« 牛肉といえば牛蒡の相性 | Main | バジルが日々成長する夏 »

June 17, 2017

雨のない梅雨にそうめん

6171737そうめん2種。普通のそうめんに、緑色は鎌田醤油の小豆島オリーブ素麺。食べくらべてみてもそれほどオリーブという感じはなく。まして出汁につけるとその違いはわからず。そういえばそうめんて、すげーうまいというのもなければ、まずくて食えんというのもない。ほとんど出汁と薬味を味わう食べ物という感じ。

競馬●G3ポールドムサック賞(シャンティイ1600m,3yo):Trais Fluorsがデビューから4連勝。●G3ラクープ(シャンティイ2000m,4&up):G1イスパーン賞2着だったロビンオブナヴァンがさすがにこのメンバーなら人気にこたえた。一昨年2歳時のG1クリテリウムドサンクルー以来の勝利。半馬身差2着にガーリンガリ。●G1スティーヴンフォスターH(チャーチルダウンズ9F,3&up):ドバイワールドC2着だったガンランナーが逃げて後続を寄せつけず直線突き離して圧勝。7馬身差2着にオナラブルデューティ。1 1/4馬身差3着にブレイキングラッキー。●G3マットウィンS(チャーチルダウンズ8.5F,3yo):KYダービー8着以来で断然人気のマクラッケン。6頭立てでばらけた5番手追走から3コーナー過ぎで前をとらえると直線振り切って勝利。父ゴーストザッパー。2 1/4馬身差2着にコロネルズダークテンパー。3着にソサイエティボウ。●G2ワイズダンS(チャーチルダウンズ芝8.5F,3&up):8頭立て6番手を追走し3コーナーから一気にまくったカサクイが直線で抜け出した。逃げたチョコレートライドが2 3/4馬身差で2着。3着にコンクエストパンテラ。●G2フルールドリーH(チャーチルダウンズ9F,3&up f/m):3コーナー過ぎから位置取りを上げてきた人気のフォーエヴァーアンブライドルドが、逃げ粘るアポロジーノットアクセプテッドを直線なかばでとらえ1 3/4馬身差をつけて勝利。BCディスタフ3着以来の実戦だった。3馬身半差3着にカランバ。●G3リグレットS(チャーチルダウンズ芝9F,3yof):縦長の3番手を追走した2番人気スウィーピングパディが直線突き抜けて完勝。1番人気プロクターズレッジは3馬身半差2着。1馬身差3着にサマーラック。●G2ハネムーンS(サンタアニタ芝9F,3yo f):2番手を追走した断然人気サーキャットサリーが直線を向いて先頭に立って押し切りデビューから6連勝。父サーフキャット。ゴール前、ボウリコールが迫ったがクビ差まで。3着にパシフィックウインド。●G2サマータイムオークス(サンタアニタ8.5F,3yo f):フェイピエンが2番手から直線で差し切って勝利。父ゴーストザッパー。アタマ差2着にモポティズム。3番手から直線一旦は先頭に立って3位入線のスプーキーウッズは直線進路妨害で5着に降着。

本日のワイン●カヴァはジョセフ・マサックス、グランパッション・ブリュット
白は5月にリリースされたキザンのニューヴィンテージ、キザン・セレクション・シャルドネ2015。おお!今までのセレクション・シャルドネはリリース直後はカチカチな感じだったのが、今年のはいきなり柔らかい。蜜香に甘香ばしい樽香に、いろいろすばらしい。
スリーナイツ、ラシアンリヴァーヴァレー・ソノマカウンティ・ピノノワール2012。いかにもカリフォルニアな厚みのあるピノ。あっ、これ結構高いんだ。

|

« 牛肉といえば牛蒡の相性 | Main | バジルが日々成長する夏 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41189/65427330

Listed below are links to weblogs that reference 雨のない梅雨にそうめん:

« 牛肉といえば牛蒡の相性 | Main | バジルが日々成長する夏 »