゥルーノースS(ベルモント6F,4&up):前4頭が競り合った中から西海岸から遠征のロイエイチが直線で抜け出した。後方集団から追ってきたストールウォーキンデュードが2馬身半差2着。人気のウィットモアは3 3/4馬身差3着。●G2ニューヨークS(ベルモント芝10F,4&up f/m):伏兵ホークスムーアが逃げ切り勝ち。G3ボーゲイSから連勝。2番手で追ったキドゥラが1馬身差2着。●G3ベルモントゴールドCインヴィテーショナルS(ベルモント芝16F,4&up):ドイツから遠征のレッドカーディナルが、同じ3200mのG2オレアンダーレネン(ホッペガルテン)から連勝。目標はメルボルンC。●G3ベッドオローゼスインヴィテーショナルS(ベルモント7F,4&up f/m):ぴたりと2番手につけた人気のバイザムーンが直線先頭に立って押し切りこのレース連覇。G2ヴェイグランシーHから連勝。逃げたミアトーリが粘って3/4馬身差2着。外から迫ったライトストリームはアタマ差3着。頭数不足のサンタアニタはさらに木曜日が2日間休止。

本日のワイン●ワシントン州、シャトー・サン・ミッシェル、コロンヴィアヴァレー・シャルドネ2015。樽が効いた古き良きカリフォルニアのシャルドネ。って、カリフォルニアじゃないけど。バニラ、りんごのコンポートな感じが主張して酸がほとんど隠れてる感じ。

|

« 大手町乗換でのお楽しみ | Main | 残念エピカリス出走取消 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/65393455

Listed below are links to weblogs that reference 無事にいくことの難しさ:

« 大手町乗換でのお楽しみ | Main | 残念エピカリス出走取消 »