« スーパージョッキー現る | Main | たまには休めのお知らせ »

June 23, 2017

夏間近に躍進ウインター

午前中、竹見さん宅訪問。終えて昼飯は有楽町交通会館の地下。昼時はどこも行列だが客の回転が速い『博多うどん よかよか』という店を発見。コシで勝負する讃岐うどんとは対局をなすやわやわのうどん。それにしても九州ではなぜお決まりのようにうどんにかしわめしをつけるのだろう。出社して、午後からノドの痛み。冷房でウトウトしてしまったからだろうか。油断して半袖でいて、肌が冷え切ってると気づいたときには時すでに遅し。毎夏の繰り返し。帰宅して早めの就寝。

競馬●G1コモンウェルスC(アスコット6F,3yo):残り1Fを切って先頭はハリーエンジェルだったが、道中馬群のど真ん中を進んでいたクールモアのカラヴァッジョがとらえてデビューから6連勝。ハリーエンジェルは3/4馬身差。さらにゴドルフィンで半馬身差3着にブルーポイント。北米から遠征のバウンドフォーナウホエアは4着。●G1コロネーションS(アスコット8F,3yo f):英・愛1000ギニーを制したウインターが馬群の中から残り2Fを切って先頭に立つとそのまま押し切った。ロリーポリーが2 1/4馬身差、ハイドランジアがクビ差で、クールモア3頭で愛1000ギニーと同じ決着。●G2キングエドワードVIIS(アスコット12F,3yo c/g):G2ダンテS勝ちのパーミアンが勝利。半馬身差でハリディ。人気のクリスタルオーシャンは1 1/4馬身差3着。●G2クイーンズヴァーズ(アスコット14F,3yo):父シーザスターズのストラディヴァリウスが重賞初挑戦で勝利。クビ差2着に父フランケルのカウントオクターヴ。●G3アルバニーS(アスコット6F,2yo f):フランスのマイナーな競馬場で2連勝していた伏兵ディファレントリーグがデビューから3連勝。父ダビルシムで、その父はハットトリック。クビ差2着に人気のアルファケンタウリ。

そういうわけで、本日休肝日。

|

« スーパージョッキー現る | Main | たまには休めのお知らせ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/65451559

Listed below are links to weblogs that reference 夏間近に躍進ウインター:

« スーパージョッキー現る | Main | たまには休めのお知らせ »